2015年04月25日

龍三と七人の子分たち(2015年)

テーマ:15年04月の劇場鑑賞映画
龍三と七人の子分たち

【鑑賞日:2015年4月25日】

このところやけにビートたけしが自分の番組以外に出まくってる…まぁ、監督した映画が公開となればさすがのたけしも必死になるってわけか。そんなわけで北野武監督(ビートたけし名義含む)通算17作目…最新作「龍三と七人の子分たち」を初日の初回上映で見てきた。ご存知の方も多いと思うが、引退したじじいヤクザが現役ヤクザ相手に大暴れするという喜劇…劇中セリフも「なんだジジイ!この野郎ジジイ!」の応酬なんだが、近所のシネコンなんて上映時間まで年寄仕様。朝8時20分上映スタートって早すぎだろ!客も早起きの年寄ばかりだったぜ。

昔はヤクザの大親分だった龍三…現在は引退し、息子夫婦や孫と一緒に暮らしているのだが、なかなかヤクザな性分が抜けきらず、家族からは疎まれていた。ある日、振込詐欺の被害に遭いそうになるのだが、今でも懇意にしている弟分のマサの機転で事なきを得る。マサと食事をしながら昔を懐かしみ、久しぶりに他の仲間たちにも会ってみたくなった龍三は、連絡をとることに。中には、老人ホームや病院に入っている者もいたが、みんな喜んで招集に応じる。再び組を構えることになった龍三は、町で幅を利かせている京浜連合に目をつけるが…。

これは日本版、北野武流の「バッド・アス」ですね…バスに乗ってたチンピラをのして、その映像がYouTubeにアップされて素人のジジイが一躍人気者になってしまったという実話を題材にしたダニー・トレホ主演のあの映画みたいだよ。そして個性豊かなメンバーがボスのところに集まってくるというチームプレイ要素は「エクスペンダブルズ」の影響かな?それにしても、ジジイ俳優の皆さんが本当に渋い!映画を見る前は、早撃ちのマックが気になってたが、見終わった後は近藤正臣扮するマサが一番のお気に入りになってた…マサさん素敵♪

数分に1回は笑わせる、全編にちりばめられたギャグの数々は…今までタレント、ビートたけしがバラエティで披露してきたネタとほぼ一緒であり、聞き覚え、見覚えがあるネタも多かったりするのだが…たけし本人ではなく、藤達也をはじめとするベテランのジジイ俳優の皆さんが演じられているというのが新鮮であり、妙な面白さを醸し出しています。かぶりもの大好きなたけしらしく…藤竜也にもブリーフ一丁で、女装までさせてしまうというのが愉快でして、それがバッチリ絵になってしまう藤竜也の演技も素晴らしいわけですけど。

完全におもちゃにされていた中尾彬…津川雅彦がマキノ雅彦名義で撮った「寝ずの番」って映画で、実兄の長門裕之にやらせていた演技をちょっと思い出す…いや、アレよりもっとブラックで大爆笑でしたけど。一方、スナックのママ役で出てくる萬田久子がね、ちょっと痛々しかった…プライベートで大変だったからね、美熟女らしい一昔前の輝きが失せた感じ。龍三にかつて好意を寄せていたママという役柄としては、翳のある感じが似合っていると思ったんだけど…ここでもちゃんとギャグで落とすんですね。だから、今の容姿だとちょっと笑いづらいなぁと…。

クライマックスが路線バスの暴走チェイスというのは…やっぱり「バッド・アス」だよなぁ。でもね、「バッド・アス」はその見せ場のアクションを他作品(シュワちゃんの「レッドブル」)の映像を流用するという手抜きであったが、本作は商店街を破壊しながらバスが走り抜けるなんてことをちゃんとやっているので、ハリウッドにも負けないぜって意気込みなんかも伝わってくるのよ。意外と北野武って、バイオレンスな描写はあっても、派手なアクションを長めに見せる事って少ないと思うんだけど…今回の暴走シーンなんかは、ちゃんとアクション映画っぽい映像でしたね。


監督:北野武
出演:藤竜也 近藤正臣 中尾彬 品川徹 樋浦勉 伊藤幸純 吉澤健 小野寺昭 安田顕 ビートたけし


【サントラCDはこちら】
映画「龍三と七人の子分たち」オリジナルサウンドトラック






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年04月17日

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年)

テーマ:15年04月の劇場鑑賞映画
ソロモンの偽証 後篇・裁判

【鑑賞日:2015年4月17日】

ひとつ前にアップした「ワイルド・スピード SKY MISSION」の書き込み…もう1本映画を見に行く合間に慌てて書いてたんで、鑑賞日は間違えてるわ、他にもいつも以上に誤字脱字が目立つわ、酷いものだった(気づいたところは訂正済)。えっと、本日2本目の劇場鑑賞、「ソロモンの偽証 後篇・裁判」を鑑賞し終えて帰ってきました。3月に見に行った「ソロモンの偽証 前篇・事件」の続きです…宮部みゆきのやたら分厚く、巻数も多い同名の小説をメジャー邦画の主流になりつつある、流行りの2部作で映画化したものですが、原作は未読です。

