そのモヤモヤの答えを持っているのは

他の誰でもないあなたなのです。

 

 

 

はじめまして。株式会社eightのキャリアコンサルタント丹山(にやま)です。

 

これからの自分の働き方について考えたい、今の仕事って本当に私のやりたいこと?

働いていないことに焦りを感じちゃう、自分で何か仕事をやってみたいけど何が私に向いているのだろう?

 

こんなモヤモヤあるあるですよね

女性は、結婚や出産、夫の転勤などなど、自分の意思に関係なく仕事から一旦離れること。ありますよね?

 

私も、出産を機に前職を退職しました。その時の私はどんな感情だったのだろうと振り返ると

 

「やっと家庭に入れる!専業主婦になれる!」いう気持ちで、ワクワクのが大きかったです。

 

こんな人、今時珍しいですよね?

周囲の人たちは口を揃えて「辞めちゃうなんてもったいない!」と言いました。

 

「もったいない」

 

・・・そうね、収入面の事、○○会社で働く私、

それを失うことは”安定”と"自分の居場所”がなくなるようでもったいないというか

不安ですね

 

でも、その時の私は、「とにかく辞めたかった」のです。

私には「退職」以外は考えられなかったです。

 

 

私の経歴を紹介しますと

 

豊田市生まれ・豊田市育ちの地元を愛する豊田っ子です。

高校を卒業後、幼少期から好きだった音楽を続けたい、子供が好きというのもあり

保育関係の短大へ進学しました。

その後、保育士・幼稚園教諭などの資格を取得するも、地元の某自動車会社へ就職。

(なんでっ?て突っ込み入りそうですが。。)

 

私のこれまでの進路選択を振り返ると、自分で選択するというより、

親や教師の意向がとても強かったと思います。

 

それで特に不満もなかったし、なんとなく上手くいっていたので

これでいいんだと思って過ごしてきました。

 

会社生活は約20年でした。

入社後、希望部署へ配属され、周囲の上司、先輩、同僚にも大変恵まれていて

好きな仕事もたくさんさせていただきました。

 

会社生活のほとんどは本当に楽しい思い出ばかりでした。

 

しかし、30代後半になると、

「これからもずっとこの仕事をするのだろうか」

「いつまでこれが続くのだろうか」

「この仕事を好きになれなくなってきた」

「この仕事、私じゃなくてもできるんじゃない」

「私にもっと違う役割を与えてほしい」

 

と考えるようになり、仕事に対するモチベーションが低くなってきました。

この時期は「辞めたい」気持ちが本当に強かったと思います。

 

でも、そのときの私は、「辞める勇気」もなかったのです。

 

ぐずぐずした毎日を送っていた時、妊娠をし、退職する決意をしました。

 

そんなモチベーションの私ですから、「退職すること」に全く未練はなく

「やっと辞められる」「辞める理由ができた」と半ばほっとしていたと思います。

 

「やっと家庭に入れる!専業主婦になれる!」

 

と表面上では取り繕っていたけど、本当は辞める理由が欲しかった、

そこからもう逃げたかっただけだったのだと思います。

 

これまでの私の人生で、自分一人で考え、大きな決断したのは

この「退職」が初めてだったようにも思います。

 

そして、私は憧れの主婦生活の毎日へと突入するのです。

 

しかし、主婦業は私にとっては修行道だったのです。。

 

話が長くなってしまったので、続きはまた書きます。

(後半は、憧れの専業主婦生活の理想と現実、育児、ママ友、働くママです)

 

 

皆さんもこれまで色々な転機の場面で”決断”することが多々あったと思います。

それは、本当にあなたがやりたいことですか?

キャリアコンサルティングでは、今あなたが感じていること、考えていることを

言葉にすることで自分自身で整理し本当の気持ちに気がついたりします。

私たちはそんなモヤモヤを整理するお手伝いをしています。

お仕事のことだけでなく、何でもご自由にお気軽にご相談ください。

 

このつづきのブログはこちら

 

ベル平成最後のキャリアコンサルティングキャンペーン(2019年4月末まで)のお申込みはこちら

 

 


 

 

NEW募集中の講座・イベント

facebook Facebook

web WEBサイト

足あとアクセス

ノートパソコンお問い合わせ

 

LINE @やってます

友だち追加

ID: @ibp3954w

 

株式会社 eight
NEW豊田市西町2丁目33番地1
電話0565-41-8871 facebookFacebook