カリフォルニア・ブロウ(2017年) | 勝手に映画紹介!?
2018年07月08日

カリフォルニア・ブロウ(2017年)

テーマ:洋画
カリフォルニア・ブロウ

西日本を中心とした大雨被害…同じ日本国内がこんな状況に陥っているのに、いいのかなと思いつつも…WOWOWで放送のディザスターパニック映画特集(特集:都市壊滅/崩れゆく都市を舞台にしたパニック作を特集)をエアチェックしてしまう。大雨と地震、噴火の違いはあれど…これNHKや民放地上波だったら真っ先に特集自体が別の番組に差し替えになる可能性もあったよな?そこは独自路線を歩むWOWOWの強みでもある。そんなわけで、3本あったラインナップの中から「カリフォルニア・ブロウ」という作品をチョイスし、最初に見てみたよ。

脚本家のジョシュは…1本のディザスタームービーが評判になり、ハリウッドの映画プロデューサーに呼ばれるが、それは新作ディザスタームービーの脚本を手直しするという仕事だった。仕方なくその仕事を引き受けたジョシュは、プロデューサーの指示で地震学者のアーウィン博士に会いに行くことになったが、そんな時に大規模な地震が!LAの地下にある未知の活断層の仕業だと考えた博士とヘリに乗って視察に同行することになったが、なんとパイロットは主演女優を務める予定のカットだった!やがて3人の前で噴火が起き、LA中がパニックに!

明らかにドウェイン・ジョンソン主演の「カリフォルニア・ダウン」を意識したタイトル…原題は“Eruption: LA”だし、本編をちゃんと見るとそう単純なものでもないのが理解できるんだけど、まぁ、これをソフトリリースした日本のメーカー(やっぱりアルバトロスだったかが、パチモノ映画で有名なアサイラムの作品ではなかった)は、こんな邦題にした時点で意識していなかったなんてことはないはずだ。そんないつもの低予算B級映画ではあるものの、なんだろう色々とひっかかる部分も多かったりして、意外と面白い、見ごたえのある作品になっていたなと思った。

新作ディザスタームービーの脚本執筆のために呼ばれた若手脚本家が、リサーチのために権威のある学者に会いに行くんだけど、そこでタイミングよく“LAの街で噴火”が起き、一緒にLA市民を護るために奔走する。脚本家と学者の他に…映画で主演を演じる美人女優まで同行していて、なんとその美人女優がヘリの操縦を買って出るんだけど…これがプロ級の腕前!何度も窮地を切り抜けているうちに、吊り橋効果(笑)で売れない脚本家と売れっ子美人女優がくっついてしまうという、ご都合主義なラブストーリーまでオマケでついてくるわけだけど…。

ハリウッド映画らしいご都合主義を描きつつ、その一方で随所にちりばめられたハリウッド批判の数々…。最初からいかにもバカっぽい映画プロデューサーたちが出てくるし(ロバート・アルトマンの「ザ・プレイヤー」を思い出す)、女優役のヒロインに“若い女優を使い捨てにしてる”とか、“こんな人ばかり死んでるディザスタームービーを作ってるんじゃねぇ”とか、言わせたりもしていた。本編中では意外と善い人、真面目な人、憎めない人が優先的に死んでいくことも多く…一見、あっけらかんとした“バカ映画”に見えるけど、けっこう切ない気分にさせる。

主人公の脚本家には、唯一の肉親(親代わり)の姉がいるんだけど…いつも電話とかしちゃって、シスコンもいいところ。その姉が病院で働く医師でもあって、危機を知った弟が、逃げようって言うんだけど…“動けない患者をほっとけない”ってキッパリというんですよ。シスコンの弟なんて目を潤ませて姉と抱き合ったりしちゃうんだけど…その直後、ある出来事のせいで病院が崩壊…真っ先にヘリ(女優の操縦)に乗って逃げる主人公、もちろん姉も一緒…あれ、あの感動的なやり取りはなんだったの?その後の“救えない命もある”という言葉が非常に重い。

危険を知らせる学者からの指摘をガン無視する市長…いざ状況が悪化してから“市民を護るのが優先”と口先だけの“リーダーシップを発揮”し、その後もことごとく決断を間違える。ハリウッド批判と同じくらい政治批判、権力者批判も入っていて…こういうところもまさに、今の日本にとってものすごく“タイムリー”に見えてくるんですね。自分の手柄ばかり強調するリーダー…もっと、見ること、やることが他にあるだろう!こんな時期に都市壊滅映画、ディザスタームービーって不謹慎かもしれないけど、見たら、見たで、それなりに考えられるところもあったよ。


監督:ショーン・ケイン
出演:マシュー・アトキンソン レクシー・ジョンソン エリック・エステバリ ハリー・ヴァン・ゴーカム トム・シャンリー


【DVDソフトの購入】
DVD カリフォルニア・ブロウ







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス