砂の城


夏といえば、やはり海ですね。




英国・コッツウォルズより愛をこめて




海水浴にスイカ割り、花火大会‥‥日本には夏の風物詩がたくさんありますが、今日は日本の海とはひと味違った英国の海をご紹介しましょう。




英国は日本と同じように周りを海で囲まれていますが、如何せん北方にあるため海水浴をするには寒い、というのが日本と大きく違うところです。海の水があまりにも冷たいので、私は英国の海に入ったことはありません。



これはもちろん日本でも本州も南の話で、北海道や東北では英国と同じように夏が短く、海の水も冷たいのでしょうが‥‥。




英国・コッツウォルズより愛をこめて


英国にいて、これはちょっとだけさびしいところですね。特に我が家は海からは遠く離れてるし‥‥。




そんな静かな英国の海ですが、ちょっと楽しいものがありました。



いわゆる、砂の城「サンド・キャッスル」です。



それが、かなりレベルが高くて作るのを見ていて楽しかったので、写真を載せておきます。




英国・コッツウォルズより愛をこめて


これを作っていたのは、サンド・キャッスルのアーティスト集団で、ただの砂と川から汲んできた水だけで、これを作っていました。




彼らはこだわりのアーティストに見えましたが、その辺で見ている子供たちにも声をかけて、手伝わせていたりしてほのぼのムードが漂っていて、見ていて楽しかったです。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



見学料や参加費を取ることもなく、よかったらチップを入れてくださいって感じで、ひとつのポットが置いてあるだけです。それも一晩中そこに置きっぱなしで、翌朝までそのままでした。



こんなことでどうやって生計を立てているのかこちらが心配になってしまうくらいですが、彼らはそんなことお構いなしに世界中でサンド・キャッスル作りをしているようです。



写真にも出ていますが、ちゃんとホームページ まで作っているんですよ。ページでは力作が見られますので、よろしければ一度のぞいてみてくださいね。


日本のこんな海が懐かしいです。行ってみたいわ~ドキドキ





にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村