西洋アンティークのお勉強です^^ | 英国アンティークス・オフィシャルブログ

英国アンティークス・オフィシャルブログ

英国の美しいもの、景色、すばらしい人々、そしてアンティークについて英国在住の鈴木みあが、今の英国の楽しい情報をお伝えしております。


テーマ:


先日よりご紹介しております、アンティーク・ショップの中で、今日は陶磁器を

ご覧いただきますとともに、西洋白磁の歴史を少しひも解いてまいりましょう。


美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ



今の時代でこそ、西洋の白い素地のカップやプレートはごく当たり前のように

感じられるかもしれませんが、この「白い素地」が生み出されるまで、

長い道のりがあったことを、まずは述べておかなければなりません。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


18世紀初頭まで、東洋からシルクロードなどを経由してもたらされた

白い素地の磁器は西洋人の憧れであり、まさに神秘的な象徴そのもので

あったと伝えられています。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


しかしながら、当時その白い宝石=磁器を西洋で作り出すことは、

限りなく不可能、まるで錬金術のようであると考えられていたそうです。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


14世紀頃から巨大な財力と権力を誇ったイタリア・フィレンツェのメディチ家や

ドイツでも、白磁開発のさまざまな研究をする一方で、17世紀の大航海時代の到来により、

中国や日本の磁器製品がどんどん西洋に入ってくるようになると、それらの純白の磁器と

美しい色絵の人気は沸騰し、ヨーロッパの王侯貴族が競うようにしてそれらを求めるようになります。


ですので、いまでも英国のお城やマナー・ハウスには、よく日本の柿右衛門などの

磁器がよく飾られているんですよ。


「マナー・ハウスに日本の磁器?」


「似合わないんじゃないの?」


と思われるかもしれませんが、西洋のキャビネットの中で輝く、日本の一級品は誇り高く、

周りの風景ととても美しく調和しています。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ



そうして王侯貴族が大枚をはたいて、東洋の磁器を買い集めていたのですが、それにも限界があります。


そこに登場するのが、ザクセンの選定皇、フリードリヒ・アウグスト1世

(後のポーランド王 アウグスト2世強力王)でした。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ



アウグスト皇自身が、東洋磁器のコレクターであったため、強い信念(執念?)をもって、

白磁開発に取り掛かることを決意します。


数百年もの間、西洋では錬金術または魔術のようなものとされてきた、白磁の開発の夢を

アウグスト皇は、たまたま知り合った錬金術師のベドガーに託そうというのです。


さて、二人の運命や如何に!


続きはこちらからどうぞ。 また明日も楽しく、アンティークのお勉強をしましょう!


恐れ入りますが、お帰り前に下の3つのバナーをクリックしてお帰りいただけますと、

とーってもうれしいです。お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

ダウン         ダウン        ダウン        

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

関連記事
宝石ブルー 西洋アンティークのお勉強の続きです^^  
宝石ブルー 216年前のミントンのカップ&ソーサー

宝石ブルー
ヴィクトリア時代のシルバー クリーム・ジャグ

            


美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ



ドレスデンのカップ&ソーサー
ドイツ・ドレスデンによる注文製作の美しい

カップ&ソーサーです。1843年製。

英国アンティークス・Miaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