2018年01月01日

虐殺器官(2017年)

テーマ:アニメ映画
虐殺器官

年が明けましたね…“あけおめ、ことよろ”です。今日はNHKのBSプレミアムで、年を跨いで5時間生放送された「あけおめ!声優大集合」をBDレコのおっかけ再生で朝の7時まで視聴…関智一、朴ろ美姐さんをはじめとするベテラン声優陣とMCの西川貴教(単なるアニメ好きの小さいオジサンと化してる…この人は紅白なんか出るよりこっちの方が楽しいだろう)の暴走が凄すぎ…いくらBSでも、一応、NHKだぞ(笑)それからしばらく睡眠…10時過ぎに起床。朝を兼ねた昼食で家族と“おせちと雑煮”をつつき、午後はウルトラセール中の近所のブックオフへ…。

夕方は、またまた“おせち”をつつきながら一杯ひっかけて、ほろ酔い気分…こんな感じで一応、正月気分を味わってます。そうそう、昨晩実施していた人気作のネット配信レンタルが100円になるAmazonビデオナイトは、ポチろうと思った作品が2月にWOWOWで放送されるので結局スルー…他の対象作品は特に見たいものなかった、次回の開催に期待。そんなわけで“昨年”見残してしまったWOWOWエアチェックの“Project Itoh”の最後の1本「虐殺器官」を鑑賞…制作会社の経営破綻、倒産で一時期は完成が危ぶまれたというのはけっこう有名だよね。

9.11以降、テロを経験した先進国は徹底したセキュリティ管理でその恐怖を一掃…その一方で、後進国では虐殺が増加していた。アメリカ情報軍特殊検索群i分遣隊のクラヴィス・シェパード大尉は…世界各地で紛争を先導する謎の人物としてマークされている、アメリカ人言語学者ジョン・ポールの暗殺ミッションを受ける。やがてジョンが、元愛人ルツィアの元に現れたという情報が入り、相棒のウィリアムズとプラハに潜入。シェパードはチェコ語を教えているルツィアに生徒を装い近づくのだが…彼女と会って話を重ねていくうちに惹かれてしまう!

SFとミリタリーのバランスが程よく、アニメ向きの題材だなとは思った。銃撃戦などリアルなアクションの合間に入ってくる、ちょっとした近未来描写…主人公たちをサポートするハイテク機器やメカが、自動的に消滅したりするのも面白い設定。なんか「スパイ大作戦」の“テープ”を思い出すよね。それと同時にハイテクを欺くためのローテクなアイデアも色々な箇所で見られて、そういうところからSFを色濃く意識できる作品にはなっていた。「虐殺器官」などという物騒なタイトルに相応しく、今回見た“Project Itoh”作品の中では唯一のR-15+指定を喰らってる。

銃撃戦で頭や身体が吹っ飛ぶという描写が頻繁に登場…一部のキャラが“情事にふける”などアダルトなシーンがちょっぴり出てくるのも影響か?前述の通り…当初、制作を請け負っていたアニメスタジオの“マングローブ”が製作途中で倒産するというトラブルに見舞われ、映画公開も延期になったのだが、“ジェノスタジオ”という新興スタジオが後を引き継ぎ完成に至っている。たぶん、本作を完成させるために立ち上げた新スタジオなので、最初から関わっていた現場スタッフに大きな変更はないんじゃないかな?アニメとしての映像クオリティは安定感がある。

っていうか、むしろ3作品の中で一番、オイラ好みのヴィジュアルである。キャラデ、作画監督、原画スタッフなど…過去に自分が見てきた作品に携わっていたようなスタッフ名がいっぱいエンドロールで出てきた(ついでに、メインキャラの声が中村悠一と櫻井孝宏…おお、カラ松とおそ松!)。だからアニメ映画としての満足度は高いです。ただ、やっぱりエンターテイメントとしての物語の面白さは「屍者の帝国」に及ばずとオイラは感じた。本作もやってることは007に近かったりするんだけどね(笑)身分を偽って、容疑者の愛人に接触…スパイ映画もどきな展開。

3作品全て見終わって、振り返ると…小難しい設定と破天荒な事件の裏側にあったものは…結局“マッドな思想の輩が、既存のシステムを批判し、俺流の平和を望んだ結果だった”という共通項が見えてくる。やってること同じだったのかと。「屍者の帝国」だけは原作者・伊藤計劃の純粋な作品ではなかった(未完作品を他の作家が継いだ)ので毛色が違うようにも思えたが、しっかり“伊藤テイスト”を踏襲していたのがあらためて理解できた。でも、恋愛要素だと「屍者の帝国」はBL、「ハーモニー」が百合ときて、本作では不倫と純愛だという、ある意味…正当派。


監督:村瀬修功
出演:中村悠一 三上哲 梶裕貴 石川界人 大塚明夫 小林沙苗 櫻井孝宏


【DVDソフトの購入】
DVD 虐殺器官







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。