民事信託の基礎知識 | 株式会社エイトクリエイションのブログ

株式会社エイトクリエイションのブログ

福岡の不動産会社で、
売買・仲介・賃貸・賃貸管理と
不動産全般を取り扱っております。
よろしくお願いします!(^^)!

今回、「民事信託」に関してのセミナーに参加してきました。

 

「民事信託」と聞けば何か難しいですよね。

 

簡単に説明すると。。。。

財産(不動産、預金、株等)を持っている人が、元気なうちに爆  笑、信頼できる相手におねがい自分の財産¥の管理や処分をする権限を託す。

という内容です。

この元気なうちに!!という事が大事で、万が一自分の身に何かあった場合、その財産に関して処分や管理を出来なくなってからでは遅いのです。

 

現在、日本の平均年齢は48歳となっており世界的に見ても高齢化が進んでいる状況です。2018年10月現在、高齢と言われる65歳以上の人口は約28%。2036年には3人に1人、33.3%が65歳以上となる予想がされています。

 

この高齢と深く関係するのが、「認知症」です、、、、

 

もし、認知症となってしまった場合、その本人の預金や、財産等の管理、処分の法律行為が出来ない状況になってしまいガーンもし行う場合は代わりに権限を有する事の出来る「成年後見人」の申し立てが必要になります。この「成年後見人」の申し立ては煩雑な手続きと、コスト、そして

全財産を管理されるので、一部のみの財産管理が出来ないなど自由が利かなくなります。

 

そこで、その成年後見制度に代わる選択肢として「民事信託」が注目を浴びています。

 

この「民事信託」を行う事により元気なうちに信頼できる人にその財産えを分割して管理を託す事が出来、自分の意思を次世代にまで引き継ことが可能になります!!

 

法律行為が付き纏う、不動産オーナーや資産をお持ちの方は是非活用してみてはいかがでしょうか!!

 

内容が非常に深い仕組みになります。

 

この「民事信託」が気になる方は是非、当社エイトクリエイションまで!!!