映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
恋愛小説家【ワイド版】

アメリカ 1997年

ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント、グレッグ・キニア、キューバ・グッディング・ジュニア


監督・脚本・製作:ジェームズ・L・ブルックス 『愛と追憶の日々』

原案:脚本:マーク・アンドラス  『海辺の家』(脚本)

音楽:ハンス・ジマー 『ラスト・サムライ』


【ストーリー】

メルヴィン・ユドール(ジャック・ニコルソン)は人気小説家。女性の心理を見事に描く彼の小説は若い女性に大人気だった。しかし、彼は中年を過ぎていまだ独身の、潔癖症で毒舌家の嫌われ者の変人だった。そんな彼だが、ある日隣人でゲイの画家サイモン(グレッグ・キニア)の愛犬ヴァーデルをあずかる羽目に。サイモンはモデルの手引きで入ってきた強盗に大怪我をさせられてしまったからだった。いやいや預かったはずなのに次第にヴァーデルに心の安らぎを覚えたメルヴィンの毎日が少しずつ変化してくる。

レストランではいつもの席でないところに座り、ウェイトレスのキャロル(ヘレン・ハント)とまともに会話をするようになる。そして、シングルマザーで頑張るキャロルに興味をいだくのだが・・・。



『恋愛適齢期』とごっちゃになって

観ていなかった作品ですが


自信満々でちょっと嫌味な感じの『恋愛適齢期』のニコルソンより

こっちの潔癖症で変人なニコルソンのほうが似合ってる!

というか、可愛い感じすらするのはなぜだろう?


人気恋愛小説家の実態は、女性の気持ちどころか

自分の気持ちすら素直に認めることも(恋をしていることに気づかない)

どんな風にアプローチすればいいかもわからないような変なオヤジ


でも、キャロルを怒らせた後に

「それじゃあ、何か誉め言葉を言って!!」

と言われた時にメルヴィンが言う台詞・・


参っちゃいますねぇ~~~♪

何の計算もない、毒舌家の変人なオヤジにこんなこと言われたら

こんな人の口から出るだけに真実味があって


でも、その直後にまた、あ~あってことを言っちゃう

もしかして、それってサイモンに対するヤキモチみたいなもの?

キャロルがサイモンに対して優しいし、Kissしたりしたから・・

だけど、その気持ち(ヤキモチ)に気づいていないんですよねぇ~

一人淋しく、バーのカウンターで飲む姿はちょっと切なかったりもして(苦笑)


問題のキャロルとサイモンは。。女同士のような感じ

この時のヘレン・ハントの背中・・本当に綺麗!!

ヘレン・ハントって男っぽいイメージが強かったんだけど

すっごい綺麗なんですよねぇ~~~


ゲイのサイモンのことをちょっと馬鹿にしていたメルヴィンだけど

最後にはそのサイモンに背中を押される形になって・・・

不器用な二人の夜中の散歩が

なんだか妙に暖かい感じがして良かったです



もっと早く観てれば良かったナァ~と思った作品でした!



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
ジェネオン エンタテインメント
スライディング・ドア
Sliding Doors
アメリカ 1997年

グウィネス・パルトロウ、ジョン・ハンナ、ジョン・リンチ、ジーン・トリプルホーン、ザラ・ターナー



監督・脚本:ピーター・ハウィット 『ジョニー・イングリッシュ』

音楽:デイヴィッド・フィルシュフェルダー 『エリザベス』、『シャイン』


【ストーリー】

ヘレン(グウィネス・パルトロウ)は、作家志望のジェリー(ジョン・リンチ)と同棲している。遅刻をしてミーティングに出たヘレンは、突然クビを言い渡される。最悪の気分で駅に向い、電車に乗ろうとするが・・・電車のドアが閉まって乗り遅れた場合と閉まらずに乗れた場合、それぞれの運命による恋の行方を並行して綴っていくユニークなラヴ・ストーリー。

ドアが閉まらずに間に合った場合・・・ヘレンはジェームズ(ジョン・ハンナ)という素敵な男性と出会い、自分で事業を始め成功する。

ドアが閉まって乗れなかった場合・・・ヘレンは浮気しているジェリーに気づかず、ウエイトレスとして悶々とした毎日を送る。

果たして、どちらの運命がヘレンにとって幸せなのか・・・?



ちょっと変わったラブストーリー。

実は、ヘレンが電車に乗れた時に出会うジェームス役の

ジョン・ハンナが見たかった作品です

(私は大体、誰かが見たいのだわ・・)


ジョン・ハンナは『フォー・ウェディング』で

恋人の葬儀に心を打つ台詞を言う彼ですが

イギリス人!って感じの繊細そうな(神経質そうとも言う)雰囲気が好きです

あのタレ目もいいのかも・・(ヒュー様もそうですしね)


それにしても

電車に乗れた場合と、乗れなかった場合

こういう少しのタイミングのずれで人生が変わるということ

気づかないうちにたくさんあるんだろうなぁ~~~


でも、この作品の面白いところは

それぞれのパターンで話が平行して流れて行くのに

ラストは、一つになるって感じがイイですわ


ただ、主人公のヘレンは恋愛に流され過ぎ(?)

そんなこと言ったら、ラブロマンス映画として成り立たないですね(汗


恋愛を通して、少しずつ成長していくところはイイです!

どちらのパターンでも、それなりに成長していくのだから・・・

ラストは、そうやって成長した女性だからこそ幸せをつかめる!

という感じになっていると思いました。



それにしても、同棲相手のジェリーは最悪!!です

ちょっとムカッ!と来ましたよ~

映画見てて「ああ、もう気づきなさい!!こんなヤツなんだから!!」と言ったりして

我が娘たちも将来は、こういうどうしようもないヤツを見ぬけるような確かな目を持っていて欲しいですね~でも、一度は経験しなくちゃわかんないかな・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
ガルフ・ウォー
ビデオメーカー
ガルフ・ウォー
THE GULF WAR
アメリカ 1999年

ジェニファ・ジェイソン・リー、テッド・ダンソン、ブライアン・デネヒー、マージ・ヘルゲンバーガー、スティーブン・ウェーバー


監督:ロッド・ホルコム


【ストーリー】

1991年、1月17日。アメリカによるイラク軍に占領されたクウェート解放を目指す、"砂漠の嵐"作戦は開始された。それは湾岸戦争(ガルフ・ウォー)のはじまりだった。多国籍軍として、作戦に参加したアメリカの若者たち。炎上する油田の黒煙。イラク狙撃兵の恐怖。いつ炸裂するか分からないスカッドミサイル。十数回にわたる警報。そこで彼らが見たものは、動物の死体。しかし、何よりも異様だったのはそれにたかるハエさえも死んでいることだった。

無事に戦場から帰還した兵士たちを待っていたのは、お祭りのような歓迎と、原因不明の体調不良だった。

帰還した兵士クリス・スモールは体重が減り、熱が続き、妻のテリー(ジェニファー・ジェイソン・リー)の体調も悪化するが、医者はストレスが原因と診断。だが、やがて生まれた娘にも原因不明の発疹が現れ、薬を飲まなければならない生活。

戦後処理のため中東に赴任したジェラン・ガリモアは、特殊な癌に侵されてしまう。全米で続発する、帰還兵の謎の発病。だが政府と国防省は、化学兵器の使用や"湾岸戦争症候群"の存在を否定。証拠は次々と隠滅されていった。調査に立ち上がったリーグル上院議員(ブライアン・デネヒー)は、膨大な証拠を集め公聴会の開催にこぎつけるが、想像を絶する圧力と妨害にさらされてゆく……。



アメリカのTVMのDVD化。

湾岸戦争。もう15年前なんですね・・


この戦争には

数多くの米兵たちが沖縄の基地から飛び立ちました

たまたま、知り合った家族も、旦那様が湾岸戦争へ・・


これは、ドキュメントタッチで描かれているので

どこまでがノンフィクションで

どこまでがフィクションなのかわかりづらいのですが


アメリカが世界を救う!みたいな

そういう映画とはまったく違った作品です


この作品の中で

上院議員が真相を究明して

発表しようとすると

いろんな圧力がかかったり

国防省は曖昧な回答を返したり

そういう部分がありますが

もう少し、このへんをシビアに描けていたら

もっとリアリティが出たのでしょうけれど


でも、きっと

この作品自体、作れたことが

奇蹟に近いのかもしれません・・


作品の中で、テッド・ダンソンが

「これからの戦争は銃やミサイルなんかじゃなくて

みえない武器が危険なんだ」というようなことを言うのですが

本当にそうだと思います


銃撃戦やジャングルを歩き回るような

戦争映画ではない

こういう作品も

戦争というものの現実を知る上では

必要な作品だと思いました




【湾岸戦争症候群】
湾岸戦争後、ペルシャ湾から帰還した10万を超える米兵が頭痛・嘔吐・不眠症・発疹等に悩まされている。その症状は家族にも及び、中には命を落とした者も。原因は生物化学兵器・劣化ウラン弾の影響が指摘されているが、現在も不明。大きな社会問題としてクローズ・アップされたが、政府・国防総省は化学兵器の使用はおろか、"湾岸戦争症候群"の存在さえも公式には認めていない。ただ、政府・国防総省のトップが変わり、調査や医療記録の紛失などに対するミスは認めているようである(あくまでも故意に抹消しているのではなく、前担当の責任だと一言添えられているらしいが・・・)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ドッジボール<特別編>

アメリカ 2004年

ヴィンス・ボーン、クリスティン・テイラー、ベン・スティラー、リップ・トーン、ランス・アームストロング、チャック・ノリス



監督・脚本:ローソン・マーシャル・サーバー


【ストーリー】

地域密着の零細スポーツジム“アベレージ・ジョー”を経営するピーター(ヴィンス・ボーン)と、 道路を挟んだ向かい側で最新設備を擁するフィットネスジム“グロボ・ジム”の経営者ホワイト(ベン・スティラー)は因縁の中。実際、クロボジムに客を奪われピーターのジムはかなりの経営難に陥っていた。とうとう、グロボの強欲経営者ホワイトは、アベレージ・ジョーの買収に乗り出す。30日以内に滞納している5万ドルを支払わないとアベレージ・ジョーは 潰され、グロボの駐車場に姿を変えてしまうことになるのだ!途方に暮れるピーターとジムの仲間たちは、ひょんな事から、ラスヴェガスで開催されるドッジボール大会の 優勝賞金が5万ドルだということを知る。この賞金に最後の望みを託す決意をする。冴えない仲間たちとドッジボール・チームを結成し、往年の名選手だった老人オフーリハンに指導を仰ぎ、 優勝目指して特訓を開始するが。。。



ただ笑いたいときに見るには最高!


ベン・スティラーが主役でしょ?と思っていました

いえいえ、実はヴィンス・ボーン扮するピーターが主役です


でも、やっぱりベン・スティラーの

いやらしさというか(憎たらしい!)

こってりコテコテのファッションに

下品なピーーーッ♪台詞

目の表情とかしぐさに釘付けでした


ハッキリ言って

品の良い作品ではありません!

スポ根ものでもないですし・・・


「ズーランダー」や「ミート・ザ・ペアレンツ」を

しのぐほどの笑いがあるわけでもないですが・・

それでも、意味なく笑えます



両方のチームも

これまた、粒ぞろいの(?)変な人がどっさり

弱々しい人もいれば

ごっつい女性も・・


でも花を添えてくれるのは

クリスティン・テイラー扮するケイト!

ベン・スティラー夫人ですよね♪


この作品では

ホワイトに迫られては

吐き気を催すほど嫌そうな顔をしていますが

可愛い顔に反して

すっごいパワフルでチームの戦力になるのです!

ホワイトの隠しカメラがついたパネルを壊すシーン

あれは迫力あります(笑)


とにかく

ストーリーなどはさておき

バカバカしい作品です(苦笑)

笑いたいときにはどうぞ!!


ただし・・・・

アメリカンジョークというか

ちょっと下品な感じが苦手な方は

見ないほうが・・

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日から、やたらとPCが重たい・・

どのページもってわけじゃないので

アメブロが重たいのか??


みなさんのブログへお邪魔しても記事を読むのにすっごい時間がかかって

コメントを残すパワーがありませんでした・・


こうなると、夜中に覗いてみようかと思っております!


まさか、修理から戻ってきたばかりの我が愛PCが限界なのか??

不安ですが、ちょっとあれこれ調べて見ることにします




いつものように、記事にする予定の作品名だけ

・ドッジボール

・ガルフ・ウォー

・パニッシャー



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。