映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
ザ・タワー 超高層ビル大火災(DVD)
¥3,212
楽天

2012年 韓国

ソル・ギョング、ソン・イェジン、キム・サンギョン、キム・イングォン、ト・ジハン、アン・ソンギ、イ・ハンウィ、キム・ソンオ、ソン・ジェホ、チャ・インピョ、パク・チョルミン、チョン・インギ、パク・チョンハク


監督:キム・ジフン

脚本:キム・サンドン


【ストーリー】

地上108階建て、6000人あまりの居住者と巨大な商業施設を誇る超高層複合ビル“タワースカイ”で働くデホは、男手ひとつで育ててきた一人娘のハナと楽しいクリスマスイブを過ごす約束をしていた。“伝説の消防士”の異名を持つカン・ヨンギ隊長は休暇をもらい、結婚後初のクリスマスを祝うためケーキを用意する。だがタワースカイの上層階で大火災が発生したことから、彼らのクリスマスは死の恐怖と悲劇に包まれてしまうのだった・・・(allcinemaより)



観たい作品があるのに~~~

主人が見始めたので

こっちを先に見てしまいました(汗


『シルミド』の渋いお二人が出ているので

カッコイイのではありますが

『タワーリング・インフェルノ』と9.11を

どうしても思い出してしまう映像でした


高層ビル火災なので

これ以上にもこれ以下にも

描くことができないのかもしれません・・


それにしても

火災原因は明らかに

傲慢なビルオーナーですね


室長にしても

安全第一なんじゃないの~?

とツッコミたくなるほど

火災に対する準備がお粗末!


プラス

救助に関しても

順番があるの??

一緒に観ていた娘は怒り心頭

「ありえんっ!!」と叫んでおりました(苦笑)


この深刻な状況の中

消防隊の副体長が

なかなかいいキャラで

明るくてよいですね~

こんな人がいると

頑張れそうな気がする!


ラストはやっぱり・・の展開でしたが

『タワーリング・インフェルノ』を観ていない

娘たちは手に汗握る状態で

観ることができたようです♪





にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「パニック」 の記事

テーマ:
日本沈没 スタンダード・エディション [DVD]/草ナギ剛,柴咲コウ,豊川悦司
¥3,990
Amazon.co.jp

日本 2006年

草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博、福田麻由子、吉田日出子、柄本明、國村隼、、石坂浩二、六平直政、手塚とおる、大倉孝二、花原照子、和久井映見、長山藍子、(友情出演)、遠藤憲一、村杉蝉之介、加藤武、北村和夫、矢島健一、大口広司、石田太郎、並樹史朗、松尾貴史、ピエール瀧、佐藤江梨子、津田寛治、池田成志、木村多江、前田愛、山田辰夫、福井晴敏、安野モヨコ、庵野秀明、富野由悠季、丹波哲郎

監督:樋口真嗣 『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』

脚本:加藤正人 『孤高のメス』


【ストーリー】

ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫(草彅剛)は、海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するという事実を知ってしまう。調査を指揮した地球科学の田所博士(豊川悦司)は日本の危機を訴えるが、学会は全く耳を貸そうとしなかった。しかし、内閣総理大臣・山本尚之は事態を重く受け止め、危機管理担当大臣を置き、日本人の避難先確保に動き出す。時を待たず、地殻変動の波が日本列島を次々と襲い、犠牲者が増大する。そんな中、小野寺は、ハイパーレスキュー隊員の阿部玲子(柴崎コウ)と出会う(allcinemaより)



TV放送を観ました!


ううむぅ・・・

アルマゲドン的日本映画!ですね


オリジナル(?)というのでしょうか

30年程前に製作された『日本沈没』とは

少し違う部分もありますが

大体はこんな感じだったかな~と思います

と言っても、ほとんど忘れていましたので

えらそうなことはいえません(汗)


CGを使った地震と

有名な日本の名所が崩壊している画像には

うわ~~っ(涙)と絶句してしまいましたが

やはり、アメリカのパニック映画と比べると

ちょっと寂しい感じというか・・

リアリティに欠けてしまうように感じます


というよりも・・・

こういう作品は苦手なのかな??邦画

個人的には『海猿』の一作目のほうが

良かったな~と思ってしまいました


なぜだろう???と思っていると

そうなんですよね~

小野寺と阿部玲子のラブストーリーが

いまひとつ・・なんですよ(涙)


旧作はもともとこの二人は恋人同士だったのかな?

今回は、知り合ってから恋愛感情が!というところで

そこまでして守りたい人・・

という部分に繋がっていないと感じたんですよね


この作品、結構話題になったというか

CMが凄かったのを覚えていますが

TVで十分・・な感じでした(汗)

いや、大画面で見たら

迫力はあったと思いますけど!!







にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ボルケーノ (ベストヒット・セレクション) [DVD]/トミー・リー・ジョーンズ
¥1,490
Amazon.co.jp

アメリカ 1997年

トミー・リー・ジョーンズ、アン・ヘッシュ、ギャビー・ホフマン、ドン・チードル、ジャクリーン・キム、キース・デヴィッド、ジョン・コーベット、ジョン・キャロル・リンチ、マイケル・リスポリ、マルチェロ・テッドフォード、ローリー・レイサム、スージー・エスマン

監督:ミック・ジャクソン 『モリー先生との火曜日』

脚本:ジェローム・アームストロング

脚本:ビリー・レイ 『ジャスティス』


【ストーリー】

大都市L.A.で中度の地震が続く中、地下鉄工事現場で作業員が事故死する事件が発生する。死因は蒸気によるものだとされた。そんなとき、市の危機監理局(Office of Emergenxy Management)の局長であるマイク・ローク(トミー・リー・ジョーンズ)らのもとに地震学者のエミー(アン・ヘッシュ)が、火山活動が行われていると言って来た。だが上司はまったく取り合わない。ロークは気にはなりつつもエミーを帰し、自分も娘の待つ家へと帰宅する。翌早朝、エミーは同僚と共に事故現場を調査するが、突然大きな地震が発生し同僚は地下へと飲み込まれてしまう。地上では、エネルギーを蓄え過ぎた溶岩流が遂にタール池から噴出し、周囲の建造物や椰子の木々を燃やしながらウィルシャー通りに溢れ出ていた。ロークは娘と共にOEM本部へ向かう途中、火山弾が降り注ぎ、地獄と化すロス市内で立ち往生するが、エミーと合流し状況を把握。溶岩の流れを変えようと必死に対応が始まる。



パニックムービーの中では

面白い作品です!!

随分前に観ていたのですが

CATVで放送されていたので観てしまいました!!


トミー・リー・ジョーンズがカッコイイ♪

火山弾が飛び交う中けが人を助けたり

あわやと言うこところで娘を救い出す!

もう、本当にとんでもないくらい凄いんです!


昔から老け顔だったので

こんなアクションをやって凄いなぁ~と思うのですが

まだ31歳なんですねぇ~この時・・・若いっ!!


LAで火山活動が・・

そして池から溶岩があふれ出す・・なんて

ありえない~~~と思うのですが


実際にあったらどうするんだろう??

こんな風になるんだろうか?

自然の力には勝てないだろう・・と

いろんなことを考えちゃいます!


パニックムービーの王道的なストーリーですが

最後の少年の言葉が印象的です!

灰を被って、みんな真っ黒な顔をしていて

そんな人々を見て

「みんな同じ顔だよ・・・」って


人種・職種・年齢も性別も違う人々が

みんな同じような顔をしている


それは、みんなの力がひとつになって

自然の驚異から街や人々を守った結果・・


この作品の言いたいことは

たったこの一言だったんだなぁ~と

今回の再鑑賞で改めて確認した私です!






にほんブログ村 映画ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
タワーリング・インフェルノ (期間限定)
¥1,350

アメリカ 1974年

スティーヴ・マックィーン、ポール・ニューマン、ウィリアム・ホールデン、フェイ・ダナウェイ、フレッド・アステア、O・J・シンプソン、リチャード・チェンバレン、スーザン・ブレイクリー、ロバート・ヴォーン、ロバート・ワグナー、ジェニファー・ジョーンズ、スーザン・フラナリー、シーラ・マシューズ、ノーマン・バートン、ジャック・コリンズ、ドン・ゴードン、フェルトン・ペリー、グレゴリー・シエラ、ダブニー・コールマン、エリザベス・ロジャース、マイク・ルッキンランド

監督:ジョン・ギラーミン 『キングコング』

監督:アーウィン・アレン 『ポセイドン・アドベンチャー』

脚本:スターリング・シリファント 『ポセイドン・アドベンチャー』


【ストーリー】

サンフランシスコに聳え立つ超高層ビル”グラス・タワー”は地上135階。1階から80階まではオフィスとして、それ以上の階は住宅として利用されることになっていた。既に入居している人々で豪勢な”落成式”が行われようとしていた。だが、地下室にある発電機が故障したため、予備の発電機を始動させたとたんショートし火災が発生する。保安主任ハリー・ジャーニガン(O・J・シンプソン)の緊急報告を受けた設計士のロバーツ(ポール・ニューマン)は配線工事が自分の設計通りに行われていないことに怒り、落成式の一時中止を申し入れるが、ダンカン(ウィリアム・ホールデン)は拒絶し、気づかぬまま火が大きく拡がりはじめていた。予定通り”落成式”が行われる中、ついに81階の物置室から出火した火は大きな炎となって拡がり、ロバーツは消防署に通報する。連絡を受けた消火隊は隊長のマイケル・オハラハン(スティーヴ・マックィーン)のもとビルに到着するが、人々の混乱と強風により救助は困難を極めるのだった・・・。



パニックムービーの代表作品!

