1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2013年09月30日

黒豹のバラード(1993年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-黒豹のバラード 

こんなDVDが出ているのを知らなかった、「黒豹のバラード 」をネットでポチる…最初はヤフオクで見つけたんだけれども、ヤフオクの出品者が楽天内に出店しているショップと同じで(リトルタフ ってショップ)、この間の優勝セールの時に勢いで注文してしまったのだ。他にもいくつか取扱店があったんだけれども、発送方法でメール便がチョイスできるなどもあったので、このショップに決める。27日の0時過ぎに注文をし、その日に発送手配まで進んだので、日曜日の夕方にはヤマトのメール便で自宅に品物が届いていたので、本日、さっそく鑑賞した。

実はこれ、日本語字幕入りの韓国版だとかで…Amazonみたいなちゃんとしたショップでは取り扱ってません。値段もオープン価格みたいで、オイラが購入したショップでは525円(税込)で売られていましたが、他の楽天内の取扱店でも500円で売ってるところもあれば、1000円で売ってるところもあります。中身のクオリティはあくまで500円レベル…まず字幕の翻訳は“かなり怪しい”です。4:3のLB(非スクイーズ)収録で、5.1chと書かれてましたが、実際は2ch収録。リージョンはALLで、英語、韓国語、英語、仏語の字幕も収録されています。


 勝手に映画紹介!?-黒豹のバラード DVD1 勝手に映画紹介!?-黒豹のバラード DVD2



1898年、米西戦争中のキューバ…小隊を率いるアフリカ系アメリカ人のジェシー・リーは、連隊長のグラハムが、金塊を隠している事実を知ってしまい、仲間のリトル・J、ウィージー、オボボ、エンジャルらとグラハムの罠にハマってしまうのだが…ジェシーの機転と早撃ちでその場をうまく脱する。やがてアメリカに戻って来たジェシーは、いったん仲間と別れるのだが、仲間が追いかけてきたグラハムに見つかってしまい、再び合流、一緒にグラハムの故郷“自由の街”を目指すのだが、グラハムにはやり遂げなければならないある目的があった!

この作品、LDでもってるんですけど…ひとつ前に書いた「ザ・パッケージ 暴かれた陰謀」の書き込みでも触れたように、LDプレーヤーの調子がおかしくなっちゃって、LDが簡単に見れない状況になっちゃった(亡き父親のLDカラオケを使えば見れるんだけど)…で、DVDが出てくれないかなぁと、ずっと思ってた作品なわけ。ですから、誤訳だらけの字幕(戦ってる最中の敵に対して警護だったり)さえ我慢できれば、非スクイーズ収録であっても、値段を考慮すれば、悪くない買い物かなと。プレーヤーの方で調整すれば、非スクイーズでも充分、視聴可能レベル。

「ニュージャック・シティ」で黒人ギャングが、裏社会でのし上がっていく姿を鮮烈に描いたマリオ・ヴァン・ピーブルズが、続いて撮ったのは、白人の圧政を打倒する、異色の黒人ウエスタンだったということで当時話題になりましたね。普通の西部劇と違って、主要人物がほとんどが黒人、そして白人がとにかく圧倒的に悪い奴として描かれてます。英雄となる、黒人主人公たちの中に、1人だけ白人のスティーブン・ボールドウィンが混じってるんだけど、他の白人映画の中でいう黒人のような扱いにちゃんとなってて、虫けらのように殺されるのが印象的。

主人公のピープルズに反撃され、片目を負傷した悪役ビリー・ゼインが、アイパッチ姿で執拗に追いかけてくるんだけれども、ピープルズにはもう一つ目的があった。実は、黒人の自由を唱えていた父親が、白人にぶっ殺されてしまったという過去を背負っていて、生まれ故郷に戻って、そいつらに復讐しようとしていたのだ。悪党ゼインから奪った金塊を特製の銃弾に加工し、それを使って復讐相手を一人一人血祭りに上げていく!最終的には黒人の街を奪い取ろうとしている白人保安官(KKK)と、結託したビリー・ゼイン両方を相手に大立ち回り!

黒人バンピーたちを扇動し、白人に立ち向かっていくクライマックス…ガトリング砲で狙っている相手に、火のついたダイナマイトを加えてツッコんでいく姿がとにかくかっこよくてしびれるのであった。そういえば、今日見たもう1本「ザ・パッケージ」にもパム・グリアー姐さんがチョイ役で出てたけど、本作にもチョイ役出演(アイザック・ヘイズとかも出てるし…ブラックムービーのオールスター大集合的なノリ?)、過去にLDで持ってたパム姐さんの出演作品のDVDを同じ日に入手し、同じ日に鑑賞するというのもなんだか不思議な偶然ですなぁ~。


監督:マリオ・ヴァン・ピーブルズ
出演:マリオ・ヴァン・ピーブルズ スティーブン・ボールドウィン チャールズ・レーン ビリー・ゼイン


【DVDソフトの購入】
★黒豹のバラード★DVD新品★







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年09月30日

ザ・パッケージ 暴かれた陰謀(1989年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-ザ・パッケージ 暴かれた陰謀 

楽天の優勝セール、楽天ブックスで実施していたDVD390円セールで注文しておいた「ザ・パッケージ 暴かれた陰謀 」(このリンクはAmazon)が届いたのでさっそく鑑賞。この作品はLDで所持していたのだが、最近、プレーヤーの調子が悪くなってしまったので、この機会にDVDを買っておこうと思った…まだブルーレイが出てないしね。ちなみに、楽天のセールは昨晩で終了、DVDの値段も1枚1000円に戻ってしまっているのでご注意を。でも、ペナントレースでこれだけの盛り上がりだから、もし日本一(その前にプレーオフか?)になったら、またやるかもね?

ドイツで行われていた米ソ平和条約締結の会場で、テロリストの襲撃があり、アメリカの将軍が殺害されてしまう。警備を担当していたギャラガー曹長は、上官から厳しい叱責を受け、その直後、ウォルター・ヘンケという囚人の護送を命じられる。ヘンケと共に飛行機でワシントン空港に到着したギャラガーだったが、暴漢に襲われ、その隙にヘンケも逃がしてしまう!仕方なしに、ヘンケの自宅に向かい、妻に接触するのだが、そこでヘンケが別人であることに気づき、不審に思ったギャラガーは、軍の情報部で働く元妻に協力を依頼するのだが…。

ジーン・ハックマン扮する軍人が、陰謀に巻き込まれ、殺人犯にされてしまい…別れた嫁さんやベトナム戦争時代の戦友の協力を得ながら、真相と真犯人を突き止めるというポリティカルサスペンス。監督は初期のセガール映画を2本も撮っているアンドリュー・デイビスなので、冒頭からテロリストの襲撃、それを迎え撃つハックマンたち警備隊との銃撃戦と、なかなか見ごたえのあるアクションもぶっこんできてさすがである。極寒の西ベルリンから物語はスタートするんだけれども、途中でアメリカに舞台を移し、最終決戦はデイビス作品お馴染みのシカゴの街へ。

けっこうアンドリュー・デイビスの十八番演出がつまっており、出演者もデイビス作品の常連が多目だ。後に「沈黙の戦艦」「逃亡者」といったデイビスの代表作ともいえる作品に出演したトミーリー・ジョーンズが、経歴を誤魔化し、ハックマンに護送される囚人を演じている。この男が関わる謎の組織から、殺人の濡れ衣を着させられたハックマンが、それこそ「逃亡者」のリチャード・キンブルよろしく奔走するのだけど、ジョーンズの役柄が、罪を被せた側であり、主人公に追われる側でもあるというのが、「逃亡者」と比較すると面白いなぁと思うところだ。

他にも「刑事ニコ/法の死角」でセガールの相棒を演じていたパム・グリアー姐さんなんかが、チョイ役で登場…本当に出番が少ないチョイ役なのが残念、アクションとかにももっと絡んでほしかった。結局、サスペンスよりも、アクション重視な印象を受けてしまうのが良くも、悪くもアンドリュー・デイビス作品なのだが、クライマックス、街中を走り回って、敵の策略を阻止しようとするジーン・ハックマンの姿に、それこそ「フレンチ・コネクション」なんかもダブらせてしまうわけでして、途中から刑事になっている戦友との定番バディムービーとしても見れたりする。


監督:アンドリュー・デイビス
出演:ジーン・ハックマン ジョアンナ・キャシディ トミー・リー・ジョーンズ ジョン・ハード デニス・フランツ


【DVDソフトの購入】
DVD ザ・パッケージ 暴かれた陰謀







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年09月29日

HOMELAND/ホームランド(2011年)

テーマ:海外TVドラマ

 勝手に映画紹介!?-HOMELAND/ホームランド vol.1

無料のBSチャンネル、Dlifeで毎週土曜の夜にエアチェックしておいかけていた「HOMELAND/ホームランド 」が最終回を迎えた。「24」の製作陣が携わっているというサスペンスドラマということで話題に。格安で買える海外盤(独盤でしたっけ?)のブルーレイには日本語が入っているなんていう情報もあったが、タダで見れるんだったら、無理して買う事がない、とりあえず内容をチェックしてからでも遅くはないかなと思って見始めた。全12話ということで、HGモード録画を基本(一部DR使用)に、4話ずつ3枚のディスクを消費。最終回は通常の約2倍の尺だった。

バクダッドで諜報活動中のCIAエージェント、キャリー・マティソンはテロリストのアブ・ナジールを追いかけていた。その時、アメリカの捕虜がナジール側に寝返ったという情報を入手する。それから10か月後…陸軍特殊部隊がテロリストの基地を襲撃。そこで、2003年にイラクで行方不明になり、死亡したとされていた米海兵隊のニコラス・ブロディ軍曹を発見し、救出する。やがてブロディはアメリカに帰還し、英雄として迎えられるのだが…キャリーは“捕虜が寝返った”という情報を思い出し、ブロディがテロリストの手先ではないかと疑い出すのだが…。

話題になった劇場作品「ゼロ・ダーク・サーティ」なんかとも比較されていた作品…女性CIAエージェントが、テロ阻止のために執拗に情報を追いかけるなんていうところは確かに似ている。この主人公のエージェントを演じているのはディカプリオと共演した「ロミオ+ジュリエット」でジュリエットとか、ニーソン版の「レ・ミゼラブル」でコゼットを演じたクレア・デインズ。こういった作品をリアルタイムで見てきたオイラなんかは、けっこうキュートなイメージが印象に残ってるんだけれども…なんか知らないうちにCIA役なんてが似合う凄みのある女優に成長していた。

まず1話目の前半部分…デインズが下着姿で、股をゴシゴシ拭いているなんてシーンにやられた。そこには、くりくりした目がとても愛らしかった、純な女の子の姿はない(笑)彼女の演技が話題になっているだけあり、その後も数多くの体当たり演技をみせ、文字通り身体を使った情報収集から、躁鬱を繰り返すエキセントリックなシーンまで幅広くこなす。帰還兵=テロリストという情報に固執するあまり、どんどん狂気に満ちていく後半エピソードは確かに圧巻であった。ただね、濡れ場演技に関しては、帰還兵の嫁さんを演じるモリーナ・バッカリンに負けてたな。

一方、帰還兵を演じるダミアン・ルイスもやたらと不気味である。キャリーの推測通り、こいつは本当にテロリストなのか?確かに“怪しい”という疑惑がいくつも浮上しては、新たな事実で“否定”も繰り返し、なかなか正体をつかませない。ただね、家族に内緒で(もちろんCIA側もキャッチしていない)…イスラム狂に改心してて、夜中にこっそりと起き出してお祈りとか始めちゃうし…視聴者としての心象は、キャリーの推測と一緒で、限りなく黒に近い灰色って感じである。テロリストではないというある裏付けで、キャリーすらも納得しかけるんだけれども、信用できない!

「24」のように、あまりテンポがあるドラマではなく、展開が意外とダラダラしていたので、最初の頃は、それこそ帰還兵の奥さんの濡れ場(夫が戻ってくる前は、夫の戦友と関係を持っていた)とか、お色気シーンくらいしか…楽しむ場所がなかったんだけれども、それでもなんか気になって見てしまう部分はあり、我慢して付き合ってたら、中盤あたりからは、どんどん物語が動いていって、面白くなった。あと数話を残したところで、帰還兵の正体についてシロ、クロも判明(どっちかは内緒)。それと同時に、テロリスト、アブ・ナジールの真の狙いも明かされる。

いよいよ危惧していたテロ計画が本格始動し…キャリーも窮地に追い込まれてしまう最終回。かなりスリリングではあったんだけれども、既に日本でもシーズン2のソフトがリリースされていて、続きがあるというのがわかっちゃってたので、ちょっぴり結末は予想できてしまったか?まぁ、このシーズン1で一番重要なのは、帰還兵のダミアンがシロ、クロかであるから、そこがちゃんとわかっただけでも収穫。それをふまえ、新たな戦いが再び始まるのであろうと期待する。心身ともにボロボロになったキャリーがちゃんと復活してくれることを願うばかりである。


製作総指揮:ハワード・ゴードン アレックス・ガンサ
出演:クレア・デインズ ダミアン・ルイス マンディ・パティンキン モリーナ・バッカリン


【DVDソフトの購入】
DVD HOMELAND/ホームランド vol.1







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年09月28日

やればやれるぜ全員集合!!(1968年)

テーマ:邦画

 勝手に映画紹介!?-やればやれるぜ全員集合!! 


木曜日にNHKのBSプレミアムでエアチェックしておいた「やればやれるぜ全員集合!! 」を鑑賞…6月に放送した「なにはなくとも全員集合!!」に続くドリフ映画の2作目!6月の放送でBDに保存できなかった(録画がかぶったのでiVDR-Sに保存してある)1作目の再放送も事前にあり、大助かり!1作目をHGモードで録画、2作目をDRモードで録画して1枚のBD-Rにまとめて焼いて保存。ドリフ映画はDVDやブルーレイになってなくて、Amazonでマケプレ出品者からVHSを購入するくらいしか鑑賞の術がないので、NHKには今後も率先して放送をしてほしいぞ。

東北の寒村、日陰村の鼻つまみ者5人、碇矢、荒井、仲本、高木、加藤は…一旗揚げようと、故郷を後にして上京、それぞれ自分の目指す道へと進んでいった。一年後、碇矢と加藤は一緒にボロアパートに住みながら、埋め立て地の作業員として働いており、2人は食事の移動販売にやってくる、みつ子という女性に想いを寄せていたのだが、そのみつ子が、父親がこしらえた借金のせいで、雇い主であるレストラン花園の社長・北小路に無理やり結婚を迫られているという事実を知ってしまう。その頃、ちょうど仕事に行き詰っていた他の3人と再会し…。

「なにはなくとも全員集合!!」は、ドリフ映画といいつつも…どちらかというと、一緒に出ていた三木のり平の方が目立っていた作品だけれども、ようやくドリフメインの話になったって感じなのが、この2作目だね。ドリフの歌唱シーンなんかも頻繁に挿入されるし。話を動かすのはゴリラ顔の長さんと、当時の一番人気であろう加トちゃんなわけですが…。でも、高木ブーなんかも、動きは少ないけれども、おいしい笑いをしっかりともっていくので、侮れませんね。皆で、金を出しあって酒盛りをする時に、加トちゃんのへそくりをタイミングよく見つけちゃうなんて最高!

松尾嘉代演じるヒロインには、恋人の平尾昌晃がいて、さらには見るからに怪しく、スケベそうな会社社長との結婚話も進行中(親父の借金のカタに無理やり)…そこに割って入ろうとする長さんと加トちゃん。2人とも、ねーちゃんが自分に惚れてると勝手に思い込み、話をややこしくするんだけど…。やがて、仕事で出世したと見栄を張っていたが、実際は物乞いに転落していた他のメンバーと偶然に再会、よし俺が面倒をみてやるぜと、かっこよく決めたリーダーの長さんだったが、仕事場に顔を出したら自分もクビになっていたというオチがつく。

一念発起したメンバーは、全員で住み込みの仕事を見つけて働き始める。100万円を貯めた暁には、自分たちでレジャー施設を開業するんだという夢を抱き。で、必死に働いて、あっという間に100万円GET!札束持って、土地を買いに不動産屋に出かけていくんだけれども、対応に現れた担当社員の田中邦衛に「土地は売れん」と軽くあしらわれてしまう。長さん、手付金の10万も払ってたんだけれども…書類に不備があったりして、最初から騙されていたという寸法。やいやい、社長を呼びやがれと猛抗議をするメンバー、そこで意外な事実が発覚する!

その社長っていうのが、長さんと加トちゃんが惚れていたヒロインに、無理矢理結婚を迫ってたスケベ社長だった。さらに、自分たちがクビになった仕事の雇い主も同一人物らしいと。それを知った長さんたちは、結婚式をブチ壊そうと計画!で、作戦の立案はまさかの加トちゃん…まず社長を結婚式場で拉致、そのまま箱詰めにして、貨物船でアフリカに送ってしまおうという、漫画みたいな作戦(笑)社長の経歴には怪しいところがあって、本当は日本人じゃない(喋り方がカタコトだった)から、国外に追い出せば、戻ってこれないだろうということなんだけれども…。

大それた話になってきて、人助けのためとはいえ、とうとう犯罪者に成り下がってしまった5人に笑えなくなったりもするんだけれども…コメディだというのを忘れていない素晴らしく強引な展開があり、二転、三転、劇的なクライマックスが待ち構える。これだけ骨を折っても、結局は恋の方はまったく成就しないというのもお約束…見てる方は最初から負け戦だって分かってるんだけれども、最後まで気づかない、おめでたい長さんと加トちゃんが哀れで、やっぱり可笑しい。最後は愉快に、ビバノンロックを歌ってお別れです。また来週…ではないんだよね。


監督:渡辺祐介
出演:ザ・ドリフターズ(いかりや長介 高木ブー 荒井注 仲本工事 加藤茶) 松尾嘉代 木の実ナナ


【VHSソフトの購入】
VHS やればやれるぜ全員集合!!
勝手に映画紹介!?-なにはなくとも全員集合!! 






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年09月27日

シティ・オン・ファイア(1979年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-シティ・オン・ファイア 

近所のブックオフで100円でGETした中古VHS「シティ・オン・ファイア」を鑑賞…大都市が大規模な火災に見舞われてしまうという群像劇タイプのパニック大作。現在は未DVD化のようで、日本のAmazonで検索すると、マケプレ出品者が出している映画グッズと、タイトルが似た別作品しか見つからなかった。英語タイトル“City on Fire ”で検索すると輸入盤のVHSソフトがひっかるのだが、こちらも現在は在庫がないようだ。入手したVHSだけど、ケースが、パカっと開くタイプじゃなくて、けっこう頑丈な透明のプラケースというのが、年代を感じさせる。

アメリカ西部に位置する、人口100万人のある都市…元知事夫人のダイアナが、病院を市に寄贈するため戻って来た。過去に結婚歴が2回もある彼女は恋多き女としてマスコミを賑やかしているのだが、実は現市長とも不倫関係にあり…。一方、製油所に勤務するハーマンはリストラに遭ってしまう。腹いせに、施設内の設備を破壊して去っていくのだが、それがきっかけで、その後、大規模火災へと繋がるとは思ってもいなかった。ちょうどその頃、隠れて煙草を吸っていた子供が火災を起こしてしまい、消防隊員たちが出動していたのだが…。

ああ、これメチャクチャ面白いじゃん…絶対にDVDとかブルーレイで出した方がいいんじゃない?ちゃんとした画質で再鑑賞したいなぁ~。群像劇なので、登場人物が多く、最初はちょっと散漫な印象も受けたんだけれども…退屈に感じた様々な登場人物たちの日常描写が、後のドラマの伏線になっていて、パニックシーンの盛り上がりにちゃんと繋がってたんだよ。まず、クソガキたちが、興味本位でこっそり煙草を吸っていて、それが最初の火災に繋がる。そのクソガキが投げ捨てた煙草があっという間に燃え広がり、アパートを全焼させてしまうのだ。

自分の家を燃やしてしまったというのは自業自得なんだけれども、実は家で寝ていた妹が火災に巻き込まれ重体、それどころか妹を助けに行った消防隊員も命を落とす結果になる。なんてことしてくれたんだという思いでいっぱいなんだけれども…次に、もっと大それたことをしでかす男が出てきちゃうわけだよ。リストラされた冴えない男が、腹いせに、勤め先の製油所を破壊。本人としては、八つ当たり程度の悪戯だったんだと思うよ…他人のタイムカードを勝手に押したり、幼稚な行動も目立ってたし。でも、知らず知らずに石油が漏れいて、大爆発に繋がる。

一度、爆発が起きると、その火がタンクローリーに燃え移るは、作業員たちは火だるまになって次々と死んでいくはで、それはもう地獄絵図。しかも、その製油所は、現市長のごり押しで都市部のど真ん中に建てられていたもんだから、あっという間に火の手が燃え広がり、街中で火災が起きてしまう!しかも、消防隊は他の火災に出動中なので、消化活動も間に合わないしって寸法なわけよ。このシーンを見ていて、3.11の時の“地震火災”が思わずダブる。人の手によるものと、自然のものと…きっかけの違いはあるものの、火の恐ろしさがよく伝わってくる。

でもって、みんなキーになる登場人物が、偶然にも病院に集まってきちゃうわけだ。最初の火災を起こしたあのクソガキと重体の妹、そして死にかけている消防隊員。もちろん、病院寄贈のイベントのため来場していた元知事夫人と市長(不倫関係)に、諸悪の根源、リストラ男なんかもいる(こいつ、元知事夫人のストーカーでもある)。そこに、第二の火災である製油所の方の被災者も次々と運び込まれてくるんだけれども…実は、その病院はまだ運営がちゃんとしていなくて、設備も人手も不足しているわけ、だからパニックなんてもんじゃない。

医者やナースたちの懸命な処置、消防隊員たちの命がけの消化活動が続き、その様子をマスコミが報道してるんだけれども、あまりにも悲惨な現場なので、キャスターのおばちゃんが途中で鬱っぽくなったりもするのが妙にリアル。そして、火の勢いは衰えず、とうとう病院にまで迫ってくる!燃え盛る火のせいで、現場一帯が、酸欠状態になり、治療中の患者たちでさえ避難を余儀なくされるんだけれども…これまた難儀で、逃げ道がないときた。いったい、どうやって脱出するのか…全員無事に生き延びることができるのかというのがクライマックスである。

最近の映画だと…どうせハッピーエンドで終わりだろ?って読めてしまうんだけれども、昔の作品っていうのは、エンドクレジットが始まるまで予断を許さないところがあるからね、この人が死んじゃう位だから、あの人も助かるかどうかわからないぞと…かなりハラハラドキドキ。個人による些細で身勝手な出来事が大都市を簡単に破壊してしまうという恐ろしさに警鐘を鳴らしつつ、個々の登場人物たちの伏線ドラマを見事回収していく様が見事。不倫スキャンダルも思い出したように関わる恋多き女のラブストーリーの行方、市長の汚名返上な活躍も見どころだ。


監督:アルヴィン・ラコフ
出演:バリー・ニューマン スーザン・クラーク ヘンリー・フォンダ エヴァ・ガードナー レスリー・ニールセン


【米Amazonで中古VHS発見】
VHS City on Fire







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年09月26日

今日、午後ローでやるじゃん、ヴァン・ダムの「レクイエム」を、先日リユースDVDで買っていた…

テーマ:その他、雑文…

勝手に映画紹介!?-ジャン=クロード・ヴァン・ダム レクイエム


楽天のDVD-outlet で、品切れだった「ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー」が再入荷していたので、今さらながらに購入しておいたんだけれども(前より200円高くなったけど、他のショップで買うより安いので、転売屋に買い占められる前に今回はポチっておきました)、その時についでに300円のリユースDVD(いわゆるレンタル落ち中古)も一緒に、2枚ばかり注文しておいた。そのうちの1枚がこれ、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の「レクイエム 」なんだけれども…まったくの偶然なのだが、今日、テレ東の午後のロードショーで放送するじゃん!

TV放送の後に、DVDで見るのもなんかかっこ悪いので…先に見てしまう事に!実はこの作品、前にレンタルで視聴済なんだけれども…最近、UK盤のブルーレイで過去のヴァン・ダム作品を見返したりしたのもあり、なんか手元にないヴァン・ダム映画を集めたいななんて思い始めた矢先で、他にも再鑑賞したいなって思ってたわけ。届いた品物はシュリンク梱包してあるので、一見、新品にも見えるのですが、先述の通り、リユースDVDなので、ジャケ裏にはレンタル専用の文字があり、ディスクにはUSEDセル用のシールも貼られています。


勝手に映画紹介!?-ジャン=クロード・ヴァン・ダム レクイエム 2勝手に映画紹介!?-ジャン=クロード・ヴァン・ダム レクイエム 3


本作は2004年のアメリカ映画で、日本での劇場公開は翌年の3月5日…ちなみにオイラがレンタルDVDで鑑賞したのは、当時のブログによると2005年12月、旧作扱いになってからツタヤで借りていた(その時のつたない感想はこちら⇒クリック )。今回、このリユースDVDを買うにあたり、ちょっとね2006年の「ディテクティヴ」って作品と混同しているところがあった。内容はまったく異なるんだけれども…アクションの衰えを、設定等でちゃんとカバーしており、一時期の駄作ヴァン・ダム映画よりは面白く見れる作品になっていたという共通項がありまして…。

注文画面にタイトルだけしか表示されていなくて、ジャケ写真が載ってなかったんだけれども…届いてから、オイラの想像していた映画と違うって思った。でもまぁ、この作品も悪くないんですよね。全盛期ほど…ジャンプキックとかがかっこよく決まったりはしないんだけれども、その分、やたらと銃をバンバンと撃ちまくるし、明らかに本人が演じていない、カースタントやバイクスタントで中継ぎし、無駄なタンクローリーの大爆破なんて見せ場もあるから、アクション映画としてはそこそこ派手目で面白い。さらにマフィア映画なので、拷問シーンまである!

そしてヴァン・ダムの前に立ちふさがるのは…チャイニーズマフィアのボス、サイモン・ヤム!香港映画、ジョニー・トー作品などの常連でもある、あのサイモン・ヤムです。自分の嫁さんをぶっ殺したところを娘に見られ、その娘が逃げ出してアメリカに密航。それを連れ戻しに来て、移民局の職員だったヴァン・ダムの嫁さんをブチ殺しちゃって、実はフレンチマフィアの一員だったヴァン・ダムが、嫁さんの復讐でリベンジに燃えるというストーリーなんだけれども、けっこう前半はサイモン・ヤムの極悪非道なキレっぷりが印象深かったりもします。

ただね…せっかく香港スターのサイモン・ヤムがラスボスなのに、ヴァン・ダムとの一騎打ちが銃で撃ち合いだったっていうのは味気ないな。もうちょっと、がっつりとしたどつきあいが拝みたかったかなと思ったり。でもね、前半のアクションはけっこう人任せ、編集任せな雑さが目立ってたんだけれども、クライマックスのアクションシーン…ザコキャラにはきっちり蹴りをお見舞いしたりしてるので、ヴァン・ダム映画を見たという満足感は一応、味わえたんだなぁ。再鑑賞でも、まぁまぁ面白かったので、午後のロードショーあたりで見るのもちょうどいいはずである。

DVDは一応、R-15指定になってます…拷問シーンがちょっぴりエグかったのと、実は何気におっぱいの露出も多めなんだよ!冒頭から、サイモン・ヤムが嫁さん殺すシーンで、Hの直後だったので死んだ嫁さん裸で死んでるし。あと。ヴァン・ダムも嫁さんと濡れ場があり。その後、ヴァン・ダムの復讐が開始された後に、敵の一人が娼館に潜伏してて、ヴァン・ダムと仲間がそこに乗り込んで、復讐という名の虐殺をするんだけれども、ここでも娼婦のおねーさんが露出してます。地上波のお昼で、どこまで、どのように放送するかも、気になるところである。


監督:フィリップ・マルチネス
出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム サイモン・ヤム リサ・キング アンソニー・フリッドキョン


【DVDソフトの購入】
DVD レクイエム
レクイエム【リユースDVD】【中古】 (DVD-outlet)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年09月25日

キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け-(2012年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け- 


GEOのセットレンタルで借りてきた2012年9月3日発売、レンタル開始の新作DVD「キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け- 」を鑑賞…リチャード・ギア主演のシティサスペンスとの事。って、シティサスペンスって何?って感じだけれども…読んで字のごとく、煌びやかな大都会で巻き起こるサスペンスの事を言うのだろう、たぶん…。お話の内容は、一見、リッチに見えるけれども、実は火の車状態のセレブ社長が、粉飾決済や合併問題を抱えている最中に、愛人を誤って事故死させてしまい…とにかく犯罪を隠ぺいしようと東奔西走するってお話だ。

NY在住のヘッジファンドの大物ロバート・ミラーは…大きな契約をまとめることができず、不満をあらわにして自宅に戻ってきたのだが、その日はちょうどミラーの誕生日で、妻のエレンをはじめ、娘や孫たちがバースデイケーキを準備して待ち構えていた!感謝の言葉を述べ…大いにパーティーを楽しむロバートだったが、パーティーが終わると、こっそり一人で家を抜け出し、ある場所へ向かう。実は彼には、愛人ジェリーがいたのだ!そしてある晩、いつものようにジェリーと密会し、2人でドライブに出かけるのだが、交通事故を起こしジェリーを死なせてしまう!

リチャード・ギアの演技が最高なんて言われてたけれども…ジコチューなセレブオヤジが、愛人ぶっ殺しちゃって、おろおろするっていう、実はけっこうどうでもいい話だったりするんだなぁ。嫁さんや娘、孫たちと“還暦”(いやいや、アメリカに還暦なんて文化は存在しないだろ!)のお祝いをした後に…若い愛人の元へいそいそと出かけて行ってイッパツ!さすがリチャード・ギア、元気な60歳を演じてます。多少は乳繰り合ってましたが、さすがに生々しいシーンは描かれません…どんなテクで若い女を喜ばせてるのか、ちょっと見たい気がしないでもないが…。

愛人とよろしくやって、余裕ぶっこいているこのオヤジ…実は投資に失敗して、会社の資金に穴をあけてしまったんだけれども、経営に携わっている娘たちには内緒にしている。で、知り合いの金持ちから、大金を借りて、こっそり穴埋めをしたんだけれども、その友人から、早く金を返せとせっつかれて逆ギレ!とりあえず粉飾の事実を誤魔化したまま、会社を売り渡して(合併に持ち込む?)、借金返済に充てようとしているわけなんだけれども、どうも合併話もうまくいかないようで、相当にイラついてるわけ。で、家では浪費家の嫁さんにもせっつかれたり…。

間が悪いことに…こんな状況で、愛人とも些細な事で喧嘩してしまうんだけれども、やっぱり嫁さんよりも、若い愛人に癒されたかったのか、夜中に愛人の家に押しかけて、これから別荘に行って楽しもうぜとご機嫌取り。まぁ、この選択が実は一番のミスであり…愛人と別荘に向かう途中で居眠り運転をして、事故を起こす。壁に激突して、車は一回転…幸いギアは助かったんだけれども、愛人は即死!きっと、合併問題やら家族の事が一気に浮かんだんだろうね…この状況はマズイと思い、そのまま遺体を放置してトンズラ、車は爆発炎上してしまう。

建前では、自分が犯罪者として捕まったら社員や家族が路頭に迷うみたいなことを言ってるけど…実際は自分の地位や名誉を守りたいだけなんじゃないかな?。いきなり黒人のあんちゃんに電話して迎えに来いと命令…どうやら相手は、過去に恩を売ったことがあるらしい。そいつに、今夜の事は内緒にしろよ、警察がきても、知らぬ存ぜぬを貫き通せよと強要するんだけれども…さすが、警察だってバカじゃないので、簡単にからくりを見破ってしまう。しかし証拠がない…でも、なんとしてもギアを逮捕したいと思い、立場の弱い黒人を攻める。

いったい、リチャード・ギアはいつまで嘘をつき続けられるのか?そして、この窮地を抜け出すすべは本当にあるのか?という感じで、物語は進行。この事件をしつこく調べる刑事にティム・ロスが扮し、警察側もギアに負けず劣らずな姑息な手段で相手を追い詰めようとしてくるわけで…両者の知恵比べ、水面下での駆け引きが繰り広げられる。窮地に陥ったのも、全部、自業自得なんでね、こんなジコチューのセレブオヤジは早く警察に捕まっちまえばいいんだと、見ているこちら側としては、刑事の方を応援したくなるんだよなぁ~。

こういう時に、一番強かなのは本当の嫁さんですよね…気づかないふりして、実は何でもお見通しなんだなぁ。今、WOWOWでやってる海外ドラマ「スキャンダル」に出てくる大統領夫人もそうじゃない?本作の嫁さんもあんな感じです(笑)演じているのはスーザン・サランドン。そういえばこの人、マイケル・ダグラスの「ソリタリー・マン」って映画で、ヤリチン浮気親父の元妻を包容力たっぷりに演じてみせてたけど、本作では真逆な感じだったな。結局、敵にまわしちゃいけない人を、敵にしちゃったってオチでした(笑)罪を認めるのとどっちが楽なんだろうか?


監督:ニコラス・ジャレッキー
出演:リチャード・ギア スーザン・サランドン ティム・ロス ブリット・マーリング


【DVDソフトの購入】
DVD キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け-







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年09月25日

ブラインドマン その調律は暗殺の調べ(2012年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-ブラインドマン その調律は暗殺の調べ 

GEOのセットレンタルで借りてきた2013年9月4日発売、レンタル開始の新作DVD「ブラインドマン-その調律は暗殺の調べ- 」を鑑賞…リュック・ベッソンが原案、共同脚本等を務めているヨーロッパ・コープ製作映画。目の肥えた映画ファンから見ると、最近はベッソンの名前が逆にネックになりがちだと思うんだけれども、日本で劇場公開されているだけあり、アクションサスペンスとしては単純に楽しめる内容になっている…本編94分という適度な尺もベッソン印だよな(笑)長ったらしい、ダサ目の副題も気になるっちゃ、気になるが、レンタルなら充分楽しめる作品。

パリの高級マンションで、住人の女性がバラバラ死体となって発見された!捜査を担当するのは、妻を事故で亡くし、自暴自棄になっているベテラン刑事のラサールだ。容疑者として元恋人の名前が浮上するが、侵入の痕跡がまったくなく、殺しの手口等から、プロの仕業と判断するラサール。監視カメラの映像をさかのぼって調べ、被害者に接触した盲人のピアノ調律師ナルヴィクを事情聴取する。ナルヴィクが醸し出す雰囲気にただならぬものを感じ取ったラサールは、彼が真犯人ではないかと疑い始めるのだが、誰も信用しようとはせず…。

冒頭、ボディガードに守られたターゲットの女性が、こっそり侵入していた殺し屋にぶっ殺されるシーンは…ちょっぴり「レオン」のオープニングを彷彿とさせるね。でも、被害者の死体を、バラバラに切り刻んじゃうとか、意外と猟奇的(でも、死体が映らないので、ビジュアルは物足りない)。これはサイコサスペンス系の話なのかな?なんて思うんだけれども…主人公の刑事は、捜査をかく乱するためのプロの仕業と、最初から見破っている様子だ。で、とりあえず捜査線上に浮かんだヤク中の元カレを容疑者として調べ始めるんだけれど、これは違うだろうと。

次に目をつけたのが、被害者と接触していた盲目のピアノ調律師…主人公刑事との初対面シーンから、ちょっぴり喧嘩腰で、ただならぬ気配を漂わせている。それは刑事もベテランの勘でピーンときたみたいで、本当に盲人なんだろうかと、さりげなく探ってみたりするんだけれども…相手もそれを見抜いていて、やっぱりただ者じゃない。この時点では冒頭の殺し屋と同一人物かどうかというのははっきりとはわかってなかったんだけれども、この盲人が、新たな殺しを画策し、実行に移すシーンが描かれビンゴ!刑事の勘が正しいことが見てる側には理解できる。

ただ、次のターゲットは…全然、最初の事件と殺しの手法が異なっており(車を使った爆殺とこれまた凝ってるんだけど、やっぱり実際の殺しのシーンはなく、盲人が音で殺しの成否を確認するという)、被害者の性別、年恰好も異なる。いったい、被害者の共通項はなんなんだろうかということで謎が深まっていき、捜査をする刑事たちも盲人=犯人の証拠がなかなか見つけられないと。その後も、捜査陣をあざ笑うかのように、手口を変えて殺しを続ける盲人。そう、犯人は「座頭市」+「必殺仕事人」だったってことだよね…ベッソンらしい単純なアイデアではある。

どんどん事件の核心には迫っていくんだけれども、盲人犯人説を一人で主張して孤立していく主人公刑事…若い女の部下だけが、援護射撃をしてくれる。この若いねーちゃんが、どうやら中年好きのようで、刑事のおっさんに惚れてる様子。けっこうストレートに、そして積極的に口説いてるのに、死んだ嫁さんのことがあるから知らんぷりをきめこんでる。このあたりは「狼たちのノクターン<夜想曲>」っていう香港映画に出てきた、ベテラン子持ち刑事と部下の女刑事の関係に似てるなぁなんて思って見てました。女刑事の乙女な感じが、可愛らしくてキュンとくる。


監督:ザヴィエ・パリュ
出演:ジャック・ガンブラン ランベール・ウィルソン ラファエル・アゴゲ アルノー・コソン


【DVDソフトの購入】
DVD ブラインドマン-その調律は暗殺の調べ-







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年09月25日

スティーヴン・キング 骨の袋(2011年)

テーマ:海外TVドラマ

 勝手に映画紹介!?-スティーヴン・キング 骨の袋 


昨日、「マルドゥック・スクランブル 排気」を借りるためにGEOのセットレンタルを利用…今月の中旬、下旬の新作はあまり借りたいものが出ていないようなので、9月前半の借り逃しを中心に残りの4本をチョイス…まずは「スティーヴン・キング 骨の袋 」。本作は劇場映画ではなくTVのミニシリーズで、前後編2巻で構成。もちろんレンタル料金は別々。セル商品だと1枚のディスクに全2話がちゃんと収録されてるらしいんだけど…SPEもケチだなぁと思わずにはいられない。前編80分、後編83分…トータル163分。主演は5代目007のピアース・ブロスナン。

作家のマイク・ヌーナンは新作を書きあげ、サイン会を開催したのだが、一緒に会場にいた最愛の妻ジョーが、外出をした際に、交通事故に遭ってしまい死亡した。突然の出来事にショックを隠せないマイクだったが、さらに妻が妊娠していた事実を知り衝撃を受ける。実はマイクの方の原因で過去に医師から、子供が授かるのは難しいと診断されていたのだ。妻の不倫を疑うマイクはスランプに陥ってしまう!気持ちの整理をするため、妻が通っていたダークスコア湖畔にある別荘に滞在をすることにしたマイクだったが、今度は様々な怪奇現象に悩まされ…。

妻の死というのは…ジャケ裏のあらすじにも書かれていたので、展開がわかって見ていたんだけれども、交通量がそれなりにある道路を、信号も使わずに渡ろうとすれば、まぁ轢かれるよなと。しかも、妊娠の兆候なんてもので、心ここにあらずな感じだったからなおさらだ。最初から死亡フラグ立ちまくりだった妻が案の定、バスに正面から体当たりされてご臨終。異変を察知した旦那が外へ慌てて飛び出すんだけれども、無惨な妻の遺体を見てしまうと。この時の嫁さんの死顔が、けっこうインパクトが強くて、一番ホラー作品らしさが味わえる個所だった。

打ちひしがれる旦那のブロスナン…しかも亡き妻の不倫疑惑も発覚!何度も死んだ嫁さんの携帯に電話して、留守電の声を聴いたりして呆けていると、そのうち悪夢に悩まされるように。一番最初の悪夢は、ベタだけどけっこうショッカー音等で、びっくりさせられてしまったんだけれども、その後も幾度となく夢オチ的な演出が多用されるので、段々と驚きが少なくなる。何か衝撃的な展開があっても、どうせ夢だろと思ってしまうわけだ。ただ、現実世界でも…嫁さんらしき幽霊が、電話の着信音でメッセージを送ってきたり…それなりに興味は持続する。

で、そうだ、嫁さんが一人で行っていた別荘へ行ってみよう、何か解るかもしれない(不倫疑惑の答えが見つかるかも?)と…新作小説の執筆を兼ねて、田舎の湖畔にある別荘へと向かうブロスナン。そこで子連れ未亡人と知り合うんだけれども、「あの女に関わるな」と意味深に地元住民に注意を受けたりし、挙句の果てにその未亡人と、監護権(親権)を争っている義父とのいざこざに巻き込まれてしまう。この義父というのが、この土地の権力者らしくて、これまた胡散臭い婆さんといつも一緒にいて、ワンセットなんだけれども…。

