2017年03月03日

アサシン クリード(2016年)

テーマ:17年03月の劇場鑑賞映画
アサシン クリード

【鑑賞日:2017年3月3日】

毎週金曜日に実施しているシネプレックスの会員デーだったので1000円ポッキリで、本日公開初日を迎えた「アサシン クリード」を鑑賞してきた。同名の人気ゲームシリーズの実写映像化だそうだが、普段、ほとんどゲームはやらないので、タイトルを知っている程度の知識でした。「バイオハザード」シリーズもとりあえず完結したことですし、そろそろ、別のゲーム原作で…息の長く続く作品が出てきてもいいかなって思うけど、果たして本作は?主演は最近の「X-MEN」シリーズで若かりし頃のマグニートーを演じているマイケル・ファスベンダーでした。

人間の自由意志をコントロールするための秘密が隠された“エデンの果実”を巡り、長きにわたってテンプル騎士団とアサシン教団は激しい戦いを繰り広げてきた。カラム・リンチは幼い頃、父親が母親を殺す場面に遭遇…それから30年、カラムは記憶を失い刑務所で死刑を待つ身。そして、いよいよ刑の執行が行われたのだが…その後、なぜか意識を取り戻す。実は、アサシン教団の末裔だったカラムは、“エデンの果実”を探すアブスターゴ財団がが開発した画期的なマシンにより、DNAに眠る先祖の記憶を無理やり追体験させられる羽目になったのだ!

正直に言って、期待外れだったかな?とりあえず、ゲームをやっていないオイラのようないちげん客向けに世界観や設定の説明をしなきゃいけないので、やたらとワチャワチャした展開が多い。テンプル騎士団とアサシン教団という二大勢力が激しく火花を散らしているルネサンス期と、現代を行ったり来たり…現代の方も、主人公の幼少期から始まって、その30年後が…いよいよ主舞台となる。教団の末裔だとされる主人公は死刑囚なんだけど…あやしげな財団(主人公がアサシンなら、こっちはテンプルだろう)が作ったマシンの実験台にされることに。

そのマシンっていうのが…DNAに眠っている先祖の記憶をほじくり返すことができるという、これまた胡散臭い代物。マシンンに繋げられた人間は、先祖の行動を追体験させられ、その時に何があったかを認識させられるという…わかったような、わからないような設定。イメージ的には日本でもアニメや実写になった「秘密 THE TOP SECRET」のMRIスキャナーみたいなマシンのアレンジだろうか?あとアサシン教団が自分たちの使命を復唱したりするところは…なんか「大江戸捜査網」の“隠密同心 心得之條”(死して屍拾う者無し的なヤツ)をダブらせる。

主人公が本格的にタイムスリップとかして…現代からルネサンス期に行って、実際にアサシンとして活躍するような話を勝手に想像してたんだが…“追体験”という、微妙にややこしい方法だった。確かに、スピード感のあるアクションもあるし、ジェレミー・アイアンズやシャーロット・ランプリングなんていう錚々たる役者が出ているので、それなりに映画としての重厚感も醸し出しているんだけど、全体的に辛気臭くて、退屈で疲れる映画だった。主人公がようやく本格覚醒しこれからかなってところで…終了。ゲームのファンがどう評価するのかは気になる。


監督:ジャスティン・カーゼル
出演: マイケル・ファスベンダー マリオン・コティヤール ジェレミー・アイアンズ シャーロット・ランプリング


【Amazonで海外盤のBlu-ray発見!】
Assassin's Creed (Blu-ray + DVD + Digital HD)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。