熱中症にきをつけて | KAC・EACブログ

KAC・EACブログ

金町アニマルクリニック・永代橋アニマルクリニック
の出来事やお知らせをスタッフが紹介します♪


テーマ:

こんにちは、動物看護師の竹内ですおすましペガサス

 

最近、暑い日が続きますね…アセアセ

ニュースでも毎日、熱中症の事が取り上げられていますし、皆様も気を付けてくださいね。

 

そして、熱中症になるのは人間だけではありません。

特にお散歩に行ったりするわんちゃんは気を付けましょう!

 

地面に近いほど温度は高くなるので、私達が感じている温度よりわんちゃんが感じている温度の方が高いのです。

なので、日中は避けて夕方の日陰をお散歩する事をオススメしますグッ

 

体温が上がると、呼吸数があがったり、よだれの量が増えたり、ふらついたり、元気がなくなりじっとしているなどの症状が起こります。

そして、重症化すると嘔吐や下痢が起こったり、ショック状態に陥ったり最悪死んでしまう事もあります!

 

もし、熱中症になってしまったら時間との勝負になりますので、出来る限り冷やしながら急いで動物病院を受診しましょう。

 

応急処置としては、涼しい場所へ移動し全身を濡らし風を送ります。

また、太い血管がある場所(内股や脇など)を氷水などで冷やしてあげましょう。

 

ですが、犬の平熱は37度くらいと少し高めです。氷水に入れて冷やしすぎてしまうと体の反応で逆に体温が下がりづらくなってしまう恐れがあります。低体温になりすぎてしまうことも注意しながら応急処置をして下さいねびっくり

 

EACさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス