外道(1998年) | 勝手に映画紹介!?

外道(1998年)

外道【ワイド版】 [VHS]


昔、劇場で一度だけ見た望月六郎監督の「鬼火」という映画を見直したいんだけど、DVDは廃盤で中古がバカ高のプレ値になっており、アマプラの配信でも扱いなし。もしかしてワンチャンあるか?と思って、ダメもとでリトライキャンペーンを利用中のU-NEXTで検索してみたんだけど…やっぱりなかった。ただ、望月監督で検索をかけたら見たことない作品がヒットしたので…そちらで妥協、白竜さん主演の「外道」を鑑賞。これもアマプラでは配信なし、DVDは出てるそうだけど、Amazonにジャケ画像がない。仕方なくマケプレ扱いの中古VHSのジャケ画像です。

 

南新宿警察署の元警部補・氷室孝一は、総会屋まがいの活動をしていたことがバレてしまい、警察を懲戒免職となった。その後、氷室は…公務員までが悪事に手を染めている、とある地方都市に流れ着き、地元ヤクザの土谷組に何か仕事はないかと伺いを立てる。ちょうど立ち退きの交渉が難航している物件があり、氷室は、土谷組に出入りしていた一匹狼の桑田という男とともに家人を脅迫、見事、立ち退きを成功させる。しばらくは桑田とツルみながら、情勢を探っていた氷室だったが…ある日、桑田の存在を持て余していた土谷組から殺しを依頼され…。

 

忘れてた…U-NEXTでは見放題対象だったんですけど、2021年9月30日で配信が終了になるそうです。もし、気になる方がいたらお早めに…。企業から金を脅し取ろうとした悪徳警部補の白竜さん…結局、悪事がバレて懲戒免職!白竜さんにクビを言い渡す警察幹部の中に、竹内力もいたけど…出番はそこだけだった。その後、とある地方都市に流れ着いた白竜さん、胡散臭い役人が、地元住民を懐柔したり、部下の女性とよろしくやってるのを横目で見ながら…とりあえずは、地元ヤクザに仕事をよこせと直談判、立ち退きを渋る住民との交渉役を買って出る。

 

その時に、もう1人…普段は清掃業をやってて、盃をもらってるわけではないんだけど、地元ヤクザに出入りしている一匹狼的な麿赤児とコンビを組み、連係プレーで家人を脅し、見事、立ち退きを成功させると。一応、地元ヤクザからは客人みたいに扱われるんだけど、麿赤児と一緒にトラブルをおこしたりして、段々と煙たがれる存在に。その一方で…白竜さんはある女に目をつける。ヤクザとツルんで悪事に手を染めている役人、市役所の課長(妻帯者)が、肉便器扱いしている部下の女なんだけど、彼女の弱みにつけこんで、金をチラつかせ抱こうとする。

 

無理やり彼女の家に居座ったりし、少しずつ懐柔…いつまで課長の女でいる気なんだ?というのを悟らせる。暴挙の数々は、白竜さん流の荒療治、人生相談みたいなものだったんだけど、いつものように、白竜さんは感情を表に出さないから、本当に彼女を助けたいという優しさからきてるのか、それとも…馬鹿課長を貶めるための道具にすぎないのか、その辺がわかりづらい。白竜さんの本心、魂胆がどこにあるのかも…物語の重要なポイント。その後、悪事の証拠を握られ、麿赤児に脅された課長は、ヤクザに泣きつき…白竜に麿赤児殺しの依頼が舞い込む。

 

とにかくタイトルが“外道”ですから…自分の利益になると判断したら、迷わず実行するってことですよ。白竜さんの計画はいきあたりばったりだったのか?それとも計算ずくか?その辺を想像すると、ゾクゾクっとする展開だ。市役所の課長に肉便器扱いされ、飴と鞭の使い分けで結局、白竜さんといい関係になってしまうヒロイン…金谷亜未子っていう女優さんなんだけど、今で言う木村多江ばりに幸薄気な表情がよく似合いまして、おまけに脱ぎっぷりもいいので、抜群に男心をくすぐってくる。ある人物を2人で殺した直後のファックシーンはなかなか強烈だ。

 

 

監督:望月六郎

出演:白竜 麿赤兒 金谷亜未子 奈良坂篤 下元史朗 外波山文明 田中要次 斉藤暁 竹内力

 

 

【中古VHSソフトの購入】

VHS 外道

外道【ワイド版】 [VHS]




 

U-NEXTでは見放題対象でしたよ♪
外道

外道 U-NEXT ※2021年9月30日までの配信だそうです

 

 





人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!