HELLO!!  英語車掌です♪





★英語車掌の主なメディア掲載記事・動画★
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓










あなたは、

「横切る」

を英語で言えますか?


この単語だけでなく、英語自体を覚えることは非常に苦労しますよね。


思わず、

「あ〜苦労する。。。」

と口から出てしまいそうです。


また、例えばある朝、あなたはいつもより30分寝坊してしまったとします。

「ヤバイ!遅れる!!」

と必死に身支度を済ませて、家を出ました。

いつも近道のために横切っている公園が、その日はイベント開催と重なり、多くの人で賑わっています。

いつもは何事もなく3分で横切ることができるのに、その日に限っては多くの人をかき分けやっとの思いで5分も掛けて横切りました。


このように、「公園を横切る」というシチュエーションではなくても、あなたにも苦労されたことがあると思います。


例えば、多くの荷物を持ちながら道路を横切っている時を、思い浮かべてください。


横断歩道の信号が点滅し始めて、道路を横切るのに苦労されたことがあるとか、


観光地で記念写真を撮ろうと思ってもカメラの前を多くの人が横切り、撮影に苦労したという経験もあるかもしれません。




さて、これまでの文章を見て、何かお気付きだったでしょうか?


そうです。「横切る」「苦労する」の数が多いのです。


これは、僕が意図的に作った文章ですので間違いありません。


タイトルを抜かしても、これまでに、

「横切る」は9回

「苦労する」は6回

出てきました。


また、現時点でそんなことを言われると、

「確かに。」とか「えっ!そんなに出てきていたの?」


と感じると思います。


また、出てきた回数は参考程度でお願いします。


僕も人間ですから、数え間違っているかもしれませんので。


では、ここで、一番最初まで戻って、最初からもう一度読み返してみてください。


面倒だと思う方は先に進んでもらって構いません。


しかし、ここで最初まで戻った方と、このまま進んだ方とでは、何十倍も記憶の定着率が変わってきます。


それでも構わない方はどうぞ、先に進んでください。






※ここまで戻って来れれた方はおかえりなさい。





最初に読んだときと、2回目以降の場合で何か変わったことがありましたか?



ではここで質問ですが、先ほどの文章で、あなたは朝何分寝坊しましたか?


答えられた方はすごい!!


残念ながら答えられなかった方も、逆にラッキーです。


僕のカラーバスの効果が現れたということです。



「横切る」「苦労する」の数が多い!



と僕が言ってからは、

その2ワード以外あまり頭に入らなかったのではないでしょうか?



話を戻しまして、今回は何が言いたかったというと、



「横切る」は、
「あ〜苦労する」で、

across
(アクロース)


です。


このワードを記憶させるためのフリだったわけです。


例えば、

「私は公園を歩いて横切った。」

というフレーズなら、


I walked across the park.
(アイ ウォークドゥ アクロース ダ パーク)

となります。


「私は公園を走って横切った。」

というフレーズなら、


I ran across the park.
(アイ ラン アクロース ダ パーク)

です。

道を尋ねられて、

「公園を横切ってください。」

と伝えたいなら、

Please go across the park.
(プリィズ ゴウ アクロース ダ パーク)

です。


何でも応用ができます。


是非、横切るときは

「あ〜苦労する」

across
(アクロース)


と関連付けて覚えてみてくださいね。

では♪