1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009年05月19日

坂本真綾 LIVE TOUR2009“WE ARE KAZEYOMI!”を鑑賞…

テーマ:お薦めDVD

勝手に映画紹介!?-坂本真綾LIVE TOUR 2009 “WE ARE KAZEYOMI!”

2009年5月20日発売の新作DVD「坂本真綾LIVE TOUR 2009 “WE ARE KAZEYOMI!” 」を購入、鑑賞した。Amazonに予約しておいたら、珍しくメール便で発売日前日に届き驚いたよ…最近、予約しておいても、発送、けっこう遅い時があるんだよねぇ(笑)で、まさか今日見れるとは思わなかったから…近所のシネコンで「天使と悪魔」を見てこようと思ってたんだけど、急遽予定を変更して、自宅でライブDVDの鑑賞となった。

ファンクラブ入ったり、実際にライブへ行ったりというようなファンではないんだけど…声優としてはけっこうご贔屓にしてるし、もちろん歌手としても好き。エスカやラーゼフォンの主題歌あたりから気にしだして、昔のアルバムも何枚か所持してる。最近は「マクロスF」と「鉄のラインバレル」の主題歌も歌ってたしね…特に「マクロスF」のトライアングラーは菅野よう子との黄金コンビだし、やっぱいい曲だったよ。

今回のライブでは、マクロス、ラインバレルの歌はもちろん、昔のアニソンも歌ってくれてるということで、購入を決意…ちょっと前に、「マクロスF」の歌シェリル、May’nのライブDVDを買ったのも大きく影響してるな、いつも映画やアニメのソフトしか買ってないけど、たまには音楽DVDもいいもんだなぁって思っちゃったわけだよ。

このライブのメインとなってる、一番あたらしいアルバムは買ってないので、知らない曲もあったけど…どれも坂本真綾らしい、バラエティに富んだ楽曲の数々で楽しめた。ただ、トライアングラーなんかはさ、歌ったの初っ端の方だし…緊張してたのかな?やっぱCDの方が歌い方とかいいなぁとか思っちゃったんだけど(本人が歌っても難しそうなのに、素人がカラオケで朝鮮するのは無謀だなって思ってしまった)…中盤あたりでエスカの主題歌とか、昔の曲を歌い始めたら、やっぱライブの方が迫力あったね。

特にマメシバがやっぱいいなぁ…シングルコレクションのニコパチってアルバムを買った時にさ、おまけのDVDでマメシバのPVが付いてて、あれが好きでよく繰り返し見てたんだよね。あと、ディスク2に収録されているアンコール以降の方が、本人もだいぶノってきた感じで、こっちもどんどん引き込まれていった。

本人も10代に戻ってとか言ってたけどさ、オケツをフリフリさせながら、ノリノリで歌ってたプラチナとか、その後のturn the rainbowなんかはちょっと鳥肌たったっすよ。欲を言うと、一番、坂本真綾を意識したのは、自分は「ラーゼフォン」のヘミソフィアなんでね、今の真綾の歌唱力で、あれを聴かせて欲しかったなぁって、ちょっと残念に思うよ。でも、turn the rainbowが聴けたから、いいか。

映像特典を含み2枚組で合計159分収録…MCなんかも切らずに完全収録してあるので、2枚組になっちゃったんだそうだ。特典のメイキングはリハーサル風景や本編には入っていない、他の地区でのライブツアーの様子が収められた8分程度のもの…こっちのメイキングもライブ同様に完全版で収録して欲しかったような、もっと密着ドキュメントみたいな感じで真綾の素顔が見たかったなぁ。そうそう、真綾の歌を聴いていたら、久しぶりに「ラーゼフォン」や「エスカフローネ」が見たくなってしまったよ。


【DVDソフトの購入】
DVD 坂本真綾LIVE TOUR 2009 “WE ARE KAZEYOMI!”
勝手に映画紹介!?-坂本真綾LIVE TOUR 2009 “WE ARE KAZEYOMI!”








人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!












AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年04月05日

ようやく入手、May’n LIVE DVD「May’nAct メイン★アクト」

テーマ:お薦めDVD
勝手に映画紹介!?-May’n☆Act

2009年3月25日発売の新作DVD「May’n☆Act」をようやくGET!?発売日を忘れて、予約しなかったらAmazonで買えなくて…近所のCDショップとか探しても見つからない。仕方がないから、(今現在)通常2週間~5週間以内の発送だというAmazonで買っちゃおうかなって諦めてたら、ためしにアクセスした他のネットショップでは難なく、在庫あり(笑)発注後2日で届いた…いったいオイラは何をしてたんだか。

「マクロスF」で歌シェリルを担当したMay'nのライブDVDです…ラスト近くのアンコールでは、スペシャルゲストとして「マクロス7」で歌バサラを担当した福山芳樹が乱入し…二人で“突撃ラブハート”を熱唱するという、マクロスファン大注目のDVD…普段は音楽DVDなんて買わないオイラも(涼宮ハルヒと川井憲次くらいかな、最近買ったのは)、これは買いたいと思ってましたんで、やっと見れます。長かった…今日まではニコ動やYouTubeに違法アップされた、“突撃ラブハート”の動画見て、我慢してたんだよねぇ(爆)

アンコール含めて17曲、半数以上がマクロス関連の楽曲…CDではミニアルバムの「メイン☆ストリート」なんかも聴いてたので、他の曲も嫌いじゃないけど、やっぱりマクロスから入ったオイラは、射手座やライオン、ノーザンクロスが好きなわけで、聴いてて楽しい。TVやネットの動画では時々見てたけど、唄ってる姿をちゃんと見るのは実は初めて…うーん、本当にアニメの中からシェリルが抜け出してきたようで、かっちょいいですね。

ただ、歌以外のしゃべりのシーンを見てると…アニメで慣れちゃってるので、遠藤綾(シェリルの声優)の声が聴きたいとか思っちゃった。シェリルのあのタカビーな言い回し好きなもんでね。あと、May'nの顔を正面から見ると…一瞬、ギャル曽根?とか思ってしまった。うわぁ、ファンの人に怒られそうな発言してるな、オイラ…いえいえ、ギャル曽根なんかより、エロそうでMay'nの方が可愛いです。でも、最後にライブグッズのTシャツを着て出てきたバックダンサーのおねーさんのへそ出しの方に、視線がいっちゃったのはオイラだけじゃない筈だ!(爆)

で、通しで一応、全部聴きましたが…やっぱりアンコールの“突撃ラブハート”のところは、もう10回くらい再生しました。ディスクをプレーヤーに挿入して、まずやったのがチャプターで突撃ラブハートまでスキップだもん。午前中に宅急便で届いたんだけど、ちょうどオイラが繰り返し“突撃ラブハート”を見て、オンチな声でひとり熱唱していた頃…北朝鮮がミサイルを発射したそうで、おかんに言われてしまった、「アンタが騒いでるうちにミサイル発射されちゃったよ」って…まぁ、何事もなくて良かったですねぇ(かなりノンキです)。

ライブの収録時間は2時間3分くらいで、プラス特典映像として15分程度のインタビューが収録されたいた。音声はリニアPCMステレオ…3990円という定価のわりにけっこうなボリューム…願わくばブルーレイでも出して欲しかったなぁって思っているアニメファンはきっと多いはずだ。そういえば、こんどNHKでやる「アニソンのど自慢」(詳細はこちら⇒クリック)にMay'nの出場が決定したとか…去年の紅白に出てもおかしくないと、密かに期待してたんだけど…ぜひ、今年こそ紅白を目指して欲しい。今週放送開始の新作アニメ「シャングリ・ラ」のOPにも楽しみだ!


【DVDソフトの購入】
DVD May’n☆Act
勝手に映画紹介!?-May’n☆Act





入手までにお世話になってた動画















人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年07月02日

カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.1 ‐Final‐ を鑑賞!

テーマ:お薦めDVD
カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.1

2008年7月2日発売の新作DVD「カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.1 」を購入、鑑賞した。いよいよ公開まであと1か月に迫った押井守の最新作「スカイ・クロラ」のナビゲートDVD、全3巻の最終巻。2巻目までは、普通のトールサイズケースだったけど、今回だけ、中身はジャケットなしの透明トールケースで、紙製のアウターケースに収納されてます。で、全3巻収納できるケースは、予定通り抽選プレゼントなのねん。

実は発売日をすっかり失念しててさ、近所のCDショップへ買いに行ったんだけど、置いてなくて慌ててしまった。で、3、4軒のショップを駆けずり回って最後にやぶれかぶれでのぞいた、派遣社員問題で話題になってる某デンキ店でようやく見つけてきたけど…。いつもなら、買い忘れちゃったら…Amazonで買っちゃえ~とかなるんだけど、どうしても今日見たかったんだよね。

そう…明日、国際フォーラムで行われるジャパン・プレミア試写会(監督以下、ボイスキャストの舞台挨拶あり)、当選してるんですよ。最近は近所のシネコンの試写会くらいしか行ってないのに、これだけはどうしても行きたくて、家族中の名前を使いまくって、いろいろなサイトからネット応募して、ようやく1枚、招待券が当たったっす♪最終手段は、ヤフオク使うかとかまで考えたけど、当たって良かった。

話は戻ってDVDの話…今回は映像を見せながら、基本設定や作品のカギを握るようなキーワードを詳しく解説。ずっと前に原作本を1作目(鶴田謙二のイラストが印象的な新書版)しか読んでいない自分には、なかなかいいおさらいになった。今まで小出しだった映像も、もうバンバン見せまくり(笑)

あとは、アフレコ風景、川井憲次さんの音楽作り、ファイナルミックス(音づけの最終工程)、関係者向け試写会の様子なんかを詳しく紹介…菊池凛子、加瀬亮をはじめとするメインキャストに加え、竹中直人やひし美ゆり子のアフレコ風景やインタビューが収録されていたし、作品を鑑賞し終えた、原作者や、脚本監修で関わっている行定勲のコメントも聞ける。それと、監督からのメッセージで、エンディングロールも最後まで見ましょうとのことだ。

Special Featuresとして、別途…監督と脚本家の伊藤ちひろ、行定勲の鼎談、メインテーマをバックにスライドショー形式の静止画を堪能できる“ヒーリング・オブ・「スカイ・クロラ」を収録。25日発売のサントラが出るまでは、この“ヒーリング~”で我慢しましょうってことかな(笑)

隠し映像は、これまでと同じように、メインメニューの切り替わりの時に、エンター押すと、監督の一門一答が見られたり…あとは、チャプター画面で、方向キーを適当に押してると、バナナ好きの押井さんが、まるでガッツ石松のごとく、バナナを頬張る姿とか見れます。こういう映像が何箇所かに隠れてたね。

いろいろな情報は入手できたけど、メイキング映像として、3本の中で一番面白かったのは、一番最初に出た、ロケハン風景が楽しめるカウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.3 かなってちょっと思います。明日の今頃は、きっと「スカイ・クロラ」の本編を見終わって、興奮していることだろう…。


【DVDソフトの購入】
DVD カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.1
カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.1







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年06月27日

京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」を購入した…

テーマ:お薦めDVD
京極堂ツイン・パック

2008年6月25日発売の「京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」 」を購入した。本当は劇場で見逃した「魍魎の匣」(単品スタンダード版)だけにしようかなって思ったんだけど、前作を劇場で見てだいぶ経ってるので、おさらいの意味でこれをチョイス。前作はそこそこ楽しめたけど、DVDで買いなおす程でもないなと思って、今まで持ってなかったんだよね…。

劇場で見たときの感想を今以上に拙い文章で語ってます→クリック

で、「魍魎の匣」を見る前に「姑獲鳥の夏」を再鑑賞したんだけど…オーディオコメンタリーが付いているので、本編に日本語字幕を出しながら、最初からコメンタリーを楽しむ。一度見た邦画って、DVDで見直す時、よくこういう方法で見るんですよ。

2006年に他界した監督の実相寺昭雄と原作者、京極夏彦によるコメンタリー…ああ、この饒舌なしゃべりをしている監督がもうこの世にいないなんて…なんかちょっとさびしい気持ちになる。ちょうどDVDのコメンタリーを収録したのって2005年ころでしょ?約1年後に亡くなってるからね…。

この二人によるツッコミや自作貶し満載の内容で、撮影秘話を語ってくれるのでなかなか楽しい。京極夏彦が、いちお客さんになって、演出意図とか、撮影方法などこちらの訊きたいことを適材適所で代弁してくれるのがいい感じで、けっこう聴きやすいコメンタリーだった。監督と原作者がなかなかフレンドリーに会話をしいるのが伝わってくる。

公開時には、実相寺節全開だった、あのやたら斜めってるカメラワークとか、演劇的な演出手法とか、古臭いと批判的な意見も目にしたけど…たとえば、カメラワークなどああいう構図にしないと、余計なものが写り込んじゃって世界観をブチ壊してしまうんだとか、色々と意味もあったりするし、それ以外の部分では原作者もツッコミながら爆笑して、映像的に面白い、小説では出せない演出法だとわりと納得していたり、原作からの逸脱やアレンジにも寛容な姿勢を見せている(京極さんも実相寺作品をTVなんかでリアルタイムで見た世代だろうから、気に入るのは当り前だろうが…)。

ってことで、解説を聴きながら映像を見ていると、劇場で鑑賞した時以上に、この作品を評価できるような気になってくる。でも、いつもはコメンタリーと本編の字幕を同時に楽しむ余裕があるんだけど、コメンタリーの話に聞き入りすぎたのもあるし、本編のセリフがやたらと小難しい点なんかもあり、一度、映画を見ているのに、なかなか頭に内容が入ってこない(笑)もちろん、原作も読んでるし、一度本編も見てるので、まったく理解できないわけじゃないんだけど、ついていくのがやっとだった。また、落ち着いたら、そのうち本編だけ見直そう…。

さて、今度は「魍魎の匣」を鑑賞しますかね…。


【DVDソフトの購入】
DVD 京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」
京極堂ツイン・パック







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年06月01日

エクスクロス 魔境伝説のDVDを中古GET!?コメンタリーがおもろい…

テーマ:お薦めDVD
エクスクロス 魔境伝説

映画館で見ているので、セルDVDなんか買うつもりはなかったんですけど、5月23日に出たばっかの新作DVD「エクスクロス 魔境伝説 」を、近所のブックオフ、中古DVDコーナーで早くも発見。しかも、DVDコーナー全品500円引きセールなるものを実施しており、この間、同じ店舗のイベントで入手した割引券も持ってたので…現金出費1000円で入手できたので、買っちゃったんだよね。


劇場鑑賞時の感想はこちら⇒クリック


確かに、バカ映画として自分はけっこうこの映画を評価しているけど、DVDで見なおす程でもないかな…って思ってたんですけどね、何やら特典のオーディオコメンタリーが面白いという評判を聞きつけてて、ちょっとは気になってました。

そう、なぜかオーディオコメンタリーが、映画に全く関係ないみうらじゅんと安齋肇が担当してるんですよね~…“勝手に観光協会  阿鹿里村編”として。自分たちの自己紹介も、マイブームのみうらじゅんと、空耳アワーの安齋肇とか言ってたし(笑)

この二人、本当にこの作品を見るのは初見なのだろうか?二人して、けっこうトンチンカンな解釈してる部分も多く面白い。画面を見て、いろいろな映画の影響を受けてるよね?って話…人間が磔にされてるシーンで、杉本彩の「花と蛇」とか、「変態村」のジャケットそっくりとか言ってるのは良かったけど、携帯電話=「着信アリ」、トイレ=「トイレの花子さん」って安直すぎるだろ!(笑)

他にも普通の人以上に、凄いところにツッコミもいれるし(旅館の部屋にあったドビンで話が盛り上がってるし)、自分の本の宣伝始めるし、車の免許を持ってないので、ツタヤの会員入る時はパスポートを提示するとか、ギャバ嬢の電話番号の話とか…けっこう言いたい放題のめちゃくちゃコメンタリー。映画の中でシーンがプレイバックすれば、律儀に同じ内容のコメンタリーをするとかね、芸も細かい。でも入浴シーンとかくいつくとこは、見ているオイラとけっこうシンクロしてたな。

作品中に、何度もX印に光る、携帯の光をようやく最後で気づく安齋肇とか、遅すぎだろう。XXというタイトルを見て、「復活2時間遅れ…」って、それはXだろ!意外とネタ新しいね、わりと最近なんだ、このコメンタリー収録したの(笑)で、もう一つタイトルで…XXはチョメチョメと読むとか、なんか懐かしいこと言ってました。

主人公たちを助けるパソコン少女、ショコタンの登場シーン…「漫画描いてたの?」ってツッコミ入れてたけど、オイラ的には「ブログじゃね?」とか一緒にのっかってツッコミ入れてました(笑)あと、作り手としては、満を持して登場させただろう、物部昭の正体のアノ人…2人には全然、受けてませんでしたよ。なんか今まで最高にコメンタリー盛り上がってたのに、そこだけ微妙な空気が流れてた。

エンディング曲がせっかく洋楽なんだから、無理やり空耳やってくれよ、安齋さんとか思ったけど…けっこう真面目に音楽評とかしてた。ホラーなんだから、エンディングロール後に、まだ何かあるだろ?と疑う二人…でも何もなくて、映画を一度見ているオイラとしては何もないのを知ってるので「ないよ!」と教えてあげたいくらい。だから、コメンタリーはなんか唐突に終わった感じでちょっとだけ虚しい印象を受ける。

やっぱ、このバカ映画には、このくらいバカな特典、コメンタリーで正解だね(魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE の阿藤快コメンタリーに匹敵するバカさだはコレ)。普通だったら、主演女優と監督によるちゃんとしたコメンタリーも2本立てで入れるべきだと思うんだけど、そこまで予算なかったのか?他の映像特典も、メイキングとか未公開シーン、阿鹿里村の方言の解説とか30分以上あるんだけど、コメンタリーに比べるとどれもインパクトは薄いですね。


監督:深作健太
出演:松下奈緒 鈴木亜美 中川翔子 小沢真珠 池内博之 岩根あゆこ 森下能幸

DVDオーディオコメンタリー:みうらじゅん×安齋肇


【DVDソフトの購入】
DVD エクスクロス 魔境伝説
エクスクロス 魔境伝説







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年05月23日

カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.2 を鑑賞!

テーマ:お薦めDVD
カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.2


2008年5月21日発売の新作DVD「カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.2 」を鑑賞した。今夏公開、話題の劇場アニメ、「スカイ・クロラ」のナビゲートDVD、第二弾!4月の声優キャスト発表以降は、今まで出し惜しみしていた情報も、バンバン公開してますよね(笑)ってことで、ようやくキャラの動いてる画なんかも、DVDで見れます。

今回は、スカイウォーカーサウンドでの音響素材の収録の様子を中心に…“音”に関する情報が多く、本編とは別の押井守へのインタビューも、そのスカイウォーカーでの音録り直後に行われたものであり、いかに、映画というのは音が大事かを、詳しく説明している。

インタビュー中に、押井さんが音響の師匠と言っていたのは、たぶん…斯波重治さんのことでしょうね。インタビュアーのにーちゃん、わかってなかったみたいだけど。最近は、他の邦画作品なんかでも、スカイウォーカーで音を作った、録ったなんていうものも少なくないが、だいたいは劇場公開のための箔付けみたいなもんも少なくないから、そういうものを皮肉りつつ…自分が一番、こういうハリウッドなんかの映画システムを作品に生かせるぞ、みたいな、自負がしばしにじみ出ていたね。

愛犬のガブとかが死んじゃってから…前ほど、犬のTシャツとか着なくなったよね押井さん…でも、スカイウォーカーのスタッフに、日本酒の差し入れしたら、おかえしに、バセットのイラストが書かれたシャツを貰って大喜びしてた(笑)あと、スカイウォーカーのスタッフが飼ってる犬と嬉しそうに戯れてる押井さんはムツゴロウ(畑正憲 )と化していた(笑)

お約束の隠し映像で出てくる、一問一答…なんだか、真・女立喰師列伝 の映像特典と質問内容かぶってたなぁ…押井フリークだと、本人が答える前になんとなくわかっちゃう。 あと、3月に出たカウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.3 を鑑賞した押井さんの感想なんても入ってた。自分の姿があまりにも変で驚いた…DVD製作者へ、もっといい映像を選べと注文をつけていた。だからかな…count.3ではもっとお茶目な押井さんの姿がいっぱい収められていて、笑えるロケハンリポートだったんだけど…そういう部分では少々物足りなかったかな。

で、発表になったメインキャスト…キャスト選びは相当難航したようだが、加瀬亮と菊池凛子。いまだに学生役とか平気で似あっちゃう、加瀬は…永遠に子供の姿の“キルドレ”の設定には意外とハマるかもな。予告で流れてるナレーションとかけっこう良い感じだと思うよ。あと、菊池凛子は…個人的にあまり好きじゃないのだが、あの奇抜な喋り方、意外とアニメ声だから…声優向きかもしれないな?という、ちょっとした期待はある。2人のインタビューやアフレコの様子は映像にチラリと収録されていた。その他、栗山千明と谷原章介は、付録のブックレットの方に写真付きプロフィールと簡単なコメントが載っていた。

最後の「カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.1 」は映画公開の1ヶ月前の7月2日に発売ですね。ああ、また「イノセンス」時みたいに、便乗した押井本とかアニメ本が大量に出るんだろうなぁ~…川井さん担当のサントラCDだって買いたいし…「スカイ・クロラ」につぎ込むお金を残しておかないとなぁ(笑)


【DVDソフトの購入】
DVD カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.2
カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.2






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!











いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年04月27日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版 を鑑賞…

テーマ:お薦めDVD
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版

2008年4月25日発売の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版 」を購入、鑑賞した…。新生エヴァの劇場版1作目が待望のDVDリリース。レンタル&1枚組通常版よりも1か月早いリリースということで、Amazonとかでもかなり売れてる様子。予約しておいて良かったぁ~って感じ。



劇場鑑賞時の感想はこちら→クリック



さて、特装版なんていうから、どんな映像特典が入ってるのか?2時間近い収録の特典ディスクとか付いてたんで楽しみだったんだけど…実は特典の大半は、別バージョンの本編映像だったのね(^^ゞ庵野さんとかガイナらしい、拘り方だよな、こういう特典。劇場公開版の本編をDVD用にリテイクしてあるらしいんだけど、さらにそこへ…エヴァの特徴の一つでもある、固有名詞とかのテロップがバンバン挿入されるといもの。そういえば、Amazonの仕様説明にテロップ本編って書いてあったけど、そういうことだったのね。

登場するメカとか、武器なんかに…漢字いっぱいの大層な名前がついていたり、名無しのようなサブキャラの正式なキャラ名が分かったりと…最初の方はトリビア知識いっぱいで楽しかったんだけど、このバージョンで見続けてると、だんだんウザくなってくる(笑)せっかくの本編が、余計になんかエヴァの総集編みたいに見えてきてしまうから、途中で見るのやめました。

メイキング映像も、製作過程の素材映像なんかを並べて、どうやってアニメのシーンができていくかを、音楽だけで綴ったPV風のものという、なんかシンプルな感じ。これだけ、人気アニメーター、人気声優が結集した作品だけに、そういう人たちのインタビューとか対談とかコメンタリーなど、アニメファンが萌えそうな特典の一つでも入れればいいのになぁって思いも少しだけあるんだけど…やらないんだね、そういうこと。

ただ、本編映像のクオリティはさすが。アニメファンからは次世代ディスクで出さないことへの批判がみられたが…DVDでも充分でしたよ。現在入手可能な、旧作の5.1ch版リマスターDVD(DTS劇場版含む)とかも…サラウンドの分離感なんかが本当に分かりやすく音がつけてあって面白かったんだけど…今回の劇場版もサラウンドEX(6.1ch)収録なんで、音の包囲感、分離感などサラウンドが明快で聴いてて気持ちが良かったな。ネルフ本部の喧騒とか…劇場では聞き逃しがちな細かいガヤとかに耳を傾けるのも、DVDでの楽しみかもしれないね。


総監督:庵野秀明 監督:摩砂雪 鶴巻和哉
出演:緒方恵美 林原めぐみ 三石琴乃 山口由里子 立木文彦 清川元夢 関智一 子安武人


【DVDソフトの購入】
DVD ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!












いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年04月24日

真・女立喰師列伝 コレクターズ・BOX の特典映像を鑑賞…

テーマ:お薦めDVD
真・女立喰師列伝 コレクターズ・BOX

先に鑑賞した本編に続き…「真・女立喰師列伝 コレクターズ・BOX 」の約5時間収録の特典映像をすべて鑑賞し終えました~。うん、本編も好きだけど、やっぱ映像特典はさらに面白いな。撮影前、各作品の撮影中、撮影後に密着したメイキング、インタビューを3時間収録した特典ディスク1。2枚目は、押井守のインタビュー、対談を3種類まとめたもので、こちらが約2時間。


本編の感想はこちら⇒クリック


まずはメイキング中心の特典ディスク1の感想を…


「金魚姫 鼈甲飴の有里」では、劇中登場した鈴木敏夫のシーンの撮影風景がけっこう楽しい。撮影場所は、スタジオジブリ…勝手知ったる他人の家とばかり、他の撮影スタッフが臆するなか、ずけずけとカメラマンを従えて乗り込んでいく押井守にまず笑い。本人の目の前で鈴木Pの悪口言って、トトロの置時計をくれとねだって…ぞんざいにふるまった挙句、逆に鈴木敏夫に「宮さん(宮崎駿)が押井さんに会いたがってたよ」と切り返されると…そそくさと逃げ出す始末。でっかい声で押井の名前を呼ぶ鈴木Pの嬉しそうな顔。

「荒野の弐挺拳銃 バーボンのミキ」のメイキングでは、水野美紀がちゃんと本人がアクションを演じているのが再確認できるのがうれしい。はじめはぎこちなく、銃を落としたりもしてたのに、短時間でガンスピンをマスターしてしまうセンスの良さにはビックリ。インタビューの最中に真顔でネタ(作り話)始める美紀ちゃんも最高っす!

「歌謡の天使 クレープのマミ」…劇中、ウチトラ、カメオキャストがたくさん出てきたが…メイキングを見ると、その詳細がよくわかる。小倉優子が、クレープを食い過ぎたと撮影のグチをブログで書いた次の日に、さっそく監督が本人にその話をするとこなど笑えるね。張り切りすぎの監督が、ブロック壊しに失敗して骨折する瞬間とかもバッチリカメラに収まってる。小倉優子のことを本当はバカキャラを作ってる、案外しっかり者と評する監督とは対照的に、相変わらず舌ったらずで、クレープのマミとは全然違います~と言い返すゆうこりんのインタビュー。これは本編よりも凄い演技力なのか?

トータルで見ると、作品の低予算っぷりがよく分かります(笑)少数スタッフでの撮影…他の映画とかじゃ考えられないクランクアップ時の寂しい雰囲気。本編じゃなくて、セカンド、サード班じゃないのとか思っちゃうし(笑)他人任せの押井守なんて、女優がいないと本人来なくて、それでクランクアップ(スタッフの愚痴とか凄かった)。でも、作品的に中途半端だったくせに、「ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子」だけは、やたらと金がかかってそう(笑)



樋口真嗣も登場の特典ディスク2の感想を…


「押井守 100問100答」

インタビュアーが、単語を投げかけて、そのことについてその場で即答していくというもの。押井好きで、著書や過去のインタビューなどを見聞きしてると、いつもの繰り返しも多いけど…「セックス好き?」とか、今までになかったような際どい質問も飛び出し興味深い。好きな2Dキャラとか、好きな漫画家…歴史上の人物から有名作家まで、固有名詞なども投げかけられてズパっと答えていく(せっかくなんで宮崎駿、冨野由悠季などアニメ系の同業者についても赤裸々に語って欲しかったな)。好きな映画の質問が、いつものボソボソ口調で聴き取れない。何回も再生し、ボリュームもあげたんだけど聴き取れない。押井さんのコメント…全部に字幕欲しいな(笑)


「押井守×樋口真嗣 激辛対談/逆襲!! 牛丼の牛五郎!~押井守暗殺指令」

前作で立喰師の一人としてキャスティングされた樋口真嗣が、何故、企画に呼んでくれなかったんだ!という愚痴から始まり…現状の映画界の不満をポロリとつぶやいたりしている。今後もリメイク版「隠し砦の三悪人」の公開が控えるなど、メジャー大作系の常連監督の仲間入りをしてしまった樋口ちゃん、ファンとしては特撮監督時代のような仕事を期待してしまうが、自分がトップに立つとそれもまた難しいことなんだろうなぁっていうのが、あの微妙な表情から、なんとなく感じ取れます。映画の世界には色々と大人の事情があるのでしょう。

また、押井守がただのエロおやじになってきたという話の流れなんぞ…かつてGMKの特典映像「東宝怪獣談義」で、樋口真嗣が「押井さん枯れちゃった」発言に「まだ枯れてない!」と猛反発した事を思い出す。気になる方は、この機会に「GMK」も見なおしましょう。映画本編でも初めてエロに踏み込んだということで、押井さん、自分の性癖とかもボンボン語るようになり(昔は、映画と犬がすべてみたいなところがあったけど、子供の結婚とか私生活をやたらとにおわすようになり、普通のおじさんっぽくなってきた)…今回なんぞ宮崎駿や高畑勲の性生活にまで話が膨らんでいたぞ。「スカイ・クロラ」でタッグを組むアニメーターの西尾鉄也が、最近の押井守は朝もギンギンと吹聴してるとか、していないとか…。空手を始めてから、あっちも絶好調らしいぞ(爆)


「押井守 告白的女優論」

これは、押井守が好きな女優について、お得意のウンチクもまぜながら、語るというもの。東宝特撮、ボンドガールなどは自分も好きなので、うなずきながら見てられたんだけど、押井さんの好みのヨーロッパ系の女優とか、ゴダールの話とか始まっちゃうと、ちょっと…ついていけなかったか(笑)


自分の感想の長さなんかからも分ると思いますが、特典ディスク2で一番面白かったのは、樋口真嗣との対談ですね。


ってことで、押井(あ~んど押井関係者)好きならタップリと楽しめる、だっぷり5時間の映像特典の感想でした。これで、本編にオーディオコメンタリーもあったら完ぺきだったね。押井作品は難解なものが多いだけに、本人の解説ってけっこうありがたいんだけど。コレクターズBOXは高いけど、それなりの価値あり。あとBOX内に台本とカラーブックレットも付いてます。買うなら断然、スタンダード版よりBOXですよ!


【DVDソフトの購入】
DVD 真・女立喰師列伝 コレクターズ・BOX(初回限定版)
DVD 真・女立喰師列伝 スタンダード・エディション
真・女立喰師列伝 コレクターズ・BOX 真・女立喰師列伝






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年04月19日

クローズZERO プレミアム・エディションを購入、鑑賞…

テーマ:お薦めDVD
クローズZERO プレミアム・エディション


2008年4月18日発売の「クローズZERO プレミアム・エディション 」を鑑賞した。17日の午前中にはペリカン便で届いてたんだけど、見る暇がなくて本日になって本編&映像特典のメイキングを鑑賞。そういえば珍しく、Amazonで発売日前に出荷、配達までされたんでちょっとビックリ(笑)この間、他のソフトが遅くて、文句をいったのが良かったのかな?前も文句を言った後は、しばらく発送作業が早かった気がする…。


劇場鑑賞時の感想はコチラ⇒クリック


自分も映画館で鑑賞しているけど、劇場でかなりのヒット…小栗旬ほかイケメン若手キャストのおかげとはいえ、ウエスタンジャンゴの片手間に撮ったにしちゃ、三池崇史の実力もやっぱ評価したいよね(実際、この映画に比べ本命のウエスタンジャンゴの方は興行がイマイチだったらしい)。アメブロでもこの映画の公式ブログが、ランキング上位を今だににぎわしてますね。

本編映像はドルビーデジタル5.1ch&2ch。サラウンドEX、DTS-ES、コメンタリーなどなど先に出ているウエスタンジャンゴのDVDに比べると、やや物足りない仕様。三池監督のコメンタリーなんぞを期待してたんだけど、それもなしか。まぁ、劇中のどつきあいアクションの激しい効果音は充分体感できるので、それほど文句はないが…。

やっぱり二度目でも、面白いよね。ストーリーがわかっている分、肩の力を抜いて鑑賞できたし。鑑賞中にさ、いろんなキャラクター見てると、思わずビー・バップのキャラと重ねちゃうよね。特に、マッキーと忠太の老け顔コンビが並んでると、ビー・バップのキクリンとかケン坊の役も似合いそうだなぁとか…。本編ではカットされてたようだが、メイキングに入っていた、源治軍団VS武装戦線の対決で、間違って武装側に並んじゃう忠太というバージョンを楽しそうに監督とキャストが演出していて、ああ、仲間が間違っちゃうヤツ、ビー・バップにあったなぁとか思った。

で、特典ディスクはそのメイキングを中心に鑑賞…さすがに小栗旬の出番が目立つものの、他の役者陣のお茶目な素顔もバッチリ。みんな殴られた後の特殊メイクがすごくて、本編ではけっこうわかりづらかったけど、メイキングでみるとゾンビのようだった(笑)

NG連発のやべきょうが、後輩俳優たちにおもちゃにされてるのもおかしかったなぁ、やっぱ、やべきょう。山田孝之のマスクをかぶったスタントマンに、マジ蹴り喰らわせてしまう小栗旬など、アクションの本気さもけっこう伝わってくる。ただ、ヤンキーやヤクザを演じるどんな俳優よりも、撮影を厳しい表情で見つめる監督と原作者のツーショットが一番迫力があったのには笑ってしまった(爆)


監督:三池崇史
出演:小栗旬 やべきょうすけ 黒木メイサ 桐谷健太 遠藤憲一 岸谷五朗 高岡蒼甫 山田孝之 


【DVDソフトの購入】
DVD クローズZERO プレミアム・エディション
クローズZERO プレミアム・エディション






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年03月26日

ようやくDVD、真田版鮫島…「眠らない街 新宿鮫」

テーマ:お薦めDVD
眠らない街 新宿鮫

2008年3月19日発売の新作DVD「眠らない街 新宿鮫 」を鑑賞した。公開から15年、ようやくDVDですよ…NHKの舘ひろし版ドラマ(イメージに全くあわず自分は大嫌い)はDVD化されているのに、何故かスルーされていた真田版の鮫。今回のDVD化の経緯は映像特典での原作者と笠井アナの対談に収録されていたが、フジテレビの亀山Pと、大沢在昌が別件で会った時に、この作品がDVD化されていないと愚痴った事に起因するんだとか…。原作者自身が痺れを切らし、まさに鶴の一声でDVD化が動きだしたってわけですよ。

新宿署、防犯課の刑事・鮫島は…歌舞伎町界隈で“新宿鮫”と呼ばれ、ヤクザたちから恐れられていた。さらに、組織内のトラブルに巻き込まれ、キャリアの道を閉ざされた鮫島は、警察内部でも疎まわれる存在だった。彼は発砲事件で使われた改造銃に目をつけ、単身で銃の密造をしているホモセクシャルな男、木津要を追い始めるのだが、同時期に、警察官が銃で殺される事件が発生した。どうやらその事件で使われた銃も改造銃らしいのだが…。

実は、このブログ開設直後の2004年11月に、この作品について既に書きこみ してるんですよね。今以上に拙い文章で、半分はコレクションのLDを自慢しながら早くDVDにしろ!って…。本当にDVD化されるんだったら、もっと早く、ヤフオクあたりでLD処分しておくんだったなぁって、今はちょっと後悔もしてたり(笑)きっとDVD化決定以前なら高額で売れただろうが、あっという間に無価値になっちまったなぁ。まだ手元にあるし、この間、見なおしたばっかだよ…。

てっきり東映が発売するかと思っていたら、配給が東映ってだけで、製作はフジテレビだよ。そうだよ、当時のLDも販売元はポニーキャニオンだったなぁって思い出す。で、最近の作品と違ってね、DVD発売を見越した映像特典なんてもんがないから、大沢在昌VS笠井信輔アナの対談以外は、特報、劇場予告、TVスポットとちょっと寂しい特典内容。田中美奈子の主題歌PVとか、真田広之、浅野忠信あたりの新撮インタビューとか、本編中に監督や原作者のコメンタリー入れるとか、もうちょっとオマケが欲しいところだが…そういうものは一切ありません。

ただ、在昌センセの対談だけでも、かなりディープな内容なんで、本編は文句なしに面白いわけだし、ファンにとっては充分な特典かもしれませんね。この映画だけに登場する、鮫島の下の名前についてのコメントをはじめ、鮫島誕生のルーツなんかを語る在昌センセに対し、映画オタクの笠井アナらしいマニアックで底意地の悪い質問をバンバン浴びせ、本編に負けない面白い対談になっている。

先に40分の映像特典を見ちゃったんだけど…画質や音質チェックのために、本編もチロっと見てみようかなぁって思ったら…結局、気がつけば鮫島が…「晶は俺の女だ!」と犯人に拳銃を突きつけているシーンになっていた(笑)当時、シナリオ本も買ったくらいだから、セリフとかほとんど覚えているのに、惹きこまれて見てしまったね。

何気に一番好きなのは高杉亘が演じた真壁かもしれんなぁ。今では隊長俳優なんて呼ばれてるけど、当時であの貫録。原作を初めて読んだ時は、正直…松田優作みたいなイメージで鮫島を考えていたので、逆に高杉亘が鮫島を演じても面白かったかもしれないなぁって、ちょっと思いますね。でも、やっぱ真壁の印象の方が強いか。原作のシリーズの「風化水脈」で出所した真壁が再登場したが、ぜひ真田広之、高杉亘で再映像化をお願いしますよ。


監督:滝田洋二郎 原作:大沢在昌
出演:真田広之 奥田瑛二 田中美奈子 浅野忠信 室田日出男 松尾貴史 余貴美子 塩見三省 高杉恒


【DVDソフトの購入】
DVD 眠らない街 新宿鮫
眠らない街 新宿鮫







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!











いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。