1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2015年03月30日

鈴木光司 リアルホラー 第三夜 タクシー/鍵穴(2015年)

テーマ:日本TVドラマ
鈴木光司 リアルホラー 第三夜 タクシー/鍵穴

日曜日の夜にエアチェックしておいたBSフジ開局15周年スペシャルドラマ「鈴木光司 リアルホラー」を鑑賞…3週にわたって放送されたが、今回で最終回となった。前回までと同様「アイズ」という短編集に収められている作品の映像化です。原作はけっこう前にハードカバーの単行本で読んでるんだけど、けっこう内容を忘れてまして、今までも映像作品を見ているうちに、あの話かも?と思い出すものが少なくなかった。シュチエーションこそ似てるんだけど、話によってはけっこう設定をアレンジしてまして、同じ原作なのかな?って戸惑うこともあったよね。


「タクシー」 監督:寺内康太郎 出演:佐藤江梨子 甲本雅裕 成元一真 茜屋日海夏 柴崎真人 辻本譲

久保田詳子は夫の智彦と離婚話が進行中…最後にプロポーズを受けた思い出のレストランへ行こうと決めたのだが、その途中にも智彦の運転する車の中で喧嘩となり、怒った詳子は外に飛び出してしまうのだが、その直後…交通事故が発生してしまう!一方、都内のタクシー会社に勤める三井亮介は、会社の女子事務員から無駄な走行をしないようにという注意を受けるのだが…真顔で自分は幽霊が見えると言い返す。そんなある日の晩…お客としてやって来た詳子を乗せるのだが、亮介は彼女が既に死んでいるというのを察知して…。


原作もあまり怖くなかったという印象だけが残っているんだけど…今回のシリーズの中ではちょっと異質?ホラーというよりは、感動系のファンタジーに近い作品。幽霊を見ちゃうタクシー運転手に甲本雅裕、客として乗ってくるやたらうるさい(そして顔もデカイ)女に佐藤江梨子…案の定、コイツが交通事故死した幽霊。なんだけど…本人は気づいていないという状況。親切に運転手が「お前死んでるよ」と教えてくれるんだけど…それでも認めようとせず、自宅に帰っていくんだけど…荒れ放題の家の中や、夫の変わり果てた姿を目の当たりにしてようやく自覚。

普段は、生前の姿まんまなんだけど…ふとした瞬間、鏡に映った姿を見た時なんかに、自分が血みどろになっているというのを認識、このあたりの描写が、いちばんホラーらしい作品だと実感できるかな?そんなわけで、あの運転手が言ってたとこが本当だったとなりまして…やたら罵ってわかれたくせに、手のひら返し、ネコナデ声で「助けて~」とタクシー運転手のもとを訪ねることに。あんなでかい女に、そんな声で懇願されても気持ち悪いだけ…しかも幽霊だしな。ああ、そうか佐藤江梨子ってキャスティングでちゃんとホラー演出してるんだな(笑)

いちばん、サトエリの顔が怖かったというのはいったん横に置いておいて…幽霊を相手にしながら、マナーの悪い一般のタクシー客の接客もしなければならないという運転手の災難を面白おかしく描きつつ、最後は特にひねりもないストレートなクライマックスへと突入していきます。だから、その目に涙を浮かべて何かを訴える表情、その表情のサトエリがいちばん怖いんだって(笑)なんとなく、釈由美子が死者の案内人をしていた「スカイハイ」なんてドラマも思い出したり…この原作小説が書かれたのって、まさにあの頃なんじゃないかい?


「鍵穴」 監督:寺内康太郎 出演:八嶋智人 鈴木一真 富士たくや 宇野実彩子 細谷里絵

家族と平凡な暮らしをしているサラリーマン、松浦宏和のもとへ、昔世話になった知人・大石正彦とその妻・早苗からの転居通知が届く。妻に言われ、東京に出る予定があった宏和、引っ越し祝いを兼ねて久しぶりに正彦を訪ねていくことになったのだが…正彦の新居が近づくうちになんとなくその場所を知っているような気持ちになる。そして、いざ該当の家に到着した宏和は驚きが隠せなかった!そこはかつて、宏和と正彦の共通の友人・鳥居健児が住んでいたアパートだった!声をかけると中から正彦が顔をのぞかすが…。


昔は羽振りが良かった友人を久しぶりに訪ねていくと…やたらボロっちい家に住んでて、本人も汚らしくなってて驚くと。さらに驚いたことと言えば…その友人が住んでいた場所が、何年も前に死んだはずの2人の共通の知人の部屋だったこと。何の冗談だよと問い詰めてみるも…友人は適当にはぐらかしながら、自分の身に降りかかった不幸話を語り始める…。これも原作、うろ覚えなんだけど…原作に出てきた友人の死に方がやたら強烈だったことだけは覚えているのね。なんか、そんな死に方はしたくないなぁという気持ちでいっぱいになったんだけど…。

さすがに、そのまんま映像化できないだろうと思っていたが…あれ、原作はこんなサスペンス、スリラータッチの話だったっけ。死んだ友人は…実は一人の女性にストーカー行為を行っており、その女性というのが、訪ねて行った友人の現在の嫁でもある。なんか、その知人の死にもそのあたりの事柄が関わっているようでとなる。オチもそれなりにゾクゾクっとなるし…そのストーカーの不気味さなんかもよく表現されていて(将来のわが身を見ているような怖さ)、ホラーとしては充分に及第点。八嶋智人と鈴木一真の緊張感ある芝居の駆け引きも良かったです。

鍵穴というタイトルではあったが、映像ではドアについている郵便受けから中を覗くという行為だった…原作だとどうだったっけかな?やっぱり、ちゃんと鍵穴から部屋の中を覗いていたんじゃなかったかな~。ほんと、あの死んだヤツの無様すぎる死に様しか思い出せないわ。えっと、BSフジのドラマ公式サイト上にて、原作者・鈴木光司のサイン入り文庫本が当たるプレゼントを実施してます…手元にあったはずの原作は既に手放しちゃったので、できれば原作の再確認をしたく一応、オイラも応募してみた。当選人数はたった5名だけど、出さなきゃ当たらないぞ。


【原作小説はこちら】
アイズ (角川ホラー文庫)






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年03月29日

魔女の宅急便(2014年)

テーマ:邦画
魔女の宅急便

WOWOWでエアチェックしておいた「魔女の宅急便」を鑑賞…有名なジブリアニメではなく、物議を醸した実写版の方です。オイラはアニメの方は特に思い入れはなくてですね、周りでみんなが面白い面白いって言ってたけど、あまり興味はそそられなくて…それでも1回くらいはビデオか何かで見てはいるんだよね。そうだ、オイラがお薦めのジブリ作品として「海がきこえる」を友達に貸したら、不評でして…その友達のお姉ちゃんからこういうのが見たかったって言われて渡されたのがアニメの「魔女の宅急便」のビデオだったんだ。確か、それで見たような?

キキは魔女の母親と普通の父親の間に生まれた女の子…母親の血を引いているキキは自分も魔女になる道を選択。魔女になるためには、13歳になったら、魔女のいない場所に一人で旅立ち、そこで1年間修業をしてこなければならなかった。家族の元から一人旅だったキキは、港町コリコにたどり着き…その場所で修行を行うと決めた。しかし、町の人からなかなか受け入れてもらえず途方に暮れていた時に…パン屋の女将ソノと出会い、店に隣接する風車で暮らせることになった。キキは唯一自分が扱える空飛ぶ魔法を使って“お届け屋”を始める。

実写化の一報を聞いた時なんて、“プっ”って笑っちゃってさ…ぶっちゃけあまり見る気はしなかったんだけど、監督が「呪怨」の清水崇だっていうので、ちょっと興味は沸いてきたよね。ただ、さすがに劇場で見ようとか、ソフトを買おう・借りようとまでは思わなくてですね、きっとWOWOWでやるだろうから、そうしたら見ようかなって思ってた。案の定…こうして放送があったわけで、他にもまだ色々と見る作品はあるんだけど、とりあえずこうしてチョイスしてみたわけです。あっ、何気に宮沢りえとか出てるじゃん…昨年は別の映画で映画賞総ナメしてたよな。

えっとね、アニメの内容は学生時代に1回見たきりなんでほとんど内容も覚えていない…CMでさんざん流れてたユーミンの曲が耳にこびりついてるくらいでしょうか?逆に…アニメと比べないで本作を見れたのは幸せなのかもしれませんね。主人公が自分の住んでいる町から旅立つ最初の掴みの部分なんかは、いかにもお子様向けで微妙な気持ちで見てたりして、箒に乗って空を飛ぶ映像も、このご時世だとどうしてもハリー・ポッターの二番煎じ感が強いよなぁ~とも思ったりしたんだが、尾野真千子が出てきたあたりからは少しずつ面白味がでてきた。

主人公の女の子の…自転車に乗れない演技がうまいなぁとか、妙なところで感心したり(笑)あと、こういう見方をしちゃいけないのかもしれないが…下着みたいな部屋着(?)で、パン屋の亭主を屋根の上から見下ろすカット。いや逆だな、その主人公を亭主の方が見上げるカットがあるんだけど…あどけなく可愛らしい女の子だからこそ、なんか妙にエロい。それを考え出すと…飛行に失敗して落っこちた主人公が、まるで漫画かアニメのように逆さまになって木の枝に引っかかったりするんだけど、そういう時にチラっと見える足が艶っぽく見えちゃったり。

また、宅配業を始めた主人公が荷物を届ける配達先のお客さんとして…パン屋の店主が憧れる歌手という設定のキャラが出てくるんだけど、最近はひっきーになっちゃって、不気味な屋敷にひっそりと住んでいるのね。そこに主人公が足を踏み入れた時、階段の上から主人公をジっと見つめる幼い子供の影が!「うわ、俊雄くん(呪怨)が出た?」みたいに、一瞬驚いたりするんだけど。いえいえ、普通に人間の女の子でした。でも…その後に、出てくる女性歌手が、まるでマツコ・デラックス(って失礼だろ!ゴスペルとかやってる人なので体格がいい)でビックリ!

単なるつかみだと思ったCGカバがけっこう重要で、飼育員の新井浩文がやたらオイしかったり…最後に浅野(忠信)くんがひょこり出てきたりと、ツッコミどころや驚きがあって…意外と愉快。ツッコミどころといえば、箒を持って店に入ってきた主人公を、「ウチはパン屋だよ」と一喝した女将さん…箒よりも、猫の方が問題あると思ったのはオイラだけでしょうか?アニメや原作小説に同じシーンがあるのかはオイラにゃわからないけど、そこはちょっとひっかかりました。ちなみに猫の声が「Gのレコンギスタ」でノレドをやってた寿美菜子だったので良かったです。


監督:清水崇
出演:小芝風花 尾野真千子 広田亮平 山本浩司 新井浩文 吉田羊 寿美菜子 浅野忠信 宮沢りえ


【DVDソフトの購入】
DVD 魔女の宅急便






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年03月29日

南太平洋の若大将(1967年)

テーマ:邦画
南太平洋の若大将 [東宝DVDシネマファンクラブ]

WOWOWの若大将シリーズ全18作品一挙放送から、シリーズ10作目の「南太平洋の若大将」を鑑賞…ようやく2ケタ突入、半分は超えたけどまだ8本残ってますね。もう海外ロケが当たり前になってきた印象のこのシリーズ…ハワイ、アルプス、香港ときて…今度は南太平洋だって。おおざっぱというかなんというか…範囲がやたら広いな。実際には2回目の登場となるハワイと、タヒチなんだけどね…比重的にはハワイの方が多めだったかな?一層のこと「ハワイの若大将2」でも良かったんじゃね?なんてちょっと思ったりもしたが…どうですかね?

“若大将”こと日本水産大学の柔道部主将、田沼雄一は、練習船で航海の最中。最後の寄港地であるハワイに上陸許可が出て、青大将こと石山新二郎や江口とともに街に繰り出す。立ち寄った日本料理屋“京屋”で、チンピラにからまれている仁科澄子というスチュワーデスを助け、知り合いになる。帰国した雄一に柔道部の勧誘という大役が待っていたのだが…レスリング部の石山の方が注目されており、苦戦を強いられる。そんな時に澄子と再会…2人はいい雰囲気になる。その後、ハワイで世話になった“京屋”の女将一家が来日することになり…。

若大将といつもの面々がハワイに上陸するところから話はスタート…京南大学から日本水産大学へ、はじめて大学の名前が変わりましたね。ヒロイン・澄子とはそのハワイで知り合う…過去にも「アルプスの若大将」で航空会社パンナムの地上勤務スタッフという設定が出てきたが、今回はスチュワーデスになって登場。早い段階から若大将といい関係になりかけるんだけど…青大将が引っ掻き回し、そしていつものような勘違いもあり、不仲になってしまうと。その隙に若大将に近づいてくるのが、ハワイで日本料理屋をやっている女将の娘、前田美波里。

1本前の「レッツゴー!若大将」では大学の同級生・悦子という、脇役を演じていたのだが(他の作品では別の人が悦子を演じていた)…だいぶ大きな役に昇格したな。それこそ悦子を演じている時は、澄子や他の女性キャラの方が強烈だったため…そんなに印象に残る方ではなかったのだが、今回はかえって澄子よりも魅力的だったりする。ハワイ育ちの日本人(日系人?)って事で…小麦色に焼けた肌がやたらと眩しい。つーか、水着姿なんかも披露してて、意外とナイスバディ。見た目だけは清楚な澄子とまるっきり正反対…若大将と実にお似合いだ。

本気で…たまには澄子と結ばれないで終わるってパターンがあってもいいんじゃないかって思ったくらいだ。それにしても、澄子ってやっぱり性格悪いよな。ほとんどストーカー状態の青大将も確かに困りものだが、気を持たせて平気で嘘つくし、青大将を追い払うために「タヒチに行く」なんて発した出まかせのせいで…肝心の若大将とも離れ離れになるなんて自業自得でざまあみろって思った。でも、あんなあやふやな情報でタヒチまで行っちゃう若大将と青大将も…単なるお馬鹿さんにしか見えないけど。まぁ、若大将は空振りでもタヒチ行を満喫してたか…。

水中撮影なんかも本格的に行われていて…ダイビング中に鮫と遭遇してしまうなんていうパニック描写も出てきたり。この手の水中撮影を見てると、直ぐに「サンダーボール作戦」を思い出してしまうのが007好きのオイラの悪い癖。でも、「サンダーボール作戦」ってこの映画の2年位前に製作、公開されてるので、もしかしたら影響は受けてるかもしれないよな?そうそう前田美波里のおじいちゃんの役で、数本ぶりに左卜全が再登場したのがうれしい。キャラは違うが…「ハワイの若大将」に登場した古屋老人を引きずっているような設定にも思えたなぁ~。


監督:古沢憲吾
出演:加山雄三 有島一郎 中真千子 飯田蝶子 星由里子 田中邦衛 前田美波里 左卜全


【DVDソフトの購入】
DVD 南太平洋の若大将 [東宝DVDシネマファンクラブ]






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年03月28日

レッツゴー!若大将(1967年)

テーマ:邦画
レッツゴー!若大将

WOWOWの若大将シリーズ全18作品一挙放送から、シリーズ9作目の「レッツゴー!若大将」を鑑賞…前にも書いたんだけど、実はシリーズ8作目の「歌う若大将」を録り逃すという失態をしでかしてしまい、1本とんじゃってるんだよね…4月にリピート放送があるのでそれでカバーするつもりですけど。もともと「歌う若大将」は加山雄三の歌謡ショーと今までの名場面で構成された番外編的なドキュメンタリー映画だそうで、無理して見るような作品でもないかなとは思ったりもしてるんだけどね。でも、一応シリーズをコンプしたいのでリピート放送を予約済みだよ。

“若大将”こと京南大学のサッカー部エース、田沼雄一…チームメイトの“青大将”こと石山新二郎のミスでライバル校との試合に破れる。しかし、本人は趣味の音楽づくりに夢中であまり気にしていない様子。そんな雄一に、マネージャーの江口から連絡が!なんと石山が試合で対戦した相手と喧嘩をはじめたという。慌てて駆けつけて仲裁する雄一…その時に、乳母車を押した美女と出会う。後日、祖母の買い物に付き合った際に宝石店に立ち寄ると、先日の女性が!彼女の名前は仁科澄子といい、赤ん坊は他人の子供であることが判明する…。

今回はサッカー部…初っ端から試合シーンなんだけど、チームメイトの青大将が暴走した挙句、若大将にパスを回さないというのが原因で負けてしまう。しかし、若大将は大好きな歌作りに夢中で…試合後はとっとと自宅へ帰ることに。そこへマネージャーの江口からSOS、青大将がライバル校と喧嘩をおっ始めたらしい。時代を感じさせますね…ノーヘルでバイクに乗った若大将が押っ取り刀でかけつけると…まさに青大将が殴り合いを始めようとしているところだった。オイ、やめろよととめに入りながら…結局、若大将も喧嘩に巻き込まれ乱闘騒ぎとなる。

その場にいたのが、乳母車を押したヒロインの澄子、星由里子…おっと今回は人妻役か?若大将も、さすがに子持ち女に興味はないみたいだったが、後日…おばあちゃんの買い物に付き合っている時に、宝石店で働く澄子を発見。いきなり「人妻?未亡人?」と失礼な質問を繰り出す若大将に、最初こそ機嫌を悪くする澄子だったが、直ぐに若大将が勘違いしていると気づく。最初に会った時に連れていた乳母車の子供は知人の子供で、澄子自身は独身だった。まぁ、そこからはお約束で…若大将が大学のパーティーに誘い、澄子もホイホイのってくる。

相変わらずいつもと同じような事をやってるなぁと思う反面…澄子が若大将を狙う他の女子とキャットファイトを繰り広げるなど、新しい試みもある(笑)それどころか…若大将以外の男にホイホイついていって、ヤラれそうになるというのが歴代澄子(名前だけが同じ、一応別キャラ)であったが…明らかにモノにしようと狙ってる会社の専務を自力で撃退する場面も出てくる!ただし…今回は同じ人物にもう一回、ヤラれそうになるという、やっぱり学習能力ゼロだコイツな面も持ち合わせてまして(笑)苗字と職業が変わっても澄子は澄子のまんまでした。

青大将が言い寄ってくるというのもお約束の一つにありますが…他の作品に比べると澄子への固執ぶりがちょっと弱いんだよね。チャンスがあればモノにしたい(でも成功しない)というのが青大将だから、まったくないわけじゃないんだけど…前半は芸者に熱を上げているし(その芸者も、結局、若大将狙いになる)、後半では最初に若大将が知り合ったチャイナ美女の尻にくっついて行動している。そうそう、忘れていたけれども…これまたこの頃のシリーズの定番となった海外ロケは香港・マカオでして…若大将と澄子とチャイナ美女の三角関係が描かれる。

まぁ、カタコトの日本語でしゃべる中国美女にちょっと萌え要素はあり…澄子とうまくいかない時に、さすがの若大将も気持ちが傾きそうになるわけだけど…。つーか、若大将、誰にでもいい顔するのはそろそろやめようよ。特に女子に…みんな勘違いしちゃうって(笑)いや~、こういう罪作りな男っているよね。特に中途半端なイケメンとか…オイラの周りじゃ学生時代の友人Yが特にそんなヤツだった。好きでもない女とカラオケ行って、チャゲアス(今だと色々な意味で笑っちゃう)とか熱唱するんだよ。すると、女子の目がウルウルしてボーっとしちゃう。

そういうのをさんざん見せつけられてきた。今になって思うと…あの友人Yは若大将キャラだったのかと…ってことは、オイラは青大将?そういえば、友人Yの実家は飲食店を営んでいたなぁ…すき焼き屋ではなかったけど。おっと、話が脱線、脱線…オイラのブログをYくんが見ていないことを願う!そんなわけで香港へ出かけた若大将は、おばあちゃんにもチャイナドレスをお土産に買ってきます…って、おばあちゃんも意外とドレスが似合う。オープニングクレジットに宝田明が入ってたので、どこに出るのかと思ってたら…最後の方でようやく出てきたよ。


監督:岩内克己
出演:加山雄三 有島一郎 中真千子 飯田蝶子 星由里子 田中邦衛 江原達怡 陳曼玲 宝田明


【DVDソフトの購入】
DVD レッツゴー!若大将






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年03月27日

バトル・オン・ザ・ボーダー ノルディック 極寒の攻防(2011年)

テーマ:洋画
バトルオンザボーダーノルディック極寒の攻防

今日は1000円で映画が見れるシネプレックスの会員デーなのだが、先週に引き続き今週も見たい作品がやってなかった…春休みなのでお子様向け作品の上映が多めだしな。見るとしたら「暗殺教室 」くらいかなって感じだが…コレも子供が多そうだからやっぱパス。あと1本鑑賞すれば、次回無料になるのに。明日からウォシャウスキーの「ジュピター」がはじまるから(どうせならきょう公開にしてほしかったぜ)来週の会員デーには見る作品がありそう…そういえば会員デーより100円高いけど、ファーストデイもあるなぁ~。とりあえず今日は行かない。

そんなわけで、今月のはじめに開催された楽天のスーパーSALE時にDVD-outletでまとめて購入したリユース(レンタル落ち中古)DVDの中から「バトル・オン・ザ・ボーダー ノルディック極寒の攻防」というスウェーデンの戦争映画を鑑賞、購入金額は108円だった。2011年にリリースされたソフトなんだけど、2014年にワンコイン(税込定価540円)DVDで再販されてまして…新品ソフトも安く買えます。単品で買うなら、送料があるからAmazonで新品を買った方がいいかもね?オイラみたいに中古ソフトをまとめ買いする場合はDVD-outletの方がお得でしょう。

第二次世界大戦中…ドイツが中立国ノルウェーに侵攻…ノルウェーと隣接しているスウェーデンもまたドイツ軍侵攻の危機にさらされていた。そんな中、アロン中尉の弟スヴェンが国境近くの検問所に配属される。その夜、スヴェンと仲間の一人がドイツ軍を偵察するため国境へ向かうのだが…発見されて、焦った二人は発砲。翌朝になっても二人は戻らず、それを知ったアロンは捜索に向かう。途中、スヴェンと出かけた兵士の死体を発見!スヴェンの姿は見当たらずドイツ軍に捕まったと考えられた。アロンは弟を助けるため国境を越えようとするが…。

第二次世界大戦中…ドイツ、ノルウェー、スウェーデンがどんな関係にあったのかというのを無知なオイラはよく知らなかったので、出だしが解りづらかったかな?画面の暗さもあって、何をやってるのかもわからなかったりしたんだけど…話が進み、状況を理解できてくると…あの最初の場面はそういうことだったのかと納得はできました。ドイツが隣国まで攻めてきてたんだけど、まだ自分の国は戦果に巻き込まれてなくて、一般の兵士たちはわりと気楽に構えてるんだけど…ひとたびドイツが攻めてきたら戦争に突入してしまう、そんな感じの状況のようです。

で、万が一ドイツが攻めてきた時の事を考えて主人公の中尉は、上官からの隠密命令で…国境と接している橋に爆弾を仕掛けてたのね。それが冒頭の暗闇のシーンだったみたい。同時期に、国境の検問所に中尉の弟が赴任してきまして…夜中に仲間と散歩がてらの偵察に出かけるんだけど、ドイツ軍と遭遇、発見されてしまい…ビビって自分たちから発砲しちゃうんですね。で、ドイツ軍は当たり前だけどそれを敵対行動とみなして反撃してくる。まぁ、これをとっかかりにしてドイツが攻めてくるかもと、お偉いさんが危惧していたことが起きてしまったわけだ。

中尉はそれを知ってヤバいとなる…さらに弟がドイツに拉致されたというのを知って、なんとしても助けようとする。ただし、状況が状況だけに他の仲間なんて呼ぶわけにもいかずその場にいた少人数でなんとか対応しようとするわけだけど…。一方、兵士の勇み足で国全体が戦争の危機にさらされたらたまらんと考えた軍のおえらいさんは、トラブルを無かったことにしちゃおうと、中尉たちの始末を考えて刺客を送り込んでくる。ドイツと自国に狙われた中尉は人質を救出し、無事に生還できるのか?家には腹ボテの婚約者も待っているんだけど…。

DVDのジャケ裏に“40万のナチスドイツ軍に挑むスウェーデン兵2人!!”なんてキャッチコピーが躍っているが、さすがにそれはちょっと誇張気味のように思える。全体的に小規模な小隊との小競り合いといった感じかな?正統派な戦争映画ではないかもしれないが、それなりにドンパチはあって自分は楽しめましたよ。当初は別の任務で中尉が助っ人に呼んだ、いかにも“歴戦の勇士”然とした仲間の兵士のおっさんがかっこよくて(過去の戦闘で片目を負傷、失明してるらしい)…肩書だけで意外と無能、どんくさい中尉の尻拭いをしてましたね。


監督:リチャード・ホルム
出演:アンドレ・シェーベルイ ビヨルン・スンクェスト マリー・ロバートソン


【DVDソフトの購入】
DVD バトル・オン・ザ・ボーダー ノルディック極寒の攻防
バトル・オン・ザ・ボーダーノルディック 極寒の攻防【リユースDVD・洋画アクション】






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年03月26日

アルプスの若大将(1966年)

テーマ:邦画
アルプスの若大将

ひとつ前の書き込みの通り…25日放送のシリーズ8作目「歌う若大将」を録り逃してちょっとブルーになってるんですけど、調べたら4月18日にリピートがあったので、ホッと一安心しています。ということで、WOWOWの若大将一挙放送からシリーズ7作目「アルプスの若大将」を鑑賞。あれ、Amazonでは廉価版が出てこなくて、マケプレのボッタクリ価格による初回盤しか見つからなかったけど楽天ブックスなど楽天のショップには2000円代で買える廉価版がちゃんと出てきましたよ…DVD購入予定の方は各ネットショップの価格を比較した方がいいですよ。

“若大将”こと京南大学のスキー部キャプテン、田沼雄一は論文が認められ、教授と共にヨーロッパに招かれていた。空いた時間を利用し、アルプスでスキーを楽しんでいた雄一は、航空会社で働く日本人女性・岸澄子と出会う。その後、ローマでも再会を果たし運命的なものを感じるのだが…。帰国後、“青大将”こと石山新次郎から頼み事をされる。実は新次郎もヨーロッパに同行していたのだが、現地で知り合ったリシェンヌという女性が石山を頼って日本にやって来たのだという。自分では面倒をみれないので、雄一の家で預かってほしいというが…。

のっけから海外ロケ…颯爽とアルプスの雪山を滑走する若大将と、なかなか豪華で大掛りな撮影。でも、ヒロインの澄子との出会いは、異国の地でたまたま日本人同士が顔を合わせたのがきっかけという…面白味のないものだった。いや、ラブストーリーとしては充分にロマンチックな展開だと思いますよ…でもさ、ゾッキーにからまれてるとか、ボートとぶつかるとか、車の交通事故を起こしたりっていうきっかけと比べると、明らかに地味だよね。海外でも、いつものようにハチャメチャな出会いをしていたらインパクトがあったと思うんだけどね。

文武両道な若大将が教授と一緒に学会に招かれるというのはわかるが、なぜか青大将も同行…案の定、親の力と金でくっついてきただけという。言葉もろくに喋れないのに外国人のねーちゃんと遊びまくっているのだが…それが後に大きな災いとなって跳ね返ってくる。なんとパリでナンパしたフランス女が、青大将を追いかけて日本にやって来た!当然、持て余した青大将は、面倒を若大将に押し付けるわけで…お人好しの若大将は、それを引き受けてしまう。で、若大将もいつものようにおばあちゃんに丸投げ。おばあちゃん、孫可愛さで安請け合い。

そういえば、「エレキの若大将」で破産した後、再建して店舗が綺麗になったはずの“田能久”だが…やっぱり元に戻ってたな。自分の勘違いでなければいいなぁと思って、さっきネットで“田能久”について色々と調べてみたんだが…やっぱり「アルプスの若大将」の再建“田能久”は今までと別のロケ場所だったらしい。ただし、後の作品で支店として登場するなんて、解説している文章を見つけまして…なるほどと思った。そもそも、シリーズによって撮影所のセットのものと、実際の店舗を借りてロケしたものと二通りあるのだそうだ…そこまで気がつかなかった。

