20日(水)、取材と詰将棋講義(宗岡先生)のお知らせ | 大分県子ども将棋ネット「だから将棋を子ども達に」

大分県子ども将棋ネット「だから将棋を子ども達に」

大分県子ども将棋ネットは別府市認定社会教育関係団体です。


テーマ:

いやはや、ビッグなお知らせ2つです。

 

3月20日(水)、午後4時から、大分合同新聞さんが将星会の取材に来てくれます。

がんばって将棋に取り組む皆さんの様子や思い、言葉への取材です。

 

でも、それだけじゃあ、ありません。

同じく3月20日(水)、なんと、あの詰将棋界最高の栄誉「看寿賞」を受賞した郷土の先輩・宗岡博之先生が、

詰将棋の作り方や解き方などを教えてくれます。

勝手に題して「宗岡先生の詰将棋ぐんのび(ぐんぐん伸びる)講義」

 

ええっ!なぜまた、取材の日に?

 

そういう疑問はもっともです。

なぜ取材と宗岡先生のぐんのび講義が一緒の日なのか・・・。

 

その謎は、当日、明らかになる!

下記は先輩方の活躍(記事)からです。

-----------------

■宗岡博之・先輩


大分県子ども将棋ネットのブログ-宗岡さん
 

詰め将棋制作における最高の賞「看寿賞(かんじゅしょう)」を受賞した先輩だ。

この賞は谷川浩司・17世永世名人も受賞しているんだよ。

将星会教室にも来てくださったよ。

 

--------------------------

↑3月24日(日)午前10時からと午後1時30分からの2部門

野口ふれあい交流センター(別府市)にて

大分県子ども将棋ネットの有田英樹(エッフェル英之介)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