映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
タイトル: アンダーワールド スペシャル・エディション
UNDER WORLD

ケイト・ベッキンセール、スコット・スピードマン、マイケル・シーン


【ストーリー】

数百年にわたって続けられてきたヴァンパイア(吸血鬼族)とライカン(狼男族)の戦いは、ライカンのリーダー、ルシアン(マイケル・シーン)の死によって休戦となった。ある日、吸血鬼の女戦士セリーン(ケイト・ベッキンセール)は、狼男族がマイケル(スコット・スピードマン)という人間の青年を執拗に追いかけていることに疑問を抱く。
 
 セリーンはもとは人間だったが、家族をライカンに襲われ、ヴァンパイアの長老ビクターに助けられ、ヴァンパイアとして生きてきた戦士だった。ルシアン亡き後のライカンは四方へバラバラに散ったとされていたが、セリーンは地下に大勢のライカンがいると知った。底知れぬ陰謀の匂いを嗅ぎ取ったセリーンは、マイケルを待ち伏せし尋問しようとするが、ライカンに襲撃され負傷する。そして、マイケルはこのときライカンに噛まれてしまった。


ライカンに噛まれたものはライカンに。
ヴァンパイアに噛まれたものはヴァンパイアに・・・。
そして両方に噛まれれば死ぬ・・・


なぜかマイケルに惹かれるセリーン。しかし、ライカンとヴァンパイアは細胞レベルで戦う運命、その二つの種が交わることはない。それゆえに、双方は数百年にも渡って戦い続けてきたのだが・・


ライカンたちがマイケルを追う理由は?ライカンのリーダー(ルシアン)は本当に死んだのか?そして、ライカンに噛まれたことでマイケルが見る処刑の映像は誰のもの?

隠されていた真実が明らかになったとき、セリーンの取った行動は・・・



ケイト・ベッキンセール。『ヴァン・ヘルシング』より、こっちのほうがずーっとイイです♪


実は偶然、この2本を連続して観てしまった私。

どちらも「吸血鬼 vs 狼男」ですね。(前もって内容チェックしないで観てる私って・・・)

でも、どちらも、それなりに面白かったです♪

そして、どちらも、アクション映画ですね・・・

ホラーではないと思います。


設定として、夜の世界なので(ドラキュラは太陽の光で死んでしまうもんね)全体的に暗いですが

夜中に一人でみていたので、気になりませんでした・・・


ドラキュラはカッコ良いです。クールでファッショナブル(現代的すぎだけど)

狼男のほうは・・・マイケルの幻影でのルシアンはカッコ良かったけど、なんだか粗暴でちぃと汚い感じ・・(もっとカッコよくしてあげてもいいのになぁ~)


映画の終わり方からして、これは続編が出るなぁ~と思っていたら

やはり、2作ほど計画されているとか??エピソード1、2って感じになるらしい・・・


続編が前作より上回るって難しいだろうけれど、この映画はどうなるでしょう?楽しみ~♪


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「アクション・スポーツ」 の記事

テーマ:
タイトル: ヴァン・ヘルシング


ヒュー・ジャックマン、ケイト・ベッキンセール




【ストーリー】

 トランシルバニア。かのフランケンシュタイン博士が、怪物フランケンシュタインを創造したとき、ドラキュラ伯爵は博士を殺しフランケンシュタインを自分の野望のために利用しようとしていた。だが、危機一発のところでフランケンシュタインはドラキュラ伯爵の魔の手から逃れる。


 時は変わり、19世紀のヨーロッパ。ヴァン・ヘルシング(ヒュー・ジャックマン)という名の男がいた。彼はローマ・バチカンの秘密組織から命を受けてモンスターを狩るモンスター・ハンターだった。しかし、モンスターを退治したあと、そのモンスターから解放されて残る死体が人間だったことから、彼は各地で「人殺し」としてお尋ね者となった。


 しかし、自分の過去の記憶を一切失った彼は、自分が何者であるかを探し求めながら、モンスター・ハンターとして戦いを続けている。そして、新しい任務は、ドラキュラ伯爵を倒すこと。武器発明家の修道僧カール(デビッド・ウェンハム)と共にトランシルバニアへと赴いたヴァン・ヘルシングは、ドラキュラ一族と戦う美しい女性アナ(ケイト・ベッキンセール)と出会う。


 彼女は代々ドラキュラと戦い続けてきたヴァレリアス一族の王女で、兄のヴェルカン王子(ウィル・ケンプ)は、ウルフマンに変えられて敵の手に落ちていた。ヴァン・ヘルシングを警戒し、反目するアナだったが、兄を救うため、そしてドラキュラ伯爵を倒すため、ヘルシングと共に伯爵の城へと向かう……。

この映画、ホラー?それともアクション??

悩んじゃいました・・・で、アクションと判断することに・・・


ふむふむ、そうかぁ~ヘルシングはドラキュラの天敵だったのね!

私の知っているドラキュラ映画とは随分と違っていたんだけど

アクション映画として見れば、まぁまぁ楽しかったかな~♪


ヘルシングは教授だったはずなのに・・・まさか、そうなのか??ですよ(ネタバレになるので書けない)

ドラキュラの花嫁たちが怖かった~

あと、ドラキュラが牙を剥き出しにした顔も怖い・・・(夢見そうだったよ~)


私的には、ドラキュラは優雅で色っぽいモンスターなんですが・・・この映画ではちょっと品が無かったのが残念でした・・・

フランケンシュタインのほうが良かったなぁ

ヒュー・ジャックマン!帽子でお顔がイマイチ見えにくいんだけど、いい男ですわね

個人的には『ニューヨークの恋人』の役のほうが似合ってるかなぁ~なんて思いましたが、これはちょっと『X-MEN』も観てみようかな

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:
タイトル: ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
THE LIFE OF DAVID GALE

ケビン・スペイシー、ケイト・ウィンスレット、ローラ・リニー


【ストーリー】

 アメリカ、テキサス州。大学の哲学科で教鞭を執る人気教授デビッド・ゲイル(ケビン・スペイシー)は27歳という若さで終身教授の地位を確立した秀才で、妻と息子を愛する良き父親であり、死刑制度反対運動に熱心に取り組む活動家でもあった。

 その彼が、退学処分にした女子学生のワナにはまり、レイプ犯として逮捕される。大学教授の職を失い、妻との離婚、愛する息子に会えない淋しさから、ゲイルは酒に溺れ人生が狂ってしまう。

そんな彼が、元同僚で同じ活動団体にいた友人の女性を殺した罪で死刑宣告を受けた。死刑執行まで3日となったとき、彼は手記を書いてもらうために女性記者ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)と面会する。はじめビッツィーはゲイルの有罪を疑っていなかったが、彼の話を聞くうちに、彼の無実を確信し、死刑判決を覆そうとするのだが…。



意外な結末に驚きました。
「それでいいのか??ビッツィ~」と心の中で叫びましたが・・・

なんにしても、さすがです、ケビン・スペイシー!!秀才で順風満帆の人生が180度変わってしまう、それでも父としての最後の救いをビッツィに託した彼の掛け・・・
最初の教壇に立って雄弁に語る彼(回想のなかでの彼)と、刑務所のガラス越しにみる彼すべてを失って酒に溺れてしまう彼どれもすごいです。複雑な心理とか表情とか、うーんとうなってしまいます

ケイト・ウィンスレットも自分のスタイルをきちんと持った記者として頑張っていました。
実は『タイタニック』をみていないので比較はできませんが、いい感じだと思いました♪

それから、ローラ・リニー!ここでも存在感ありましたね。そうか~そうなのかぁ~・・・と一人つぶやきましたし、ベッツィーの見るビデオ・・・ううっ!となりました。


この映画は、死刑制度に賛成する人が多いテキサスを舞台にしていることや、冤罪で死刑になる人がいるということ、死刑反対というテーマが注目されていたようですが・・。
男の人にとって父親ってすごいんだなぁ~と思った作品でした。だって、ゲイルにとって死刑になることよりも、息子にどう思われるか・・・のほうが重要だったんですもの。莫大な契約金(単独インタビューの)だって、息子に渡すものなんですから・・・


重い・・というか、一言では感想が言えない映画でした。ですが、よくできた映画です、すごい・・・うん





にほんブログ村 映画ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
タイトル: パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション
PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL

ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ

【ストーリー】

 カリブ海のポートロイヤルという港町、総督の娘エリザベス(キーラ・ナイトレイ)は海賊に憧れていた。父親と共に海軍の船に乗ったとき、漂流していた少年ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)を助ける。ウィルの首には海賊の物と思われる金のメダルがかかっていたが、エリザベスはウィルを救うためにメダルを隠す(海軍は海賊を吊るし首にして処刑するから)。

 10年後、エリザベスは美しい娘に成長していた。あのメダルは今もエリザベスが隠し持っていた。ウィルもまた町の鍛冶屋で育てられ、立派な職人として成長していた。


 そんなある日、一匹狼の海賊ジャック・スパロウ船長(ジョニー・デップ)が現れる。ジャックは自分を裏切った部下を追う船を奪いにこの町に来たのだったが、ひょんなことから、海に落ちたエリザベスを助けメダルを見る。


エリザベスが海に落ちたときに、メダルの呪いが動きはじめ、町をキャプテン・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)率いる海賊が伝説の船ブラック・パール号で襲う。バルボッサのねらいは町の財宝ではなく、エリザベスの持っているメダルだった。エリザベスはバルボッサの手下に拉致される。

 ウィルはエリザベスを救うため、海賊であるジャックならブラック・パール号を追えると信じ、投獄されていたジャック船長を脱走させ、海軍の船を奪いブラック・パール号を追う・・・。



なんで、もっと早くに観ていなかったんだろう???

ちょっぴり後悔!!

でも、ちゃんと観れたから嬉しい~~~~~♪


娘達と見ていたのだけど、どんどん話しに引き込まれて(字幕スーパーだったのに)しっかり観てました!!

もう面白い♪ジョニー・デップ、カッコイイ♪♪

ストーリーは単純だから大人も子供も同じように感動できるのかも・・・



とにかく、ジョニー・デップのジャック船長イイですね~

ナヨっとしてて、ちょっとオカマキャラ

正直なのか嘘つきなのかわからない

絶体絶命なはず?なのにヘラヘラしてて度胸満点

決めるところはバチッ決める!!


いままで、ジョニー・デップの作品って『スリーピー・ホロウ』とか『ナインスゲート』を観ていたけれど、こういうキャラを演じていてもカッコイイってすごいなぁ~と思いました!!

ジョニーファンが多いことがすっごく納得できちゃいましたよ♪



オーランド・ブルームは金髪のイメージが強すぎて『トロイ』での黒髪が似合わないなぁ~と思ったけど、ここでは似合ってました!絞首刑台のジャック船長を助けるウィルはすっごいカッコ良かったです!ジョニー・デップ&オーランド・ブルームの息の合った格闘シーン(?)は美しかったです!


キーラ・ナイトレイ。ふとした表情というか角度で「ナタリー・ポートマン」に似てるなぁ~と思ったのは、やはり、そうでしたか。(スター・ウォーズ/エピソード1)でナタリー・ポートマンの影武者役をしていたのですね。よーく見ると似てないんだけど、雰囲気が似てるのですよね・・・強いお嬢様でスカっとしました。


そして、バルボッサ船長は・・・『シャイン』のジェフリー・ラッシュさんではないですか~?いい味でてますね~、うん、ほんといいです。




こっそり夜中にもう一度一人で観よう!と思う私でした・・・うふふ。

ジャック船長・・・じっくり見たい




蛇の足:映画のプロモーションでのジョニー・デップのインタビュー記事から

「この金歯はね、実は最初、もっといっぱい付けていたんだ。やりすぎだって言われて減らしたんだよ。でも、撮影が終わってすぐにフランスへ帰ったから、気がついたらこれを取ってくれるはずの歯医者から5000マイルも離れてた(笑)。娘は気に入ってるみたいだよ。目下のところ、パパは海賊だって信じてる。家族でレストランへ行ったとき、娘は両親の職業を聞かれてね。ママは歌手で、パパは海賊なのって自慢していたよ。僕としても誇らしい気分さ」





いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:
タイトル: クジラ島の少女

主演ケイシャ・キャッスル=ヒューズ

(アカデミー主演女優賞に最年少でノミネート)




【ストーリー】

預言者が鯨に乗ってやってきて、一族をひとつにまとめ、明るい未来を築いたという伝説を信じるマオリ族。その勇者の末裔として預言者の誕生を待ち望む祖父、しかし、生まれたばかりの長男と母は死んでしまう。双子の女の子は生き残るが、祖父は女の子であるというだけで、誕生を喜んではくれなかった。妻と息子を失った父は、その女の子に勇者の名前「パイケア」と名づける。 


 パイケア(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)は、祖父母の元で育てられていた、最初はパイケアの誕生を喜んでいなかった祖父だが、孫娘に対しての愛情はあった。だが、女として生まれた故に、跡取りとしては認めていなかった。パイケアは伝統を守る祖父の教えに忠実で、歌も武芸も達者だったが、跡取りとして祖父に認めてもらえず、深い悲しみを抱えていた。

 村の男の子を集めて、指導者を選ぶことにした祖父だったが、どの子も勇者としての試験にパスしなかったため、ひどく落ちこんでしまう。そんな祖父を見て、パイケアは祖先の霊に祈りを込めて歌う。その声が届いたのか、ある日、大量の傷ついた鯨が浜に漂着する。

 パイケアを認めない祖父は、パイケアが女でありながら伝統を汚したとして、鯨たちの漂着はパイケアのせいだと思う。だが、パイケアこそが伝説の勇者としての資格をもった娘であったのだ・・・。





パイケア役のヒューズが美しい(カワイイではなく・・美しい)

少女なのだけど、あの深い悲しみをたたえた表情はほんとうに素晴らしい!と思った。

伝説に縛られるあまりバラバラになっていく家族

それでも、お互いを大切に思い尊重しあっている家族

パイケアをただただ愛している祖母

跡取りとして認められない哀しさを知っている叔父さん

人間ってなんて小さくて浅はかで、でも、なんて愛しいんだろう

ここにいる人達はみんな一生懸命生きてるんだなって感じた



時代錯誤?と思う人もいるかもしれないけれど

伝統を重んじる社会というのは、以外に身近にあるもんです。

新しいものを受け入れることはとても難しい、でも、目をそむけたり、後ろばかりを見ていてはいけないと思うし、認めることで前にすすめることもあるのだと思った。


観終わったあと、最後の映像が眩しすぎるほど美しくて、なんとも言えない暖かい気持ち!


映像が美しいというくらいの気持ちで観たかったのだけど、それ以上に素敵な映画でした。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。