他にも、土地に伝わる謎の奇病“ダークスコア病”(発狂した男が、娘を溺死させる!)やら、何十年も前に起きた黒人ジャズシンガーの失踪事件やら、次々と“謎”が提示されていく前編。これ見よがしに、女体のように見える木なんかも出てきたり。風呂敷を広げ過ぎで、後編で伏線を全て回収できるのかなと心配になったりもするんだけれども…物語が動き出すと、話の核心に近づき、まとめに入って行きます。結局、2時間ミステリーのような真相で、あまり怖さは感じられなくなったんだけど、ハッピーエンド系になるのか、バッドエンド系になるのかはつかみ辛い。

権力者の義父とワンセットのババァが実は怪力で、ブロスナンを湖に突き落とすなんてシーンが出てくる…ブロスナン、弱っ!(笑)このババァを見て、なんか「ロシアより愛をこめて」に出てきた、ローザっていうスペクターのおばちゃんをダブらせたのは、007好きのオイラの深読みだけが原因じゃないはずだ。予想通り、一件落着しかけた後に、ババァとブロスナンのリベンジマッチがあり、やっぱりねとニヤリとするのでした(笑)5代目ボンドのブロスナンで、初代ボンド、コネリーの「ロシアより愛をこめて」のオマージュをやってるんだよ、絶対あれは!


監督:ミック・ギャリス
出演:ピアース・ブロスナン メリッサ・ジョージ アナベス・ギッシュ ジェイソン・プリーストリー


【DVDソフトの購入】
DVD 骨の袋







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年09月24日

マルドゥック・スクランブル 排気(2012年)

テーマ:アニメ映画

 勝手に映画紹介!?-マルドゥック・スクランブル 排気 

GEOのセットレンタルで借りてきた、2013年9月25日発売、レンタル開始の新作DVD「マルドゥック・スクランブル 排気 」を鑑賞…冲方丁の同名タイトル作品を、原作に忠実に、三部作で描いたシリーズの完結編。いや~1作目をレンタルで見たのは、もう2年も前の話か…1作品ごとの本編時間が短いくせに、1年に1回だもんなぁ、完結まで3年もかかってるよ、長いよねぇ~。パート2を見た時点で、1作目の内容を忘れかけてたから、ちゃんと話についていけるか心配だったけど、無謀にも過去作品を借りておさらいなどはせず、新作だけ借りてきました。

カジノ経営者のシェルが関わる事件に巻き込また未成年娼婦のルーン=バロットは、緊急法令“マルドゥック・スクランブル‐09”により、特別な力を得て、事件担当官であるドクター・イースターとネズミにして万能兵器のウフコックと共に事件の秘密に迫る。シェルの犯罪を暴くには、彼の記憶が移植されているカジノの100万ドルチップを手に必要があった。そこで、カジノに向かったバロットたちは、伝説の女性スピナー、ベル・ウィングと勝負し、打ち勝つことに成功するのだが、新たに最強のディーラー、アシュレイが立ち塞がる!次のゲームはブラックジャックだ!

前半はSF版カジノロワイヤルの続きです…カジノギャンブルの定番ともいうべき、ブラックジャックでの勝負という事で、ますますカジノロワイヤルっぽくなってきました(笑)殺人を犯したシェルっていうあんちゃんの記憶が、カジノの高額チップに隠されていて、その情報を盗み出す(記憶を調べて事件の真相を究明し、後日開かれる裁判を有利に進めるのが目的)にはどうしたらいいかっていうのだけれど、手っ取り早いのは、何でもできちゃう便利なウフコックの能力を使って、カジノで大儲けすればいいとなり、カジノに乗り込んできたわけですね。

前作では、藤田淑子演じるルーレットの女性ディーラーに勝負を挑み、見事勝利を収めたんだけれども、それだけではミッションは終了せず、続いてブラックジャックで大金を稼ごうとなるんだけれども、下っ端のディーラーを簡単にやっつけちゃったバロットたちの前に、またも凄腕のディーラーが登場し、目的を阻止しようとする。今度は男のおっさんで、演じているのはこれまたベテラン声優の土師孝也、渋い、渋いっすよ。両者の心理的な駆け引きスリリングに描きながら、ゲームは進行。さすがのウフコックもあまり役に立たず、ピンチに追い込まれると。

過去のあらすじ紹介なども特にないまま、途中から始まったものの、前2作ほど小難しいSF要素がないので、物語には入って行きやすかったかな?前回で打ち負かしたオバチャンディーラーも再登場するので、そういえば、この人と戦ったよねって思い出すきっかけにもなった。で、決着はつき…カジノでのやり取りも無事に終了となるんだけれども、安心するのはまだ早く、執拗に追いかけてくるボイルドっていうウフコックの同業者みたいなおっさんが出てきて、設定とかはよく覚えてないので、とりあえずシェル側に加担している悪者と思ってれば間違いない。

このボイルドっていうのが、ネズミ(ウフコック)と色々と因縁があって…途中から、シェルの犯罪なんかどうでもよくなって(一応、解決するので)、2人のしがらみを拭い去るために、バロットがボイルドとガチ勝負を繰り広げると…なんか「ブレードランナー」でいう、デッカードとロイの戦いみたいなクライマックスへ突入するわけです。カジノシーンの緊張感に比べると、シェルへの落とし前の付け方だったり、ボイルドとの最終決戦だったりは、ちょっと駆け足気味だったけど、ビジュアル的な見せ場はそれなりにあって、迫力は感じましたね。

前作、前々作の鑑賞から時間が開いちゃってるので、話の内容を1…10までちゃんと理解しているかというとかなり怪しいもんだが、それでも充分に内容を楽しめた方かな?1作目あたりは、なんか小難しい設定やセリフがいっぱいだったという印象の方が多いんだけどね、2作目の後半あたりから、普通に見れるようになってきた。えっと、ちょっと先になるけど12月にWOWOWで本シリーズの一挙放送が決定したそうです(冲方丁特集でファフナーやシュヴァリエの放送もあるらしい)、もう1回頭からちゃんと見て、頑張って理解しようと思ってます。


監督:工藤進
出演:林原めぐみ 八嶋智人 東地宏樹 中井和哉 磯部勉 藤田淑子 土師孝也


【DVDソフトの購入】
DVD マルドゥック・スクランブル 排気







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。