羊と鋼の森(2018年) | 勝手に映画紹介!?
2018年06月08日

羊と鋼の森(2018年)

テーマ:18年06月の劇場鑑賞映画
羊と鋼の森

【鑑賞日:2018年6月8日】

今日は1000円ポッキリで映画が鑑賞できる週一のシネプレックスの会員デーであるのと同時に…話題の邦画の封切も集中している。とりわけカンヌでパルムドールを受賞し、先日の先行上映も好評だったと聞く是枝裕和の「万引き家族」が世間一般では大本命だと思われるが…オイラ的には、それよりも、天皇陛下と皇后陛下が試写会でご鑑賞なさった(ここだけ言葉遣いを丁寧に)という「羊と鋼の森」の方に興味がわきまして…先にこっちを見てきた。やっぱりみんな「万引き家族」を見に行っちゃったのか…場内はそんなに混雑はしていなかった。

ある日、高校生の外村直樹は教師に頼まれて、調律師・板鳥宗一郎をピアノのある体育館まで案内するのだが…その時に、板鳥の仕事ぶりを間近で見て、興味と感動を覚える。自分も調律師になりたいと…。2年かけて調律の専門学校を出た外村は…地元に戻って楽器店に就職。そこには外村を調律の世界に導いた板鳥の他、先輩調律師の柳伸二やピアニストくずれの秋野匡史もいる。外村は柳の手伝いをしながら実際に調律の仕事を学び、独り立ちできるように努力を重ねるが…そんな時に、高校生の姉妹ピアニスト佐倉和音と由仁に出会う…。

高校生の時に、たまたまピアノの調律というものを知り、その道に進んでしまった純朴すぎる青年が…困難にぶつかり、挫折を味わいながらも、少しずつ調律師として成長していく姿を描いた物語。同名の原作小説があるそうですがオイラは未読。とにかく、ピアノの音色のように…とっても繊細な物語と映像。登場人物たちの心情に呼応するようにカットバックで挿入される美しい自然の風景も素晴らしい。そして山崎賢人演じる主人公も押したらポッキリ折れちゃうような線の細さで、スクリーンのこちらから手を指し伸ばしたくなる…これは女子ウケしそうだ。

主人公を導いた張本人で、彼の成長ぶりを優しく見守る上司に三浦友和、そして頼りがいのある先輩調律師でナイスなアニキポジションの鈴木亮平…主にこの2人に支えられて主人公は成長していく。ピアノの調律師といえば…山田洋次の「家族はつらいよ」シリーズでも、妻夫木聡が演じてるよね。奇しくも、同じ時期に公開している映画で、ピアノの調律が描かれるという。しかし、真っ向からがっつり描いた本作を見てしまうと…「家族はつらいよ」の妻夫木が急に安っぽく思えてくる、同じ小売業でもコンビニのバイト店員とデパート店員に違いがあるように。

主人公が調律師になっていく過程を見ていて…オイラは上記のように「家族はつらいよ」を思い出していたんだけど、そうしたら主人公の実家にいるお祖母ちゃんが吉行和子だったので笑ってしまった。「家族はつらいよ」では次男が、本作「羊と鋼の森」では孫がピアノの調律師になると…これは狙い通りなのか?主人公が調律師を続けていくうえでのキーマンとなる姉妹ピアニストを、実際に姉妹の上白石萌音と萌歌が演じている。一歩下がりつつも、芯の強さを感じる姉のもねねん(萌音)もいいけど、ちょっとぽっちゃりで愛嬌のある妹・萌歌も可愛らしい。

なぜにピアニストじゃなくて、ピアノの調律師なんてものを目指すのか…音楽素人である自分なんかが率直に思ってしまう疑問なんかにも、それなりに答えを用意してくれてるあたりはとても好感持てる。また、劇中の主人公のセリフで、“音楽って勝ち負けを決めるものじゃない”みたいなのがあるんだけど(正確なセリフは忘れた)…ピアニストが音楽コンクールに出て、努力の甲斐あって優勝しましたみたいな、いわゆるスポコン系の王道のような、安っぽい展開になってないところもいい。久石譲と辻井伸行のコラボのEDテーマで、急にジブリ感が漂うのはご愛敬。

ここ最近、劇場で邦画を見る頻度が高いんだけど…直近に見た「OVER DRIVE」や「50回目のファーストキス」とは真逆な…静謐さが売りの映画でもあるな。まぁ、ホント、心が洗われるようなシーンやセリフがいっぱい出てきた。恐れ多くも天皇陛下もこんな気持ちで映画を鑑賞なさったのかななんても想像しつつ…いきなりロックバンドの演奏シーンなんかも出てきたりしたけど、驚かれたりしなかっただろうかと、変な心配までしてしまう(笑)「万引き家族」と公開が重なり分が悪いかもしれないが、本作も頑張って、興行成績を上げてほしい…応援してます。


監督:橋本光二郎
出演:山崎賢人 鈴木亮平 上白石萌音 上白石萌歌 堀内敬子 仲里依紗 城田優 光石研 三浦友和


【サントラCDはこちらです】
羊と鋼の森 オリジナル・サウンドトラック SPECIAL(AL2枚組)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス