2017年12月03日

CUTIE HONEY−TEARS−(2016年)

テーマ:邦画
「CUTIE HONEY -TEARS-」通常版

WOWOWでエアチェックした「CUTIE HONEY -TEARS-」を鑑賞…ご存じ永井豪センセイが生み出したヒロイン、“キューティーハニー”を再び実写化。過去には「シン・ゴジラ」の庵野秀明が映像化した劇場映画、グラドルの原幹恵がハニーを演じたTVドラマなどもあった。今回のハニーを演じるのは西内まりや…最初見た時“安田美沙子”かと思った。敵役の石田ニコルって誰だ?藤田ニコルなら知ってるけど、こっちのニコルは、ビームとか出さないのか?監督のA.T.とヒグチリョウってのも知らない…名前がイニシャルとカタカナっていうところで、もう不安。

AIに支配された近未来…裕福層が暮らす上層階と、貧困層が暮らす下層階に分かれて暮らしており、下層階は上層階から垂れ流された汚染物質にまみれていた。下層階で生まれ育った早見青児は、上層階で新聞記者として働いているが…実は浦木一仁率いる下層階のレジスタンスとも通じていた。浦木はAIを倒すために実力行使も辞さない覚悟であったが、早見は別の解決策を模索していた。そんな時、1体の美しいアンドロイド・如月瞳が下層階に現れ、AIに戦いを挑む。彼女こそ“世界を救ってくれる存在”として早見が探し求めていた相手だった!

案の定…“ゴミ”みたいな映画でした。Amazonで今現在の平均が“★マーク4つ”って嘘だろ。よっぽど主演女優の信者が多いとみた!何が面白くないって…今年公開の「ゴースト・イン・ザ・シェル」や「ブレードランナー2049」のようなサイバーパンクを先取りしてみましたな、中途半端な近未来設定で…作り手の“俺が作ったキューティーハニーは斬新だろう”っていうのがビシバシ伝わってくる、得意げなところが、余計に鼻について、腹立たしく感じるという。そのわりに…どこかで見たビジュアル、展開ばかりで、実際にはまったく新鮮味を感じないという。

公開中のアニメ映画「GODZILLA 怪獣惑星」と同じで…その作品が本来持っている“既成概念”をぶち壊そうとするのがお洒落だと勘違いしている。一応、挿入歌としてクレジットもされていたお馴染みのテーマ曲“キューティーハニー(CUTIE HONEY-TEARS-ver.)”も実際にはどこでかかったのかよくわからず、初めてハニーに変身する時に“イントロ”が流れていた気はするけど…あとはどこで使ったんだよって感じ。せめてエンディングで…と思ったら、ハニーを演じる西内まりあが歌う別の曲でしたね。そういうところを、まったくわかってない作品なんだよな。

確かに、庵野版ハニーも色々と批判があったのも事実なんですけど、アニメ・漫画の実写化ならではの魅力である、“アニメっぽさ(実写で板野サーカス再現)、漫画っぽさ”が自然に受け止められる痛快な作品にはなっていた。何より、オープニングで“主題歌”をがっつり聴かせるという、わかってる感、オリジナルへのリスペクト(これはドラマ版も同様)がしっかり伝わってきた。本作はそういったものもあまり感じられず、全体的に辛気臭く、ハニーが変身して戦うような場面も少なめで退屈。シーンのぶつぎれも多く、話のつながりが解りづらい箇所もあった。

優れている点といえば…庵野版でハニーを演じた佐藤江梨子よりも西内まりあの方が“顔が小さい”という点だろうか(笑)顔の見た目はそれこそアニメから抜け出してきたような可愛さを感じるけどな。本作を見ることで今まで以上に庵野版ハニーを評価したくなるというのが最大の功績。ビジュアルの面白さは庵野版ハニー、アクションやストーリーの面白さはTVシリーズの「キューティーハニー THE LIVE」…本作はそのどちらにも劣ってましたね。WOWOWでも、ちゃんとお口直し用として庵野版「キューティーハニー」もあわせて放送してくれたのは評価!


監督:A.T. ヒグチリョウ
出演:西内まりや 石田ニコル 三浦貴大 高岡奏輔 永瀬匡 今井れん 笹野高史 岩城滉一


【DVDソフトの購入】
DVD CUTIE HONEY -TEARS-







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。