「イングランドで最も美しい村」とウイリアム・モリスが賞賛した村バイブリーは、昨日ご紹介いたしました、バーンズリー・ハウスのすぐお隣の村にあたります。



このバイブリーは「アーリントン・ロウ」やスワンホテルなどがあり、コッツウォルズの中でもいちばん有名な村と言えます。


昨日 はバーンズリー・ハウスの様子をお伝えいたしました。今日はそのお客様をランチの後、バイブリー村にお連れするのも私たちのいつものパターンになっております。



昨日の美しいバーンズリー・ハウスの様子をごらんになりたい方はこちらからどうぞ。

もみじ バーンズリー・ハウスの秋 クリック


そして花真っ盛り、夏のバーンズリー・ハウスと比べてみてくださいね。


クローバー バーンズリー・ハウスを征く(夏編) クリック



英国・コッツウォルズより愛をこめて



こちらが有名な「アーリントン・ロウ」です。もともと14世紀に羊小屋として建てられたのが、17世紀に羊毛業が栄えたのをきっかけに、人が生活できるように改装された建物です。




英国・コッツウォルズより愛をこめて



今ではナショナルトラストの所有となっていますが、そのような保護された建物の中にも、いまも人が暮らしているというのが英国の素晴らしいところだと思います。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



その一方、心無いこんな悪戯も見かけました。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



家々の前にはよくお手入れがされた植物がひっそりと咲いています。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



窓も英国調のカーテンで飾られています。以前のブログ にも書いておりますが、私は英国の窓ドア が大好きなんですね。よろしければ上のリンクをクリックしていただきまして、他の窓やドアと比べてみてくださいね。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



ドアの傾き具合も味があっていいですね。それにドアの高さが低いので、英国の方でしたら相当頭をかがめてはいらなければならないですよね。



英国・コッツウォルズより愛をこめて




アーリントン・ロウの前にはコルン川が流れているのですが、その川の向こう側から全景を見たところです。その川をはさんで向かい側が「スワン・ホテル」になります。スワン・ホテルの壁のアイビーが色づき始めていてとてもきれいでした。




英国・コッツウォルズより愛をこめて



この日のホテルでは結婚式のレセプションが行われていました。




英国・コッツウォルズより愛をこめて



コルン川にかかるコッツウォルズ・ストーンでできた石橋。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



川では、まだアヒルのヒナがいました(普通は春から初夏にかけてしか見ないのです)。そして多くの観光客からパンなどの餌をもらっていました。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



この日は日曜日ということもあり、日本のツアーグループをはじめ、たくさんの観光客でひしめいていました。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



近所のお宅も皆コッツウォルズ・ストーンで作られています。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



村の色が統一されているのがいいですね。


                 ダウン

ブログランキングに参加しております。よろしければ1日1回、下の3つのバナーをクリックしていただけますと、このブログの応援になりますのでとてもうれしいです。お手数をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

    英国・コッツウォルズより愛をこめて          英国・コッツウォルズより愛をこめて         英国・コッツウォルズより愛をこめて
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン


英国・コッツウォルズより愛をこめて

キャス・キッドソンのダイアリー特別入荷いたしました。
販売開始・再販のたびに30分以内に完売という驚異的な人気のキャス・キッドソンのダイアリーです。2010年1月始まりですので今すぐチェックしてくださいね。

           ベルお願いいたします。ベル