2017年11月14日

アイ・オブ・ザ・ストーム(1991年)

テーマ:洋画
アイ・オブ・ザ・ストーム

昨日も語ったように、壊れてしまったパワーアンプの代替品を探しに、近所のハードオフへ行ってみたんだけど、そう簡単に見つかるわけがなく、結局…ジャンクコーナーにあった100円の中古LDを2枚ほど購入して帰ってきた。昨晩はそのうちの1枚、チャック・ノリス主演の「トップ・ドッグ」というアクションコメディを鑑賞…今日鑑賞した残りのもう1枚は、デニス・ホッパーが出演しているサスペンス「アイ・オブ・ザ・ストーム」。「トップ・ドッグ」のLDもAmazonのマケプレで4999円で出品されていたが、本作はさらに上を行く9800円の値が!案の定、VHSは1円で買えます

砂漠の中にあるモーテルを経営する一家にカップルの強盗が侵入し、父親と母親を殺害!目の前で一部始終を見ていた幼い息子スティーブンも撃たれてしまう。外にいた兄のレイは銃声を聞きつけて慌てて戻ってくるが…。それから10年…事件の後遺症で盲目になってしまったスティーブンの世話をしながら、レイがモーテル経営を引き継いでいた。ある日、レイが外出している最中に、スティーブンが勝手に客を泊めてしまった。暴力的でアル中の夫マービンと、それでも別れられない元娼婦の妻サンドラだ。スティーブンはサンドラに好意をよせていくが…。

初めて見る作品だったが…なかなかの佳作。設定が親子から兄弟に変わってはいるけれども、さびれたモーテルを舞台にしたサイコサスペンスってことで、ぶっちゃけ「サイコ」の二番煎じ的なところもあるんだけど…演出の妙か、少ない登場人物ながら、うまくミスリードさせられ、中盤での意外な驚きに繋がっていく。冒頭、強盗に遭い、両親が惨殺されてしまうシーンからして、なんともいえない緊張感。いかにも悪人面した男と、ちょっとセクシーな金髪美女がカップルで強盗を働くんだけど、幼い息子・弟にも容赦なく銃を向ける瞬間にゾクリとさせられた。

強盗に撃たれた弟は…二階の窓を突き破って、ちょうどその下にあったプールに叩きつけられる。血を漂わせながら水に浮かぶ弟の姿を見て、てっきり“死んでしまった”のかと思ったが…10年後、劇中での“現代”で無事に登場(もちろん役者は変わっている)。しかし盲目になっていて…どうやら事件の、銃で撃たれた後遺症らしい。そして、1人無傷だった兄と共に…両親が経営していたモーテルを引き継ぎ、ずっと同じ場所で暮らしているらしい。兄の方は、弟への贖罪の気持ちが強いのか、乱暴なところもあるけど、意外と親身になって世話をしている様子。

事件から10年経ち、兄弟はそれなりに成長してるんだけど、弟の方は盲目のせいなのか、または普段は兄と2人きり、外の世界に出たことがないという特殊環境のせいか、“10年前で時間が止まってしまったかのように”どこか幼げな印象だ。そんな弟を残し、所要で外出する兄…“誰も泊めちゃいけない”という言いつけを破り、フラリと現れた美女ララ・フリン・ボイルと、その夫、酔っ払い暴力亭主のデニス・ホッパーを招き入れてしまう。最初は“はすっぱ”な印象だが、けっこう優し気な雰囲気も醸し出す美女…そんな彼女に盲目の弟は自然に惹かれていく。

ただ、“普通の弟”ではないので、好意の表し方もどこか“変態的”…セクシーな水着姿で1人泳いでるララ・フリン・ボイルにそっと近づき、いきなり“顔を触らせてくれ”と頼み込む。もちろん、目が見えないから、手で顔を触れたい、そうすれば相手の表情などが読み取れるからなんだけど…知らない人、知り合って間もない相手に、いきなりそんなことを言われたら“気持ちが悪い”わけで、普通の女子だったらまず拒絶反応を示すだろう。それでも強引に迫る弟…あわやというところで、兄が戻ってきて、事なきを得る。しかし、その後も弟は美女に執着する。

ララ・フリン・ボイルとデニス・ホッパーがやって来た時に、兄が外出していたこととも関係があるんだけど、実は“秘密を抱えている”兄弟…そのあたりが、二点、三転するストーリーに段々と関わりはじめ、ドロドロとした、狂気に満ちた愛憎劇が繰り広げられていく。何かを隠しているような兄の態度も急変…知らないうちに事件に巻き込まれ、どんどん身の危険が迫っていくララ・フリン・ボイル。なぜ弟はそこまで固執するのか?伏線がうまくハマり、“過去の強盗シーン”なんかも踏襲、オーバーラップするクライマックスは、冒頭以上のスリルを味わえた。

ちょっと違和感もある金髪姿が印象的なララ・フリン・ボイルがとにかく魅力的(本来の姿もいい!)…ドレス姿で、下着のヒモがズレ落ちて見えてる感じなんかも、余計にセクシーだった。過度な露出こそないものの、浴室でバスタオル一枚になったりもする。出番は少ないが、もう一人の重要な金髪美女、冒頭のカップル強盗の片割れは「ユニバーサルソルジャー」(本作の製作総指揮はエメリッヒ!)のヒロイン、アリー・ウォーカーが演じていた。盲目で世間知らずの弟に酒や煙草、車の運転までを教えるデニス・ホッパーの毎度な不良オヤジぶりも楽しかった。


監督:ユーリ・ゼルツァー
出演:デニス・ホッパー ララ・フリン・ボイル クレイグ・シェーファー ブラドリー・グレッグ アリー・ウォーカー


【Amazonで中古LD&VHSが入手可能】
アイ・オブ・ザ・ストーム [Laser Disc]
VHS アイ・オブ・ザ・ストーム





YouTubeに予告がありました









人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。