映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
ヴェニスの商人
¥3,420

THE MERCHANT OF VENICE

アメリカ/イタリア/ルクセンブルグ/イギリス 2004年


アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ、リン・コリンズ、ズレイカ・ロビンソン、クリス・マーシャル、チャーリー・コックス、マッケンジー・クルック、ヘザー・ゴールデンハーシュ、ジョン・セッションズ、グレゴール・フィッシャー、ロン・クック、アラン・コーデュナー、アントン・ロジャース、デヴィッド・ヘアウッド


監督・脚本:マイケル・ラドフォード 『イル・ポスティーノ』
原作:ウィリアム・シェークスピア 『ロミオとジュリエット』
音楽:ジョスリン・プーク 『ハイジ』
衣装:サミー・シェルドン 『キンキーブーツ』


【ストーリー】

1596年頃ヨーロッパの貿易の中枢として栄えた運河の街ヴェニスでは、土地を持つことを許されないユダヤ人たちは、ゲットーと呼ばれる高い塀で囲まれた町の中に隔離される生活を余儀なくされる。土地も財産も持つことができない彼らだが、金貸し業を営んでいた。ユダヤ人である彼らは、宗教の違いと高金利で金を貸す行為がキリスト教の教えに反するとみなされ、常に赤い帽子を被ることと、街中ではキリスト教徒たちからの暴行の恐怖にさらされていた。

シャイロック(アル・パチーノ)も、そんな金貸しのひとりで、顔見知りの貿易商アントーニオ(ジェレミー・アイアンズ)から、顔にツバをはきかけられる屈辱を味わっていた。ところが、そんなある日、アントーニオと彼の親友バッサーニオ(ジョセフ・ファインズ)から、金を貸して欲しいと頼まれる。驚いたシャイロックだったが、3000ダカットもの大金をナント!無利子で貸すという。しかし、それには条件があった。「3ヵ月の期限内に借金が返せなかったら、アントーニオの心臓近くの胸の肉1ポンドを引き替えにもらう」というのだ。常軌を逸したシャイロックの申し出にアントーニオはたじろぐが、バッサーニオのためにその条件をのむのだが・・・。




これも、今頃・・ですが
やっと観ることができた作品!


シェイクスピア劇の仰々しくて長い台詞
実は、結構好きなのです


この作品の中でも、シェイクスピアだなぁ~と頷く台詞がありましたが
やはり、ずいぶんとわかり易く描かれていると思いました


題名はヴェニスの商人ですからアントーニオが主役

ジェレミー・アイアンズは相変わらず品があってセクシーで

年老いた自分の価値がなくなっていると嘆いていたけれど

いかにもキリスト教信者で苦労しらず・・という雰囲気は見事でした


けれど、今回はアル・パチーノに圧倒されました

あの眼光鋭い目、苦悩に満ちた深いしわの入った顔

高利貸しで、お金は浴びるほど裕福なはずなのに

決して満ち足りた生活をしているようには見えず

妻も無く、娘とみすぼらしい使用人がいるだけ・・・


どの時代でも、どの国でも宗教の違いは

決してお互いの歩み寄りを許さないけれど

この時代は特にそうだったことがよくわかります



この作品は、あの法廷でのやり取りが有名で

二人の間に立つ法学博士(今の検事や弁護士といったところですね)は

公明正大にシャイロックの言い分を受け入れたかに見せて
結局は、全てアントーニオにいいように進んでいく


「一滴の血も流すな・・・」というところまではいいのです

でも、そこから先はもうどんどん坂道を転がるように

シャイロックの立場が不利になる一方

そして、ついには彼の財産も全て国とアントーニオのものに・・・


なんてこったい!!これじゃ茶番だ!!


学生時代に読んだ本では

強欲で情けも無いような高利貸しのシャイロックというイメージだったけれど

この作品で、アル・パチーノという役者の見せるシャイロックは

どうしても彼に肩入れしてしまうほどの説得力ある演技だったのです


今までキリスト教徒に迫害され続けていた男は

そのキリスト教徒に娘を奪われ

多額のお金を貸した保証人の破産を知り

その怒りを、今までの蓄積された怒りをアントーニオに向けた・・・

どうしようもない怒りをキリスト教徒であるヴェニスの商人に向けただけなのに


このあたりからの裁判には、一人画面の前で怒ってました(汗

さらに!!アントーニオがいかにもキリスト教徒らしく(?)

シャイロックの財産を取り上げずに、半分は娘に行くようにと申し出るという

慈悲深いところを見せてくれるのです・・・


ところが・・・です

ユダヤ人であるシャイロックにキリスト教へ改宗しろという条件を出す・・・

それは、シャイロックはもう死んだも同然では・・・と絶句しました

やはり、そうなのか・・・と


それにしても・・・・

その公明正大に裁判を進めていく法学博士こそ

バッサーニオの妻ポーシャ(リン・コリンズ)

才色兼備の彼女は財産だけではなく

溢れるほどの知識の持ち主だったわけで・・・

見事に男装してこの名裁き(?)を行うわけです


このあたり、いかにもシェイクスピアですねぇ~~~~

彼らの時代、女性は公職につけなかったわけですから

シェイクスピア劇には頭脳明晰な女性が男装して登場する作品が多いです


そして、どの作品でも・・・感じるのですが

結局、一番怖いのは女性かなぁ~~~~と(苦笑)



まぁ、それにしても見事な配役

それだけでもうっとり~♪とさせていただきました!!

衣装も画面に広がる景色も音楽も

どれを取っても、大作というに相応しい作品♪


ラスト、ユダヤ教徒の集まりに入れず

閉まる扉の前に佇むシャイロックの姿に胸が痛みました・・・

これは、DVD買わないとなぁ~~~と思った作品です!!

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「シェイクスピア」 の記事

テーマ:
から騒ぎ
角川エンタテインメント
から騒ぎ(字幕スーパー版)
Much Ado About Nothing

イギリス 1993年

ケネス・ブラナー、エマ・トンプソン、ロバート・ショーン・レナード、デンゼル・ワシントン、キアヌ・リーブス、ケイト・ベッキンセイル、


監督・脚本・演出:ケネス・ブラナー

音楽:パトリック・ドイル 『いつか晴れた日に』、『ブリジット・ジョーンズの日記』


【ストーリー】

イタリア、トスカーナ地方。田園の地メシーナを収めるレオナート(リチャード・ブライアース)は、弟のアントニオ、美しい娘ヒーロー(ケイト・ベッキンセイル)、侍女のアーシュラ(フィリダ・ロウ)とマーガレットらは、姪でヒーローの従姉妹に当たる陽気で勝気な娘、ベアトリス(エマ・トンプソン)が朗読する詩に耳を傾けていた。そこへ急ぎの従者がやってきた。戦いに勝ったアラゴンの領主ドン・ペドロ(デンゼル・ワシントン)が、メシーナへ凱旋するというのだ。レオナートたちは歓喜し、村は一躍大騒ぎに。若くハンサムなクローディオ(ロバート・S・レナード)、独身主義者のベネディック(ケネス・ブラナー)、ペドロの異母弟ドン・ジョン(キアヌ・リーヴス)の一行は村に到着し、ペデロは早速レオナート一家と再会する。

クローディオとヒーローは好意を寄せ合い、ベネディックとベアトリスはお互いに強い口調でからかい合うが、実はお互いに惹かれあっている・・・。そんな中、一人不服そうなのが、兄ペドロを疎ましく思っているドン・ジョンだった。そのドン・ジョンの策略でクローディオとヒーローに悲劇が・・・・。


これも、シェイクスピアの恋愛物らしい作品。

それにしても、とにかく出演者が豪華!!


初めて観たときには気にしていなかったけれど

今書いてみると、もう本当にスゴイ面々・・・

それだけでも美味しい作品!!



特に、ベネディックとベアトリスの掛け合いが面白くて

この作品にいい意味でスパイスを効かせてくれています

観ていても安心する二人

ケネス・ブラナーとエマ・トンプソンが演じているからかな~

ケネス・グラナーといえばシェイクスピアって感じですね

やっぱりハマっています!!


シェイクスピア劇は苦手・・という人もいるけれど

これは明るくて良いです!!

前に書いた、十二夜も明るい方ですね


イタリアの陽気に満ちた雰囲気

風景は美しいです!!


ちょっぴり悪者のキアヌ・リーブスが可愛そうだけど

それすら終わり良ければっていう感じで

ハッピーエンドだからいいかな~




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
十二夜
ビデオメーカー
十二夜
The Twelfth Night

イギリス 1996年

イモジェン・スタッブス、トビー・スティーブンス、ヘレナ・ボナム・カーター、スティーヴ・マッキントッシュ、ナイジェル・ホーソン、ベン・キングスレー、リチャード・E・グラント



【ストーリー】

メサリーン国の役者である双子の兄妹セバスチャン(スティーヴン・マッキントッシュ)とヴァイオラ(イモジェン・スタッブス)は、嵐の夜に遭難して生き別れになる。それぞれに助けられていたが、お互いの生死すらわからないままだった。

ヴァイオラは、故国と敵対するイリリアに漂着し、魅力的な伯爵令嬢オリヴィア(ヘレナ・ボナム=カーター)と知り合う。自分と同じく兄を亡くしたばかりという彼女に魅かれ、近くで働きたいと思ったが、ひょんなことから男装して小姓セザリオと名乗り、オーシーノ侯爵(トビー・スティーヴンス)の元で住み込むことに・・。ヴァイオラは侯爵を愛するようになるが、オーシーノはオリヴィアに恋をし、あろうことかヴァイオラを恋の使者に立ててしまう。ところが、オリヴィアはセザリオ=ヴァイオラに恋をする。

一方、町ではアントニオ(ニコラス・ファレル)に救われていたセバスチャンが妹の身を案じていた。妹とうりふたつの彼をオリヴィアはセザリオと勘違いして求婚する。突然だが、美しいオリヴィアに心を奪われたセバスチャン。そこへオーシーノがヴァイオラが来訪して・・・。



シェイクスピア原作の「十二夜」

双子の兄妹と、オリヴィア、オーシーノの恋がドタバタと絡み合う物語で、今で言うラブコメですね♪


こういう勘違いやちょっとしたタイミングですれ違う恋愛のドタバタ劇がシェイクスピアらしいです。

あの有名な悲恋「ロミオとジュリエット」もちょっとしたタイミングのズレで悲しい結末を迎えたけれど、この作品はハッピーエンドです♪


自分のところに居る小姓にドキッとしたりするオーシーノ侯爵

セザリオが女性とわかった時のホッとした顔が笑えます


男に扮しているため、愛する人に思いを伝えられない・・

オリヴィアの気持ちを代弁(?)するヴァイオラが健気!

でも、こういうのって男装とか関係なく、ありがちですよね

好きな人に別の女の子への想いを相談されたり。。。って


オリヴィア役のヘレナ・ボナム・カーター

存在感あります!



でも!!

この作品をさらにコメディチックにしているのが伯爵家の内紛

可哀想だけど、執事が騙されるシーンはかなり笑えます・・

笑っちゃいけないんだろうなぁ~と思いつつも

展開が予想できて、またその通りになるから

ついつい笑っちゃいます・・・ちょっと切ないですけどね



ベン・キングスレーが語りで登場しているのですが

なぜか、エンディングの歌を妙に覚えているのです・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。