キンダガートン・コップ2(2016年) | 勝手に映画紹介!?

キンダガートン・コップ2(2016年)

キンダガートン・コップ2

たまたま、Google Playにアクセスしたら…映画の配信レンタルの50%OFFクーポンを配っていたのでGET!レンタルDVDを借りに行くのも面倒だし、セルソフトを買うほどでもないなぁ~って思っていたドルフ・ラングレンの新作「キンダガートン・コップ 2」を視聴。Google Playクレジットの残高が371円ほどあり…通常価格400円のSD画質をチョイスしたので現金出費なしで見れちゃったよ!日本では1991年に公開されたアーノルド・シュワルツェネッガー主演コメディの、今さらながらの正規続編。主演のドルさんはエグゼクティブプロデューサーも務めてます!

FBI捜査官のリードは、ロシアンマフィアのゾグーを逮捕するため、身分を偽りゾグーの愛人カッチャを利用した。1年後…取調をした容疑者から、証人保護プログラムの情報が流出していることを聞き出す。その情報にはカッチャの新しい身分や居場所も載っており…裁判を有利に進めようと考えるゾグーたちが狙っていた!情報が記録されたフラッシュドライブは容疑者の兄で事故死した幼稚園教師が持っていたという事で、自宅や職場を捜索するが見つからない。子供が在処を知っているという証言を基に、リードが幼稚園に潜入することになったが…。

特にシュワちゃんの1作目とはストーリー、キャラクターなどの関連はなし…捜査の一環で、マッチョなおっさんの捜査官が、似合わない教師に化けて…幼稚園に潜入し、子供たちに翻弄されながら、ついでに同僚の女教師とラブコメを繰り広げてしまうという…シュチエーションが似ているだけです。とはいうものの…前作「キンダガートン・コップ」なんて、25年前に劇場で見たきり、はっきりいってシュワが園児に振り回され、困った顔をしていたことくらいしか覚えていない。ネットであらすじを調べて、やっぱ同じようなことをやってたなと思った次第であります。

ちなみに1作目の劇場公開時、オイラの見た劇場では傑作「バッグドラフト」が同時上映の二本立てでして…そちらが本命でした。でも、当時は…映画館に行けば必ずパンフレットを買っていたので、もしかしたら家のどこかに「キンダガートン・コップ」のパンフレットがまだ残っているかもしれない(笑)まぁ、どうでもいい話なんですけど。そんなわけで、内容を詳しく比較するようなレビューは書けないので、あしからず。ドルさんがクソガキどもに振り回される姿はなかなか愉快で、失敗を繰り返しながら徐々に教師っぽくなっていく姿は、普通に感動的でしたよ。

あと…思いのほかドンパチはありました。特に前半20分に集中して!冒頭、潜入捜査でロシアンマフィアのボスをとっ捕まえるんだけど…1年後に、裁判の証言を巡って新たなトラブルが舞い込む。証人保護の情報が流出…ロシアンマフィアはそれを利用して、自分に不利な証言をしようとしている元愛人の抹殺を企む。で、警察に捕まっている関係者の命を狙って…暗殺者どもが警察署を襲撃してくるんだけど、いち早く察知したドルさんが…スナック菓子の自販機を盾にしながら反撃に出て、襲撃者たちを返り討ちにすると…ちゃんとアクション映画でした。

その後はコメディ中心の展開が多くなるのですが…要所要所で悪党どもと拳を交えるシーンがあり、そいつらはあっという間にのしてしまうんだけど、子供相手ではどうも勝手が違い…ヘロヘロになっるというギャップが面白いわけで…。ドルさん、あの図体で甘いものに目がなく、大のチョコバー好き!こういうところが、なんだか憎めないんですよねぇ。ツッコミ要素も多いけど、細かいことは気にせず…コメディだってちゃんとできるよっていう演技派なドルさんをぜひ堪能していただきたい。アメコミ映画の鑑賞が続いてたので、肩の力を抜いて楽しめました。


監督:ドン・マイケル・ポール
出演:ドルフ・ラングレン ビル・ベラミー ダリア・テイラー アレクス・ポーノヴィッチ


【DVDソフトの購入】
DVD キンダガートン・コップ 2







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!