映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
アミューズソフトエンタテインメント
ギフト

アメリカ 2000年

ケイト・ブランシェット、キアヌ・リーブス、ヒラリー・スワンク、ジョバンニ・リビシ、ケイティー・ホームズ、グレッグ・キニア


監督:サム・ライミ

脚本:ビリー・ボブ・ソーントン、トム・エバーソン


【ストーリー】

ジョージア州の小さな町に住む未亡人のアニー(ケイト・ブランシェット)は、人の運命を見抜く特殊な能力の持ち主で、時折人の占いをやっていた。夫婦仲に悩むヴァレリー(ヒラリー・スワンク)は、よくアニーの元を訪れるが、アニーは助言を受け入れるでもなくいつも同じことの繰り返し。ヴァレリーの暴力的な夫ドニー(キアヌ・リーヴス)はアニーを魔女扱い、先日も敷地内に入ったことで口論があったばかりだった。そんなある日、息子の教師ウェイン(グレッグ・キニア)と婚約者ジェシカ(ケイティ・ホームズ)が、二人の結婚の行方を占うためにやってきたのだが、彼女はそこに恐ろしい幻想を見てしまう。数日後、幻想は現実となりジェシカが失踪。やがて死亡が判明。事件解明のため保安官に協力を要請されたアニーは、占いでドニーを容疑者として浮かび上がらせ、裁判で彼は有罪になる。だが真犯人は別にいた・・・。



ケイト・ブランシェットの浮世離れした雰囲気はさすがです!

彼女目当てに観た作品ですが、脚本の名前を見てビックリ

才能豊かな人ですよねぇ~ビリー・ボブ・ソーントンです・・・



小さな田舎町でおきた悲惨な事件。

そこにいた占い師のアニー

断片的に事件が見えてしまうけれど

犯人の顔がはっきり見えない・・


そのため、暴力的なドニーに容疑がかかり

裁判でも有罪となってしまうのだけれど

ドニー役のキアヌ・リーブス・・思わず誰?と思ってしまいました


こういう霊的な力を持っている人が身近にいるので

妙にリアルで怖いと思いました

ハッキリと全てが見えればいいのだけれど

大体は断片的で、時間軸も少し入れ替わっていたりするらしい


この作品は、そういう部分があったために

事件解決に時間がかかったのだけれど

そこがまたすごくリアルでした!(私にとっては・・ですが)


見えない世界、人とは違う力

そういうのって周りからは受け入れがたいもの

それなのに、何かあると頼ってくる

でも、頼った側の思う答えが返ってこないと嘘だといわれる


人ってほんとうに自分勝手・・・

アニーのこと、彼女の子供たちのことを考えてくれる人がいない


映画の中にはないけれど

こんな小さな町、きっとほかの人たちだって

アニーに助けられたことがたくさんあるはずなのに・・・


心身ともに疲れきっているアニーに追い討ちをかけるように

これまでアニーと親交のあった修理工のバディが事件を起こす

このシーンは観ていてとても苦しかったです・・

精神を病んでいるとはいえ、バディの叫びが悲痛で・・


アニーは自分の無力さを痛感するのだけれど

人間って、そんなに強くもえらくもない

一人で子供を育てながら、自分にできることをしてきたアニー

だれかに頼りたい・・そんな心が

事件の本質を見せなかったのかもしれない


アニーはついに真犯人を見つけて危険な目にあう

それを助けてくれたのはバディ

彼は、ほんとうにアニーを大切に思っていた一人

すべての真実が明らかになったとき

アニーはどんな気持ちだったんだろうか?




神様から与えられた力はとても重く

彼女にとって、これからも楽な人生ではないはず・・


題名の「ギフト」とは

彼女が神から与えられた力だけではなく

彼女が人々に与えていかなくてはいけない力も意味しているのだろうと

ふとそんなことを考えた作品でした





【蛇の足】
サスペンス・ホラーとしても、なかなかいいと思いますが・・・アニーが見る映像が、ちょっとキツイのもあるので、ホラーが苦手な人はお気をつけください!!

AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「サスペンス(クライム/サイコ)」 の記事

テーマ:
ジェネオン エンタテインメント
クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち デラックス版

フランス 2004年

ジャン・レノ、ブノワ・マジメル、クリストファー・リー、カミーユ・ナッタ、ジョニー・アリディ


監督:オリビエ・ダアン 『いつか、きっと』

脚本:リュック・ベッソン 『レオン』


【ストーリー】

フランス・ロレーヌ地方の由緒ある修道院。新しく来た修道士が13という番号の部屋に入ったが、壁に掲げられたキリスト像から血が流れ出すという奇怪な事件が起こる。さっそくパリから派遣されたニーマンス警視(ジャン・レノ)が捜査を開始、特殊な装置で壁を映し出すと、そこには壁に埋め込まれた死体があった。

死体は十字架のキリストと同じ体勢がとられ、その横には不思議な紋章のような印が残されていた。被害者の身元を確認し、調べていくと、次々に死体を発見・・・そこにはやはり不思議な紋章のような印があった。

同じ頃、若手刑事レダ(ブノワ・マジメル)は麻薬捜査中に、突然飛び出してきた男をはねてしまい、彼を病院へと運ぶ。彼は姿形、着ているものまでキリストに似ており、意味不明な言葉をつぶやくだけだった・・・。しかし、病院になぞの修道士が現れ、事件は深まっていく・・・。



フランスでベストセラーのミステリー小説を映画化した

「クリムゾン・リバー」の続編ですが、こちらはリュック・ベッソンの脚本



怖いもの系が苦手なので、普段は観ないはずなんですが

この作品、前作を観ていたので、さほど怖くないだろうと予想

それでも、死体やら血が出てくるのが苦手な主人がパスなので

録画しておきました!!(先週の日曜日にTV放映してましたネ)


さて、多少怖い感はありながらも、一人で夜中に観ました~~~

あれ?あれ???う~~~ん・・・


バチカンの財宝を狙った異国人が

宝狙いをうまく隠すために、黙示録をかたどって連続殺人を犯した・・


なにも、わざわざ黙示録にしなくたってぇ~~~!

いや、職業も名前も12徒と同じ人が亡くなっていくのは

凄いと思いました!!よく探せたなぁ~~とか(苦笑)

意外に普通にいるのでしょうねぇ~、トマとかユダとか・・


せっかく、こういう謎めいた事件にするのなら

もっと修道士たちが絡んでいるとかでも良かったのに・・


ホラーは苦手ですが、サスペンスものは好きなんです!

だから、クリストファー・リーが登場したあたりから

うーーーん、、結局そういうことだよね・・と

サスペンスとしてはつまらなくなってしまいました


ただ、アクションは凄いですね

あんな修道士の服着てるのに、屋根とかひょいひょい渡るし

あんなに走ってるのに疲れないのかぁ??とか

そのへんの謎は、大戦の置き土産(?)的理由でよくわかりましたが


それを、ひそかにポケットに入れた主役二人が

いつ使うんだろう??とワクワクしておりましたけれど

そーいう使い方がありましたね・・・って(苦笑)


でもって、黒幕の最後があっけない・・

あまりにもあっけなさすぎ~~(苦)

神の言葉が書かれている書と共に沈んでいくというのは良かったけど

せっかくクリストファー・リーなんですから、もう少し・・と思いました


前作ではヴァンサン・カッセルだったジャン・レノの相棒が

今回はブノワ・マジメル

この方『ピアニスト』で年上のピアニストに恋をする青年でした

すぐにわかったけれど、アクションもいけるのね!!


宗教の専門家として登場したマリー役のカミーユ・ナッタ

マリアという名前で危ない目にあうのか??と思ったけれど

黙示録には関係ありませんでした(汗)

フランスの女優さん、モデルみたいですらっとしてて綺麗です!!

ラスト近くの無線でジャン・レノたちを呼ぶときのアップの瞳が

すごーく綺麗でした!!



キリスト教徒ではない私には

いまいちズシリとこなかったけれど、きっと観る人によっては

かなりセンセーショナルな作品なんでしょうね!


鍵と仕掛けのところはよく考えられているなぁ~と思いました!



AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

午後の五時

A CINQ HEURES DE L'APRES-MIDI
AT FIVE IN THE AFTERNOON


イラン/フランス 2000年

アゲレ・レザイ、アブドルガニ・ヨセフラジー、マルズィエ・アミリ、ラジ・モヘビ 

監督・脚本・撮影:サミラ・マフマルバフ




【ストーリー】

ブルカに、青い日傘をさした女性ノクレ(アゲレ・レザイ)。今もなお女性が勉強したり働いたりすることを神への冒涜と信じている父親(アブドルガニ・ヨセフラジー)と、パキスタンへ出稼ぎに行ったきり戻らない夫を待ち続けている兄嫁のレイロマ(マルズィエ・アミリ)と暮らしている。

タリバン崩壊後のアフガニスタン、女性にも学校が開放されるようになったいた。ノクレは毎日父親の馬車で送られ宗教学校に通うが、父と別れたあとノクレは白いハイヒールに履き替えると、女性に一般的な学問を教える普通学校へと向かった。

ある日、先生が生徒たちに将来の夢を尋ねるが、最後の「アフガニスタンの大統領になりたい人は?」との問いかけに、メガネをかけた少女ミナが立ち上がる。ノクレも勇気を出して立ち上がった。「女が大統領になれるわけがない」という生徒もいたが、ミナは堂々と反論。ノクレは、そんな彼女を見て自分の気持ちを強くした。家に帰ったノクレが水を探しに行く途中、パキスタンからの鈴なりの帰還民をのせたトラックが到着。住む場所のない彼らのためにノクレは何かをしてあげたいと思い、壊れた家でもよければ、と自分の住む家へと案内する。家は、たくさんの帰還民で大混乱。その夜、新しい隣人が大音量で流し続ける音楽に、信仰篤い父親は我慢ができず、ノクレたちを連れて家を出てしまう。家族の暮らしは日々苦しくなる一方だったのだが・・・。


公開コピーは

タリバン政権が崩壊した後、女性にも学校が開放された。
彼女達の中に、アフガニスタンの大統領になりたい

                 という夢を持つ女性がいた。


重い作品でした。

ラストに思うのは希望か?絶望か??


長い歴史の中で、最初の1歩を踏み出すのは

それが男性だろうと女性だろうと

有名だろうと無名だろうと・・誰だって大変です


この作品に出てくる女性・・

特に「大統領になりたい!」と手を上げた彼女たちは

親や兄弟を亡くし、最悪な環境とも思える中で

生活し、それでもなお希望を持って生き抜いている


なんて強い思いなんだろうか・・・



2001年9月11日、アメリカの同時多発テロ

皮肉にも、この作品はあの事件がなければ生まれなかった作品

タリバン政権崩壊したからこそ作ることができた作品なんです!


そして2003年のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞作品。



タリバン時代には映画が禁じられていたアフガニスタン

けれども、政権が崩壊したあとの

変わりゆく(変わってほしいという希望?)アフガニスタン女性を

イランの天才女流監督のサミラ・マフマルバフは撮りたかったと・・


サミラ・マフマルバフという監督は

この作品を撮ったときはまだ22歳という若さですが

最年少でカンヌ映画際へ正式出品していて

有名な監督モフセン・マフマルバフの長女らしいです。

この監督作品は初めて見ましたが、他の作品も観たいと思いました。


主演は、アフガン女性のアゲレ・レザイ。彼女もまた22歳

作品の中では、ただ夫を待ち続ける義姉とは違い

信仰深い父親の目を盗み普通学校に出かける強い女性でしたが

彼女自身、夫はパキスタンヘ行って行方不明になったままで

女子学校で教師として職を得て、3人の子供を育てているという女性

これまで映画を観たことさえなかったらしいのだけれど

監督の「アフガンの女性を世界に知ってもらいたい・・」

という言葉で主演をOKしたらしい

あの、澄んだ力強い瞳は、22歳という若さには見えない落ち着きは

彼女の生きてきた道のりがあるからなんでしょうね


主役のノクレは、“アフガニスタンの大統領になって、戦争をなくしたい”

という夢を持ちながら、その思いを家族に理解してもらえない

たった一人、彼女を応援するのが

パキスタンから帰還してきた詩人の青年だけ

カルザイ大統領の演説原稿をもってきてくれたり

選挙用のポスターを撮影したり・・フランス兵との通訳をしてくれたり・・

作品の冒頭で、彼は「兄弟も殺された、政治なんか興味ない」と

ノクレをあしらって傷つけたのだけれど、

彼もまた、彼女の強い思いに希望をもちたかったのかもしれない


時代が変わることを受け入れられない父は

その信仰深さから、大切な家族を死へと導いているけれど

そのことに気づくこともない・・そういう世界なのだろう・・


題名の『午後の五時』は

スペインの詩人ガルシア・ロルカの詩の有名な一節で

作品の中で、詩人の青年が朗読をすると

母親が「この詩は詠まない約束じゃないか・・・」と悲しそうな顔をします

午後の五時は死を迎える時刻かのように暗く響く詩



馬を失い、馬車を失い、父に促されて水を探しに行くノクレとレイロマ

薄暗くなり始めた空に果てしなく続くような砂丘の中

二人の女性のブルガが風になびいている

その映像の向こう側で、あの詩が聞こえてくるような錯覚を覚え

さらに、ノクレの白いハイヒールの音と

ブルガを外してまっすぐに前を見据えた力強い希望に輝く瞳が

そこに映っているような気がして切なくなりました



アフガニスタンの現実と新しい世界への希望

住む家もなく身を寄せ合う人々と信仰深い老人

静かに日が沈む広大な砂漠と廃墟になった宮殿

女性のブルガと白いハイヒール


さまざまな対比が

現実を映しながら未来への想いを映し出そうとしているようで

しなやかさと、強さを感じる作品でした





【蛇の足】

サミラの妹ハナが監督した「ハナのアフガンノート」は、この作品の製作準備が困難を極め、その中で作成されていった過程を追ったドキュメンタリーということなのですが、こちらも気になる作品です。




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

カンヌ国際映画祭、最高賞の

パルムドールに ケン・ローチ監督作品が受賞!!

『The Wind That Shakes the Barley(原題)』

『バーレーを揺らす風(邦題)』


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060529-00000114-reu-ent


嬉しい!!

イギリス映画が好きで、いろいろ観てはいるのですが

以前観た『ケス』で、衝撃的ではなく、しみこんでいくような感じ


地味で暗くて・・(苦笑)でも決して批判的でなく、

アイルランドをこよなく愛し、決して美化して描かないケン・ローチの

そんな作風が好きになりました。


他の作品も観たいと思いながら、まだほとんどを観ていない・・・


今回の受賞作品も、一九二〇年代のアイルランドを舞台に

英国帝国軍に敵対する独立運動に参加し

引き裂かれる兄弟の悲劇を描いた作品ということで

ぜひ、観たい作品になりました!!



-----------------------


ケン・ローチKen Loach)1936年6月17日生

イギリス ワーウィックシャー出身の映画監督・脚本家。

作風は一貫して、労働者階級や第三世界(アジア、アフリカ、ラテンアメリカなどの発展途上国の総称)からの移民たちの日常生活をリアルに描いている。

『ブラック・アジェンダ/隠された真相』と『レイニング・ストーンズ』でカンヌ国際映画祭の審査員賞を受賞。また、2003年には、芸術を通じて世界に感動を与え、文化の発展に貢献した芸術家をたたえる「高松宮殿下記念世界文化賞 」(主催・日本美術協会=総裁・常陸宮殿下、会長・瀬島龍三氏)の受賞者している。


・夜空に星のあるように Poor Cow (1968)

ケス  Kes (1969)

・リフ・ラフ Riff-Raff (1990)

・ブラック・アジェンダ/隠された真相 Hidden Agenda (1990)

・レイニング・ストーンズ Raining Stones (1993)

・レディバード・レディバード Ladybird Ladybird (1994)

・大地と自由 Land and Freedom (1995)

・カルラの歌 Carla's Song (1996)

・マイ・ネーム・イズ・ジョー My Name Is Joe (1998)

・ブレッド&ローズ Bread and Roses (2000)

・ナビゲーター ある鉄道員の物語 The Navigators (2001)

・SWEET SIXTEEN Sweet Sixteen (2002)

・11'09'01/セプテンバー11 11'09'01 - September 11 (2002)

・やさしくキスをして Fond Kiss..., Ae (2004)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
グッド・ガール
The Good Girl

アメリカ 2002年

ジェニファー・アニストン、ジェイク・ギレンホール、ジョン・C・ライリー、ティム・ブレイク・ネルソン


監督:ミゲル・アルテタ


【ストーリー】

小さな田舎町に暮らすジャスティン・ラスト(ジェニファー・アニストン)は、地元のディスカウント・ストアで働く30歳の主婦。町を出たいと思いながら、いつの間にか平凡な仕事に就き、退屈な男と結婚してしまい、同じコトを繰り返すだけのウンザリする毎日を送っていた。ある日、ジャスティンはふとしたことから同じ職場で働く文学青年ホールデン(ジェイク・ギレンホール)と打ち解ける。やがてふたりの関係は不倫へと発展し、連日のように愛し合うようになるが、鈍感な夫のフィル(ジョン・C・ライリー)が気づく様子はない。ところが、夫の親友ババに目撃されて・・・。



う~~~ん・・・・なんだかなぁ~と思った作品です

誰にも共感できない!みんな勝手過ぎ!


主人公のジャスティンは、不平不満を募らせているばかりで

自分では何一つ変えようとはしていない・・

夫フィルがハッパを吸うことがイヤならやめさせればいいのに


本当に、たまたまそこに魅力的な若者が登場して

女として最後のチャンスに手を伸ばしただけ・・

ところが、思っていたよりも深刻になりそうで腰が引けてしまう

いや、思っていたよりというより、最初から考えなしなんですね

なんだか、そのへんすごく腹が立ってしまいました



ジェイク・ギレンホール演じるホールデンは

だんだんと怖さを覚えるような執拗さで彼女を愛していくのだけれど

でも、彼も自分の気持ちを抑えることができないだけ

グッド・ガール


まぁ、ラストで一番バカを見たのはホールデンなのかな??と

思ったりもするのだけれど、でも、あれは彼の望んでいた結末?

よかったのかなぁ・・・・難しいですネ


ちょっとマヌケな夫フィルの役を演じているジョン・C・ライリー

いい味がでている役者さんで、こういう役はハマリ役です

無言でTVを直していたり、妻を疑うことを知らない純粋さ

なんだかすごく心が痛くなりました


フィルの友人ババ

ああ、こういう展開になるのね・・・と

はっきり言ってぶっ飛ばしてやりたかったですが(言葉荒くてスイマセン)


何でこんなにダメなんだろう??と考えてみると

ストーリー自体、腹が立つようなお話なわけですが

とにかく、深みがないんです、主役のジェニファー・アニストン
ほかの共演者たちは、それぞれにいい味出しているんですが

どうも、あっさりしすぎというか・・・

悩みとか怒りとか、そういうのがイマイチなのです


ところが、作品のことを調べてみると

あえてそういう演出だったようで

没個性の女性(どこにでもいる主婦)が持つ焦りや憧れ

さらには悪女の部分を表現しているのだとか・・


ということは・・・深みがないと感じたのは、かなりOKなんでは?

監督の意図はきちんと作品に反映されているのですね



そういえば、製作も2002年と最近ものですし

あのホールデンの両親の無関心具合というか

現代社会のひずみみたいなものを垣間見せてることで

何かを伝えようとしているのかもしれないなと・・・思いました


ただ、なんせジェイク・ギレンホールの演技がよかっただけに

なんとも勿体無い作品だなぁ~と思ってしまいました

グッド・ガール



このところ、感動してばっかりいたので、期待しちゃいましたかね・・

たまには、こういう作品にも会いますね・・・




でも、なんでグッド・ガールなんだろ??



-追記-

ジェニファー・アニストン、『フレンズ』での軽いイメージが強かったのですが

この作品では、ほんとうに没個性の覇気のない主婦を演じて評価が高いとか・・

なるほど、そういわれてみればそうかも~

彼女の作品、そんなに観ていないから、ちょっと辛口すぎでしたネ

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。