秘密 THE TOP SECRET(2016年) | 勝手に映画紹介!?
2017年07月24日

秘密 THE TOP SECRET(2016年)

テーマ:洋画
秘密 THE TOP SECRET

WOWOWでエアチェックしておいた「秘密 THE TOP SECRET」を鑑賞…同名コミックが原作になっており、過去にはTVアニメ化もされている。コミックは未読だが…オイラもアニメの方は少しだけかじっており、特殊なマシーンが登場し“脳を調べて記憶を映像化する”という本作の設定は一応理解していた。毎度のことながら、賛否両論あるコミック・アニメの実写化だけあり…公開当時のネット評、その後ののAmazonレビューを見ると酷評も多く心配だが、監督が最近の邦画界では映画らしさちゃんと出せる大友啓史なので、オイラ的には期待も残っていたが…。

科学警察研究所・法医第九研究室…通称“第九”は死んだ人間の脳をスキャンして記憶を映像化、捜査に役立てる特別捜査機関だ。この“第九”に配属されることになった新人捜査官・青木一行は、室長の薪剛から死刑囚・露口浩一の脳内を見て、行方不明の娘・絹子の所在を突き止める手掛かりを探すように命じられる。やがてミッション中の映像をモニターしていた他の捜査員たちも息をのむ驚きの真実が浮かび上がった!一度は解決した事件を再捜査することになる“第九”…青木は、かつて露口の事件に携わった刑事の眞鍋駿介に協力を求める。

ネットの酷評を見ると…物語・設定の改変やキャスティングについての文句が多く、ほとんどは“原作至上主義者”の意見なのかなという印象。女性漫画家の少女向け漫画雑誌に掲載されていた作品なので…拘っているファンが多いからだろうとも推測できる。オイラは前述の通り、アニメをちょっと見たことがある程度なので(挫折した原因は、アニメの絵柄もあった)、内容もほとんど覚えていなくて、ほぼ“いちげん客”に近い。原作ファンの人が気になる部分っていうのは、ほとんどスルー、導入部や物語の前半は普通に“面白いじゃん”って思って見ていた。

やっぱりNHK出身、大河ドラマも撮っていた大友啓史らしい重厚な雰囲気づくりは健在…“記憶を映像化”するという作品の核となる、SFっぽい見せ場も、あくまで小道具の一種であり…実は、科学は万能ではないというのが作品の切り口だったりする。いくら“記憶の映像化”ができたって、犯人逮捕の決め手にはまったくならない…結局は、刑事が足をつかってコツコツ、地道に証拠を探す、犯人を追い詰めなくてはいけないという…ステレオタイプの泥臭ささえ感じる。実写にしてしまうと嘘くささが浮き立つSF臭を払拭するためか、やたらと猟奇趣味な面も。

事件に関わったことで刑事が発狂してしまうなんていう展開は…どちらかというとホラーのようであり、黒沢清の映画を見ているような雰囲気にもなった。このあたりが割と好みの部分だったりする。設定だけ見ると明らかにSFなんだけど…あんまりSFっぽくなかった、もっとツッコミ満載映画かと思ったらちゃんとしていたというのは、やはり大友啓史が監督した「プラチナデータ」あたりを彷彿とさせるかな?あれもSFの皮を被った“逃亡者”だったもんね(笑)だから、“MRI”という特殊装置が説明不足、描き込み不足でもそんなに気にはならい、どうでもいい。

ただね、手放しで全部を評価できるかというと…“然うは問屋が卸さない”。何が悪いって…ぶっちゃけ、ストーリー複雑すぎ!いったい“第九”の人たちは、誰と戦ってるのか、誰を捕まえたいのか、途中までよくわからなかった。過去の大きな事件が2つあって、それがお互いに干渉しあって、さらに現在も新たな事件が進行中みたいな…。一つは、“第九”という組織全体が抱えているトラウマみたいな事件があるんだけど、それと新たに起きた冤罪、それから派生するリアルタイムの事件がみんなシンクロしていたみたいな感じですかね(説明があってるかわからん)。

そしてね、事件のキーになる女容疑者・絹子っていうのが出てくるんだけど…この女がブスの上に、演技も下手糞だという致命的な欠陥が!ブスで演技が下手っていうと…なんか実写ドラマの「すべてがFになる」に出てきた真賀田博士を思い出すよ。このブス女が、さりげなく“脱いだり”してるんですよ…ネットで調べると演技経験の少ない新人らしいんだけど、単純に脱げる女を選んだ結果ではないかと勘繰ってしまう。若手、中堅を中心に演技派で鳴らしてるような役者たちの熱演で支えられてる部分もあったのに、この“ブス”がそれをみんなぶち壊しに!

最後の方もどんどんグダグダになっていって…みんなで思わせぶりなセリフとか言っちゃって、いったい何がしたかったんだかよくわからない。素人目には途中まで面白く見れたのに、なんか残念だな。普通に死んだ人間の脳を見て、サイコパスを捕まえるっていう単純なストーリー(いくつも事件を掛け合わせないで)にした方が良かったと思うね。本編が2時間半もあるんだけど…もうちょっと事件内容をブラッシュアップすれば、すっきりと見やすい、SF風のサイコスリラーになったと思うんだよな。大友監督、もう1本の未見新作「ミュージアム」の方に期待します。


監督:大友啓史
出演:生田斗真 岡田将生 吉川晃司 松坂桃李 栗山千明 織田梨沙 椎名桔平 大森南朋


【DVDソフトの購入】
DVD 秘密 THE TOP SECRET







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス