建築基準法第43条ただし書きの削除 | 株式会社エイトクリエイションのブログ

株式会社エイトクリエイションのブログ

福岡の不動産会社で、
売買・仲介・賃貸・賃貸管理と
不動産全般を取り扱っております。
よろしくお願いします!(^^)!


テーマ:

 平成30年9月25日、

建築基準法第43条ただし書き」条文が

全文削除され、 第2項を追加し、

改正施行されました。

 

 そもそも、建築基準法第43条ただし書きとは

どんな規定だったのでしょうかはてなマーク

 
 まず、原則である第43条の規定として、

大まかに言うと、

建物の敷地は、道路に二メートル以上

接しなければならないと定められています。

(いわゆる接道義務です)

 

 その例外として

建築基準法第43条ただし書き

定められていました。

 

「ただし、その敷地の周囲に広い空地を有する

建築物その他の 国土交通省令で定める基準に

適合する建築物で、

特定行政庁が

交通上、安全上、防火上及び衛生上支障が

ないと認めて 建築審査会の同意を得て

許可したものについては、この限りでない。」

 

 

この条文が、全文削除されて、

 

その代わりに、43条第2項が

下記のように追加されました。

 

 2 前項の規定は、

次の各号のいずれかに該当する建築物については、

適用しない。

 一 その敷地が幅員四メートル以上の道

    (道路に該当するものを除き、

    避難及び通行の安全上必要な国土交通省令で

    定める基準に適合するものに限る。)に

    二メートル以上接する建築物のうち、

    利用者が少数であるものとして

    その用途及び規模に関し

    国土交通省令で定める基準に適合するもので、

    特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上

    支障がないと認めるもの

 二 その敷地の周囲に広い空地を有する建築物

   その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、

   特定行政庁が交通上、安全上、 防火上及び衛生上

   支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したもの 」

 

 さらに、建築基準法第43条の条文として、

 建築物の接道義務の約定として定められたことから、

 宅建業法施行令第33条(広告の開始時期の制限)および

 第36条(契約締結等の時期の制限)の制限のほか、

 宅建業法第35条第1項第2号の 説明義務項目として、

 宅建業法施行令第3条第1項第2号の建築基準法第43条の

 説明義務項目が追加されます。

 

  つまり、今回の法改正により、

 宅建業者が売主となる売買においては、

 あらかじめ、建築基準法第43条第2項(旧ただし書き許可)を

 取得したのちでなければ、

 売買契約締結、広告開始をしてはならない

 許認可に関する重要事項説明義務がある、

 ということになります。

 

エイトクリエイション

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス