勝手に映画紹介!? -606ページ目
2005年10月05日

シン・シティ(2005年)

テーマ:05年01~12月の劇場鑑賞映画
シン・シティ


【鑑賞日:2005年10月04日】


先週末から始まった「シン・シティ」をレイトショーで鑑賞してきた!ある意味、とんでも映画だった「スパイキッズ-3D」、個人的にはイマイチ、ピンとこなかった「レジェンド・オブ・メキシコ」と、初期のロバート・ロドリゲス作品が大好きな人間からすれば、ここ何作は物足りない作品が多かったのですが、久々に大ヒット、いや満塁ホームランの予感だよコレは!?いまのところ…今年のナンバーワン候補かなぁ。正月早々に「カンフーハッスル」をナンバーワンに選んだのですが、さすがのシンチーも、こいつらの前ではどこかへふっ飛んでいきました。

憎しみと裏切りが支配する街“シン・シティ”…マーヴ、ドワイト、ハーディガン、三人の男が、それぞれの愛と正義を貫く物語!(各エピソードを紹介するのが面倒なので続きは公式サイトで⇒クリック

タランティーノの「パルプフィクション」的とでもいうか、短編映画のように細かいエピソードがいくつか交じり合って、ドラマを構成していくのだけど、キャラなどが微妙にリンクしていたり、時間軸なども色々工夫されていて…構成の上手さに思わず拍手。とにかく有名スターが、殺すためか、殺されるためだけにバンバン登場し…最初から最後までバイオレンスとエロのオンパレードときたもんだ。三池崇史監督の「極道戦国志 不動」を彷彿とさせるハジケ具合で、メチャクチャコミックな世界なんだけど、それを楽しそうに演じるスターと、スタイリッシュな演出が相俟って、とにかくカッコイイ。おまけに、映画のパロディやオマージュもいっぱいで…原作のコミックなんて知らなくても充分楽しめる作品。ほんと、大人の為の娯楽大作という印象を強く受ける。

原作者であり共同監督のフランク・ミラーも言ってましたが、デヴォン青木のミホは最高ですね。「キル・ビル」のゴーゴー夕張、栗山千明を越えるカッコよさ。案の定、映画秘宝の“読者がおねがいしたい女優”でも、人気が急上昇中ですから…その筋のマニアから、今後さらに支持されるでしょうねぇ。「ワイルドスピードX2」の本編では、そんなに可愛いとは思わなかったのだけど…当時の映画イベントで、生で見た彼女(デヴォン青木)は、けっこう可愛くて、ちょっとは気になっていたんだけど、ここまで化けちゃうとは思いませんでした。「ファンタスティックフォー」に引き続き、ジェシカ・アルバも良かったんだけど…やっぱり戦うおねーさん好きとしては、今回はデヴォン青木に1票としておこう。他にも、ジェイミー・キング、ロザリオ・ドーソン、カーラ・グギノと、アクション系アバズレ女優が総動員されていて、これはDVD出たら絶対(×100)買いでしょ。

男優陣も負けておらず…若手からベテランまで贅沢な顔ぶれ。過去のロドリゲス映画の出演者と、タランティーノ映画の出演者が程よくブレンド、絶妙なキャスティングが実現!ミッキー・ロークやマイケル・マドセンなど、非常にいいオヤジぶりでしたねぇ。特にミッキー・ロークなんて、超人ハルクみたいになってて、誰だかわかりませんもんねぇ。

間違ってもデートムービーとして、コレを選んじゃいけません。デートムービーなら、黙って「ファンタスティックフォー」を見ましょう。一人でコッソリか、友達とワイワイしながら見た方が、絶対に良いと思いますよ。

映画パンフが800円と高めですが、内容は映画同様の濃さで買いだと思いますよ。町山智浩、ギンティ小林などが文章を担当していたり、杉作J太郎をはじめとする男の墓場プロの皆さんによる座談会など…妙に映画秘宝チックなノリのパンフで、これだたら800円でも許せるだろうと、思いました。

監督:ロバート・ロドリゲス フランク・ミラー 特別監督:クエンティ・タランティーノ
出演:ブルース・ウィリス ミッキー・ローク クライヴ・オーウェン ジェシカ・アルバ デヴォン青木 

【日本にもシン・シティ並のアドレナリン沸騰映画があった!】
DVD 極道戦国志 不動【デラックス版】

三池崇史監督の、DOA以前の最高傑作だった「極道戦国志 不動」。こちらもコミックが原作で、本当に漫画のような展開なんだけど…バイオレンスとエロがこれでもかと描かれる。公序良俗に反する映画ということで、映倫から「シン・シティ」やバトロワのR-15指定なんかよりも上の、R-18指定、一般制限付映画に見事指定されました。まぁ、女子高生が股間から吹き矢飛ばしたり、小学生が生首でサッカーやっちゃねぇ(笑)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
2005年10月04日

戦闘妖精雪風(2002年~2005年)

テーマ:アニメ(TV・WEB・OVA)

よーやく、8月に出たOVA「戦闘妖精雪風」の最終巻を、レンタルで借りれた。まぁ、半額デーしかレンタル屋に行ってないですけど、これが借りたくて、レンタル屋に行くたびにチェックしていたのですが、ここ1ヶ月近くは毎回貸し出し中で、早く見たくてし方がなかったです。足掛け3年…前作の第4巻からも1年半経ち、ようやく完結編になった。あっ、でも話が難しいので…前半部分、けっこう忘れてるよ~(^^ゞ

南極大陸に突如出現した、異星体ジャムの地球侵略用超空間通路。地球防衛機構は「通路」の向こう側、惑星フェアリイ上でジャムの侵攻を食い止めるため、フェアリイ空軍を設立。30年以上に及ぶ人類とジャムの戦いは未だに続いていた…。しかし特殊戦と呼ばれるフェアリイ空軍の部隊に属する深井零と、彼の搭乗する高性能コンピュータを搭載した戦術戦闘電子偵察機の“雪風”の活躍で…次第にジャムとの戦局にも変化が生じ始める…。

あらためて見ると、近日公開のハリウッド映画「ステルス」に、クリソツですよ、やっぱり。もちろん、SFとしての世界観であったり、物語の深さは“雪風”の方が全然上ですが(笑)原作読んでなくて、OVAだけしか見てないから…細かい部分まで全部頭の中で理解してなくて、なんとなくしか物語を把握してないんだけど…それでも、アニメであそこまで戦闘機をカッコよく描いてくれれば文句なし。映像もそうだけど…音のほうのクオリティもかなり拘っていて…実写映画に迫る迫力のドッグファイトを毎回楽しめる。

とりあえず、これはもう一度、最初から鑑賞しなおさないと…物語はちゃんと評価できないので、近いうちに見直そうと思っています。何故、セル版DVDを買わなかったかというと…これだけ拘っていれば、「青の6号」の時みたいに、後日、DTS版とか出さないかなって思いまして…で、最初の時にレンタルで我慢して様子をみました(笑)でも、今現在、そんな噂はないですね。バンダイビジュアルさん…廉価版は出さないけど、TVシリーズやOVAをBOX化して、お得仕様で最近はよくDVDを再発売してくれるので、将来的に“雪風”もBOXなんかにならないかなぁと、少なからず期待しております。

その前に…今度は原作をしっかり読もうと思いました。実はブックオフで100円で文庫を見つけてあるのですが、まだ読んでいません…。

監督:大倉雅彦 原作:神林長平
出演:堺雅人 中田譲治 池田昌子 麻上洋子

【DVDソフトの購入】
DVD 戦闘妖精雪風 OPERATION 1
DVD 戦闘妖精雪風 OPERATION 2
DVD 戦闘妖精雪風 OPERATION 3
DVD 戦闘妖精雪風 OPERATION 4
DVD 戦闘妖精雪風 OPERATION 5 特別限定版 (初回限定生産)
DVD 戦闘妖精雪風 OPERATION 5





人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

2005年10月02日

ギルティ 罪深き罪(1993年)

テーマ:洋画


2005年9月21日発売の新作DVD「ギルティ 罪深き罪」を鑑賞した。ブエナビスタのDVD5000万枚出荷達成記念で、期間限定特別価格1500円で発売された廉価版の中で、初DVD化だったものを何枚か衝動買いしたうちの1枚。12年前の作品で…当時レンタルで見た記憶があるんだけど、他の作品と混同している気がする…。巨匠シドニー・ルメット監督と、「フォーンブース」 「セルラー」の脚本・原案でお馴染みラリー・コーエンが手がけたサスペンスなので…適度に面白く見れるのだが…。

法廷内でやり手の美人弁護士ジェニファーの活躍ぶりを見つめる1人の男…彼こそは、妻を窓から突き落としたという容疑で、警察から追われていた殺人事件の容疑者デビッドだった。そんなデビッドがジェニファーの事務所に現れ、自分の弁護を依頼する。限りなくクロに近いデビッドを…最初こそ嫌煙していたジェニファーだが、弁護士としての興味本位、自信から彼の弁護を受け持つことになる。そんな彼女の態度につけこみ、ストーカーのような行動に出るデビッド。彼の真意はいったい何なのか?

ドン・ジョンソンの変態ストーカーぶりに…見ている人は、彼の容疑を疑う余地がない程なんですけど(けっこう早めに真相見せちゃうし)、映画の中の主人公は簡単に騙されます。まぁ、それに気づいたときは後の祭りって状況で、犯人探しって感じの映画ではなく、この苦境をどうやって乗り越えるのかが、映画の見所となっていく。犯人と確信しているのに…弁護士という立場上、彼の犯罪を暴けないという、主人公の心の葛藤、そして彼女とその周りに忍び寄る犯人の魔の手!ありがちなリーガルサスペンスとは一味違う、スリリングな頭脳合戦(主人公も犯人も、中身は土曜ワイドみたいな幼稚さが目立つけど)が描かれていく…。

ただ、残念なのが最後のオチ…本当にオチだった(意味深)んだけど…ラスト5分くらいの展開で、それまで積み上げてきた雰囲気の良さを、突き崩すような強引な展開が待ち受ける。自分は、作品の中で主人公が企んでいた決着のつけ方の方が、なんか良かった気もするんだけど…ある意味、観客の期待を裏切った、とんでもない展開へ。DVDのジェケット裏の解説には、ラストの衝撃は他言無用って書いてあるんだけど、毎度のことだけど笑撃の方が強かったり(爆)

恋人の仕事場に現れたレベッカ・デモーネイねーさんが、大胆に服を脱ぎ、下着姿を披露するなんてサービスカットもあるのだが、お色気サービスはその程度。もうちょっとシャロン・ストーンのエロミステリーみたいに、濡れ場があっても良かったかななぁなんて思ったり。

監督:シドニー・ルメット
出演:レベッカ・デモーネイ ドン・ジョンソン スティーヴン・ラング ジャック・ウォーデン ダナ・アイヴィ


【DVDソフトの購入】

DVD ギルティ 罪深き罪

【この作品の脚本家ラリー・コーエンといえば、最近はこんな映画を!】
DVD セルラー
DVD フォーン・ブース
両作とも、電話を上手に使った、巻き込まれがたサスペンス…自分はどちらも好みの映画です。「フォーンブース」の犯人は決してバラしてはいけません…だけど映画とか、ある海外のTVシリーズを見ている人なら、彼の声にピーンとくるかもしれない。あれ、この声どっかで聴いたことあるぞ!ってね。








【ブエナビスタ1500円ソフトはコチラ】

アフリカン・ダンク  ギルティ 罪深き罪  結婚記念日  MR.マグー  隣人  ゴーン・フィッシン'  ブラボー火星人2000  幸せの向う側  判決前夜 / ビフォア・アンド・アフター  ブラッド・イン ブラッド・アウト  以上、初DVD化

そのほか、9/21(水)発売 1500円(税込み)シリーズを検索する(全50タイトル)



人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

2005年10月02日

ステルス(2005年)

テーマ:05年01~12月の劇場鑑賞映画
ステルス


【鑑賞日:2005年10月01日】


10月8日公開の「ステルス」を先行上映で鑑賞してきた。「ワイルドスピード」「トリプルX」とド派手映画が続くロブ・コーエン監督が今回選んだ題材は、ステルス戦闘機!相変わらず場内に爆音サラウンドが響きまくる、派手な映画で…内容はともかくDVD出たら、サラウンド聴きたさで買うだろうなぁって思えるような映画でしたねぇ。爆破シーンはピカイチっす。(なんか福井晴敏と樋口真嗣の爆発道場 みたいなこと言ってますね)

近未来のアメリカ…最新鋭のステルス戦闘機“タロン”を操縦するのは、チームワーク抜群の3人のエリートパイロットたちだ。しかし訓練を終え、航空母艦エイブラハム・リンカーンに配属が決定した彼らに、新たな仲間が加わることが明らかになるのだが…その仲間とは、人工知能が操縦する無人のステルス戦闘機だった!

なんかもう、はじまって直ぐ、「戦闘妖精雪風 」状態でしたねぇ…戦う敵こそ、アメリカを脅かすテロリスト集団や、ロシアに北朝鮮なんていう生身の人間でしたけど、あれで敵が宇宙人とか未知の生物だったら、まるっきりジャパニメーションの世界だよね。実写並のクオリティを出していた「戦闘妖精雪風」や「マクロスプラス」といった日本製アニメのドッグファイトを見ていたので、同じような映像が多かったっす。

ネットで有名な自称映画評論家の某氏が…「2001年宇宙の旅」だとか「ナイトライダー」だとか、やたらと映画のタイトルを並べてソックリだったて解説してたけど、「戦闘妖精雪風」のタイトルだせば、一辺で済んじゃうのにねぇって感じ。確かにラストは、その評論家さんの仰るとおり、まるっきり「エネミー・ライン」でしたが。

セクシーというには程遠く、逞しい女のイメージが付きまとうジェシカ・ビール…ややぽっちゃり気味のボディがはみ出しそうな水着シーンなんてサービスカットもございましたが、後半でしっかりアクション女優しているのが、一番好感が持てます。このおねーさんは、操縦桿握るよりも、銃を握ってるほうが似合うのです。

なんせ、「ブレイド3」でウェズリー・スナイプスの俺様映画化に歯止めをかけた女ブレイド(ウィスラーの娘)ですから(笑)最初のほうで、ジェイミー・フォックスが、いかに“3という数が素晴らしいか”を語るセリフの中に…三位一体(TRINITY)という言葉が出てきて、ジェシカ・ビールズのアップにかぶっていたので、思わず「ブレイド3」(原題がBLADE: TRINITY)を意識したものかと深読みしてしまったが…それは考えすぎ?

北朝鮮の凄腕スナイパーなゴツイ兵士の顔が水野晴郎の弟子のボンちゃんにソックリで笑ってしまった。まさか、ボンちゃん本人じゃないよね?映画が始まる前に、“エンドクレジット後も映像があるので最後まで見てください”みたいな意味合いのクレジットが出るんだけど…なんかお約束な映像でした。どんな映像が出てくるのかと期待してると、だからどうしたの?みたいなチンケな映像なので、余裕のある人は最後まで見てってください。まさか、アレで続編を匂わせてるのか?

中身は薄いが…劇場で見ればそれなりに迫力があるし、これまたDVDになっても、派手なサラウンドが多いのでホームシアター鑑賞に最適。わざわざ近未来なんてテロップも出してるわけですから半分SFだと思って、気軽に見てください。そうすれば楽しめる筈です。


監督:ロブ・コーエン
出演:ジョシュ・ルーカス ジェシカ・ビール ジェイミー・フォックス サム・シェパード ジョー・モートン 


【戦闘機といえば、こんな作品…】
DVD トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション

DVD ファイヤーフォックス 特別版

DVD ステルスVSステルス エグゼクティブコマンド

DVD 戦闘妖精雪風 OPERATION 1
DVD ストーム・キャッチャー




ステルス戦闘機の映画で忘れちゃいけないのが「インターセプター 」って映画があるんだけど、DVD化されていないようで、Amazonでは中古ビデオが入手できる。実際に戦闘機が頻繁に活躍するわけじゃなくて、空版ダイハードみたいな映画なんですけど、けっこう面白いです。DVD化熱望…ビデオでもよければぜひ中古屋やレンタルビデオで探してみてください。


【ステルスの出演者たち…】
DVD ブレイド3 アンレイテッド・コレクターズ・エディション
ジェシカ・ビールのもっと逞しいお姿を、存分にお楽しみください!マジでカッコいいです!戦うおねーさん好き必見!?









DVD Ray / レイ

「ステルス」では意外とショボイ役だったジェイミー・フォックスが見事アカデミー主演男優賞を受賞した「Ray/レイ」。6月に出たばかりなのに、もう廉価版が発売?特典はないが…買い逃している人は980円なら、絶対に買いでしょ!














人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








2005年10月01日

蝉しぐれ(2005年)

テーマ:05年01~12月の劇場鑑賞映画
蝉しぐれ

【鑑賞日:2005年10月01日】

本日、初日を迎えた「蝉しぐれ」をシネコンの初回上映で鑑賞してきた。本日は、1000円で鑑賞できる毎月1日のファーストデイサービスと重なり、さぞや混むだろうと思っていったのだが…場内は、おっちゃん、おばちゃんばかりで、そんなに混雑してなかったですね。

江戸時代、下級武士の家で育った牧文四郎は、父を尊敬していた。隣家の幼馴染ふくに、淡い恋心を抱き、友人たちと武芸や学問に励んでいたある日のこと、父・助左衛門が、殿の世継ぎに関する争いに巻き込まれ、謀反を企てた罪で切腹させられることになった。罪人の子供と世間から蔑まれる日々が訪れたが、ふくと友人の逸平だけは変わらず文四郎に接してくれた。そんな中、ふくが殿の屋敷につとめることになり、江戸へ旅立つことになり、二人は別れ別れになってしまう。それから数年後…青年になった文四郎は、筆頭家老の計らいで、役職を与えられ、牧家の名誉挽回だと仕事に専念していた。そんな時に、ふくが殿の側室となり、子供を身ごもったという話を聞き、さらに派閥争いに巻き込まれているという善からぬ噂を耳にし、いてもたってもいられなくなるのだった…。

下手な韓国映画より、よっぽど純愛物語として楽しめ、美しい映像と音楽が相俟って、ラストではせつなさがピークに達した。日本人だったら、ヨン様なんかに熱をあげるより、こっちを見るべきだ!

主役の二人の子供時代を演じた子役も演技が上手かったし、特に文四郎の子供時代を演じた石田卓也は、市川染五郎の凛々しさを違和感なく演じられる美少年で、イメージがピッタリだった!ふくの子供時代を演じた佐津川愛美は、「おしん」の小林綾子か、卓球少女の愛ちゃんを思わせる、純真無垢な古風な可愛さ。最初は大きくなって、木村佳乃になるのがイメージ違うんじゃないかと心配したが…そこは頑張って木村佳乃の方が、大人のふくを演じていたようにも思える。

最初出てきた時は、ふかわりょうと今田耕司ってどうよって思ったのですが、芝居が上手なベテラン役者に混じって、浮ついた違和感が、逆に映画を和ませる良い清涼剤になっていたような気もする。今ちゃんが、ちょっとやりすぎのようにも感じるが…ふかわりょうに関しては、意外と後半、作品に馴染んでいたように思う。見る前はふかわより、まだ今ちゃんの方が演技できるんじゃないかと思っていたのだが…ふかわの方が上手かったですね。

山田洋次の「たそがれ清兵衛」なんかでも、わりと丁寧に殺陣を描いていたが、それ以上に本格的な殺陣シーンを演出しており、それでいてチャンバラアクションの醍醐味もジックリ見せてくれるのが、けっこう良かったですね。最近は、懐紙で刀の血を拭くどころか、チャンバラ後の一振りもなしに、刀を鞘に収めちゃうような、手抜き演出な時代劇が増えていますが…汚れた刀では人を切れないというのをしっかりと描いていました。使える刀をかき集めて、畳にぶっ刺すシーン…本当にいいシーンでした。(ふかわの殺陣は大目に見ましょう)

映画としては、藤沢周平作品ということで、「たそがれ清平衛」や「隠し剣 鬼の爪」と代り映えのしない物語だが、演出と出演者の違いで…新鮮に見れたと個人的には思います。緒形拳をはじめとするオジサン俳優がみんないい味だしてたし。万人受けするように、エンターティメント性を忘れていないのが、山田洋次だと思うのですが…黒土三男は時代劇の良さを必死になって出そうと努力してるの感じられて、やや玄人好みかもしれない?

監督:黒土三男 原作:藤沢周平
出演:市川染五郎 木村佳乃 ふかわりょう 今田耕司 原田美枝子 緒形拳 小倉久寛 根本りつ子

【藤沢周平作品といえば…】
DVD 隠し剣 鬼の爪 通常版
DVD たそがれ清兵衛



人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
2005年10月01日

ブラインド・フューリー(1989年)

テーマ:洋画

先日鑑賞した「未来警察」に続き、2005年9月28日発売の新作DVD、買えば買うほど安くなるソニーの半額半蔵キャンペーンの対象商品としてリリースされた「ブラインド・フューリー」を鑑賞した。こちらも嬉しいことに初DVD化だ。アメリカ版「座頭市 」ということで、正式に勝プロに了解を得て、制作されたリメイク映画。これがルトガー・ハウアー主演ということで、この頃に乱発されていたB級アクション映画として、けっこう面白かったりする。B級が嫌いな人や、オリジナルの「座頭市」シリーズを崇拝するような人からは、あまり評価はされていないみたいだが…殺し屋役のショー・コスギ(ジャケット見ると忍者の格好なのかと思いきや、スーツ姿で登場)との、ガチンコチャンバラなど、けっこう見所もあり…現在公開中の「SHINOBI」なんかより、よっぽど見応えのあるアクション映画となっている。

ベトナム戦争中に負傷して視力を失ったニックは、現地の村人に助けられ、そこで刀の扱いを伝授される。刀の達人となったニックは…20年ぶりにアメリカに帰国し、かつての戦友フランクの家を訪ねるのだが、フランクは既に離婚していて、元妻と子供しかいなかった。そこへ突如、警官を名乗る男たちが現れ、フランクの息子を探しているというのだが、なんだか様子がおかしい。実は、フランクの科学者としての能力を悪用しようとした麻薬組織が、息子を人質に取ろうと画策していたのだ。危険を察知したニックは、しこみ杖に隠された、長剣で応戦するも、銃撃戦に巻き込まれたフランクの妻は死んでしまう。息子を託されたニックは…フランクの元へ向かうことを決意するのだが…更なる追っ手が彼らを待ち受ける!

これまたツッコミどころは多々あれ、なかなかよくアレンジされていると思いますよ。子供の頃は「座頭市」の存在なんてあまり知らなかったので、普通にガンアクション+ソードアクションが楽しめるアクション映画として楽しんでいたのですが…「座頭市」というのを知ってから見ると、意外と楽しい。 リメイクというよりは、パロディと思って見た方が、いいのかもしれないけど(笑)いきなりルトガー・ハウアーが居合抜きとか、しちゃうあたり、今見るとギャグだし。カジノでイカサマを見破るところなんて、けっこう笑えます。そういえば…数年前にヒットしたトム・ハンクスの「ロード・トゥ・パーディション」は、「子連れ狼」のハリウッドリメイク(映画の方ではあまり、その件に触れられていないが、原作になったコミックではしっかりその旨が伝えられているそうだ)…あんな賞狙いのすかした映画なんかより、よっぽど娯楽志向が強くて、こっちの方が面白い!ちなみに、この「ブラインド・フューリー」は勝新太郎のシリーズ17作目「座頭市血煙り街道」が元ネタになっているそうです。


監督:フィリップ・ノイス
出演:ルトガー・ハウアー テレンス・オクィン ブランドン・コール ショー・コスギ

【DVDソフトの購入】
DVD ブラインド・フューリー

半額半蔵キャンペーン対象ですが、Amazonでは単品で買うと対象外。「未来警察」のようにトリプルパックでは発売されていないので、もし半額半蔵キャンペーンとして、他のソフトと組み合わせて購入したい場合は、楽天内の ぐるぐる王国 楽天市場店 などで探した方がお得かもしれません。1枚しか買わないよって場合は、定価2000円になっています。






【座頭市シリーズ】
DVD 座頭市血煙り街道
DVD 座頭市物語

DVD 座頭市(デジタルリマスター版)
DVD 座頭市 <北野武監督作品>


その他、座頭市シリーズを検索する




【時代劇を海外でリメイクするとこうなる】

DVD 七人の侍

DVD 荒野の七人〈特別版〉



DVD 用心棒
DVD 荒野の用心棒
DVD ラストマン・スタンディング



人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
2005年09月30日

ルパン(2004年)

テーマ:05年01~12月の劇場鑑賞映画
ルパン

 【鑑賞日:2005年9月29日】

先週から公開が始まっている「ルパン」を鑑賞してきた。ハリウッドでモンキー・パンチの「ルパン三世」が実写映画化されるなんて話がありましたが…あっちの企画がどうなっているのかわからないと思っていたら、フランスからご本家が参上してしまいましたね(笑)

幼少の頃、公爵夫人である母親の姉の屋敷で、親子3人で暮らしていたアルセーヌ・ルパン…実は父親のテオフラストが盗人であることがバレてしまい、その父は逃亡…母アンリエットと共に屋敷を追い出される羽目になってしまった。夜中、こっそりとアルセーヌの元に戻ったテオフラストは、息子をそそのかし、公爵夫人が所有する宝石“マリ・アントワネットの首飾り”を盗ませることに成功するのだが…仲間と共に消えたはずの父が、朝になって顔をつぶされた死体となって発見されるのだった…それから15年後、豪華客船で金持ちから宝石を奪おうとして大失敗をしでかしたアルセーヌ・ルパンは、逃亡中に余命いくばもない母親の死に目に立会い、そこで幼馴染の従妹クラリスと再会するのだ…。

メインストーリーはけっこう面白く描かれていたのだが、結末近くに差し掛かって、やや色々なものを詰め込みすぎてしまったか?そこまでは丁寧に描いてきたのに…急にダイジェストっぽくなってしまうのがやや残念。区切りがいいところで終わりにしちゃって、もっとエンターティメント色を強く打ち出しても良かったのになぁと自分は思う。まぁ、マイナス点もあるが、ハリウッドとはまた違った豪華さ、華やかさがよく出ているフランスの娯楽エンターティメントで、単純に冒険活劇として楽しめる。2時間を越える作品だが、退屈しないのは、やっぱり原作がしっかりしているからか?前半はけっこうコミカルなんだけど…後半はシリアスかつ血みどろな、怒濤の展開になっていく。原作から離れて、今風の派手な爆破アクションも出てくるし…その辺は緊迫感もあって、一番ハラハラドキドキした、結構お気に入りのシーンだ。

そんでもって、ルパンのイメージが、原作から想像していたイメージとちょっと違うのね。どちらかというと…“ルパン三世”にソックリなんだ、コレが(笑)ダンディな紳士っていうより、完璧三枚目。アクションとかもキレがあってカッコいいのに、走ってる姿なんて、まるっきり漫画かアニメみたいな動きだし。そんなルパンをユーモラスに演じたロマン・デュリスは、けっこうサル顔でさ、あのもみ上げの感じなんて、完璧ルパン三世なんだよ。劇場パンフレットのキャスト紹介のページに載っているスチール写真なんか見ると、キリっとしてて007かなんかと見間違えちゃう(一瞬、ティモシー・ダルトンかと思った)くらい紳士然としていてカッコイイのにさ…スクリーンの中では、意外とおとぼけキャラなんだよね。いっそうのこと…ハリウッドで企画中の「ルパン三世」も、 ロマン・デュリスを抜擢しちゃえばいいのにね(笑)、アルセーヌ・ルパンの孫って設定なんだからさ。

監督:ジャン=ポール・サロメ
出演:ロマン・デュリス クリスティン・スコット・トーマス パスカル・グレゴリー エヴァ・グリーン 


【華麗なる怪盗・泥棒といえば…】
DVD 怪盗紳士アルセーヌ・ルパン カリオストロの七つの環

DVD ルパン三世 - カリオストロの城

DVD トーマス・クラウン・アフェアー

DVD ハドソン・ホーク
DVD エントラップメント (初回限定生産)




【こんなの知ってますか?】
DVD ルパン三世 念力珍作戦
タイトル通り、本当に“珍”作ですよ、これは。ただ、思っていた以上に、目黒祐樹のルパン役が、似合っているのにはビックリ。江崎英子の峰不二子は、文句なしです。田中邦衛の次元大介と、伊東四朗の銭形警部はかなり微妙だが…これはこれでいい味出してる。残念ながら五右衛門は登場しません…。お色気あり、歌あり、アクションあり…古きよき時代の邦画コメディのエッセンスがたっぷりつまった娯楽作として非常に楽しめる1本。これは騙されたと思って、一度見てください。楽しいです!あと、「釣りバカ日誌」の“合体”並のアイデアで表現するベッドシーンは必見(爆)これが元祖なのかなぁ?








人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
2005年09月29日

未来警察(1984年)

テーマ:洋画

2005年9月28日発売の新作DVD、買えば買うほど安くなるソニーの半額半蔵キャンペーンの対象商品としてリリースされた「未来警察」を鑑賞した。今から20年以上も前のSF映画なんだけど、なんと今回が初DVD化!監督は、「ジュラシック・パーク」などの原作者としてもお馴染みマイケル・クライトン。

ロボットと人間が共存する近未来…ロボットのトラブルを専門に扱う部署に属する警官のラムジーは、新しく配属された女性警官トンプソンと共に、様々なトラブルに対処していた。ある日、家庭用の家事ロボットが暴走して人間を殺すという事件が発生。そのロボットは何者かによって改造が施されていた。事件の背後を追ううちに、特殊チップで金儲けを企む凶悪犯の存在が明らかになる!

あれ、子供の頃に日曜洋画劇場か何かで見た時は、すっごく怖い映画にみえたのに…久しぶりに見ると、ツッコミどころ満載のいかにもな80年代アクションですよね(笑)一応、未来ってなってるけど…ロボットが出てくる以外はバリバリ80年代そのものっていう…こういう設定は嫌いじゃないですけど(笑)

確かに犯人が操っている、クモ型のロボットが…エイリアンのフェイスカバーみたいなグロテスクさは感じさせるけど、やっぱりただのオモチャだよなぁ(笑)クライトンらしく、ホラー的な演出もはいってるから、子供の頃は、こういうところが、多分怖かったんだと思うけど…今見るとなんともないですねぇ。今だったら、派手なCGでもっと違った見せ方ができるのだと思うけど、全体的に手作り感がよくでている、VFXも…自分たちは懐かしく見れるのだが、今の人たちにはちょっとキツく感じてしまうかもしれない。

「アイ,ロボット」だったり、「攻殻機動隊」「イノセンス」なんかにも通じる、ロボットと人間の共存…そして人間がそれらを抑えられなくなって暴走していくみたいな感じなので、物語としては決してつまらなくないですし、好きなタイプの作品。

ちなみに、自分は近所のDVDショップで、半額半蔵の対象所品を3枚チョイスして3500円で買いましたが…Amazonなんかでは単品で買うと割り引き対象外なので気をつけましょう。その代わり…メーカーが勝手にジャンル別けした3枚組商品で、「未来警察」が含まれているものがあります。

監督:マイケル・クライトン
出演:トム・セレック シンシア・ローズ ジーン・シモンズ カースティ・アレイ スタン・ショウ

【DVDソフトの購入】
DVD 未来警察
DVD 半額半蔵 刑事パック「バッドボーイズ 2バッド」「ハリウッド的殺人事件」「未来警察」



「チョイス半額半蔵キャンペーン」から、お得な3枚パックが登場。このキャンペーンは、対象商品について1枚2,000円×3枚=6,000円(税込)を3,500円でご提供するものですが、Amazon.co.jp ではさらにお得な【14%OFF】の3,000円(税込)。送料は1500円以上で無料。⇒Amazonで他の対象作品を探す



3枚単位で自分でチョイスしたければ、楽天内の ぐるぐる王国 楽天市場店 などでは対応できるので、こちらで探してみたらいかがでしょうか?



【この手の作品が好きな人は…】
DVD アイ,ロボット
DVD GHOST IN THE SHELL 2 INNOCENCE INTERNATIONAL VER.
DVD メトロポリス




人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

2005年09月28日

サマリア(2004年)

テーマ:アジア映画
サマリア

2005年9月23日発売、レンタル開始の新作DVD「サマリア」を鑑賞した。援助交際をモチーフに、友情や家族の問題を描いた韓国映画で、キム・ギドク監督作品。ジャケットに写っている女の子二人が可愛いので、レンタル屋でDVDを借りてしまった。

女子高生のヨジンとチョヨンは、高校の仲の良い同級生。チョヨンは二人で旅行をするために援助交際をしてお金を稼いでいた。ヨジンはそんなチョヨンのことを嫌悪しながらも、心配でたまらなく、いつも見張り役として行動を共にし、お客とお金の管理をしていた。ある日、いつものように男とホテルへ向かったチョヨンだったが…警察の手入れに遭遇。警官から逃げようとしたチョヨンはヨジンの目の前で、ホテルの窓から飛び降りた。大怪我をしたチョヨンを急いで病院に担ぎ込むのだが…残念ながら命は助からなかった。ヨジンは、罪滅ぼしの為、いままで稼いだお金を、返そうと…チョヨンが相手をしてきた男たちに、自分の身体を差し出し、さらにお金を返すという行為を繰り返していた。そんなヨジンの行動を刑事である父親が偶然、目撃してしまったことから、歯車がさらに狂いだす…。

いまさら援助交際ネタなんて古いよ!「ラブ&ポップ」「バウンスkoGALS」「リリイ・シュシュのすべて」など、邦画でも似たような題材の作品がいっぱいあったじゃんとか思いながら見ていると…途中から“その男、凶暴につき”化し、北野武の「HANA-BI」の親子版みたいな展開になっていくから、やっぱり韓国映画は侮れません(笑)残酷描写もたくさんあり、やっぱり韓国映画だなぁって思わせる。

今どきのHな女子高生の映画かと思っていたら…ストーカー化したオヤジの復讐劇だったのかよ。援助交際シーンはいっぱい出てきますが、そんなにエロイシーンはありません。ただ、二人の少女がお風呂場で身体を洗いっこしてるシーンはエロティックです、大事なところは全然見えませんが!?あどけない顔をしながら、「SEXしている時の男は子供」と言い放つチョヨンとか、セリフや情景でエロティシズムを描ききる、キム・ギドクの演出は嫌いじゃない。

多くを語らなくても色々想像させ、理解させる演出力…ラストもなかなかでした。自分が気に入る韓国映画って、どことなく初期の北野武作品に通じる部分があるんですよね~。これもそういう印象を強く受けた。こういう路線の韓国映画は大好きです。

ただ、同じアジア圏でありながら、文化の違いがやっぱりあり、日本人から見るとツッコミを入れたくなるようなシーンも若干あった。

監督:キム・ギドク
出演:クァク・チミン ソ・ミンジョン イ・オル クォン・ヒョンミン オ・ヨン イム・ギュノ イ・ジョンギル

【DVDソフトの購入】
DVD サマリア



【援助交際といえば、やっぱコレ!】
DVD ラブ&ポップ SR版
援助交際もの走りといえば、これでしょう。エヴァンゲリオンの庵野秀明が初めて実写に挑んだ作品。デジタルビデオによる渋谷ゲリラ撮影という、映画の流れをも変えた画期的な作品だった。しかし、エンディングでは35mmフィルムを使用するというこだわりが、たまらなく憎い!これ以降の女子高生ものを見ても、みんなコレのパクリに見えてしまう。






DVD バウンス ko GALS
ラブ&ポップより先に援助交際を描いていたのが原田眞人監督のコチラ。「ラブ&ポップ」がソフト化されるまで、コレを買って我慢していた思い出があります(笑)題材は確かに似てるんだけど、こちらはより完成された映画って感じで、お行儀が良すぎるのが物足りない。佐藤仁美が演じたジョンコがカッコよかった!





DVD リリイ・シュシュのすべて 通常版
蒼井優が援助交際をする女子高生を可愛く、せつなく演じています!映画はそんなに面白いと感じなかったのですが、これを見て、いっぺんに蒼井優のファンになりました!








DVD 援助交際撲滅運動
女子高生の乱れた性を、ヤリ逃げという方法で正そうとする、変態オヤジクニさんと…エンコー女子高生軍団の壮絶な戦い!?











人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
2005年09月28日

マルボー 組織犯罪対策部捜査四課(2005年)

テーマ:邦画


2005年9月25日発売、レンタル開始の新作DVD「マルボー 組織犯罪対策部捜査四課」を鑑賞した。正式には○書いて、中に“暴”って書くんだけど…パソコンじゃ表現できませんので(笑)今月号の映画秘宝の新作DVD紹介で、ライターの藤木TDCさんが小沢アニキ版「24 TWENTY FOUR」とベタ誉めしていたVシネなんですけど…これが意外と面白い。OZAWA名義で、アニキが監督も兼ねているのだが…低予算でも、演出力に、度胸と根性…意地があれば、ハリウッド映画なんかよりも面白い作品がつくれるというのを実証したかのような、超ド級のエンターティメント作品になっています。よく見ろ、青島、室井、真下…お前らより全然面白いぞ!

間もなく日付が変わろうとしている深夜の歌舞伎町…組織犯罪対策部捜査四課の熊田刑事は、パーキングで挙動不審な男を目撃し、追跡…しかし相手にはまんまと逃げられてしまった。その直後、暴力団幹部の乗った車が爆発炎上。同乗していた組員を含む3人が犠牲になってしまった。ライバル組織との抗争に発展するのを懸念した熊田は事情を把握するため、二つの組に探りを入れる。一方、中国人流民がヤクザどもから歌舞伎町を奪い取ろうと画策し、歌舞伎町のどこかに爆弾を仕掛けたという情報が、公安からもたらされた!タイムリミットは翌日の午後12時…同時に二つの事件を追う羽目になった熊田と捜査四課のメンバーたちだったが。

確かに24風のタイムリミット表示や、分割画面で同時進行の様子が描かれたりするが、実際には「24 TWENTY FOUR」じゃなくて、深夜から翌日のお昼までの12時間だから“TWELVE HOURS”って感じだし、本編時間は88分しかない(笑)ただ、この88分は「24 TWENTY FOUR」なんか目じゃないくらいに濃密なのは間違いない。次から次へと小沢アニキの前に困難が転がりこんでくる!爆弾探し、爆弾解体という事件の捜査もそうだけど、とにかく走りまわされるアニキ!なんか崔洋一の「犬、走る」を彷彿とさせられる。路上で青龍刀持った男と格闘したり、「新宿鮫」のように…元同僚の公安刑事との確執があったり、交渉人よろしく立てこもり犯を説得したりと、とにかく休む暇がないアニキ。ようやく日が昇り始めた頃、新宿ゴールデン街の看板を背に、ふらつくアニキのお姿に、物凄く哀愁が漂っておりました。オマケにとってつけたような潜入捜査官のお話。映画秘宝で藤木さんは、ズバリ「インファナルアフェア」と仰っていましたが…なるほど、とにかく警察ドラマの美味しいところ取り!よくこれだけ詰め込んで、88分で描いたなぁ、本当に感心してしまいます。既にシリーズ化が決定しているそうで、若干アメリカのTVシリーズのように、未消化な部分が残っているが、これらが次巻以降への伏線となることを期待して!

役名にあわせたか、何気に着メロが“森のクマさん”というのがお茶目な小沢アニキでした。携帯に関しては…とりあえずツッコミ入れたくても、我慢してくださいね!

レンタルビデオ屋で「24 -TWENTY FOUR- シーズン4 」が借りられないとお嘆きのアナタ…ほら、Vシネコーナー探せば、こんな面白い作品があるじゃないですか!騙されたと思って、ぜひぜひ一度ご鑑賞くださいませ。なお…実際に借りられてお気に召しませんでも、一切責任は負えませんので、くれぐれも「騙しやがってこのやろう!」って内容の書き込みだけはご遠慮ください(笑)


監督:OZAWA
出演:小沢仁志 本宮泰風 石橋奈美 小沢和義 中野英雄 高木淳也


【DVDソフトの購入】
DVD マルボー 組織犯罪対策部捜査四課
何故か、この手のVシネ作品ってAmazonでは扱ってないですよね~。ですから今回も楽天で検索してみました。









【やっぱこっちの方がいいっすか?】

24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

なんか、劇場映画化の噂もありますが、日本を舞台にするのがハリウッド映画のブームですし、どうせならジャック・バウアーにも日本で捜査してもらいたいですね(笑)歌舞伎町あたりで、ヤクザやチャイニーズマフィアと対決なんて面白そう。きっとハリウッドだったら、「容疑者 室井慎次」以上に立派な新宿のオープンセットを作れるだろうよ!





人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。