ぶっちゃけ、どうよ?

 

 

 

 

アガサ・クリスティー ねじれた家

(注意!音が出ます)

 

「ねじれた家」だけで、いいんじゃない?

名前まで入れなくて、いいんじゃない?

入れたら、タイトル長くなるし ぶ~

 

正直、そう思ってました。

 

 

 

 

光っていて見にくいけど、一番下の1行。

「ミステリーの女王クリスティー

自身が誇る最高傑作、初映画化」!

 

 

 

 

チラシの裏にも、ハッキリ書いてある ニコ

本人お墨付きの「最高傑作ミステリー」って。

 

で、実はココがポイント!

 

結末があまりにも衝撃的すぎて

変えないとヤバいんじゃない?と、なったらしい。

が、結末をちょっとでも変えたら

「アガサ・クリスティー」の名前は使っちゃダメ!

って、ことになり、原作のママ。

 

実は、原作者の名前が

映画のタイトルに入っているのには

こういう深ぁ~い、ワケがあるんです!

 

で、何が言いたいかって?

「面白かった!」って、ことです キャッ☆

 

と、いうことで…。

 

 

 

 

『毎日新聞』さんで連載中の

映画コラム、「英月の極楽シネマ」 キラキラ

 

上映中です! → 劇場情報

 

 

 

Have a nice day!!
素敵な一日を! 音譜