新きまぐれオレンジ★ロード そして、あの夏のはじまり(1996年) | 勝手に映画紹介!?
2017年11月18日

新きまぐれオレンジ★ロード そして、あの夏のはじまり(1996年)

テーマ:アニメ映画
新きまぐれオレンジ★ロード そして、あの夏のはじまり

昨日、飛び込んできた声優・鶴ひろみ急死というニュースのショックが尾を引くので、今日も追悼を兼ねた旧作アニメの鑑賞を続ける…そんなわけで「新きまぐれオレンジ★ロード そして、あの夏のはじまり」です。原作者や一部のファンの不評をかってしまった劇場長編1作目の内容を否定するかの如く、スタッフを一新して製作された劇場長編の2作目。自分はこちらの方が“あまり好みじゃない”んだけど…この機会に再鑑賞。本作はDVD化されてますが、廃盤商品のためAmazonのマケプレでも高額。オイラはいつものようにLDで所有しています。

1991年…春日恭介は大学生になり、鮎川まどかと付き合っていた。ある日の朝、“交通事故に気をつけろ”という奇妙な電話で起こされる。やがて外出した恭介は、本当に交通事故に遭ってしまい、意識が戻らない。報せを受けたまどかも病院に駆けつけるが…。一方、1994年の恭介は学生カメラマンとして名を挙げ、紛争地帯へ取材に出かけていたのだが、そこで行方不明になっていた。そんな94年の世界に飛ばされてしまった91年の恭介。自分よりも年上になった檜山ひかると再会する。そしてまどかは、行方不明の恭介の安否を気遣っていた…。

劇場1作目「あの日にかえりたい」の内容が、原作やTVシリーズと異なったから、ファンや原作者は拒絶したということだが…本作もかなりイメージが違い、余計にダメだろうって感じだけどな。キャラクターデザインは高田明美から後藤隆幸に変更。アニメのキャラクターとしてはそんなに悪いわけじゃないと思うけど、やっぱりどこか異質な感じ。時々、まどかさんが「攻殻機動隊 S.A.C.」の草薙素子にも見えてしまう(笑)そんなに原作者に配慮したなら、それこそもっと“まつもと泉”の原作コミックの画の雰囲気に近づけるとかしても良かったのではないかとも思うし。

監督は後に“ポケモン”シリーズが有名になる湯山邦彦、音楽に今ではアニソン界のカリスマともいえる存在の梶浦由記という…アニメファン的にも、なかなか気になるポイントもあったりするんだけど、梶浦由記の音楽に関しては、最近の作品のように繰り返し聴きたくなるような中毒性もないし、よくある凡庸な“劇伴”に甘んじている印象。主題歌も和田加奈子に比べるとイマイチ響かない。ストーリーは「あの日にかえりたい」でオミットされた、本来の超能力設定を入れ込んだ、SF展開で…そのあたりは原作なりTVシリーズの雰囲気がかろうじて感じられるか?

一応ね、1作目「あの日にかえりたい」の設定も踏襲はしてるんですよ…恭介とまどかさんはラブラブで大学生活をエンジョイ。失恋したひかるちゃんは、北海道に引っ越し、ミュージュカルスターを目指す。それこそ新しく描き直してはいるけど、TVシリーズや「あの日にかえりたい」の名場面を回想シーンでちゃんと再現もしているという配慮だってあるんだ。でもね、恭介自身が、“あの頃は駄目だった”とか“あの頃には戻りたくない”とかって発言をしており…それが、作品の否定に繋がっているのではないかななんて、深読みも出来てしまうのよね。

でも、見方によっちゃリアルな恋愛映画になった「あの日にかえりたい」以上に、違う意味で生々しいというかなんというか、原作やTVシリーズでも、青少年をワクワク、ドキドキさせる“ちょいエロ要素”が魅力的ではあったんだけど…さらに踏み込んだ“性”を感じさせる演出になっていて、そういうところは意外と“潔癖・初心”が多いアニメファンは拒絶したくなるのではないかと。普通の…いや、けっこう性格が悪そうな“ギャル”になっているひかるちゃんを見て、恭介は“もう処女(バージン)じゃない”と見極めるが、実際にそれを肯定するかのような設定・描写もある。

まどかさんが躊躇なく“セックス”や“童貞”という言葉を持ち出し、恭介に“お預け”したり…さもなければ“ゴムなし、中出しOK”のサインを出すとか、さすがに、そこまでリアルなものは見たくなかったよな(笑)3年前の自分に向かって“バレなきゃ大丈夫 ひかるちゃんともやっちゃえよ”と軽々しく言う大人な恭介…。ただね、今になって見返すと…お気に入りの声優さんたちの“セクシーボイス”でこういうセリフを聴けるのはちょっと嬉しかったりもする…大人なオイラもいる(笑)っていうか、鶴さんの追悼だったのに、何、エロ話してるんだよって感じだけどさ。

既に亡くなっていた富山敬さん以外、オリジナルの声優さんが集結してるので、いわゆる“同窓会映画”気分で見れば、初見時よりも作品に対する評価は若干寛容になれたが…アニメ映画としては特筆すべくものがない普通レベル。そうそう、キャラデを後藤隆幸が担当しているから、まどかさんが「攻殻機動隊」の素子みたいだったなんてツッコミを入れてしまったが…もし、鶴さんの持ち役を他の声優さんに任せるなら、田中敦子姐さんなんかどうだろうか?姉御肌で男勝りな面と、セクシーで艶っぽい女の色気を両立させ、うまく演じられると思うんだよなぁ…。


監督:湯山邦彦
出演:古谷徹 鶴ひろみ 原えりこ 富沢美智恵 本多知恵子 屋良有作 難波圭一 龍田直樹 川村万梨阿


【DVD化されてるけど、既に廃盤でプレミアム化】
DVD 新きまぐれオレンジ★ロード そして、あの夏のはじまり







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









勝手に映画紹介!?さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス