ダブル・デセプション-共犯者-(2000年) | 勝手に映画紹介!?
2014年10月08日

ダブル・デセプション-共犯者-(2000年)

テーマ:邦画
ダブル・デセプション-共犯者-〈デラックス版〉

ちょっと前に、押井守や辻本貴則といった「THE NEXT GENERATION パトレイバー」の監督二人が参加したオムニバス映画の「KILLERS キラーズ」のDVDを見返してたんですよ…っていうか、コメンタリーを聴き直してたんだけれども、その中でこの作品の話題なんかも入ってですね、そうだ、ちゃんと見てなかったなぁって思って…いつものように思い立ったらまずDVD-outletを実践。案の定、リユースDVDが300円で売られていたので、他のソフトと一緒に注文をしてしまった。ということで菊川怜主演、大川俊道監督の「ダブル・デセプション-共犯者-」を鑑賞。

アメリカのLAで日系企業の娘が誘拐された!しかし、それは誘拐事件を警戒していた父親のオザキが用意した替え玉の女性マリアで、本当の娘リサは誘拐されていなかった。その翌日、ボディーガードの目の前でリサが何者かに誘拐されてしまうのだが…それはマリアの警護を担当していたルークの仕業だった。オザキが替え玉に身代金を払う気がないと知った犯人グループが、ルークに交渉を持ち掛けてきて、マリアを助けたければリサを連れてこいと要求していたのだ!リサは状況が飲み込めないまま騒動に巻き込まれていくが…。

これ洋画なのか、邦画なのかという括り分けでちょっと悩む…菊川怜が映画初主演でハリウッドデビューしたというのが当時のうたい文句だったわけだけど、実際は日米合作でして、監督も日本人なんですよ。えっとね、まだこのソフトが置いてあるレンタルショップなんかでは、大抵…“邦画のアクションコーナー”に陳列してあることが多いですね…っていうかツタヤやGEOでは邦画コーナー以外では見かけたことがないです。ということで…オイラのブログでも邦画として扱うことにしますね。前述の通り菊川怜の女優デビュー作となります。

製作時期が近い、もう一つの代表作に、室賀厚監督の「GUN CRAZY episode2 裏切の挽歌」という似たようなアクションものがありまして、同シリーズの「episode1 復讐の荒野」の方は、同じ事務所の米倉涼子が主演でした。当時は、大々的に製作発表なんかが行われまして…一部では“仲が悪い”と囁かれていた二人が、よく一緒にプロモーション活動してましたね。そんな時に、「アクション初めてなんです」と謙遜する米倉に対し、勝ち誇った態度で「私はハリウッドで経験がある!」と言い放つ菊川の姿が…「GUN CRAZY」のDVD映像特典に入っています。

その“ハリウッドで経験がある!”と豪語していた作品が、この「ダブル・デセプション-共犯者-」なわけですよ。その後の女優としてのキャリアを比較すると…明らかに米倉の方が上でして、アクション女優としての質も、もちろん米倉に軍配が上がっているのは皆まで言うなって感じですけどね。その昔、辛口で有名なオカマで双子のあの評論家(どっちか忘れた)が…頭がいいけど演技が下手なのが菊川怜、頭は悪いけど(決してオイラが言ったわけじゃないですよ)演技が巧いのが米倉涼子とTV番組で評しているのを耳にしたことがあります…。

さて、肝心の本編の内容ですが…やっぱりVシネに毛が生えた程度でして、やってることも「あぶない刑事」のワンエピソードみたいな印象が強い。大川俊道といば本職は脚本家で、TVシリーズ、劇場版の多くのあぶデカ作品で脚本を執筆している。この作品も本人が脚本を担当してるので…まぁ、似てしまうのは当然かなと。でもね、劇場版のあぶデカなんかも、途中からハリウッドかぶれの中途半端な作品が多くなってしまったのも事実で…腐ってもアメリカロケをやっているって部分では、こっちの方がまだアクション映画として見れなくもないかなって…。

大川俊道の脚本なんて、所詮ドンパチがメイン…アメリカの役者が銃を持ってる方がビジュアルも自然です。菊川怜が主演といいながら…実際にクレジットのトップは、ボディーガードを演じていた、ルイス・マンディーロ(マンディロア)って役者さん。なんか、どこかで見た顔だなぁって思ったら…この俳優の実兄が「ソウ」シリーズでホフマン刑事を演じていたコスタス・マンディロア。なるほど似てるわけだ。今となっては兄貴の方が有名になっちゃってるけどな。途中、箔づけにカルト俳優のウド・キアーなんかもでてきまして…それらしく見えちゃうんですよ。

拙い菊川怜の演技も…ほとんどが英語セリフなんで、下手さをうまく緩和してるなぁって思ったし…87分という短さもテンポ重視で悪くないと思った。ダラダラせずに、スパっと終わるラストカットなんかも好感。今まで、菊川主演ってことでスルーしていたわけだけど、300円という値段を考えれば、いい暇つぶしにはなった。レンタル落ちでもデラックス版を謳っているだけあり特典映像が収録されていた。20分以上にわたり、当時の菊川怜がドヤ顔でインタビューに応じてます…ファンの人には嬉しいのでは?オイラはものの数分で停止ボタンを押したけど…。


監督:大川俊道
出演:菊川怜 ルイス・マンディーロ ジェームズ・ルッソ ウド・キア 中田浩二 星野マヤ


【DVDソフトの購入】
DVD ダブル・デセプション-共犯者-〈デラックス版〉
ダブル・デセプション-共犯者- デラックス版【邦画アクション】【リユースDVD】【中古】







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。