大分県子ども将棋ネット「だから将棋を子ども達に」

大分県子ども将棋ネットは別府市認定社会教育関係団体です。


テーマ:


将棋を愛する子ども達、そして、その子たちの活動を支える人達ネットワークとして2010年(平成22年)5月に誕生しました。

設立の動機は単純です。

「将棋を指す子どもたちの表情が素晴らしい」からです。

この素晴らしい表情を広げたい。そんな思いでした。

子どもたちが将棋にふれる機会、そして、ふれるための情報。
そんな環境を整えたい。そう考えたんです。

そこで、日本将棋連盟の将棋指導者講習会(関連記事)を受講し、賛同してくれる仲間とともに立ち上げたのです。

 

・2013年、大分県子ども将棋ネットは「青少年団体」として大分県立社会教育総合センターから認定されました。

 

・2017年、大分県子ども将棋ネットは「社会教育関係団体」として別府市から認定されました。(関連記事)(関連記事2

 

・OKSNの活動は各種のメディアでも紹介していただけました。

<理念>

礼儀や交流という将棋文化を子ども達に伝えていく。決して、将棋の技術向上のみをめざすものではない。極端に言えば、技術だけであれば、機械に及ばぬ日がやって来る。しかし、それは文化ではない。子ども達には「あ・し・か」という覚えやすい言葉で理念の一端を伝えていく。

<あ>あいさつ

<し>しずかに

<か>勝って威張らず負けて腐らず

 

<OKSNの具体的な活動>
(1)イベント活動

・子ども大会の開催

・棋力の認定

・他の大会や将棋教室への協力
(例)東龍将棋大会(中津市)、豊築名人戦(福岡県)、金池将棋まつり(大分市)、大分大学将棋講座、青山中講師など
・県代表の子どもたちの表敬訪問関連記事
・文化庁の支援を受けた啓蒙活動


(2)インフォメーション活動

・メールでを利用して、子ども将棋界の情報を発信します。(OKSNニュース)
・このブログで様々な情報を発信します。
・オールアバウトのガイド(関連記事)として啓蒙活動をします。

いろんなことをインターネットやメールを使って、共有しましょうよ。

<入会について> 
このネットワークの会員に義務はありません
もちろん、入会金や会費もありません

ただ、
「子ども達に将棋を。」
その思いがあれば・・。

ご入会をお待ちしています。

なお、個人情報の取扱については、それぞれの主催イベント案内に記述しています。必ずお読みください。ご不明な点はメールでお尋ねください。  

入会方法は簡単です。
2つの方法があります。

(1)大分県子ども将棋ネットが開催する将棋イベントに参加する。
(各種イベントには参加料がいります)
→自動的に大分県子ども将棋ネットの会員として登録されます。

 

(2)提携・子ども将棋教室の「将星会」に入会する。
将星会教室は、大分県子ども将棋ネットと協力関係の将棋教室です。
→自動的に大分県子ども将棋ネットの会員として登録されます。


手紙お問合わせのメールはこちらから↓
arita013@yahoo.co.jp


代表: 有田 英樹(プロフィール)

 

(2013年の写真:現時点での老化は想像してください)


-------------------------------------


福沢諭吉さんもこよなく将棋を愛された一人関連記事です。


----------

 

 


 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大分県子ども将棋ネットのエッフェル英之介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。