柏木卓也の転落死が発端になり、巻き起こった一連の騒動…藤野涼子は、事件の真相を見極める為、卓也の親友で別の中学に通う神原和彦らの協力を得て学校内裁判の開催までこぎつけたのだが、卓也を殺したと疑われている被告人・大出俊次が出廷を拒否するなど前途多難。彼の弁護を担当する神原は、裁判に出席させようと尽力を尽くす。一方、検事役を担当することになった涼子は、目撃者の三宅樹理を証人として出廷させようと説得を試みていた。そんな中、卓也が死の直前に不審な電話を受けていた事実が判明、涼子はこれに着目する…。

見せ場の裁判がぜんぜん始まらないという致命的な欠陥がありながらも、ところどころホラーのような怖さもあった前篇のインパクトはなかなかのもので、“早く後篇が見たい!”という気持ちにさせるクライマックスの寸止め感と合わせて、思いのほか気持ちを高ぶらせてもらったんだけれども…期待しすぎたのがいけなかったのか、ようやく核心部分に迫り始めた後篇に突入した途端、明かされる真実がそんなに大したことが無かったりして、少々、肩透かしをくらってしまったかなと。もっとドロドロとした法廷劇が繰り広げるかなと思いきや、行儀が良すぎたな。

いや、つまらなくないんだよ…生徒が主なので、出番こそ少ないものの脇を支えるベテラン、中堅陣(大人の役者さんたち)の好演がやっぱり良くてですね、ドランクドラゴンの塚ちゃん扮する松子(前篇で事故死したデブ女)の親父さんが、当初は死んだ娘がおもちゃにされるんじゃないかと裁判開催に懐疑的だったのに、主人公たちを援護するような発言し、裁判の進行を邪魔するうるさい外野連中を一蹴するところで、思わず涙腺がゆるんできちゃったりしたもん。当事者とそうでない人間の温度差っていうのが、ああいうところでよく描けているなって思った。

前篇の時は…主役の女の子、藤野涼子(役名と役者名が一緒)ばかりに目が行ってしまっていたが、弁護役を引き受ける、謎多き他校の生徒・神原くんも、目力あってなかなか迫力のある芝居をしていた。でも、生徒の中で一番男前だったのは裁判で判事を担当したガリベンの眼鏡くん。前篇ではいけ好かん野郎でね、どう見たって、出来損ないのハリー・ポッターにしか見えなかったが…実際に裁判が始まってからは本物の裁判官顔負けに、采配を振る姿が頼もしいの一言。木槌をたたいて「静粛に!」なんてセリフに何の違和感もなかったもんなぁ。

“裁判”という副題がついているが…個人的には“謝罪”でも良かったんじゃないかなって思ったり。やたらとみんなが“ごめんなさい”“すいません”って謝りまくるんだもん、この映画の本当のテーマはズバリ、ソレだろう…人間というのは誰しも過ちを犯すのは当たり前で、どこでその過ちに気づき、相手に謝るかが大事なんだよなというのを気づかせてくれる映画だった。最後はみんなの憑き物が落ち、晴れ晴れしすぎ…謝って済めば警察も要らないだな。一点、転落死した柏木くんに関しては…興ざめしたというか、死んで当然じゃねって思ってしまう面もあった。


監督:成島出
出演:藤野涼子 板垣瑞生 佐々木蔵之介 夏川結衣 永作博美 黒木華 田畑智子 松重豊 尾野真千子


【原作小説はこちら】
ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)
ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫)






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年04月17日

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年)

テーマ:15年04月の劇場鑑賞映画
ワイルド・スピード SKY MISSION

【鑑賞日:2015年4月17日】

待ちに待った「ワイルド・スピード」の新作「ワイルド・スピード SKY MISSION」が本日公開初日…シネコンの初回上映で鑑賞してきた。グッドタイミングに毎週金曜のシネプレックス会員デーとも重なる…ポイントが既に6ポイント貯まっていて、タダで見れるんだけれども…タダ鑑賞は来週末公開の映画に使おうと温存。1000円の時にポイントを少しでも多く稼いでおこうという魂胆も(笑)夕方には先週から始まってる「ソロモンの偽証 後篇・裁判」も見てくる予定…連ちゃんはつらいので間に休憩を入れる。時間調整のため、いったん自宅に戻ってきたところです。

