マイクロチップをいれていますか? | KAC・EACブログ

KAC・EACブログ

金町アニマルクリニック・永代橋アニマルクリニック
の出来事やお知らせをスタッフが紹介します♪


テーマ:

 

こんにちには、看護師の軽部です鳥うずまき

 

本日はマイクロチップについてです!!

 

 マイクロチップとは直径2mm、長さ約8~12㎜の円筒形でアンテナとICを内蔵している「電子タグ」です。世界で唯一の15桁の固有の数字がデータとして記憶されていて専用の読取り機を使ってそのデータを読み込むことができますニコ1円玉と比べるとこんなに小さいんですびっくり



 

 ペットにマイクロチップを装着していれば迷子や災害などで飼い主さんと離れ離れになった動物が保護された際、自治体や動物病院がリーダーでマイクロチップの情報を読み取り、すぐに飼い主さんに連絡をとることが出来ますOKキラキラいわば、わんちゃん、ねこちゃんの身分証明となるものですパグ三毛猫

 

 マイクロチップをいれる場所はわんちゃんねこちゃんの場合首の後ろの皮下に専用の注射器を使って体内に注入します。痛みは普通の注射と同じぐらいと言われており鎮静剤や麻酔は必要ありませんOK

 

 もしかしたらうっかりして外で迷子になってしまったり災害などで離れ離れになってしまうことがあるかもしれませんショボーンもやもやそんなとき、大切なペットと一刻も早く会う為にマイクロチップの埋め込みを検討してみてはいかがでしょうかキョロキョロ??

 

 

EACさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス