孤狼の血(2018年) | 勝手に映画紹介!?
2018年05月12日

孤狼の血(2018年)

テーマ:18年05月の劇場鑑賞映画
孤狼の血

【鑑賞日:2018年5月12日】

原作も事前にしっかり読み込んで、公開を楽しみにしていた「孤狼の血」をシネプレックスで見てきた…普段は1000円ポッキリ会員デーにしか見に行かないオイラも、この日のためにCLUB-SPICEの“6ポイントで映画1本無料”を温存しておきまして、土曜日公開の本作も初日の初回上映で楽しめたと。原作は発刊当時の“このミステリーがすごい”の上位にランクしたことでも話題に…“仁義なき戦い”の世界観と警察小説の融合なんて評されたりもしていましたが…ちゃんと東映(製作委員会の筆頭!)で配給される“わかってる”感もファンには嬉しい。

昭和63年…暴力団対策法成立直前の広島・呉原。巨大組織・五十子会系“加古村組”と地場の暴力団“尾谷組”が勢力争いを繰り広げていた。ある日…“加古村組”の関連企業である“呉原金融”経理係・上早稲二郎が行方不明になる。この事件に興味を抱いた呉原東署・刑事二課巡査部長、大上章吾は、配属されたばかりの新人・日岡秀一を引き連れ、強引な捜査で情報を仕入れていく。そんな時に起きた暴力団絡みの事件で、一色触発の緊張感が増す!法と正義の間で揺れ動く日岡には、暴力団の抗争を食い止める以外にも、実は目的があり…。

大まかな筋は原作に沿った内容でしたが…けっこうアレンジが目立つ。先週、見に行った「ラプラスの魔女」は原作を端折りすぎて“よくわかんなくなっちゃった”部分がいっぱいあったけど…こちらの「孤狼の血」は、映画的に見やすくなっているので、脚色の巧さは感じる。原作至上主義者ってわけじゃないけど…ガミさんがトレードマークのパナマ帽を被ってないとか、料理や“志乃”の女将さん・晶子が出てこないで、クラブ梨子のママ・里佳子(原作ではバーリリコのママ)が役どころを兼ねているとか、引っ掛かる部分も多少はあるんだけどさ…。

劇中2回も登場した名セリフ(原作にはない)…“ビックリ、ドッキリ、クリト●ス”じゃないが、いい意味で原作以上に下品でバイオレンスになっており…様々なアレンジが驚きに満ちていて、原作を読んでいても、イメージを損なわずに、より一層パワフルに、東映ヤクザ映画、仁義なき戦い路線が強調されていて、楽しめるはずである。特に原作の晶子と、真木よう子じゃちょっとイメージが違うなと思ったんだけど、クラブのママ・里佳子に設定等を変更したことで魅力的になった。松坂桃李のチン●を鷲掴みにし、石橋蓮司に尻を撫で回される真木よう子は最高!

小道具のジッポのライターあたりは原作以上にいい伏線、アクセントになっており、また…若手刑事・日岡が日々綴っている“日誌”なんかも…原作と使われ方がまったく異なる。原作では“ある人物の葬儀”で…男泣き必至になる場面があったんですけど…映画版ではクライマックス、その“日誌”のシーンで思わず涙腺が緩んできてしまった。原作では、毎章ごとの冒頭に、日岡の日誌が書かれていて…重要な部分がわざと伏字になっていて、なんでだろうな?ってところで、小説的な読みどころになってたんですけど…まったく意味合いが違ってきたよね。

クライマックスなどはほぼ映画の独自展開といっても過言じゃなく…原作ファンとしては、映画で描かれた内容を額面通りに受け取ると、最近出版された続編「凶犬の眼」に話が繋がらない、いや繋がっても、これはこれで、また大胆な脚色が必要になるんだろうなって…実写続編への期待と不安も色々と高まってくるんだけど、映画として捉えた時は、むしろ“これが見たかった”というものをちゃんと拝ませてくれる。冒頭のクレジットからして、縦書きの赤い字でキャストの名前が出てきてね…好きな人は、それだけでテンションあがること間違いなし。

原作の小説を読んでる時…ガミさんに「新宿鮫」の鮫島と同じような“ニオイ”を感じ取ったんだけどさ、この映画を見たら…松坂桃李が薬屋のねーちゃんといい関係になるシーンが、「眠らない街 新宿鮫」でホモに襲われた後の鮫島が、晶ちゃんとそういう関係になっちゃうシーンとめっちゃ似てて、鮫島はお前の方だったかって思った。自分は見落としちゃったんだけど、劇中のどこかに高橋留美子の漫画が出てきたらしいんだ(クレジットに入ってる)。でもって…本作のナレーションが二又一成さん…「めぞん一刻」の五代裕作だというのも関連があったのか?

他にもウ●コまみれの映画に、あくまで噂レベルで、変な性癖が取り沙汰されたことがある江口洋介が出てるのも意味深だったりするが(爆)、実写版「湘南爆走族」(東映映画)の手芸のえっちゃん“江口洋助”でデビューした江口洋介が、スクリーンで暴れまわる姿には武者震いした。もっと細かいところも色々と語りたいんですけど…まぁ、このくらにしておきますかね。ガミさんが背負ってるものなんかは、原作ほど深く掘り下げられていなかったと思うし、文句を言い出したらきりがないんだけど…2時間6分の映画としてベスト…素直に原作との違いを楽しもう!


監督:白石和彌
出演:役所広司 松坂桃李 真木よう子 滝藤賢一 田口トモロヲ 石橋蓮司 江口洋介 中村獅童 ピエール瀧


【原作もマジでお薦めです】
孤狼の血 (角川文庫)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。