英国マナーハウスのポタジェ | 英国アンティークス・オフィシャルブログ

英国アンティークス・オフィシャルブログ

英国の美しいもの、景色、すばらしい人々、そしてアンティークについて英国在住の鈴木みあが、今の英国の楽しい情報をお伝えしております。


テーマ:


ケータイ 携帯向により見やすいモバイル版はコチラです。 ケータイ

バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ




現在、英国はコッツウォルズのとあるマナーハウスをご案内しております。

前回 はこちらの素敵なお庭をご覧いただきました。


美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House




ガーデン側から邸宅を見るとこんな感じでしたね。そして今見ている場所からいうと後ろにガーデン、

そして道を挟んでポタジェがあり、その先には広大かつワイルドなガーデンが広がっているのです。


上に「道を挟む」と書きましたが、ふと見るとその道にこんな動物の団体さんがおいでになりましたDASH!



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden




その動物とは、これです!



そう、牛 牛だったのです。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden



どどどどどーっっっっ、という音とともに半分駆け足の牛たちが50頭くらいいたでしょうか。

砂埃をあげながら歩いていきました。



道の向こう側のポタジェ側にいらっしゃるご婦人方も、にこやかにこの光景を見ていらっしゃいました。



牛がとおりすぎるのをひとしきり待った後、もう来ないかどうか左右をよく確かめてから道を渡りました。



「牛にはねられた」



なんて新聞のお笑いネタになってしまいそうですものね汗



皆さまも英国のカントリーサイドにいらしたときは、牛に注意してくださいね にひひ




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden



さて、無事に道を渡り終わり(ちょっとオーバーですか?)、

向こう側のポタジェに到着(←だからオーバーだって)。



ご存知の方も多いとは思いますが、「ポタジェ」とはフランス語で「家庭菜園」のことですね。

ふだん、フランスのことがあまり好きでない英国人も、時々はフランス語を使います。

でも、流暢に話せる人は少ないです(笑)。いえ、人のことは笑えませんね汗



日本もそうかもしれませんが、近くの国や文化にほどライバル意識を燃やしてしまうのが

人の常のようですね。英国の人で日本にライバル意識を持っている人はあまりいないと思います。

その逆もまた然り、というところでしょうか。



‥‥すっかり話がそれてしまいました。



ポタジェは家庭菜園のことだと上に書きましたが、この「ポタジェ」という意味には、

野菜を育てるというだけでなく、お花やフルーツもいっしょに育てて、見た目に美しい家庭菜園

という意味があります。ジャルダン・ポタジェ(菜園庭園)というのが本来の呼び方でしょうね。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden




ですので、リークも柘植の植え込みの中に整然と植えられています。

また、黄色いポピーが文字通り華を添えています。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden




こちらも整然と植えられたチャイブですね。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden




こちらは豆類などのツル性の植物ですね。添え木もオシャレです。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden




こちらはその豆類のまわりにお野菜を植えています。
完全に見せることを意識したレイアウトですね。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden



こちらは英国の夏のデザートにはぜったい欠かせないベリー類。

ラズベリーやブラックベリーなどがありました。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden



そしてこちらもお野菜が植えられていましたが、奥の方に赤茶色の

ポットのようなものが見えますが、何かおわかりになりますでしょうか?




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden




こちらはルバーブを早く成長させるためのフォーシング・ポットというもので、

ルバーブが小さいうちにかぶせて、上の光を求めてルバーブが早く育つ、

というシンプルな仕掛けのポットです。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden




こちらはクレマティス、私が行った5月末にはちょうど満開でした。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden




こちらのレースのようなお花、通称名「カウ・パセリ」です。


つまり「牛のパセリ」ってことですね。


どうりで、牛がいたはずですね~(←たまたまだってば)




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden




名前はあまりかわいくないですが、お花はとっても素敵です。


涼しげですね。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Barnsley House Garden



そしてこのポタジェの奥はまだまだ広いガーデンが続きます‥‥。



季節はずれの話題におつきあいいただきましてありがとうございました。


‥‥でも、次回もまだ夏の話題が続いてしまいますので、よろしければおつきあいくださいませ。


このような記事を書いておりますと、時の流れの速さを感じます汗



今、ここ英国の気温はマイナスとプラスの間をいったりきたり、外は凍り付いています。ガーン

既にスコットランドなど英国北部では雪が10cmほど積もっているようです。


雪の結晶 私の居住地域にも今週末は雪の予報が出ています。雪の結晶



夏の英国も美しいですが、冬景色だってなかなかのものですよ。



以下は、英国の冬景色を取り上げた記事になります。ぜひご一読くださいね。


宝石ブルー 緊急(かもしれない)お知らせ

宝石ブルー 英国の美しすぎる雪景色

宝石ブルー 庭に天使が現れました(証拠写真つき)

宝石ブルー 英国流 雪遊びとは?

宝石ブルー 寒波の影響を本当に受けている被害者とは?

宝石ブルー 英国名物、雪ネコ現る!?

宝石ブルー おまけ画像つき、英国の雪景色
宝石ブルー
雪の日の激写!

宝石ブルー 霜が降りました




以下は英国のマナーハウス関連の話題です。


ナイフとフォーク 英国 マナーハウスでのランチ

ドア マナーハウスのインテリア

城 バーンズリーハウスを征く

和食 マナーハウスで和食をどうぞ

日本代表 日本人所有のマナーハウス

四葉 マナーハウスの優雅なお散歩

サイ 英国マナーハウスいろいろ‥‥

宝石赤 貴族の館、潜入日記?

コーヒー 貴族の館でアフタヌーンティ

カップ アフタヌーンティーにかかせないもの

ティーカップ 超ゴージャスなアフタヌーンティー

ブログランキングに参加中です。もし記事をお楽しみいただいておりましたら、

応援のクリックをよろしくお願いいたします。いつもありがとうございます!

ダウン         ダウン          ダウン
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ



英国アンティークスでは、日ごろの感謝をこめて、期間限定セールを実施中です。

下のバナーからぜひお立ち寄りくださいませ。


美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-英国アンティークス

英国アンティークス・Miaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス