2017年12月01日

探偵はBARにいる3(2017年)

テーマ:17年12月の劇場鑑賞映画
探偵はBARにいる3

【鑑賞日:2017年12月1日】

シネプレックスの1000円ポッキリ会員デーだったので劇場へ…たぶん興行的には「鋼の錬金術師」に勝ちを譲るだろけど、オイラは自分の見たい方を選びました…ってことで「探偵はBARにいる3」です。夕方の上映回だと、舞台挨拶のライブビューイング付きだったけど、16時半はさすがに中途半端だったので、朝イチの初回上映で見てきちゃいました。東直己原作の「探偵はバーにいる」シリーズを大泉洋で映像化した人気シリーズの第3弾…1作目は近所で上映してなかったのでレンタルDVDで、2作目は劇場数が増えたので劇場でオイラも見ている。

ススキノの街で、トラブル解決を請け負う“探偵”…ある日、“探偵”の運転手を務める北海道大学の助手・高田が連れてきた後輩に頼まれ、失踪した女子大生・麗子の行方を捜すことに。部屋を捜索した結果、失踪前の麗子がモデル事務所でアルバイトをしていたことを突き止め、その事務所に乗りこんでいくのだが、担当者や美人オーナーのマリにあしらわれてしまう。その時、マリに微かな既視感を覚える“探偵”。その後も麗子の行方を捜そうとするのだが、ヤクザに襲われ、腕に自信がある高田もろとも叩きのめされてしまう!なぜ麗子は失踪したのか?

いい意味で、マイペース、ワンパターン…お馴染みの脇役キャラもしっかり登場。監督が前2作の橋本一から、吉田照幸っていうNHKのバラエティや朝ドラを撮ってた人に変わってるんだけれども、そんなに作風の変化はなかったかなっていう印象。中盤に出てくる、クラブ内での探偵と高田のアクションシーンなんかは、変なスローモーションにせず、普通に見せて欲しかったなって気がしないでもないが、まぁ、前作から4年も経ってると…そろそろ役者たちの動きに衰えが出てるのかも。若手俳優相手のタイマンなんかだと、龍平はちゃんと動いてたけどね。

今回のメインヒロイン…北川景子の“魔性の女”っぷりがなかなか良かった。甘い言葉を囁き、大泉洋扮する探偵をとんでもないトラブルに巻き込んでいく一連のやり取りなどは…ちょっと「シティーハンター」の冴羽さんと冴子の関係にも似ていたよね。大泉との艶っぽいシーンもあれば、そのシーンをスマホで撮った時の“とぼけた表情”がなかなか可愛く…かと思えば、切った張ったで啖呵を切り、拳銃までぶっ放す姿が凛々しい。そんなヒロインと探偵が初めて出会った時の回想シーンなんかでは、まったく違った表情を見せていて、そこもけっこうグっとくる。

一方…見てるだけで、相変わらず“イラッ”とさせるのが女優面してる前田敦子…ほとんど“地”じゃないかってくらいの、下品な馬鹿女キャラ。事件の発端になった失踪女子大生の役なので、出てきたと思ったら、直ぐにいなくなってくれるんだけれども…途中で再登場するとギャーギャーと騒ぎ立ててうるさいったりゃありゃしない。他の役者が安定感あるだけに…余計にコイツの演技を見ていると腹立たしい。それ以外は、特に文句をつけるところもなく…ゲラゲラと笑いながら楽しめる約2時間。エンドロール後もお楽しみがあるのでちゃんと最後まで見ようね!


監督:吉田照幸
出演:大泉洋 松田龍平 北川景子 前田敦子 鈴木砂羽 リリー・フランキー 田口トモロヲ マギー 安藤玉恵


【ノベライズ小説はこちら】
探偵はBARにいる3 (ハヤカワ文庫JA)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










AD

勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。