あなた色に暮らしのリノベーション

建築デザイナー

武田えいこです。

 

✳︎自己紹介ページはこちら

 

 

 

前回のブログで、巾木ってなくてもいいんですか?というご質問をいただきました。

 

 

結論から先に言うと、わたし的には巾木なくてもなんら支障ありません。

 

 

なぜおっちゃんが

 

「えぇ!巾木なし?巾木はつけとかなあきまへんで」

 
と言ったのか。
 
 
で、そもそも巾木ってなんのためにあるの?とみなさん思ったのではないでしょうか。
 
 

そもそも、巾木とは、、

 

 

床と壁の仕上げ材を貼るときに、角をピチッと施工するのは難しいのですよ。

 

多少動いてもいいように隙間をあけておきます。

 

そしてその隙間を封じるために巾木をつけます。

 

言うなればアラ隠し。

 

さらに隙間があいたままだとゴミが入るでしょうよっていうね。

 

それからもうひとつ、掃除機など物をぶつけやすいところでもあるので、壁を守るためでもあります。

 

 

でも、わたしはリノベの設計のときは、9割がた巾木なしでいきます。

 

だって、もともとアラだらけをよしとするリノベなんですから。

 

(新築の場合は、スキッと見せたければ、入り巾木というのにしたりします。少しグレードアップ)

 

 

 

しかし、工務店のおっちゃん。

 

「巾木はつけとかなあきまへんで。」

 

「ホコリたまりますで。せめてシールうっときましょうか。」

 

「洗面所だけは巾木つけましょ。掃除機ぶつけますで。」

 

かたくな。笑

 

 

職人さんというのは隙間がきらいな性分なんです。多分。。

 

やたらとシールであらゆる隙間を埋めたがるおっちゃん達。

 

シールとは隙間を埋めるためのコーキング材のことね。

 

アラが見えては引き渡しできぬ的な。

 

だから、いいんですってば!

 

 

しかし、そこまで言うなら・・・

 

と我が家は場所によって3パターン作ってみることにしました。

 

 

確かにたくさん設計はしてきてますけど、そこに住んだことはないからね。

 

今後の勉強のために、巾木くらい実験してやろうと。


 

・「巾木あり」(ただし最小高さのやつ)↓↓

 

・「巾木なしのシールあり」

(床と壁のすきまにシーリング材を埋め込むの)↓↓

 

・「巾木なしのシールもなし」↓↓

 

・・・今日はマニアックなブログだわ。

 

 

はい、5年住んでみた結果。

 

軍配が上がったのは、

 

「巾木なしのシールなし」

 

わたし的にダントツです。

 

 

 

・見た目に関して

 

巾木あり、まずかっこいいもんじゃないんです。

 

特に安物のビニル巾木、わたしは嫌い。

 

 

・ホコリがたまる問題に関して

 

いやむしろ、巾木をつけたら、そこにホコリがたまって目立つ。

 

シールをしたら、そこにホコリがくっついて拭き取りにくい。

 

巾木なしの場合、隙間にホコリはたまってるんでしょうが、全然気にならない。

 


・掃除機ぶつける問題に関して

 

なんせガサツなんで、ぶつけてますけど、今のところ傷という傷はありません。

 

 

《結論》

 

わたし、適当な性格なんでちょっとの隙間ぐらい気になりませんからー!!

 

巾木のダサさの方が気になる。

 

 

という方は巾木なしでもよろしいかと思います。

 

 

 

 

もちろん、クラシックホテルなどで重厚な巾木でどっしりと見せる場合もあり。

 

わざと巾木でコントラストをつけて、アクセントにする場合もあり。

 

 

機能性だけではなく、巾木ももちろんデザインの一部。

 

たかが巾木、されど巾木。

 

なのですよ。

 

 

これからリノベの方、ご参考になれば幸いです。

 

 

講座・イベントのお知らせ
現在育休中。
2019年4月より、いろいろ再開予定です。
手帳講座やデザインワークショップなど企ててます。
募集までしばしお待ちください。
 
 

空間づくりのヒント、手帳の活用法、講座やイベントの先行案内などをあなたのメールボックスに直接お届けします。

メルマガ登録は下記バナーをクリック!