ポール・ニューマン追悼のためにTVで放映されたので

久しぶりに観ることになりました


それにしても、豪華なキャスト!

今ではこんなに豪華キャストで映画を作るのは大変でしょう

まさに映画黄金時代という感じです!



ポール・ニューマンとスティーブ・マックィーンが共演

それだけでも、十分に見応えがありますが

そのキャスティングがピッタリです!!


1974年の作品・・・

135階の高層ビルで火災

想像するだけで身震いがします

ここ数年にあった

ビル建設の不備・・思い出しました

設計どおりに作らないと

こんな恐ろしいことになる


34年も前にこんな凄い映画があったのに

観ていなかったんでしょうか・・・

人が住んだり働いたりする建物なのに

違法建築なんて恐ろしいです


この作品は、ちょっとしたことから大惨事になる・・

ということの恐ろしさを見事に描いています

でも、ただキャアキャァ言っているような

パニック映画ではなく

きちんと登場人物が描かれいて

切なさや、人生の重さや、優しさ・・厳しさ

いろいろなものを感じることができます


隣のビルにゴンドラで移るというシーンは

観ているだけで足がムズムズします(泣)

絶対気を失います・・



ポール・ニューマンもスティーブ・マックィーンも

いつまでも、作品の中で行き続けていて

観ることができる・・って幸せだな・・

しみじみと、そんなことを思いながら観ました



にほんブログ村 映画ブログへ
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
ポセイドン
¥1,335
Amazon.co.jp

アメリカ 2006年

ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、ジャシンダ・バレット、リチャード・ドレイファス、ジミー・ベネット、エミー・ロッサム、マイク・ヴォーゲル、ミア・マエストロ、アンドレ・ブラウアー、ケヴィン・ディロン、フレディ・ロドリゲス

監督:ウォルフガング・ペーターゼン 『トロイ』、『パーフェクトストーム』

脚本:マーク・プロトセヴィッチ 『ザ・セル』、『アイ・アム・レジェンド』

【ストーリー】

豪華客船“ポセイドン号”は北大西洋上で大晦日の夜を迎えていた。広大なボール・ルームでは、ニューイヤー・イブの祝宴が華やかに催されていた。いよいよカウントダウンが始まる・・そのとき、突然の巨大な波にポセイドン号は飲み込まれてしまった。船は瞬く間に船底を上に向けて完全に転覆、乗客の多くは一瞬にして命を失ってしまう。突然の出来事にパニックになる乗客たちに、船長は救援信号は発信しているので、すぐに救助が来るはずだから、そのままこの場に止まるよう全員に命じる。しかし、プロのギャンブラーのディラン(ジョシュ・ルーカス)は、この場にいるよりも移動したほうがいいと考え脱出を企てる。前NY市長のロバート(カート・ラッセル)は、別の場所にいる娘ジェニファー(エミー・ロッサム)を捜すため、ディランとぶつかって顔見知りになったコナー少年(ジミー・ベネット)と母のマギー(ジャシンダ・バレット)達もディランと行動を共にするのだが…。



リメイク版を観るときにはいつも迷います

オリジナルのインパクトが強ければ強いほど

なかなかリメイク版を観ることができません


この作品のオリジナル『ポセイドン・アドベンチャー』は

まだ幼い頃に母と一緒に劇場で観た作品で

子供ながらに手に汗を握って観たことを鮮明に覚えています


観始めてから、すっかりオリジナルとは別物として

最新の技術はすごいなぁ~と思いながら観ていました


ストーリー的には

すごいドラマチックな感じはしませんでした

やはりオリジナルのインパクトが強すぎて・・

きっと、パパがプロペラを止めに行ったシーンなんかは

もっと感動的なのかも・・と思いつつも

ひたすら主役のジョシュ・ルーカスに釘付けでした

(いつものイイ男センサーのせいじゃないですよ!!)


元消防士で元市長のカート・ラッセルが主役かと思っていたのですが

私は、すっかりプロのギャンブラーのかっこよさに釘付けでした

火の海に飛び込んだり

閉所恐怖症のエレナを励ましたり

鉄砲水に流されたコナーのママを助けたり

閉じ込められたコナーを助けたり

そりゃもうすごい大活躍!!


ラストのプロペラ逆回転~のシーンでは

目を覆いながらも指の間から画面をしっかり見ていた私(苦笑)


やっぱりオリジナルのほうが好きな私ですが

こちらも観てソンはしないというか

これはこれで映画だなぁ~という楽しみ方で観れたので

良かったです!!


家で見るのは勿体ないかな

大画面で観たらスゴイ迫力だろうなぁ~~と思いました!




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。