2017年11月12日

劇場版 艦これ(2016年)

テーマ:アニメ映画
「劇場版 艦これ」DVD限定仕様

昨晩、WOWOWでアニメ映画「劇場版 艦これ」をエアチェック…実在の戦艦を美少女擬人化した人気ゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」を原作とした、2015年放送のテレビシリーズの続きを描く劇場オリジナル作品。実はゲームも未プレイ、TVシリーズも見たことがなかったんだけど…劇場版の予告をWOWOWで見て、ちょっと気になった。そんなわけで、先週…先行して放送されたTVシリーズ全12話一挙放送も録画しまして、劇場版の前にしっかりと予習鑑賞。空いた時間に少しずつ見てまして、見終わらなかった分を一気に昨日の昼間に消化してました。

謎の敵“深海棲艦”…その脅威に唯一対抗できるのは、在りし日の艦艇の魂を持つ“艦娘”だけだった。“深海棲艦”の中枢に挑んだ“MI作戦”に勝利した特型駆逐艦“吹雪”たち“艦娘”だったが、“深海棲艦”との戦いはいまだに続いていた。“MI作戦”を足掛かりにして、南方の海域に進出した“鎮守府”の勢力。続々と集結する“艦娘”たちが敵泊地の攻略を続けており、夜間突入を敢行した第八艦隊が敵の輸送船団の撃滅に成功するが…その直後、海域に異変が!一方、前線基地にいた“吹雪”や“睦月”に意外な人物(艦娘)との再会が訪れるが…。

女の子が“戦艦もどき”の武器を実装して…水上を滑走し、敵と戦う姿を見て、ぶっちゃけ“なんじゃこりゃ~”って思ったよ…最初はまったく意味不明でわけわからなかった。こういうメカものの擬人化の走りといえば、やっぱりオイラなんかが真っ先に思い出すのはガンダムのモビルスーツ(ロボット)を擬人化した“MS少女”でして…そういう作品のことを考えると、“艦娘”を“キモッ”の一言で切り捨てられなくなってしまったというかなんというか…。でね、隊列組んで海上を滑走してる“艦娘”たちの動きが、段々と“ホバー走行するドム”のように見えてきた(笑)

40代のオッサン的には…中途半端に接してきた過去の美少女アニメ、「アイドルマスター」「ラブライブ」「ガールズ&パンツアァー」あたりと同様、美少女キャラが多すぎて(つーか、美少女しか出てこない)“キャラの区別がつかねぇ~、名前が覚えられねぇ~”と悶絶しながらも…キャピキャピした女の子たちが、先輩に憧れ、その先輩たちの厳しいシゴキに耐えて…一人前になっていくという王道パターンのストーリー(TVシリーズ)に、「アタックNO.1」や「エースをねらえ」のようなスポ根要素をダブらせ、てことは「トップをねらえ!」あたりにも似てるのかなと。

そんな風にして…一概に“キモッ”って否定せずに、自分なりに楽しめる要素を見つけていったわけよ。ってことで…いよいよ劇場版に挑んだわけですが、だから、また“知らないキャラが増えてる”っちゅーの(笑)まぁ、そういうパニクリはひとまず横に置いておいて…TVシリーズの時も、作画はけっこう奇麗だな、戦闘・アクションシーンは迫力はあるなって思ってたんですけど、やっぱり劇場クオリティということで、さらにパワーアップしている。そして、ギャグとかも多かったTVシリーズに比べて、シリアスなドラマが続くので、映画らしい重厚さは味わえる。

TVシリーズでは、謎に満ちていた…“深海棲艦”という敵の存在、それどころか“艦娘”の設定自体も意味不明だったわけだけど(笑)、そのあたりをちゃんとつっこんだドラマになってるのはポイントが高い。物語も続きものだったし、単独・単発で本作だけを見るのはかなりきつかったと思うけど…TVシリーズを見たおかげで、思いのほか楽しめました。いつもは、最近の1クールアニメって、短くて物足りないって思うことが多いんだけど、今回ばかりは全12話で良かった、これで全25話、全50話だったら絶対に途中で挫折してただろうなって感じだよ(笑)

一応、数多くいる“艦娘”の中でも…一番の主人公ポジションである“吹雪”が、敵の核心部分というか、己の内面と対峙するような場面は、やっぱり“エヴァ”ぽさを感じてしまうものの、自分たちは何者なのか、戦ってる意味は何なのか…と存在意義を追求し、結局、戦いは繰り返され、終わらないという、切なさや不条理さを感じるところは押井守の「スカイクロラ」とも共通する。ただの萌えアニメかと思ったら、けっこう奥が深かった。前に映画だけ見て辟易した「ストライクウィッチーズ 」みたいに必然性のないパンチラ演出とかもなかったので良かったです。


監督:草川啓造
出演:上坂すみれ 藤田咲 井口裕香 佐倉綾音 竹達彩奈 東山奈央 野水伊織 タニベユミ 日高里菜


【DVDソフトの購入】
「劇場版 艦これ」DVD限定仕様







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。