「攻め」と「守り」と「リスクヘッジ」。 | 表参道ではたらく『営業女』
2005年10月23日

「攻め」と「守り」と「リスクヘッジ」。

テーマ:仕事について

みなさま、こんにちはー。


ふは~。先週は(も?)、忙しかったけど充実の1週間でした。


以前記事に書いた、新しい案件 をスタートさせたからです。

(詳しくは、守秘義務により教えられないの。ごめんなさーい。)


これが、なかなか面白かったッス。。

(まあ、すぐに売上げにはならないものの、

収穫は大!!でした。)


最近って、PULL型営業が主流じゃないですかぁ?(仕事にもよりますが。。)

ましてや、ウチのような小さな会社では、お客さんが来る仕組み

を作って、来た案件を回していた方が効率がいいわけで・・・


そんなわけで、このところアグレッシブな営業・・・

ってヤツをやっていなかったんですよねぇ。。


で、今回の案件というのは、自分で動いて取りに行くお仕事。。


意気揚々と帰って来ては、嬉しそうに報告をする私に、社長は、



「やっぱり、●●(←私の名前)は、攻めやなぁ~」

 

 

確かにそうかも~?

確かに、新しいモノを始める時とか、

こっちから動いてアプローチしている時とかが

一番楽しくて、心地良い??


一方、社長はどっちかって言うと守りの人。

そして、かーなりの慎重派。


特に新しい事をやる時は、だいたい、



社長「大丈夫かなぁ?」


私「大丈夫ですよー!!」


というパターン。


ま、社長に言わせれば、

私は「考えが浅い」「リスクヘッジが甘い」らしいですが。。(汗


だって・・やってみなけりゃ分からないし・・

今までずっとこの調子でやってきたけれど・・

それで大トラブルや大問題になった事はないんだもの・・

(それが危ない?

いつか、痛い目にあうのだろうか・・・・??)


私から言わせてもらえば、


「社長はん、そんなにいつまでリスクばっかり考えてたって、

何もできないし、先には進めまへんでーーーー??」


なんてね。(そして、なぜか関西弁。。^^)


いや、実際は私も分かってるんです。

ウチのような吹けば飛ぶような会社では、

ちょっとした事でも命取りになりかねない事は。。


だからこそ、リスクヘッジが重要!!


分かっちゃいるけど・・・・

何かを始める時の私は、成功パターンしか想像できない、

オメデタイ人なんだよねぇ。。


リスクヘッジをしつつ、攻める!!

っていうのがこれからの私の課題かな。



フフフ・・・これで、私の会社での役割は決まったね(^^)

eigyo-onnaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス