大行寺の報恩講。

テーマ:

 

一昨日は大行寺の報恩講 キラキラ

 

見える?写真の左端に見える

「報恩講勤修」の文字 ニコ

 

 

 

 

今度は右から ウィンク

 

報恩講は浄土真宗を開いたとされる

鎌倉時代の僧侶、親鸞聖人のご法事です。

 

 

 

 

茶色の小さな袋は

新しくなった大行寺煎餅 ラブラブ

 

知る人ぞ知る(で、知らない人は知らない)

ファンも多い、京都の手焼きのお煎餅。

長年、皆さんに愛されてきましたが

お煎餅屋さんが店じまいをされたので

お店を新たに探して、作っていただきました。

 

ワガママをいっぱい言ったので

かなりこだわりのお煎餅になっています。

 

もちろん、大行寺オリジナル キャッ☆

「写経の会」「法話会」の後の茶話会でも

お出ししますので、お楽しみに!

 

 

 

 

さて、その大行寺煎餅の隣は

坊守(母です)の手作り(つきたて)お餅!

 

ちなみに、お餅に貼られたメッセージの

イラストも坊守です。1枚1枚、違います。

ちなみに、私に絵心はありません ううっ...

 

 

 

 

お斎と一緒に、お膳の上に ウィンク

 

で、私。おなかが減っていたのでしょうか?

せっかくのお斎の写真を撮るのを

すっかり忘れて、食べてしまいました あせる

 

まぁ、いいじゃないですか。

大行寺の報恩講の雰囲気が伝われば!

 

雰囲気といっても、半ば食レポ状態ですが

が、しかし、食べるのがメインではありません!

説得力、ないけど。

 

ご門徒の皆さんと勤行

(お経さんをお勤めします)

ご法話をいただきます

お斎

今年下半期の大行寺の行事を

パワーポイントで振り返ります

毎月発行している大行寺の新聞『大行』で

連載中のクイズの答え合わせ

(全問正解者には豪華!商品が)

お片付け

お茶とお菓子で、おしゃべり

 

こんな1日でした にへ

 

今年のご法話は

大谷大学名誉教授 沙加戸弘先生

 

ちなみに昨年の報恩講は

九州大谷短期大学名誉学長 古田和弘先生

 

我ながら贅沢だなぁと思うよ 

報恩講法要をご縁として、自分がお聞かせ

いただきたい先生のお話を、ご門徒の

皆さんと一緒に、お聞かせいただけるって。

 

幸せだなぁ 好

 

 

 

Have a nice day!!
素敵な一日を! 音譜