そんなわけで、フランス人のねーちゃんを“田能久”で世話することになる。おばあちゃんは、全然臆することなく最初から接するのだが、やっぱり堅物のお父ちゃんは…外国人をやたらと毛嫌いしてまして、今だったら普通に人種差別になってもおかしくないんじゃないかって思えるような言葉を投げかけてしまうと。でもまぁ、文句をたれつつも…コミニュケーションを深めるうちに、だんだんと打ち解けていくって感じ。こういう、カルチャーギャップで笑いをとる邦画喜劇って、やたらと外人につっかかっていた「男はつらいよ 春の夢」の寅さんなんかも思い出すなぁ。

後半は…モテモテの若大将、当てつけに青大将といちゃつく澄子⇒青大将勘違い、軽率な行動をして男にヤラれそうになる澄子などなどいつもの展開オンパレード。澄子の軽率な行動を若大将が窘めて険悪なムードになるというのは今までもあったが、若大将を狙ってるねーちゃんの1人が、男とそういう場所(ヤルために男が女を連れ込む小屋)に来て、知らなかったとかまととぶってる澄子を馬鹿にして追い打ちをかけるというのはなかなか新しいかも?澄子さんて可愛らしくて魅力的なのだが、なんか見ていてイラっとさせられるところも多いんだよな。

クライマックスは若大将率いるスキー部とライバル校によるスキー対決が繰り広げられるが…似たような競技シーンが延々と続くので、他のシリーズ作品と比べてしまうと、最後にきてちょっとばかりテンポを欠くかなって自分は思ったね。結果はどうせ予想通りなんだから、もうちょっとコンパクトにまとめても良かったかも。勝者が決定する最終日…自宅のTVの前で声援を送る“田能久”の面々…お父ちゃんは息子の試合よりも、相撲が見たいというやりとりはちょっと面白かったね。おばあちゃんが「相撲は2か月に1回見れるだろ!」とすかさずツッコミ!


監督:古沢憲吾
出演:加山雄三 有島一郎 中真千子 飯田蝶子 星由里子 田中邦衛 江原達怡 トニー・ザイラー


【DVDソフトの購入】
DVD アルプスの若大将






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年03月25日

エレキの若大将(1965年):WOWOW録画

テーマ:BS/CS/配信(再鑑賞)
エレキの若大将 [東宝DVDシネマファンクラブ]

WOWOWの若大将シリーズ全18作品一挙放送を頑張って追いかけていたのだが、とうとうやってしまった…予約し忘れという凡ミスで録画失敗!?本日、25日放送分の第8作目「歌う若大将」を録り逃してしまった。幸い、この作品は番外編的な扱いで…加山雄三が出演した当時の音楽イベントと今までのシリーズの名場面(総集編)で構成されたドキュメンタリーなのだとか…物語的な作品ではないらしいんだな。ぶっちゃけ“見なくてもいいかな”と思ったりする反面…エアチェックマニアとしてはやっぱり完璧に録画を揃えたいという思いもあるわけで…。

なもんで1か月近く先のリピートを忘れないうちに予約…ついでに残りのシリーズの初回放送もすべて予約&確認をして完璧を期したよ。あとは、HDDの残量だけ気をつけなければ。この時期は録画したい番組が多すぎて、残量がピンチなので(笑)ということで、気を取り直して昨日、一昨日の録画分2本の若大将をイッキ見…実はシリーズ6作目の「エレキの若大将」は約10年前…レーザーディスクで鑑賞してこのブログでも、今以上に拙い文章でレビューをアップしている。シリーズを順番に見ながらの再鑑賞、感想も色々と変わってくるだろう…。

アメフト部のエースで、次期主将にも選ばれた若大将こと田沼雄一。裏工作をしたにも関わらず、主将に選んでもらえなかった青大将・石山新次郎が、他のメンバーと険悪なムードになるが、雄一の仲裁で事なきを得る。雄一の提案で仲直りを兼ねた親睦会を“田能久”で開くのだが…その帰りに石山は交通事故を起こし、星山澄子という女性に怪我を負わせてしまった。違反がたまっていた石山の身代わりにされてしまった雄一…相手の治療費や車の修理代まで払う羽目になるのだが…その金を工面するため、仲間と共にエレキの勝ち抜き合戦に出場する。

エレキ合戦の司会役で内田裕也が出ているのと…青大将こと田中邦衛が劇中で何度もシェーを披露していたというのがやたらと記憶に残っていた本作…いや~いつもながら青大将の無茶振りも凄いですね、今のご時世に飲酒運転の末、“交通事故の身代わり”なんていったら…2時間ドラマのサスペンスものが1本できちゃいそうなメチャクチャな脚本だよ。さらに、これが後に惹かれあうヒロイン・澄子との出会いでもあった…「ハワイの若大将」の冒頭部分、ヨットとボートの衝突っていうのも凄かったけど、それ以上に壮絶な感じがするよね。

違反のたまっていた青大将に、事故の身代わりを頼まれて…引き受けてしまうお人好しすぎる若大将。それどころか、相手の治療費や車の修理代までまわってきてしまう。さすがにそれはと抵抗するも…「金なら任せておけ」と安請け合いした青大将が父親に泣きついた結果、けんもほろろに断られ、金の工面に失敗。結局、自力で何とかしなきゃならなくなる。そんな時に、TVの“エレキ合戦”の優勝賞金が10万円だというのを知り、これで優勝すればいいんじゃね?と…相変わらずのポジティブシンキングで、仲間を集めることになる若大将。

楽器とコスチュームは俺がスポンサーになって提供するぜと青大将…ちょと待て、その楽器やユニフォームを揃える金で治療費払えばよくね?と思ったりもするのだが…誰もそれに気づかない。バンドメンバーお揃いのユニフォーム…一着でなく、優勝決定戦ではちゃっかり新調してたしな。まぁ、そんな細かいことはいいんだよ…面白ければ。ジェリー藤尾演じるビートルズかぶれのライバルバンドが登場…こいつらも強烈な個性を放っていて良かったよね。衣装も真っ赤、名前の苗字にも赤が入っていて…案の定、青大将の天敵的な不良キャラでもあった。

エレキ大会後…ちょっとした騒動があって、大学停学⇒勘当というお決まりコースになる若大将。ギターと歌唱力を認められ、プロのバンドにスカウトされ地方巡業に出かけていくんだけど…その間に、実家のすき焼き屋“田能久”が破産というまさかの展開。歌で一発あてて、なんとか店を再建するするぜと、なんか舐めた青写真を描く。その一方で、親の金を当てに出来なくなったので、大学中退の危機にも瀕し…若大将に頼りきりだったラグビー部もピンチになる。このままではいかんぞ…青大将やマネージャー江口もなんとか力になろうと奔走するが…。

若大将なんで一発逆転どころか、最後は満塁ホームランなミラクルな展開が待ってます。そうそう忘れてたけど、失恋したという早とちりな勘違いをして、自殺を図ろうとする人騒がせな澄子…つくづく面倒くせ~女だよな、コイツ。若大将はせっかく大学復帰を果たしたのに、ラグビーの試合を放り出して澄子の捜索へ。試合に間に合う、間に合わないというお約束の展開が待ってるも…ここでも意外な“飛び道具”が!実際の時間経過を無視して…急いで帰ってきたという演出もありだななんて思うところだが…そうか、こんな方法だったか…すっかり忘れてた。

破産したはずの“田能久”も若大将の力で本当に再建…それどころか見てくれもだいぶよくなっている!でも、このシリーズ…細かい設定を次の作品に継承しないというのもお約束の一つでして、生まれ変わった“田能久”も、無かったことにされちゃうんじゃないかなぁ~って、なんとなく思ってたわけで(笑)“田能久”破産時に、マンション暮らしをしている実家の面々…若大将のおばあちゃんが珍しく洋服姿で出てくるのがちょっと新鮮だった。父親役、有島一郎のサラリーマン姿も同様…いつも白い割烹着だもんね。やっぱりシリーズは通しで見るのが一番だ。


監督:岩内克己
出演:加山雄三 有島一郎 中真千子 飯田蝶子 星由里子 寺内タケシ 内田裕也 田中邦衛


【DVDソフトの購入】
DVD エレキの若大将 [東宝DVDシネマファンクラブ]






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年03月24日

北欧サスペンス「凍てつく楽園」~森に眠る少女~(2013年)

テーマ:海外TVドラマ
Morden i Sandhamn - Säsong 3

日曜日にWOWOWでエアチェックしておいた“北欧サスペンス「凍てつく楽園」~森に眠る少女~(原題:Morden i Sandhamn)”を鑑賞…月一で海外ドラマの新作をオンエアするWOWOWプレミア枠で放送されたもの(そういえば、先月のWOWOWプレミア、録画してあるのにまだ見てない)。昨年の7月と12月にも放送されているスウェーデンの人気ミステリードラマ第3弾…一応、今のところ全作追いかけてます。原作小説は日本でも既に翻訳されているらしいのだが、映像ソフトの方はまだリリースされてない。4月22日、23日にWOWOWでリピートあり。

ヘンリクと離婚したノラは子供のシモンとアンナを連れてリゾート地、サンドハムン島にやって来ていた…そんな時に、森の中から切断された死体の一部が発見されるという事件が発生!被害者は前年から行方不明になっていたリーナという少女ではないかと思われる。事件の一報を受けた刑事のトーマスは、同僚のミアと共にさっそく捜査を開始。リーナの失踪には、彼女と仲間たちが起こしたボート事故が関係しているということを突き止め、関係者への事情聴取をする。また、トーマスのもとへ離婚した妻から久しぶりに会いたいという連絡が入り…。

主人公の刑事は、幼馴染であるヒロインと再会…このヒロインは子持ちの人妻だったんだけど、この再会をきっかけに距離がグンと縮まり、探偵気取りで事件に首をつっこむことを覚える。で、1作目ではヒロインは結局、旦那の元へと帰って行ったんだけど…2作目では、嫁の浮気疑惑なんかもあって(旦那にも浮気疑惑があった)夫婦仲がおかしくなっているところで、また事件が起きたりしたんだよね。今回はとうとう離婚が成立しちゃってまして…身軽になったヒロインは、主人公刑事との関係の発展を期待しているような節があると、そんな状況…。

まずヒロインの子供たちが、切断された死体を発見するというシーンから幕開け…つーか、お前ら事件に巻き込まれすぎだろ!リゾート地に来るたびに、事件に遭ってる。普通だったら、こんな危ないところに子供を連れて来ないよね。ガールフレンドの子供が事件の第一発見者って事で…すっ飛んでくる主人公。ああ、でもね…前はけっこうこの人妻の事を意識してたんだけど、なんか避けてるよね。それもそのはず…なんと別れた嫁が会いにくるってことで、妙にソワソワしてたんだよ。結局、幼馴染の子持ち女なんかよりも、元嫁の方が気になるって事らしい…。

同僚の女刑事なんかにも見透かされちゃってまして…内緒にしてたんだけど、ヒロインにもバレちゃう。だって、無防備に携帯とか放り出しておくんだもん。ヒロインもさ、旦那でもないのに、ボーイフレンドの携帯メールとか見るか?目の前で無防備な形態が鳴ってれば、気になるのはわかるけどさ…大人だったら、そこは我慢でしょ。「着信があったわよ」って手渡しながら、探りを入れてくる…相手がだれか知りたくてたまらないオーラ出しまくってるぞ!見てて、ああ、この女イヤだなぁ~って思っちゃったよ。なんか微妙な空気が流れてたな…。

えっと…一応、切断された腕が発見されるなんていうショッキングな出だしではあったし、途中…第二の事件(?)も発生、事件関係者が誘拐されて行方不明になるなんて展開もあるのだが…事件の真相、犯人なんかはほとんどひねりがなくてですね、やっぱりお前かでした。過去にあったとある事故が事件に関わっているとなった時点で、おのずと犯人も推理できてしまう。やっぱりサスペンスな展開よりも、やたら色気づいたメインキャラたちの恋の行方の方が気になるって感じでしたね。ヒロインの方にも…別のイケメンが言い寄って来て、心が揺れるし。

女刑事なんかも、捜査中はホテル代を浮かすために主人公刑事の家に居候するんだけど、男連れ込むし、真面目に捜査しろよ!クライマックス、真犯人が棚ボタで判明し(共犯者の自白のような形で、あのヒロインが真相を理解し、主人公刑事に教える)…逮捕に向かうんだけど、あと一歩で犯人を捕まえるって段階で、コケて、海に落ちて、意識不明になるし…ダサダサな主人公。お前、まさかこのまま殉職するんじゃねえだろうな?と…何気にドキドキしちまったぜ。で、刑事とヒロイン、そして元嫁が一堂に会すクライマックスが一番スリルがあるぞ(笑)


監督:マティアス・オルソン
出演:ヤコブ・セダーグレン アレクサンドラ・ラパポルト サンドラ・アンドレイス アン・ダール・トルプ


【英Amazonで見つけた海外盤】
DVD Morden i Sandhamn - Säsong 3






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年03月24日

【Ripre案件参加】Xfit×ガンダム NEW TYPE パックをGETしたので使ってみたよ!