FBI特別捜査官ホブスに協力したドミニクたちの活躍により壊滅させられた犯罪組織のボス、オーウェン・ショウ。そのオーウェンが収容されている病室で復讐を誓う男がいた…兄のデッカードだ。彼は英国特殊部隊出身の猛者で神出鬼没だった!手始めにホブスを襲い、ドミニクたちの情報を盗み出したデッカード。東京にいたドミニクの仲間、ハンを殺し…いよいよドミニクにも迫ろうとしていた。仲間を危険にさらすわけにはいけないと考えたドミニクは、今まで苦楽を共にしてきたブライアンらと共に、デッカードを迎え撃つ準備を始めるが…。

ご存知の通り、主役の1人ポール・ウォーカーが本作の撮影中に、映画とはまったく関係のないところで事故に巻き込まれて他界してしまった。一時は、映画の完成なんかも危ぶまれたみたいだが、スタッフ、キャストの尽力により無事に公開までこぎつけてくれた…感謝である。今までもポールの遺作なんて銘打たれた作品がいくつか公開されたが、本当に劇場のスクリーンでポールの雄姿を見るのはこれが最後となるだろう。前作を見た時に、次当たりにこのシリーズも3Dになっちゃったりしてなんてオイラも思ってたのだが、いやいや本当にそれが実現したな。

あっ、でも3D見られるのはIMAX劇場のみだそうで…普通の映画館では2Dバージョンの上映しかありません。あの映像を3Dで見てみたいという興味はあるものの…時間と金をかけてまで、IMAX劇場に行くのもちょっと面倒だ。普段は3Dに懐疑的なオイラ(単に貧乏性なだけ?)に言わせれば…今まで同様、今回も映像なんか飛び出さなくても充分に迫力ある作品だったと思いますよ。まぁ、カーアスタントもドンパチ肉弾戦も全般的にいえることはアクションの007化(笑)がより強くなった…いや、ストーリーだって特殊部隊やテロリスト相手の話だし。

お馴染みのチーム“ドム”の面々が今回もズラリと顔を揃えるが…何気にリストラで人員削減(お亡くなりになったキャラがいる)もしているので、シリーズのオーシャンズ11化には歯止めがかかった印象も。ファンとしてもなかったことにしたかったパート3の内容を、何気にうまく話しにからませて、ようやく時系列の整理もついたりするのも良かったですよ。チーム“ドム”はこじんまりとしたが、過去シリーズの重要キャラクターなんかも要所要所で顔を覗かししっかりとシリーズ映画らしい華やかさとサプライズを演出してもいる。

レギュラーメンバー、過去の登場キャラクターに加え、新規加入キャラ多数…前作の最後にサプライズ出演したジェイソン・ステイサムが今回のメインの敵キャラとなる。冒頭からステイサムの見せ場で幕開け…ロック様がシリーズに加入した時以上に、我が物顔で暴れまくるステイサム!これ、ステイサム視点でうまく編集すれば、別のアクション映画が1本作れちゃうんじゃないの?ってくらいに、目立ちまくってます。主演のヴィン兄貴本人もトーク番組で言ってましたが…まぁ、ハゲマッチョキャラの多いこと、多いこと、相変わらず“ザ・男祭り”状態です。

いやいや、レティ…ことミシェル・ロドリゲス姐さんだって前作から本格的に復帰してるじゃないかって?まぁ、それはそうなんですけど…ロドリゲス姐さんも、相変わらず“男前”ですからね。ドムとの芝居で、女らしさを見せるところもあるんですけど…中盤のキャットファイト等、下手な男よりも凛々しく、たくましい感じです(相手役の女も凄かった)。ああ、カート・ラッセルやトニージャーのこととかまだまだ書きたいことがあるんだが…次の映画の時間がきてしまった。まぁ、これからネットで色々な人が感想を書くと思うので、詳しくはそういうのをご参照ください。


監督:ジェームズ・ワン
出演:ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ドウェイン・ジョンソン ミシェル・ロドリゲス


【劇場へ行く前におさらい!】
Blu-ray ワイルド・スピード コンプリート・ムービー・コレクション






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年04月03日

ジュピター(2014年)

テーマ:15年04月の劇場鑑賞映画
ジュピター

【鑑賞日:2015年4月3日】

毎週金曜日のシネプレックス会員デー…2週続けて見たい作品がなく利用しなかったが、今日は先週から始まっている「ジュピター」があったので、劇場鑑賞してきたよん♪やったー6本鑑賞したので、次回の鑑賞がタダになる!えっと、映画の方は「マトリックス」のウォシャウスキー姉弟(元兄弟)によるSF超大作ということで…今回もビジュアル面に注目が集まっている話題の作品なんだけど、意外と客は少なかったよ。朝イチの上映会…まだ春休み中のはずだが、学生や子供の姿は皆無…今時の子供たちはやっぱり洋画なんて見に来ないのかなぁ?

生まれる前に父親を失い、母親がアメリカに密入国する船上で生まれたことから国籍も持たないジュピター…母親や叔母と共に親戚の家で厄介になりながら、ハウスキーピングの仕事で生計を立てていたが、暮らしぶりはかなり貧しかった。ある日、従兄に誘われて卵子提供で金を稼ごうと病院に出向くのだが…そこで正体不明の敵に襲われる。そんなジュピターのピンチを救ったのが屈強な男ケイン…彼は異星からやって来た宇宙人で、後にジュピターも他の国の王家の人間であることが判明!ジュピターは複雑な運命を背負っていたのだが…。

確かに映像はドヤっ…って感じ。ウォシャウスキーの前作「クラウドアトラス」内のワンエピソード、本作にも出演しているペドゥナがクローン少女を演じた話なんかにも雰囲気が似てるかなって感じ?主人公は地球で生まれた女の子なんだけど…実は宇宙人の女王様の生まれ変わりったという事が判明し、王位継承のゴタゴタに巻き込まれていく。普通に(つーか生活は貧乏)暮らしていた地球で、いきなり宇宙人に命を狙われて、襲ってきた奴とは敵対している別の宇宙人が助けにやってくる…その後は、ズルズル引っ張られながら宇宙へ飛び出すと。

一応、オリジナル企画らしいのだが…なんとなくマーベルコミックの一連のシリーズものみたいな設定ではあるよね。「マイティ・ソー」のアスガルドとかを彷彿とさせるし、宇宙人の宇宙船とか戦闘機がバンバン登場するあたりは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」?それともなければ、マーベルじゃないけど「スタートレック」かな?宇宙人の方も派閥や組織が複雑に入り組んでいて、それぞれ出し抜こうとしていがみ合ってるから、ヒロインである女王様の生まれ変わりを巡って争いになると…この登場人物の錯綜感は富野アニメ(Gレコとかね)にも似ている。

つーか、別の場所へ行けばそれなりの地位にある人物が、自分の正体を知らずに蔑ろにされているなんていうのは「ハリー・ポッター」じゃねーかとも思ったり。ぶっちゃけ…既視感のある設定、演出が多く、“「マトリックス」から10年。映像革命の新章はじまる。”などと大袈裟に書かれた映画のキャッチコピーも、白々しく思えてきたかな?好みの問題もあると思うけど…自分はちょっと期待外れだったね。正直なところ過剰気味なコスプレごった煮映画だったのは間違いないです。ウォシャウスキーって、やっぱ「マトリックス」(1作目)がピークだったな。

いやいや、「マトリックス」だってもとをただせば押井守の影響大だし…今でこそロングコートにサングラスというファッションで、キアヌをイメージしちゃうけれども…あれも「男たちの挽歌」のチョウ・ユンファの方がもっと先にやってたんだよね~っていうのを思い出したり。他にも、見たことがあるようなシーンがいっぱいあるんだ…ヒロインを助ける宇宙人の戦士チャニング・テイタムが、足に履いてる飛行装置を使って、縦横無尽に駆け巡って敵と戦ったりするんだけど、20年以上前に見たラッセル・マルケイ監督の「ハイランダー2 甦る戦士」みたいだったし。

その後…戦闘機(現代兵器ではなく宇宙人のメカ)とその飛行装置を使って、空中に放り出されたヒロインを受け止めるというアクションシーンもあり、あそこは絶対に「超時空要塞マクロス」の輝とミンメイ、または「マクロスF」のアルトとランカの影響だとオイラは思うぞ。後半では巨大ロボット風のメカまで出てきちゃって…明らかに「パシフィック・リム」(すなわちジャパニメーションの影響)だよねみたいな。人の作品をパクっても、ちゃんと自分のものにするタランティーノと違って…結局、オタクが作ったオタク映画どまりなのがウォシャウスキーの映画なのね。

「マトリックス」のように、無理やり3部作にするでもなく、ちゃんと2時間ちょっとで終わる話だったのは良かったと思いますけど。そうそう、鑑賞は2D字幕版で…オイラが通っている近所のシネプレックスではこれしか選択肢はなかったよ。劇場によっては3D版の上映もやってるそうなのだが…めずらしく吹き替え版がなく、3Dも字幕版のみだったみたいな。3D+吹き替え派のヤツから顰蹙を買いそうだよね。文句をたれつつも…最後まで見ちゃえるので、劇場鑑賞は後悔していないけれども、ブルーレイで買い直したいという気持ちにはならなかったなぁ~。


監督:ウォシャウスキー姉弟(ラナ・ウォシャウスキー アンディ・ウォシャウスキー)
出演:チャニング・テイタム ミラ・クニス ショーン・ビーン エディ・レッドメイン ペ・ドゥナ ジェームズ・ダーシー


【米Amazonで予約受付中】
Jupiter Ascending (Blu-ray 3D + Blu-ray + DVD +UltraViolet)






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。