I’M FLASH!(2012年) | 勝手に映画紹介!?
2018年09月08日

I’M FLASH!(2012年)

テーマ:邦画
I'M FLASH!

昨晩、WOWOWの“「泣き虫しょったんの奇跡」公開記念!松田龍平と豊田利晃の軌跡”でエアチェックしておいた「I'M FLASH!」を鑑賞…2012年と微妙に古い作品だけど、今まで見たことがなかったので、気になった。昔は豊田利晃作品もけっこう率先して見た時期があったけど、やっぱアレ(薬物で逮捕)以来、興味をなくしたというか…でも、もともとそんなに多作の監督でもないし、「クローズEXPLODE」は見ているので、今度の新作を抜かせば、他に見逃している作品はあと2本くらいか?18日に「モンスターズクラブ」の放送もあるから、録ってみるかな?

新興宗教団体“ライフイズビューティフル”の若き教祖・吉野ルイが交通事故を起こした!ぶつかったバイクの運転車は死亡、同乗の女性も意識不明の重体…本人には飲酒の疑いもあるということで、マスコミからも注目される事態に!そんな中、新野風、祝一雄、神村賢という3人の男たちが教団の施設に呼ばれた。多額の報酬と引き換えに、ルイのボディガードを務めてほしいという…ルイは誰かに命を狙われているのか?一方、ルイ本人は事故を境に、自分の存在を見つめ直し、教団を畳みたいと考え始め…教団幹部の母親や姉と意見を対立させるが…。

ヤクザっぽい人たちが、沖縄でダラダラしながら…時にヒットマンと戦っちゃたりする部分は北野武監督の「ソナチネ」っぽいか?突発的な暴力、生死について見つめ直しちゃうテーマなんかも、どこか北野映画っぽさを感じる。それと同時に…祭り上げられた教祖の苦悩や実態、金儲けばかり考えている教団関係者など宗教に対する皮肉っぽいスタンスはビートたけし原作の「教祖誕生」(映画は北野映画の監督補を担当していた天間敏広が監督)も入ってる感じ?でも、「教祖誕生」の方は、どちらかというと主人公が宗教にのめり込んじゃう話だったけど…。

冒頭、柄本佑演じる青年が家を出て、バイクで疾走する姿を延々とカメラが追うんだけど…その時の、何かが起きそうな感じとかはけっこうドキドキ、案の定、事故って直ぐに死んでしまった。セリフも少なく、メインキャストでもなんでもないんだけど、けっこう印象に残るキャラクターだ。松田龍平の特集だけど…主人公は教祖を演じた藤原竜也の方だったな(まぁ、監督の特集でもあるので、別に問題ないんだけど)…でも、普段はボーっとしながらも、一瞬で主人公の藤原竜也を喰ってしまうような存在感を発揮する龍平は、いつもながらあっぱれだなと思った。

教祖の姉で教団幹部を演じていた原田麻由も“猿みたいにポコ●ンとんがらせて!”なんて下品なセリフを堂々と言い放ちインパクト大…この人、故原田芳雄の娘だそうだ。オ●マキャラというビジュアルのインパクトで負けてなかった北村有起哉も故北村和夫の息子なわけで…松田龍平といい、脇役で二世が大活躍している映画だな。銃撃戦は、ジョン・ウーのごとくスローモーションを多用し、確かにかっこいい。ある人物とある人物の対決でどっちが勝つかというのも最後まで気になったが、物語的にはボディガード3人にもう少し意外な選択をして欲しかった。


監督:豊田利晃
出演:藤原竜也 松田龍平 水原希子 永山絢斗 仲野茂 柄本佑 原田麻由 北村有起哉 大楠道代


【DVDソフトの購入】
DVD I'M FLASH!







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










勝手に映画紹介!?さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス