沈黙の大陸(2017年) | 勝手に映画紹介!?
2018年10月03日

沈黙の大陸(2017年)

テーマ:アジア映画
沈黙の大陸

出る時は1か月にまとめて3本くらいリリースされた事もあるのに、なんだがご無沙汰だったセガール映画、沈黙シリーズ…ソフト購入は2017年2月の「沈黙のアフガン」以来だろうか?そんなわけで、本日、2018年10月3日リリースの新作ソフト「沈黙の大陸」を購入…すっかり予約を失念してて、昨晩、Amazonに慌てて発注、お急ぎ便で発売日当日に無事GETできました。ブルーレイのリリースはなく、DVDのみ…他に買うソフトがたくさんあるだろう、こんなもんレンタルで充分じゃないか…と、思いつつも、“沈黙”という悪魔の囁きに抗えないオイラでした。

北アフリカの某国…中国企業、DHテレコムのヤンは、国の通信インフラ設備プロジェクトの入札に参加するために現地入り。特に、欧米企業のMTMテレコムのマイケルと熾烈な競争を繰り広げていた。しかし、入札を取り仕切る国際通信電気連合のスザンナが、どうやらマイケル側を贔屓している様子でヤンには不利な状況に。なんとか挽回しようと策を練るが…。そんな時に、内戦の危機が勃発!実はマイケルが、独立国家の樹立を目指すカバと手を組み、入札の妨害を画策しており、裏で暗躍していた。何も知らないヤンは内戦を止めようと必死になるが…。

“沈黙シリーズの最新作”ですが…劇場未公開、ソフトスルー。それでも、“セガールVSタイソン、全人類待望の世界最強を決するドリームマッチが遂に実現!”…なんて、胡散臭いキャッチコピーに胸を躍らされしまうのも事実でして…「キックボクサー ザ・リベンジ」でヴァン・ダムとも戦ってるし、最近のタイソンはちょっと安売りしすぎだろ!ってツッコミもあったりするんだけど、これはこれで気になっちゃうよね。えーとですね、“セガールVSタイソン”って部分に関しては、特に引っ張るようなこともなく、本編開始後、10分くらいで拝めたりして、偽りはない感じ。

元傭兵のセガールは、裏稼業に手を染めながら、アフリカでバーの経営をしてるんだけど、そこで顔なじみの悪党と、タイソンが何やら悪事の相談をしてまして…揉め事を起こすんですね。それでもって、人の店で何暴れとるんじゃいと、セガールが割って入りまして…店の中で2人の“どつきあい”が始まる。セガールの方は、相変わらず仁王立ちとスタントマンによる、いつもの“手抜きセガール拳”だったりするものの、2人が“くんずほぐれつ”している雰囲気はそこそこ伝わってくる。そして、セガールがまさかのノックアウト(爆)あれ、これってタイソンが主役なの?

もしかして、沈黙シリーズをタイソンに乗っ取られたか?いやいや、どうせなら本当に乗っ取られるくらいの方が、どんだけマシだったことかって思いたくなるんですけど…残念ながら主役はセガールでもタイソンでもないんですよね。2人とも脇役…いや、製作国が中国ってなってたんで、ちょっとひっかかってたんですけど、そうなんですよ、これ、セガールとタイソンがゲスト出演している中国映画なんです(笑)本当の主人公はリー・トンシュエという中国人なのよ。もうね、オレオレ詐欺よりひどい…沈黙詐欺だよ。今までこの詐欺に何回ひっかかってるんだ?

そんなわけで、セガールVSタイソンっていうのも、本筋にほとんど関係がなくてですね…チンピラ同士の小競り合いみたいなもんなのよ(笑)そんでもって、セガールもタイソンも中国人の主人公を陥れるために、フランスの悪玉に雇われた悪党なんだけど、途中でセガールは“こんな仕事や~めた”って投げ出して、ちょっとだけ主人公を助ける役。そんでもって…タイソンの方は、その後も悪玉とつるんで主人公を狙ったりするんだけど…。アフリカのインフラ整備をめぐる陰謀という、社会派っぽいテーマを盛り込んだ、中盤のミリタリー展開はそこそこ派手目。

なんだけど…中国映画っていうのがミソ。段々と和平でも、ビジネスでも、ついでに女を口説くのも…中国人がナンバーワンだって褒めたたえる、中国賛歌な内容が目立ち始める。セガールの俺様映画ではなく、中国人の俺様映画だった。ウー・ジンの「戦狼/ウルフ・オブ・ウォー」なんかでも出てきたけど、中国国旗を掲げれば、どんな困難も“無問題”(笑)ビジネスマンが逆境にめげず、困難に立ち向かうって…終わってみれば、主人公を中国人にした池井戸潤作品みたいな内容だったよ。セガールより、タイソンの方がまだ見せ場は多いので、ファンの方はぜひ。


監督:タン・ピン
出演:リー・トンシュエ マイク・タイソン ジャニケ・アスケヴォルド スティーヴン・セガール リー・アイ


【DVDソフトの購入】
DVD 沈黙の大陸







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










勝手に映画紹介!?さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス