2014年03月20日

ロボコップ(2014年)

テーマ:14年03月の劇場鑑賞映画
 
ロボコップ


【鑑賞日:2014年3月20日】

「ロボコップ」を近所のシネコンで鑑賞してきた…チケット売り場はやたら混んでたけど、ほとんどは本日初日の「LIFE!」のお客さんで、「ロボコップ」はガラガラだった。昨年末に、自宅ポストに投函されていた割引券もこれで全部使い切る。3月末が有効期限だったので…これ以上持っててもしょうがないしな。昼間でもレイトショーと同じ1200円で見れるというので随分、重宝した。ちなみに4月1日以降は、やっぱり増税の影響で、オイラの通ってるシネコンも一般料金1800円、レイトショー料金1300円と、現在の料金よりも100円値上げになる模様。

2028年…巨大企業オムニコープは、ロボット・テクノロジーで世界を牛耳り、率先して軍事利用もされていたのだが、アメリカ国内では法律に阻まれ、導入ができない状態だった。そこで社長のセラーズは、ロボットと人間を融合させることを思いつくのだが…。一方、デトロイト市警のアレックス・マーフィーは証拠品の銃を、警察署内部の人間が犯罪組織に横流ししているという事実を掴み、捜査を進めていたのだが…犯人一味が車に仕掛けた爆弾で瀕死の重傷を負ってしまう。マーフィーに目をつけたオムニ社は、彼をロボコップに改造しようとする。

説明不要、ポール・バーホーベン監督の傑作「ロボコップ」1作目を…リメイク、リブートした本作。予告なんかを見た印象だと…ロボコップのビジュアルがスマートすぎないか?って思ったんだけれども…改造されて、動き出すまでの様子なんかをちゃんと見ていると…思いのほか違和感はなかったかな?オリジナルと違って黒いボディ(映画秘宝情報だと、TVドラマ版に黒いロボコップが出てくるらしい)なのが、よりシャープでスマートな印象を与えていたんだけれども、最初はちゃんとシルバーのボディだったのも、違和感回避に繋がったのかも?

何故黒いボディになったのかは…劇中で語られる説明を見聞きして、ぜひ笑ってください。社長の鶴の一声ってヤツです。基本ストーリーは、熱血漢ある警官が死にかかって、ロボット刑事として復活するというのを踏襲してるんですけど…ロボコップ、マーフィー本人や家族の苦悩などがより深く掘り下げられており、ドラマ度は増している。さらに…オリジナルでは警察が民間企業に買収されてるなんていう細かい設定、世界観が斬新だったわけだけど…今回の作品では、これからそういう世界になっていくんだろうなって解釈できるところが面白いわけです。

ロボコップの前に立ちふさがる、あの二足歩行メカのED-209もパワーアップして登場している。ジャンクハンター吉田さんの情報によると、当初はもっとオリジナルのストップモーションアニメのようなカクカクした動きをしていたそうなんだが…充分にダサかっこいい動きをしてたと、オイラは思ったけどなぁ?ロボコップの相棒が女性警官のアン・ルイスではなく、黒人のブラザーに変更されてしまったが、しっかりと姓はルイスだったので、良かったです。もし、続編ができたら、やっぱりロボコップが空を飛んだりしちゃうのだろうか?それだけはやめてほしいな。


監督:ジョゼ・パヂーリャ
出演:ジョエル・キナマン ゲイリー・オールドマン マイケル・キートン アビー・コーニッシュ


【このBlu-rayでおさらいしよう!】
ロボコップ<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014年03月07日

ホビット 竜に奪われた王国(2013年)

テーマ:14年03月の劇場鑑賞映画
 
ホビット 竜に奪われた王国

【鑑賞日:2014年3月7日】

先週から始まっている「ホビット 竜に奪われた王国」を近所のシネコンで鑑賞…ひとつ前の記事の記述と重複するんだけれども、前作を見た時は、ちゃんと字幕版でも3D上映があったのに、今回は吹替え版が3D、字幕は2Dのみの上映になってしまった。けっこう前作は3Dの臨場感が味わえて悪くなかったので、字幕版さえ上映していれば3Dを選択したんだけどなぁ~…オリジナル音声に拘りたい、字幕派としては…無難に2Dでの鑑賞を選びました。平日の昼間…まだ残っていた割引券を使い1200円で鑑賞。おばちゃんの客でわりと混雑していた。

魔法使いのガンダルフや、13人のドワーフと…エレボール(ドワーフの国)の奪還のために旅を続けているホビットのビルボ・バギンズ。彼らは、ドワーフの命を狙うオークの集団の追撃を受けていたのだが、なんとか逃げ延びていた。目的地へと急ぐ一行は、闇の森を抜けるルートをとることになったのだが、急用ができたガンダルフは別行動をすることに。やがて森の中で、巨大なクモの襲撃を受けるのだが、そこにエルフ王の息子レゴラスらが現れ、命拾いする。しかし、ドワーフとエルフの間には色々と因縁があり、一行はエルフに捕えられてしまうのだが…。

2Dでも充分に迫力あったよ…つーか、1作目以上にやたらよく動くカメラワークで繰り広げられる、ハイテンションなアクションバトルに、頭がクラクラして酔いそうなくらいだったし。3Dで見てたら、きっと、もっと疲れただろうなぁ~。前作の最後で、仲間としてドワーフのリーダー(王)、トーリンからも実力を認められたビルボが、率先してアクションにも絡んできて大活躍。活躍というより、様々な形でコキ使われまくってましたよね。ちっこいビルボが、すばしっこく動き回る様は、見ていてユーモアを感じ、そして小気味よさも伝わってくるんだよね。

でも…本作ではなんといっても、オーリーことオーランド・ブルームのレゴラスが再登場してくれるのが一番嬉しい。前作でも「ロード・オブ・ザ・リング」のキャラ(同じ役者)がチョロっと出てきて…世界観の橋渡し的な役目を担っていたりしたけれども、レゴラスはかなりがっつりと本筋に関わってくる。やっぱオーリーは、エルフの格好して弓矢を持ってる姿が似合うよね。現代劇とかで普通の髪型してると、なんか目立たないにーちゃんだもん。あの白髪のようなエルフの長髪がいいんだよ。「ロード・オブ・ザ・リング」の時よりもクルクルとよく動いてるんじゃない?

途中から始まって、途中で終わるという…三部作映画の真ん中特有の中途半端な作品なわけだけど、世界観の説明をする必要もないし、物語を終わらせる必要もないしってことで…逆に、テンションの高いエンターテイメントに特化している事も少なくないんだよ、第二部って。案の定、変に難しく考えるところがなく、テンポの良さが魅力。クライマックスなんて、エンドローロの直前までド派手なバトルを繰り広げていて、凄いのなんの。海外ドラマのシーズン最終回と一緒で…「こんなところで終わり?」という、モヤモヤは残るが、逆に完結編への期待は高まる。

本日、劇場へ行く前に前作の「ホビット 思いがけない冒険」をおさらい鑑賞(見直しておいた方が絶対に劇場で楽しめる!)…「竜に奪われた王国」を見終わった今では、ついでに、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作も見直したくなってきたよ。オイラはブルーレイは持ってないので、エクステンデッド版のDVDで見直すことになると思うけど…。まぁ、今すぐには、ちょっと予定がいっぱいなんで(他に見るものがあるし)難しいけど…2015年春公開予定の「ホビット ゆきて帰りし物語」を見るまでには、指輪の3部作をおさらい鑑賞しておこうと思っています。


監督:ピーター・ジャクソン
出演:イアン・マッケラン マーティン・フリーマン リチャード・アーミティッジ オーランド・ブルーム


【米国では4月発売、日本でももう予約受け付け中?】
The Hobbit: The Desolation of Smaug (Blu-ray 3D + Blu-ray + DVD)
ホビット 竜に奪われた王国 3D&2D ブルーレイセット







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。