パニッシャー 情無用の最凶復讐2枚組Blu-ray(2018年9月4日発売) | 勝手に映画紹介!?
2018年09月03日

パニッシャー 情無用の最凶復讐2枚組Blu-ray(2018年9月4日発売)

テーマ:Blu-ray/DVD(再鑑賞)
パニッシャー 情無用の最凶復讐2枚組Blu-ray

昔に比べて直ぐに廉価版が出るし、WOWOWでの放送も早かったりするので…めっきりブルーレイソフトの購入量が減ってるんだけど、久しぶりに新作をAmazonに予約。といっても映画自体は旧作なんだけどね…そんなわけで、明日発売の「パニッシャー 情無用の最凶復讐2枚組Blu-ray」を無事にフラゲできたのでさっそく鑑賞する。今ではすっかりハリウッドのヒット映画の筆頭、主戦力になっているアメコミ映画だけど…そんなアメコミ映画人気を約30年前に先取りしていたのが、このドルフ・ラングレン主演のオーストラリア映画「パニッシャー」なのだ!

後にトーマス・ジェーンが主人公のフランク・キャッスルを演じた2004年版「パニッシャー」なんかが鳴り物入りで作られたが、先にドルさん版を見ていたので、個人的にはぜんぜん楽しめなかった。むしろ、その後に作られた「パニッシャー: ウォー・ゾーン」なんかの方が、自分は面白く感じたんだけど…B級度が増したせいか、世間一般ではあまり芳しい評価は得ていないようだ(アメコミ好きの人からの支持はあるみたい)。最近だと、ネットフリックスの配信で、ドラマシリーズも作られてるんだけど…オイラは残念ながらそこまでカバーできてません。

今回のブルーレイ購入も迷ったんですよね…旧作映画なのに強きの価格設定で定価が6800円(税抜)もするし。それこそ二十数年前に購入したレーザーディスクをまだ所持してるので、それで我慢してもいいかなって思ってたんだ。ちょうど今から2年くらい前に…Amazonのプライムビデオでプライム会員だと無料で視聴できた時期もあり(現在は有料配信)、その時に久しぶりに再鑑賞もしてあったし。でもさ、“情無用の最凶復讐2枚組Blu-ray”なんて冠された商品タイトルを目にしてしまうと、ドルさんファンとしては、ウズウズしてきちゃいまして…。

同じようにレーザーディスクで所持していた「マスターズ 超空の覇者」のブルーレイは、予算不足で購入を見送っていたので、やっぱりドルさん初期主演作の傑作「パニッシャー」はブルーレイでコレクションしておきたいなと…。でですね、思い切って予約しておいてよかったよ。これね、本編の他に、特典という形でディレクターズ・カット版が収録されてるんですけど、これが凄くいいんだ。今までの「パニッシャー」のイメージをいい意味で裏切ってくれるというか、「ブレードランナー」のバージョン違いを初めて見た時と同じくらいの感動が味わえたんだな。

このディレクターズ・カット版は…監督のマーク・ゴールドブラットが個人的に所有していた素材が使われているので、本編ディスクと違いSD画質収録だったり、音声も5.1ch化されておらず、2chステレオだったりっていう…クオリティ面ではあまりお薦めできないものの、追加の未公開シーンや編集違いのシーンのみ“DC版の素材”を使い、日本公開アンレイテッド版と呼ばれている本来の本編と同じシーンはそちらの素材を切り張りして編集し直したディレクターズ・カット版のリメイク版(ちゃんと吹替えもある)というバージョンも収録されてるんですね。

意外と、こちらのバージョンで見ると…“画質の悪さ”もそんな気にしないで映画に集中できる。ということで、通常の本編はまだ見てないんですけど…特典ディスクに収録されていた“ディレクターズ・カット版”のリメイク版、オリジナル言語、字幕スーパー版ってヤツをチョイスして…最後まで鑑賞しました。もうね、冒頭から全然違うのよ…今まで見ていた「パニッシャー」は既にドルさんがパニッシャーになって、宿敵のマフィアを殺しまくってるところから始まるんだけど、相棒のルイス・ゴセットJr.と一緒に、マフィア逮捕に勤しむ刑事時代の様子が描かれてるんですよ。

車で張り込みして、麻薬取引の現場に乱入して、アクション…けっこう普通のバディムービーっぽい感じがして、すごく新鮮だった。っていうか、後に今は亡きブランドン・リーと共演した「リトルトーキョー殺人課」っぽい雰囲気もちょっとあったり。で、大暴れした割には、マフィアの大物を取り逃がしちゃって、逆にドルさんが狙われ、家族が殺されてしまうという。今まで見ていた日本公開版は、この先から本編が始まるのでした。女刑事がルイス・ゴセットJr.演じる警部補にパートナー志願する時の会話の意味も、今までカットされていた部分を見ることでより理解できる。

真ん中編は編集や細かいショットの違いがある程度で、それこそよっぽどのマニアじゃないとわからないような、ストーリーに大きく変化がでるような違いではなかったが(封入の解説書で各バージョンの詳細な違いが説明されています)…日本人ヤクザを倒した後、ドルさん演じるフランクとジェローン・クラッベ演じるマフィアのボス、フランコのやり取りあたりから、またぜんぜん違う感じになり面白かったです。あと、日本のテレビ放送版のみに存在する追加シーンもあるそうで、それらはどの本編にも組み込まれておらず、シーン単発で見れるだけなのが残念。

驚きが色々とあるディレクターズカット版なんだけど、日本公開版に入ってるオープニングのタイトルテロップがないので、そこはちょっと味気なかったですね。さっそく見終わった後に…本編ディスクで日本公開版のオープニングだけ見直しちゃいましたもん(笑)ソフトには解説書の他に、復刻チラシ(折り畳まれてるけど)とかも封入されてました。また、アウターケースが、オイラの大好きなレーザーディスク版と同じ写真を使用したデザインだったのが良かったです。中身のプラケースのジャケ写真はアウターケースとは異なるデザインでしたよ…。

パニッシャー 情無用の最凶復讐2枚組Blu-ray(2018年9月4日発売)

パニッシャー 情無用の最凶復讐2枚組Blu-ray(2018年9月4日発売)

パニッシャー 情無用の最凶復讐2枚組Blu-ray(2018年9月4日発売)

パニッシャー 情無用の最凶復讐2枚組Blu-ray(2018年9月4日発売)

パニッシャー 情無用の最凶復讐2枚組Blu-ray(2018年9月4日発売)

パニッシャー 情無用の最凶復讐2枚組Blu-ray(2018年9月4日発売)

ついでにYouTubeで見つけた予告編も!




★2016年09月01日 Amazonプライムビデオ視聴時の感想を再掲載★


刑事のフランク・キャッスルの家族を殺害した罪に問われていたマフィアの補佐役、モレッティが控訴審の末、釈放になった。その晩、報道陣が詰めかけているモレッティの自宅で、モレッティ本人が何者かに襲われ、殺された!警察はなかなか認めようとしないが…復讐鬼“パニッシャー”と化したフランクが犯人で、それ以前にも地下に潜伏したフランクはマフィアたちを殺しまくっていたのだ。そんなフランクの最終的なターゲットであるマフィアのボス、ジャンニ・フランコは、フランクの他にも、アメリカ進出を企む日本のヤクザとトラブルを抱えており…。

トラヴォルタが悪役で出ている2004年版「パニッシャー」を見た時に、とにかく面白くなくて…その時に、このドルさん版「パニッシャー」がどれだけ面白かったかということを綴ったりもしたんだけど…単独でこっちの「パニッシャー」について、このブログでは取り上げたことがなかったので、この機会にちゃんと感想を書いておくことにする。う~ん、誰が何と言おうと、オイラは今まで映像化された「パニッシャー」の中で、やっぱりこれが一番面白いと思うぞ。現段階で一番あたらしい「パニッシャー: ウォー・ゾーン」も捨てがたいんだけど、役者に魅力がなかった。

原作のアメコミをちゃんと読んだことがないので、どれが本来のイメージに近いのかは判断できんのだけど、一番最初に見てしまったのがドルさんだったので、やっぱりオイラの中でフランク・キャッスル=ドルさんで、この作品のクオリティが基準なんだよ。ハーレーダビッドソンを下水道で乗り回すドルさん、M60機関銃を軽々と振り回しザコキャラを殺戮するドルさん(ランボー顔負け!)…ヤクザに捕まり、拷問にかけられても、あっという間に拘束を解き、反撃に出るドルさん、復讐相手のマフィアと共闘してヤクザのアジトに乗り込むドルさん、どれも最高!

ドルさん演じるパニッシャーはマフィアと戦い、警察に追われ、そこにアメリカ進出をたくらむヤクザとマフィアの抗争も絡んできて、結果的にドルさんはヤクザとも戦う羽目になると、ひっちゃかめっちゃか。最後まで二転、三転し、スリルがしっかりと持続する。アクションもいろいろなタイプがあり…神出鬼没にドルさんが現れてマフィアを血祭りにあげる、“パニッシャー”の王道系から、まるで忍者軍団のようなヤクザたちとの対決。遊園地みたいなところで、滑り台を使って、敵が襲撃してきたりと…今見直しても、けっこう新鮮で面白かったですよ。

腹黒いマフィアのボスを演じているのが…「007/リビングデイライツ」にも出ていたジェローン・クラッベだってあたりも、ボンドフリークのオイラ的にははずせない部分だ。マフィアも手玉に取るヤクザの女組長“レディー・タナカ”ってオバチャンの存在感もハンパないんだけど、クライマックス、何故か日舞みたいな踊りを踊ってまして、顔面白塗りで出てくるんだけど…エレキテル連合(最近見ないね)のデカイ方にしか見えないという(笑)ついでに、演じているキム・ミヨリという女優…フィルモグラフィを調べると「呪怨 パンデミック」にも出ていた!どの役だ?

今まで繰り返し見ていたレーザーディスクは4:3のスタンダード画面だったので、ビスタサイズでちゃんと見れたのも感動。さらに、ハイビジョン対応になっているので…さすがに限度はあるけど、液晶テレビの大画面で見ても、ストレスを感じないレベルの画質にはなっています(=それなりに綺麗)。他にも無料で見れる昔のドルさん映画がないかなと期待して、検索してみたんだけど…「ロッキー4」と「ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録」しかなかった(有料配信だと他にもあるけど、最近のが多い)…今度はぜひ「ダークエンジェル」を追加してくれ!


監督:マーク・ゴールドブラット
出演:ドルフ・ラングレン ルイス・ゴセット・Jr ジェローン・クラッベ ドナル・ギブソン キム・ミヨリ


【Blu-rayソフトの購入】
パニッシャー 情無用の最凶復讐2枚組Blu-ray







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










勝手に映画紹介!?さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス