牯嶺街少年殺人事件(1991年) | 勝手に映画紹介!?
2018年06月07日

牯嶺街少年殺人事件(1991年)

テーマ:アジア映画
牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

5月の下旬にWOWOWで放送され、エアチェックしておいたものの約4時間という本編時間がネックになって、なかなか見れなかった「牯嶺街少年殺人事件」…ようやく時間がとれたので一気に鑑賞してしまう。ちなみにWOWOWの放送タイトルは「クーリンチェ少年殺人事件」と、"牯嶺街”がカタカナ表記だった。今から27年前、日本では1992年に初公開された作品だが…権利上の問題で、DVDやブルーレイ化されておらず、2016年の4Kレストア版公開を経て、ソフトでも容易に入手できるようになった。WOWOWの放送も今回が初登場だった模様だ。

1960年代初頭の台北…中国大陸が移住してきた張家の次男・小四は建国中学の夜間部に通っていた。校内では複数の不良グループが対立…小四は“小公園”というグループに所属し、いつも同級生たちとつるんでいた。ある日、保健室で小明という美少女と知り合うのだが…小明はライバルグループとトラブルを起こして行方をくらませている“小公園”のリーダー、ハニーの恋人だという。リーダー不在の“小公園”は統制を失い、グループ内の跡目争いや、ライバルたちとの抗争が激化していた。そんな状況の中で、小四は小明に淡い恋心を抱いていくが…。

公開当時だったか、それとも数年後のリバイバル上映だったか…あいまいなんだけど、テレビでキャスターの故・筑紫哲也氏が作品紹介をしているのを見たような気がするんだよな。いや、まったく別の作品かもしれないし、別の著名人(おすぎあたり?)の可能性もあるんだけど、漠然とそういう記憶が残っている。とにかく、テレビ番組で取り上げられていたのは確かで、それでタイトルを知ったんだけど、当時は見る機会はなかったんですよね。推理小説とか2時間ドラマが大好きだったのでタイトルに“殺人事件”が入ってるだけで、見たいって気持ちにはなった。

まぁ、実際はそんな安っぽい動機で見ると火傷するような映画なんだけど…もうかれこれ27年前だし、当時の自分はまだまだ若かったので(笑)それにしても4時間って長いよな…保存用としてディスクに焼くのにも、放送画質のDRモードだと50GBのディスクを用意しなきゃいけないし、25GBだとHG(2倍録)モードにしないと入らないわけで…どうするか迷ったけど、わざわざ50GBを購入するのも面倒で、手持ちの25GBで妥協。途中でインターミッションでもあれば、ディスクを2枚に分けるって手もあったけど、オリジナルを尊重してインターミッションはなしとのこと。

さて、今回…初鑑賞だったんですけど、映画の方の内容はといいますと…60年代の台湾を背景に、「スタンド・バイ・ミー」的青春映画の要素と、「クローズ」的なヤンキー映画(任侠映画の香りもする)の要素がミックスされ、さらに…好きになった女の子には、色々と秘密があって…という、樋口有介のミステリー小説みたいな要素もあって、それらが三位一体になって物語は進んでいく感じでしょうか?台湾という同じアジアが舞台ということもあり、バンカラな雰囲気が漂ってるところは「坂道のアポロン」(アニメしか見てないけど)あたりもなんとなく思い出すか?

本作は実際に台湾で起きた事件を題材にしているんだけど…そもそも「牯嶺街少年殺人事件」というタイトルが大いにネタバレにもなっており、少年がどこかで殺人事件を起こすに違いないと。誰がっていうのは主人公しかいないわけですし、被害者だって…おおよその見当がつく。そういうのをわかった上で見てても…決して4時間の長さが苦にならず、飽きないで最後まで見せきってしまう勢いが本作にはあるよね。日本刀や小刀、そしてライフル銃に拳銃…何かが起きそうな空気感で、本当に起きたり、起きなかったり。銃の暴発は、やっぱラストの暗喩かな?

度々、日本でも未成年による殺傷事件とかあって、それに"色恋”が絡んでる事も少なくないけどさ、やっぱり子供を子供として扱う大人の存在が、こういう事件を防げない原因なのかな?なんても思った。大人は介入できない、子供には子供の社会がある…今も、昔も、国が変わってもそれは同じなんだなと。主人公の少年を演じていたチャン・チェンは、今ではアジア圏で活躍する大スター…ジョン・ウーの「レッド・クリフ」で孫権を演じた役者だもんな。思い込みもあると思うけど、初々しい演技の中に…現在の成功ぶりを予見させる聡明さがにじみ出ていたな。


監督:エドワード・ヤン
出演:チャン・チェン リサ・ヤン チャン・クオチュー エイレン・チン ワン・チーザン リン・ホンミン


【配信版とBlu-rayソフトはこちら】
牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件(字幕版)
Blu-ray 牯嶺街少年殺人事件







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス