「半世界」。

テーマ:

2016年4月8日から『毎日新聞』さんで始まった

映画コラム「英月の極楽シネマ」 キラキラ

 

おかげさまで、3年近く続いてきました。

この間、どれだけの映画を観ただろう?

 

色々な国の、様々な映画を観る機会をいただき

人生が豊かになるというか、深まるというか

まぁ平たく言えば、贅沢だなぁ、嬉しいなぁと

試写会に行く度に、しみじみ思っております にへ

 

で、言葉を飾らずに言うと

これは私の素直な感想ですが…。

 

ハリウッド映画って、凄いです。

 

もう、スケールが違います。

エンドロールに出てくるスタッフの名前

その数が、ハンパありません。

 

ヤラシイ話をすれば、製作費も違うワケです。

もちろん、公開する規模も違う。

ある意味、横綱です。圧倒的に、強いんです。

その強さは、爽やかさを感じるほど。

 

じゃあ横綱以外が取る相撲はダメなのか?

と言えば、当然「NO」であって、身体の小さな

力士は、その特性を活かした相撲を取る。

それが相撲の魅力であり、醍醐味でもあります。

 

で、結局、私は何が言いたいのか?

 

 

 

 

この映画が、素晴らしかった!

と、言いたいのです キャッ☆

 

「半世界」(注意!音が出ます)

日本映画の美しさが、凝縮されています。

 

 

 

 

予告編は、コチラ ニコ

 

1月24日のブログで紹介した

「サムライマラソン」(注意!音が出ます)に

出演している長谷川博己さん。

 

朝ドラの萬平さんですが

雰囲気からして、全くの別人です。

 

「サムライマラソン」のお殿様も

萬平さんも、「半世界」の元自衛官も。

とても、同じ人とは思えない!

 

寡黙な炭焼き職人を演じた

稲垣吾郎さんも、違和感のない馴染みっぷり。

 

プロに凄い!と言うのは失礼かも、だけど

素直に、俳優さんって凄い!と思わずには

いられません ウィンク

 

 

 

 

コチラは、メイキング映像。

 

2月15日(金)ロードショウ!

劇場情報は → コチラ

 

「人生の折り返し地点に差しかかった

主人公たちが、一体どこへ折り返して

いくのか」をテーマとした、この映画。

 

描かれるのは、フツーの人たちの日常。

けれども、その1日、1日が、

実は特別なものだと知らされます。

 

じんわり、しんみり、いい映画です 好

 

 

 

Have a nice day!!
素敵な一日を! 音譜