狂犬病の治療について | KAC・EACブログ

KAC・EACブログ

金町アニマルクリニック・永代橋アニマルクリニック
の出来事やお知らせをスタッフが紹介します♪


テーマ:

こんにちは、動物看護士の大谷ですヒヨコ

本日は、狂犬病の治療について書いていきます。

 

狂犬病の症状や感染経路などは先日のブログでも紹介したと思いますが

狂犬病は、発症した場合ほぼ100%の確率で死亡してしまうという非常に怖い病気ですガーン

更に致死率100%にもかかわらず、いまだ有効な治療法はありません。

その為、発症してしまったら対処療法などで、死を待つしかないのです。

 

狂犬病の犬に咬まれ、感染の恐れがある場合で発症していなければ

ただちに狂犬病ワクチンを再接種することで発症を抑えることが出来る例もあるそうですが、その場合厳重な管理下で狂犬病を発症するかどうかの経過観察を行います。

ただし、この方法で確実に発症しないとは限りません。

感染後発症してしまった場合は、原則安楽死が選択されます。

何故かというと、ヒトへの感染、蔓延を考えた時に

感染病としての危険度が非常に高い為ですアセアセ

2006年にフィリピンへの旅行者2名が現地で狂犬病の犬に咬まれ

日本で狂犬病を発症し、死亡した例があります。

日本にも狂犬病が持ち込まれている事を考えると犬もヒトも他人事ではありませんびっくり!!

私達も、狂犬病について再確認しておくことが大切ですねニコニコ

狂犬病の予防については次回のブログで詳しく書きますねウインク星

 

 

 

EACさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス