2017年05月30日

22年目の告白-私が殺人犯です-(2017年)

テーマ:17年05月の劇場鑑賞映画
22年目の告白-私が殺人犯です-

【鑑賞日:2017年5月30日】

今年の初めに長年愛用したガラケーからガラホ(スマホじゃない)に交換しまして、その際に…auスマートパスにも加入。これで、いままで応募できなかった“auスマートパス会員向けの試写会に応募できる!”と思って、せっせと応募しまくってたんですけど、なかなか当たらなかった(試写会以外のプレゼントは当たったことがあるけど)。でもね、ようやく試写状がきたーー!しかも、会場が家の近所のシネプレックス!ということで行ってきました…6月10日公開予定、藤原竜也、伊藤英明共演の「22年目の告白-私が殺人犯です-」を一足お先に鑑賞です。

阪神・淡路大震災が起きた頃、ちょうど東京では同一犯による連続絞殺事件が発生し、世間を震撼させていた。この事件を担当していた刑事の一人、牧村航は犯人逮捕まであと一歩のところまで迫るが、犯人の激しい抵抗に遭い、取り逃がしてしまう。それが原因で牧村本人が犯人に狙われるようになり、尊敬する上司が命を落とす羽目に…。それから22年、絞殺事件は時効を迎えてしまったのだが、その直後…犯人を名乗る男、曾根崎雅人が告白本を出版!本人もマスコミの前で顔をさらし、たちまち話題を集めていくのだが…事件関係者は憤りを隠せず…。

小説版もあるらしいですが、そちらは未読。あくまで映画を見ただけの感想を語っていきたいと思いますが…やっぱり公開前のミステリー映画ですので、なるべくネタバレは避けるつもりです。そうですね、映画を見ている最中に…実際の事件や類似の映画、小説などを色々と思い浮かべたりもしたので、そのあたりを引き合いに出しながら、語って行こうかなと。まぁ、基本ストーリーの“殺人犯の告白”といえば…誰もが思い浮かべるのが、昨年、話題になった“神戸連続児童殺傷事件”の犯人・酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aの手記「絶歌」の一連の騒動だよね。

この映画や小説の企画とどっちが先だったのかは知りませんが…明らかに影響は受けているはず。さすがにストレートに真似したともいえないので、神戸の事件を連想させる一つのキーとして、年代の近さや、同じ地名が印象に残る“阪神・淡路大震災”なんてものが題材になっているのではないだろうかとも推測できる。そのあたりが…凶悪事件の時効撤廃となった刑事訴訟法の改正とうまく絡み合って本作のストーリーは進んでいくんだけど…自分はちょっと前に読んだベテラン作家・森詠の「彷徨う警官」のストーリーにも似てるなぁって思ったんだよね。

「彷徨う警官」は…高校時代に恋人を殺されてしまった男が、後に警官になり、時効が成立してしまった事件を執念で解決するという話だったんだけど…映画を最後まで見ると、すごくよく似ている。あとは、現代社会への皮肉や警鐘も色々と盛り込まれているんだけど、“犯罪者を告白した人間が、まるでアイドルか何かのように”…もてはやされていく様を見ていて、“地下鉄サリン事件”が起きた後に、オウム真理教の上祐史浩の容姿に惹かれた追っかけギャルが続出したのを思い出す。そういえばサリン事件と阪神・淡路大震災は同じ年、22年目ですなぁ。

被害者遺族の感情、司法の限界や矛盾というのも解りやすく描かれているテーマの一つだけど…これはちょっと、フジテレビでシーズン1が終了したばかり(続きのシーズン2はWOWOWでまもなく放送開始)のドラマ「犯罪症候群」なんかとも共通するかなって感じたよね。やっぱりドラマしか見てないけど「犯罪症候群」もやたら重たくて、後味が悪い作品で…シーズン2の予告を見る限りだと、それがもっと加速しそうな気配だけどね。本作もそんなに後味がよろしい作品ではないものの、最後のアレは、観客がどこかで望んでいた結末だったのでは?

凶悪事件とマスメディアの関係性なんていうのは洋画の「ゴーンガール」、邦画だと宮部みゆき原作の「模倣犯」あたりとも雰囲気が重なるぶぶんがあったかな?途中で、ものすごいどんでん返しなんかもあるんですけど、ミステリー慣れしてる人だと、なんとなく予想はでき、その後の展開(真相)も読めるかもしれない。そのどんでん返しが、けっこうなキモで…真面目に見ちゃうと、ズッコケな感じなんだけど…そこは藤原竜也お得意の演劇調な大味な芝居、そして入江悠のハッタリが効いたメリハリのある演出が相まって、ちゃんとエンタメとしてまとまっている印象。

どちらかというと筋肉バカっぽい役柄が多い伊藤英明なんかも…現在シーンと過去シーンをうまく演じ分けており(過去シーンではいつもの暑苦しい熱血系)、特に現在シーンでの中年刑事の役は、あの短髪姿が「太陽を盗んだ男」の菅原文太、山下警部のような貫禄でなかなか渋い。まるで本物のニュースキャスターのような振る舞いだった仲村トオルも…今までになく“いろいろな面”を見せてくれるので注目。このメインキャスト3人のアンサンブルがこの映画の一番の見どころですかね?痛々しい描写も多めですが、特にPGやR指定の類はなかったです。


監督:入江悠
出演:藤原竜也 伊藤英明 夏帆 野村周平 石橋杏奈 竜星涼 早乙女太一 岩城滉一 仲村トオル


【ムビチケは公開日前日まで!】
『22年目の告白―私が殺人犯です―』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年05月19日

メッセージ(2016年)

テーマ:17年05月の劇場鑑賞映画
メッセージ

【鑑賞日:2017年5月19日】

週一で鑑賞料金が1000円ポッキリになるシネプレックスの会員デー…先週から始まってるシャマランの「スプリット」を1週間遅れで見る予定だったのだが、本日公開初日の「メッセージ」の方が、えらく評判がいいので、迷いに迷ってこちらを選択。まぁ、「スプリット」の上映時間が中途半端なものが多かったというのも先送りの理由ではあるんだけどね(テンション下がって、このまま見に行かなくなりそう)…とりあえず今回の1000円鑑賞でポイントが貯まり、次回の鑑賞料金がタダになるので、もしかしたら、これで「スプリット」を見に行くかもしれないです。

言語学者のルイーズが講義を行っている最中、学生たちの携帯電話の着信音が一斉になり始める…そのうちに、学生の1人がTVをつけてほしいと訴えてきた。そこで伝えられているのは、突如、球体型宇宙船が地球に現れたという、衝撃的な報道だった。もちろん、人々の日常は大混乱に陥る。そんな中、ルイーズはウェバー大佐の来訪を受け、宇宙からやって来た謎の生命体が放ったメッセージの解読を依頼される。一度は、申し出を断るルイーズだったが、ルイーズと同じように招集された数学者イアン・ドネリーと共に結局、調査に参加することになる。

宇宙人侵略ものらしいというので気になった作品だが…さすがアカデミー賞にノミネート(受賞は結局、音響編集賞だけだったらしい)される作品は、映像が派手なだけだった「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」と大違い。っていうか、宇宙人はやって来たけど…侵略を始める気配がまったくない。とにかく軍により無理やり調査に参加させられてしまった女性言語学者が、謎の生命体と必死にコミニケーションをとろうとする姿を淡々と描いている。けっこう小難しい哲学的なテーマも盛り込まれていて、エンタメを期待していると、ちょっと肩透かしな部分も。

ただね、これが予算のない映画だと…それこそ哲学的、宗教的な話に逃げて、退屈な作品になってしまいそうなんだけど、そこはお金のあるハリウッド映画なんで、SF好きの心をくすぐるような描写を適度に入れ込んでくるので、思わず引き込まれちゃうんですね。特に…主人公と宇宙人のファーストコンタクトの緊張感が半端なくすごい。劇中で“殻”と呼ばれる球体型宇宙船の中にはじめて足を踏み入れると…それまであった重力が、ある境で無重力になるんですけど、その一歩を踏み出す瞬間の主人公たちの息遣いに、こちらまで心拍数があがってしまう。

いったい何が起きるんだろうと?さらに足を進めると…いよいよ宇宙人のお出ましとなる。宇宙船内なんだけど正面には霧がかかっていて、よく見えない。そして控えめな音響効果と相まって…このシーンはホラー映画のような味わいでもある。ちなみに「インデペンデンス・デイ」(1作目)なんかでも、ガスってる部屋の中から、突然、イカみたいな宇宙人が現れるっていうベタな“脅かし”がありましたけど…ああいう下世話な見世物とは違いましたね。雰囲気としてはスティーヴン・キング原作「ミスト」のクライマックスで、怪物を見上げてる感じに近かったかな?

いったい何が目的で宇宙人はやって来たのか?やっぱり政府が危惧してる通り、侵略目的なのか?世界各国で協力して対処しなければならない人類の脅威なのに…中国が暴走をはじめて宇宙戦争勃発の危機に直面!何やってるんだ、中国って感じだけど…あれは中国っていうより、本当は北朝鮮として描きたかったんじゃない?なんて想像も。っていうか…トランプ政権だったら、宇宙人との対話なんてせず、真っ先に自分たちが攻撃するのを選びそうだよね(笑)SFを装いながら、世界情勢の現実と希望的観測を描いているのかなとも解釈できる。

淡々としているんだけれども…最後は“どんでん返しミステリー”のような意外性も味わえ、ちょっとあなどれない。それはそんな仕掛けだったの?みたいな。最後まで見て、「涼宮ハルヒの憂鬱」の有名なセリフ“宇宙人、未来人、超能力者…”を漠然と想像してしまったオイラ(笑)ちょっと敷居が高そうだけど…何でもありのラノベみたいな話じゃんって思えば、そんなに難しい内容ではないのかもしれない。“メッセージ”という邦題が狙いすぎだと思ったが、鑑賞後は原題の“Arrival”よりシックリくる…原題まんまだとチャーリー・シーンの映画を思い出しちゃうしな。


監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:エイミー・アダムス ジェレミー・レナー フォレスト・ウィテカー マイケル・スタールバーグ


【Amazonで見つけた輸入盤BD】
Blu-ray Arrival [BD/Digital HD Combo ]







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年05月12日

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年)

テーマ:17年05月の劇場鑑賞映画
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

【鑑賞日:2017年5月12日】

1000円ポッキリで映画が鑑賞できるシネプレックスの会員デーだったので…本日封切りの新作を1本鑑賞してきた…ネットでネタバレがあふれかえる前にシャマランの新作「スプリット」を見るというチョイスも考えたのだが、結局…「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」を選んでしまった。2014年公開、いずれは「アベンジャーズ」シリーズとも合流することになるらしい、マーベルアメコミ映画の1本「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編、シリーズ第2弾。前作は懸賞でペアチケットが当たり、2D字幕と3D吹替えをそれぞれ1回ずつ鑑賞している。

スター・ロードことピーター・クイルは、アライグマのロケット、破壊王ドラックス、暗殺者ガモーラ、樹木型ヒューマノイドのベビー・グルートらと“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”を結成…“黄金の惑星”の指導者アイーシャからの依頼を無事に遂行するが、帰り際にロケットが盗みを働いたのがバレ、艦隊から総攻撃を受ける。その窮地を救ったのが謎の人物エゴ…彼はピーターの父親だと名乗り、母星へと誘う。一方、破壊された宇宙船の修理のため、ピーターたちと別行動をしていたロケットとベビー・グルートの前にヨンドゥが率いる宇宙海賊が現れ…。

シリーズものなので、本来なら1作目のおさらい鑑賞もしたいところだったが、ブルーレイは購入しなかったし、WOWOWの放送も録り逃したしで、手元になかったので諦める。一応、劇場で2回見てるから…他の作品よりは内容もしっかりと憶えている…はず。前作の騒動の後、ピーター以下“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”の面々は一緒に行動をしており…全身まっ金々の宇宙人たちから、怪物退治となんか特殊な電池の死守を依頼され、無事にそれを遂行するんだけど、トラブルメーカーのロケットが電池をこっそり盗み出したのがバレ、追われる身に。

窮地を救うために、そこに現れたのがクイルの父ちゃん、カート・ラッセル!うわぁ、スネーク・プリスキンが降臨だ。公開中の「ワイルド・スピード ICE BREAK」に続き、シリーズ途中参戦でもその存在感を示すカート・ラッセル…ラッセル出演作品にハズレなしだな、こりゃ。他にもシルヴェスター・スタローンとか出てきちゃうし、前作に増して“オヤジ度濃厚”。直接の共演シーンはなかったものの、ラッセルとスタローンが同じ映画に出ていたことに…タンゴ&キャッシュ(2人が共演したアクション映画「デッドフォール」)を思い出す…この2人の出演だけでも満足。

他にも…クライマックス近くで大物ゲストが登場しており、今後のシリーズ、またはマーベル作品に出演する可能性もあるのかなと、また期待が膨らんでしまった。本編の方も前作以上にパワーアップ、そして泣ける音楽とドラマの融合も健在。今回もどこかで聴いたことがある洋楽、曲自体を知らなくても、なんとなくノスタルジーを感じてしまう洋楽がこれでもかと登場。音楽ネタ以外にも“ナイトライダー”や“パックマン”が最高のアクセントになっていて…80年代でとまってしまっているピーターの地球文化、地球の思い出に、哀愁を感じずにはいられないのだ。

家族を形成するのに血縁なんていうしがらみは微々たるものだ…そんなテーマも見え隠れし、最後は前作以上に泣ける展開になっていた。あとは…予告編でも大活躍していたベビー・グルートの存在。ああいう形でグルートが復活しているという部分で、半分はこの映画が成功したようなもんですよね。ガモーラの妹ネビュラが宇宙船にリンクして、敵の戦闘機部隊を一斉攻撃するシーンがあるんだけど…そのシーンを見て、「伝説巨神イデオン」の全方位ミサイルが思い浮かんだ。奇しくも「イデオン」も80年代のアニメだなと、偶然の一致に気づくのでした(笑)

前作を見に行ったときは若い観客が多かったんですけど…やっぱり前作で70年代の懐かし洋楽やサブカルネタが琴線に触れたのか、オイラと同年代、またはそれよりも上の“オヤジの一人鑑賞”がやたらと多かった。まぁ、平日の朝一番ということも影響してるんだと思いますけどね…土日になればアメコミ好きの若い世代もいっぱい劇場に足を運んでくれることだろう。同じウォルト・ディズニー・ジャパン配給ですが、ぜひぜひ妥当「美女と野獣」を目指してほしいものです。オイラは買わなかったけどパンフも2種類、値段が高い限定版も出てましたよ!


監督:ジェームズ・ガン
出演:クリス・プラット ゾーイ・サルダナ デイヴ・バウティスタ ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー


【見てない人は見てから劇場に行こう!】
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。