英国のガーデンセンター・秋の装いシリーズです。



まだ昨日 までの記事をお読みでない方はこちらからどうぞ。

   ダウン

momiji☆☆ 英国のガーデンセンター・秋の装い(1) クリック

momiji☆☆ 英国のガーデンセンター・秋の装い(2)


さて今日はガーデニング・センターらしくガーデニング・ツールをご紹介いたしましょう。ガーデニング・ツールといってもお洒落なものが多い英国のガーデンセンターです。



英国・コッツウォルズより愛をこめて

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン



こちらは球根や種を入れておく入れ物ですね。淡いグリーンの円筒形は、ただの「麻ひも」が入っています。



ヒマワリ ガーデニングが好きな方ならおわかりになると思いますが、花を支えてやるときなどに絶対にこの「麻ひも」は必要なんですよね。



ただの紐もこんなところに入っているとお洒落で、ガーデニングが一段と楽しくなります。



そしてまた、この淡~いグリーンがコッツウォルズのハチミツ色の家とマッチするんですよね。


まさに憧れのカントリー・ライフ ドキドキ








英国・コッツウォルズより愛をこめて



そしてこちらはフック類です。ガーデニングをするときに使うジャケットなどをかけるために使います。



そのフックが入っている下のバケツのようなものも買うことができます。私は、こちらにはハーブ類などを植えてキッチンの窓辺に置いています。見た目もお洒落ですし、お料理するときにもとても便利ですよ。



英国・コッツウォルズより愛をこめて




こちらはまたもや「種入れ」を中心に、同じラインのものがそろえてあります。全部ほしくなっちゃいますよね。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



こちらはまたレトロな雰囲気のジョウロです。かわいいでしょう?



英国・コッツウォルズより愛をこめて
  にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン



そしてこちらは本格派のガーデニング・グッズですね。実はどちらかというと、私はこういった実用性のあるものを好んで購入してしまう傾向があります。



ガーデニング歴が長くなってくると、そして広いガーデン(私一人で手入れをするには、という意味ですよ)の手入れをするとなると、お洒落なかわいい系のグッズでは物足りなくなってくるのです。




英国・コッツウォルズより愛をこめて


特に5年保証や10年保証、時には25年保証なんてついていると、ついほしくなってしまいます。


やっぱりガーデニング・ツールは丈夫なのがいちばんビックリマーク



英国・コッツウォルズより愛をこめて



こちらは小さなグリーン・ハウスをディスプレイに使っている球根のコーナーです。


英国のガーデナーたちは冬になるとこのグリーン・ハウスの中で球根をポットに植えたり、春の花のために種をまいて芽を出させたりします。いちばん地味なシーズンですよね。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



球根はクロッカス、チューリップ、スイセン、アリウムなどが今、出回っています。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



こちらは冬の間霜や雪にあたってはいけない植物を入れておきます。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



野菜の種もたくさんあります。私も以前から何度も野菜作りに挑戦していますが、あまりうまくいきません。 むっ



英国・コッツウォルズより愛をこめて


なぜならば我が家(というよりおそらく英国全土)に、巨大なナメクジ(20cm以上)がいるからです。



大きいだけでなく裏を返せば鮮やかなオレンジ色という、そのあまりにも美しくない姿は、私のブログに登場させるのははばかられるので載せませんが、よろしければどうぞご自由にご想像下さいませ。



                


上のようなナメクジ・キラーのようなナメクジ除去剤は、もちろん売ってはいるのですが、我が家では使いません。


なぜならば、鳥などの小動物がその薬を餌と間違って食べてしまうからです。



「では、お塩は?」



とおっしゃるかもしれません。



英国の土、1立方メートルの中にナメクジが100匹ほど住んでいると言われています。そしてナメクジは夜行性なので、夜に土の中から出てきて野菜や花を食べつくす(という表現がぴったりなほど、ひと晩ですべてが消滅してしまっているのです!!)ので、表面にパラパラとお塩をまいたくらいでは追いつきません。かといって、たくさんまくと植物が育たなくなってしまうという、まさにいたちごっこの状態がこの国では起こっているのです。



「じゃ、ビールは?」


‥‥まだまだ、甘いですね。 シラー



いつも言っていますように、英国の庭は広いんです。そんな広い庭中にいったいどうやってビールをおくんですか?(って、ちょっと絡み気味?)



それも1立方メートル中100匹のナメクジに対して!



おそらく日本のガーデニングの先生方は「飲み残しのビールをお使いになって‥‥」とおっしゃるかもしれません。

英国の庭の広さにビールを置くとしたら、飲み残しのビールなんて何の役にもたちません。そのためにビールを何リットル買わなければならないんですか!?



いえいえ、怒っているわけではないんです‥‥失礼いたしました。


でもそのくらいすごい、ということを言いたかっただけなんです。もちろん銅はナメクジが嫌がることも知ってますし、針状のものを置いてもまったく効果なし‥‥どうかそれ以上おっしゃらないで下さい。



‥‥って、しゃべりまくっているの私ひとりですよね。



‥‥‥‥




さぁ、気を取り直してっと‥‥。



お次のコーナーは、これです。音譜



英国・コッツウォルズより愛をこめて


これは霜や雪からお花などを守るカバーです。


tulip* 目いっぱい愛情を注ぎましょう tulip*



英国・コッツウォルズより愛をこめて



こちらはアイロン(鉄)でできたドアマットやポット・ホルダーなどです。レトロな雰囲気がいいですね。



日本でもレトロなガーデニング・グッズが人気があるようですね。



          



さて、途中話が脱線気味でしたが、今日もお楽しみいただけましたでしょうか?



もし「楽しかった」、と思われましたらでけっこうですので、下のバナーをクリックしていただけましたら感謝の念にたえません。お忙しいところをお手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


それとお帰り前に、あとひとつ!


どちら様か、安全にナメクジを除去する方法をおおしえいただけませんでしょうか?



いくらペットに安全といってもこんなのはなし、ですよ。


犬・猫なら大丈夫でも小鳥にとって安全かどうかはわかりませんからね。ウインク



まだ昨日 までの記事をお読みでない方はこちらからどうぞ。

   ダウン

momiji☆☆ 英国のガーデンセンター・秋の装い(1) クリック

momiji☆☆ 英国のガーデンセンター・秋の装い(2)

そして、この続きは以下のリンクからもご覧いただけます。


momiji☆☆ 英国のガーデンセンター・秋の装い(4)
momiji☆☆ 英国のガーデンセンター・秋の装い(5)
momiji☆☆ 英国のガーデンセンター・秋の装い(6)



今回は秋のガーデン・センターをテーマに記事を書きましたが、以前に夏のガーデン・センターについても書いております。秋とはずいぶん雰囲気が違いますので、一度ご覧になってくださいね。



sunflower* 英国郊外・夏のガーデン・センター(1) クリック

sunflower* 英国郊外・夏のガーデン・センター(2)

sunflower* 英国郊外・夏のガーデン・センター(3)

sunflower* 英国郊外・夏のガーデン・センター(4)

sunflower* 英国郊外・夏のガーデン・センター(5)



バラといえばデイヴィッド・オースティン!


かの有名なデイヴィッドさんのバラ園も訪問いたしました。


バラ 英国のバラ園 デイヴィッド・オースティン・ローズ(1) クリック

バラ 英国のバラ園 デイヴィッド・オースティン・ローズ(2)

バラ 英国のバラ園 デイヴィッド・オースティン・ローズ(3)

バラ 英国のバラ園 デイヴィッド・オースティン・ローズ(4)



1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みになっておりますので、できましたら下の3つのバナーのクリックをお願いいたします。

    英国・コッツウォルズより愛をこめて          英国・コッツウォルズより愛をこめて         英国・コッツウォルズより愛をこめて
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン 英国・コッツウォルズより愛をこめて

ガーデン サイン・ボード
アンティーク調の仕上げのラブリーなサイン・ボード。花壇やプランターにさしたり、立てかけたり‥‥。お庭がぐっとお洒落になりますね。