テーマ:その他、雑文…
<貝印のキャンペーンに参加中>


この間、“Xfit×ガンダム NEWTYPEパック発売!キャンペーンサイトOPEN”を紹介するRipreの案件に参加したのだが…その後、モニターで実際に商品を試してリポートする別の案件の募集があり、応募しておいたら当選してしまった!募集人数は20名…先週の金曜日にメールで当選連絡が届き、翌日のお昼頃、佐川急便で配達…いや違う、不在通知がポストに入っていたので、午後に再配達してもらった。家にいたのに、インターホンが鳴らなかったんだよね。再配達の時はちゃんと鳴ったので、無事に荷物を受け取ることができたんだけどさ…。

届いた商品はガンダムをモチーフにした“Xfit替刃4コ入第2弾NEW TYPEパック ガンダム”とシャア専用ザクをモチーフにした“Xfit替刃4コ入第2弾NEW TYPEパック ザク”が1ケースずつ、単品定価で756円程の品物だ。この商品は、新発想の“Xfit”なるもので、従来の使い捨てカミソリと、替刃式カミソリのいいところ取りした内容。替え刃カミソリ4個と使い切りホルダーがセットになっている。替え刃は約2週間が取り替えの目安…4個入りなので、1パックで2か月使える計算だそうだ。さらに、モビルスーツなどのヘッドが象られたオリジナルフックも付いてくる。

オリジナルフックは全部で6種類…白色のガンダムパックの方にはガンダムとハロ、赤色のザクパックの方にはシャア専用ザク、同ズゴック、同ゲルググ、ジオングのいずれかが封入されている。パッケージの上から中身が見えるので、自分のお気に入りのデザインを選んで購入することが可能…全種類大人買いしたい人には、全種パックも用意されている。ちなみに手元に届いたフックはガンダムとジオングでした…う~ん使うの勿体ない、このままフィギュアみたいに飾っておきたいって感じだが…剃り心地を試さなきゃいけないので開封しなければならない。

やっぱ主役機ガンダムは温存したいので…レポート用に、最初に開封するのはザクパック、ジオングの方にしようと思います。これがシャアザクとかズゴックだったら、ガンダムとどちらを先に開封するか迷ったと思うなぁ~。一応、シャアが乗った機体ではあるが、専用機じゃないので微妙だよねジオングって…足ないし、赤くないし(笑)でも…アニメ本編の中でも頭だけになったりしたから、こういうヘッドだけを象ったアイテムでも、一番、違和感がないのは確かだよ、うん。余談だけど、ガンダムパックの方…ハロじゃなくて、ボールでも良かったんじゃない?


実際に開封、使ってみたよ♪


Xfit×ガンダム NEW TYPE パック 開封1


Xfit×ガンダム NEW TYPE パック 開封2


パッケージ右側面、ザクが持っている武器ヒートホークのイラストが描かれているあたりに、“OPEN”と書かれた開封口があるのだが(ちなみにガンダムパックの方は、シールドのイラストが途中でチョン切れてて、開封口はほとんど真っ白)、パッケージのデザインもカッコいいのでこのまま残したいですよね?そんな方は…中身と外ケースがテープで止められているだけなので、そのテープを剥しちゃえば、中身だけすっぽりと抜き取ることが可能です。ちょっとバッチイけど、使い終わったら捨てずにケースに戻して、グッズとしてコレクションしてもいいかもね(笑)

梱包上、ホルダーの上部にヘッドの部品が付いていますが…さすがにこんなものがここについていたら、髭を剃るときに邪魔っ気です。つーか、この状態だったらカミソリ(替え刃)が付けられないっちゅーの。開封後は付属の部品、吸盤などと組み合わせてホルダーを組み立てます。上下左右裏表ちゃんと向きがあるので、間違えると、替え刃ケースが取り付けられないとか、うまく組み立てられません。あと替え刃とフックの突起の事を考えないと、えらいことになります。ホルダーがフックにかからないとか、吸盤がうまくくっつかないとか(汗)

付属の説明書を読めば何も難しいことはありませんよ…ぜんぶ横着して説明書を読まなかった自分が悪いんです、ハイ(ああ、組み立てまごついたのバレバレだよ)。かつてガンプラ少年だったお兄さん、お父さんなら…マニュアル慣れもしているでしょうから、組み立て方法を間違えるなんてことは絶対にないでしょう。でもって、無事にフックが完成したので、今度は本当に吸盤がくっつくのか検証してみたくなる…色々なものがいっぱいくっついてるから、重さに耐えられなくてすぐに落っこちたりするんじゃないの?なんて疑いも抱くわけで…。


Xfit×ガンダム NEW TYPE パック 開封3


吸盤を取り付けるのは、光沢のある平らな面、吸盤よりも大きいタイル、ステンレス、鏡、透明ガラス、金属塗装面などだそうだ。実際には洗面所の鏡で使おうかなと思っているんだけど…写真撮影の事も考えて、自室にあったあるものを代用。実は、前にガンダム35周年の一番くじで入手したビジュアルマットをですね、ダイソーで買ったA3サイズの額縁に入れて飾っているんですけど、その表面にくっつけてみる。ああ、ちゃんとくっついたよ(その後、鏡やガラスでも試したけど問題なし)、やっぱホルダー自体が軽量なのも関係しているのかなぁ?

そうなんです…普段は一般的な替え刃式のホルダーを使っているので、けっこう重たいんですよね。それに比べて、Xfitのホルダーの軽いこと、軽いこと。本当に使い捨てカミソリと同じくらいの重さしかない。でもですね、よく旅行とかにもっていく使い捨てのものなんかより持ち手がしっかりとしているので、通常のホルダーを使っている時となんら変わりなく使用できるんですね。うーん、けっこう使い勝手がいい。替え刃の取り換え時の着脱なんかも簡単で、最初はポンとはめ込んで、刃を外す時は裏側の突起部分を親指でポンと押すだけだしな…。


Xfit×ガンダム NEW TYPE パック 開封4


Xfit×ガンダム NEW TYPE パック 開封5


Xfit×ガンダム NEW TYPE パック 開封6


で、実際の剃り心地だけれども…横着してしばらく伸び放題にしていた髭も、普段使用しているものと遜色ない程度に剃れました。何気に、自分は肌とか弱いんでね、シェービングもあまり使わないことが多いんだけど、風呂上りなんかだったら、余裕でイケましたよ。また、髭を剃るのが何気にあまりうなくなくて、後から剃り残しがあった(外出直前とか)なんて気づくことも多々あるんだけど…そうい時も、お湯を使って髭を温めるなんて手間をかけず、直接、これを使ってパパっと剃っちゃったり…そういう使い方もできて助かりました。

とりあえず、2か月パックを2個いただいたので…このまま使い続けてみようかなって思います。おっと、肝心な事を書くのを忘れるところだった…現在、対象商品を購入するとプレゼントに応募できます。商品に貼られているシールをめくると、そこにシリアル番号が書かれてまして、キャンペーンサイト(http://thenewtype.jp/top/menu)上の応募ページに入力すると、その場で「地球連邦軍ロゴ入りBluetoothスピーカー」か「ジオン公国宇宙攻撃軍仕様オリジナルポーチ」が当たるゲームに挑戦できる。各150名に当選…残念賞で壁紙のダウンロードもあります。

貰った商品で…プレゼントに当たったらどうしよう?なんて思いつつ…応募にチャレンジ!初回のみ…メールアドレスの登録が必要で、あとはシリアルを登録するだけ。とりあえずファーストトライ…コックピット風の画面で、迫ってくるモビルスーツ(グフのシルエットっぽかった 訂正、よく見たらザクでした)を撃つという体で、ボタンをクリック。案の定…画面には残念の文字が!?そう簡単には当たらない(泣)その後、壁紙のダウンロードページが表示。3種類あるんだけど好きなものが選べるわけではなく、応募するごとに入手可能なものが増える仕様でした…最初の絵柄はガンダム。

現在、もう1口あるので…あとでまたチャレンジしてみよっと♪あっ、でもこれだと壁紙は全部コンプリートできないや…同居の家族にもすすめて、同じ商品を買ってもらおうかな?ちなみに、グッズに当選すると壁紙の方も3種類いっぺんにGETできるそうです。さらにですね…このプレゼントにはずれても、キャンペーンシールを6枚集めるともう一つ、他のプレゼントにも応募可能。付属フックと組み合わせて使う、替刃交換日をカウントできるオリジナルカレンダーなるものが抽選で1000名に当たるそうです。シール6枚あれば、壁紙も全部コンプできますね♪


Xfit×ガンダム NEW TYPE パック 応募1 Xfit×ガンダム NEW TYPE パック 応募2

Xfit×ガンダム NEW TYPE パック 応募3 Xfit×ガンダム NEW TYPE パック 応募4







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年03月24日

鈴木光司 リアルホラー 第二夜 檜/クライ・アイズ(2015年)

テーマ:日本TVドラマ
鈴木光司 リアルホラー 檜/クライ・アイズ

日曜日の夜にエアチェックしておいたBSフジ開局15周年スペシャルドラマ「鈴木光司 リアルホラー」を鑑賞…3週にわたって全6話放送するうちの2週目で、原作は前回同様「アイズ」という短編集から。10年位前にハードカバーで原作小説を読んでるんだけど、覚えている話と、まったく記憶にない話が混在…最初に流れた「檜」の方は小説の内容を忘れていたが、「クライ・アイズ」の方は収録されていた短編の中でもけっこう面白い内容でして、印象には残ってたんだよなぁ~…鈴木光司の「アイズ」といえば、真っ先にコレを思い出すんだよね、オイラ…。


「檜」 監督:寺内康太郎 出演:山本裕典 山下容莉枝 神原哲 古川慎 木村清志 木村皐誠 玉野るな

名波啓二は給食センターで働いていた…弁当を作り、お年寄りなどに配達するのが仕事だ。啓二は母親と二人暮らしで、とっても仲が良く…働いたお金で母親を旅行に連れていきたいと考えていた。ある日、新しいお客に弁当を届けることとなり、そのお客の老人が足が不自由だったので、家の仲間で運ぶことになった。その際に一枚の写真が目に入った啓二…なんとなく見覚えがある風景だ。その夜から、謎の少女が出てくる不思議な夢に悩まされるように…。母親に風景の事などを相談しても要領を得ず、自分の手で真相を探ろうとするが…。


原作を読んだ事を忘れていたが…物語の主人公じゃないけど、映像を見ていてアレってなんか記憶が刺激されました。たしか、原作では恋人と映画か何かを見に行って、そこに写っていた風景に見覚えがあるって話じゃなかったっけなぁ~?なんとなく思い出してきたけど…設定とかだいぶアレンジしてあるので、知らない話を見る感覚で楽しめました。ただ、内容を忘れていても…途中でなんとなくオチもわかったというか…演じている役者さんの演技がうますぎて、オチはそれしかないよねって、おのずと答えが導き出せると思いますよ…コレ。

母子家庭…ちょっとマザコンっぽいお兄ちゃんが主人公(仕事してるので、たぶん成人はしているのだろう)で…お母ちゃんの方もすごく息子を溺愛してる印象を受ける。和気藹々とやっているように見えるんだけど…ところどころでお母ちゃんがものすごく怖い顔するんですね。自分の生い立ちを聴いても恍けるし、不思議な夢の話とかしてもあえて反応しないようにしてるし…で、自分の記憶探しを始めた主人公が外出しようとすると…「どこいくの?」ってものすごい形相で迫ってくる…息子の方も、ビビリまくりで、「パチンコ」なんて出まかせを言ってみるが…。

で、誘われるように…写真の場所にたどり着く主人公。かつて自分の住んでいた場所を探り当てるんだけど、既にボロボロになっている。地元の人に廃墟マニアと間違えられ、こっぴどく怒られたりするんだけど…必死の形相で何があったのかと訊ねる。怒ってた人も、なんだコイツの目で仕方なしにその場所で起きた事件の説明…記憶が蘇り、疑惑が確信に変わった瞬間に、ゾワゾワってきましたね。自分が信じていたものが一瞬でひっくり返ってしまう。答えを知った主人公がどんな行動に出るか知りたいけれども…そこは想像に任せるということのようで…。


「クライ・アイズ」 監督:寺内康太郎 出演:武田真治 長宗我部陽子 近藤奈保妃 藤沢大輔 

妊娠9か月目…もうすぐ出産を控える稲垣有子。夫は単身赴任中で…翌日には赴任先に戻らなければならなかった。そんな晩…隣の家に車が停まった。自宅の監視カメラでその様子を見ていた有子は不審がって夫に相談するが、単なる引越しだろうと取り合ってくれない。翌日、夫を送り出した後に、ふと隣の家の窓を見ると…窓の側に椅子に座ってまったく動かない女性の姿が!それから気になって、よっちゅう隣の様子を窺っていたのだが、ついに男が女性の首を絞め殺す瞬間を目撃してしまい…慌てて傾圧に通報するのだが…。


これもね、原作とぜんぜん設定が違った…原作だと隣の家を覗き見してしまう主人公は男だったような気がするし、それどころか住宅街の話じゃなくて、ホテルから向いにある高層マンションの一室を覗いてしまうというような話だった気がするんだけどなぁ~。たぶん、隣人の生活を覗き見してしまうというシュチエーションだけを残して、アレンジしてあるのだろう。想像と違う雰囲気ではあったが…かえって普通の住宅街で進行する出来事ということで、より身近なホラーとして怖くなったのは確か。隣にどんなヤツがすんでるかわからないって、今じゃ普通だもんね。

ウチの隣にもアパートがあって、もちろん大家の顔は知ってるんだけど、誰が住んでるのかまったくわからない。若い人なんかも単身でけっこう住んでまして…特に女性が夜中にヒールをカツカツさせながら階段を上り下りする音なんかが頻繁に聴こえてくるんだけど…うるせーよなんて思いながら、カーテンをひいて、いったいどんなヤツなのか顔を拝んでやりたい欲求にかられたりもするわけよ。まぁ、相手と目が合っちゃったりしたらそれもそれで嫌なので、特に何もしないんだけどさ(笑)ああいう人が何か犯罪をしたら…なんて妄想にかられてしまったり…。

えっ、ナニナニ…その隣のおねーさんも、隣に住んでるオヤジがキモイとか思ってるに違いないって?(笑)原作の方も、短編ながら…展開が二転、三転して面白かったが、映像版もなかなかでしたよ。隣人の怪しい男を演じる武田真治の、どことなく狂気を孕んでるような目がやっぱり印象的。それに輪をかけて、やたら目力があったのが妊婦役の女優さん…血走って、ヒステリックにわめき散らす姿は、武田真治よりもある意味ホラー顔で怖かったぞ!演じてるのは長宗我部陽子…ああ、この人、釈由美子版の「修羅雪姫」(←懐かしい!)にも出てたなぁ~。


【原作小説はこちら】
アイズ (角川ホラー文庫)






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。