1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2013年08月31日

新米刑事モース ~オックスフォード事件簿~ Case 2 毒薬と令嬢(2013年)

テーマ:海外TVドラマ

勝手に映画紹介!?-Masterpiece Mystery: Endeavour Series 1


新作の海外ドラマ、ミニシリーズを放送するWOWOWプレミア枠でエアチェックしておいた「新米刑事モース ~オックスフォード事件簿~ 」の第2話目“Case 2 毒薬と令嬢”を鑑賞…1話目の最後でオックスフォードを去るようなこと言ってたけど、結局、相棒というか、お目付け役の警部補にこのまま残って欲しいなぁ~的なお誘いをかけられ、それを受けた様子の主人公モース。オックスフォードとタイトルがついたシリーズが続いてるんだから、まぁ、当たり前だよなと思った次第。という事で、オックスフォードを舞台に新たな事件が起きます。

ガス代集金詐欺の捜査をするエンデバー・モースだったが、捜査ははかどっていなかった。そんな時に、警察署にブライト警視正が着任。サーズデイ警部補の補佐として動き回るモースの経歴に不満を持っている様で、しきりに捜査から外そうとする。やがてモースは、秘書学校の生徒マーガレット・ベルの不審死事件を担当。心臓発作による突然死の疑いが濃厚になる中、部屋にあったタバコの吸い殻に着目し事件性を疑う。彼女の主治医に面会し意見を聞くのだが、その翌日、今度は主治医の同僚が公衆トイレで射殺体となって発見され…。

本エピソードの主要登場人物たちが、入れ代わり立ち代わり登場し、みな意味深な行動をとる冒頭部分…一度見ただけではなんだかよく解らなかったが、最後まで見終わった後に見返してみると、色々とその後の伏線がたくさん張り巡らされていたのが理解できて、なかなかだ。二つの別々の事件が、実は関連があるのではないかと、お得意の名推理でモースが事件を繋げるなんていうのは…1話目とそっくりのお約束なパターンではあるが、人物相関がわりと複雑に絡み合っていて、ミステリーとしては本エピソードの方が推理しがいがあったかな?

1話目でも、サーズデイ警部補以外の刑事なんかからは煙たがられていたモースだけれども、今回は着任した警視正(新しい上司)からあからさまに嫌われている様子。で、この上司が間違った推理をすると、得意になって自分の推理を披露しちゃうから余計に立場が悪くなる。さすがの警部補も庇いきれなくなって、しばらくデスクワークをやっていろなんて言われる始末なんだが、言う事を聞かずに真相究明に突っ走ると。さすがに正確な答えは導き出せなかったが、これ見よがしに出てくる元素記号が真相を解くカギだというのはピーンときた。

作品を見ながら、真相を見破ってやるぜなんて思っている人は注目されたし。1話目よりも、オイラは2話目の方が面白く見れた。だから録画時は一応、両方ともDRモードで録画したんだけれども、BD-Rに焼く際には1話目をHGモードに落とし、2話目をDRモードでそのまま焼いた。これで1枚のディスクに無事にコンプリート完了だ。ちなみに、11月には続編の“Case 3”が放送決定と番組の最後に告知があった。英国PBSの公式サイトを調べると、少なくてもあと3エピソード残っているようで、WOWOWで全部放送するのかは現時点では不明だ。


監督:エド・バザルゲット
出演:ショーン・エヴァンス ロジャー・アラム アントン・レッサー ジャック・ラスキー


【Blu-rayソフトの購入】
Blu-ray Masterpiece Mystery: Endeavour Series 1







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年08月31日

新米刑事モース ~オックスフォード事件簿~ Case 1 華麗なる賭け(2012年)

テーマ:海外TVドラマ

勝手に映画紹介!?-Masterpiece Mystery: Endeavour

海外ドラマ、ミニシリーズの最新作を放送するWOWOWプレミア枠で、本日放送された「新米刑事モース~オックスフォード事件簿~ Case 1 華麗なる賭け」を鑑賞…過去にNHKなどで放送された「主任警部モース」という作品の前日談を描いたスピンオフらしいのだが、元ネタ未見。ただし、エピソード0的な内容なので、オイラみたいないちげん客にはありがたい。イギリスのTV作品だが、アメリカでBDがリリースされているそうで…他にも同シリーズのソフトが検索できたけれども、今回のCase 1は、このBDに単発で収録されている模様。

オックスフォードを中退した経験を持つ刑事のエンデバー・モースは、新しく配属された職場が合わず、退職しようとしていたのだが…オックスフォードのカウリー警察署から捜査協力が要請され、モースも駆り出されることに。事件の内容は15歳の少女メリー・トレムレットが、土曜日に映画へ行くと家族に言い残したまま行方不明になったというものだ。モースは、メリーの所持品の中に、とても15歳の少女に似つかわしくない高価で難解な詩集がある事に着目するのだが、地元の担当刑事には相手にされず、別の自殺事件の捜査にまわされてしまうのだが…。

権力者風、金持ち風の紳士たちが、若い女たちをはべらかして乱痴気騒ぎをしていたらしいと窺わせる冒頭部分に続き、少女の失踪事件。失踪者のクラスメイトたちも、何か知っているような様子だが、口裏を合わせて知らぬ存ぜぬを決め込む腹だ…。きっと、今で言う援助交際の果てに、何か事件が起きたのだろうと推測するのは容易。主人公のモースが着目し、推理した事柄からも、容疑者はそれなりの年齢の知的な人物を想像させるものだ。しかし、地元のベテラン刑事は、若造の推理なんて見向きもせずに別の自殺事件を押し付ける。

で、仕方なしにその自殺事件を追う過程で…点と点が繋がり、大学教授が容疑者として浮上!さらに失踪者の自宅に、意味深に置いてあったクロスワードパズルに隠された秘密も解き、居所特定に役立つ情報も得る。名推理の連発で…オヤジさんと呼ばれる名うての警部補に気に入られた主人公モースだけど、別の地元刑事には疎まれていて、嫌がらせを受ける。でもって、タイミングが良いんだか、悪いんだか失踪者の死体があがり、推理が実証されるわけだ。ますます地元刑事の機嫌が悪くなるが…行動に怪しい部分もあり、事件への関与も臭わす。

殺された女の子と、自殺した男はかつて恋愛関係にあったらしいという新情報、主人公に嫌がらせるする地元刑事は、やたらと痴情のもつれで、自殺者犯人説を推してくるんだけれども…なっとくがいかない主人公は捜査を続ける。事件の背景は、想像通り…VIPなジジイどもの裏の顔が大きく関わってくる。エロじじいが、若い女にのめりこんだ結果なんだよと。真犯人については一ひねり入れてあるんだけれども、それも話の流れでだいたい見破れたかな?アリバイトリックのようなものも、想像した通りのものであったしな。

容疑者(大学教授)の嫁さんが、主人公が憧れてた有名な歌手で…時々、公私混同気味の行動もとったり。モースって、キョドってて、モヤしっぽいにーちゃんのくせに(その前に刑事でもあるだろ!)、どさくさにまぎれて、人妻にチューを迫ろうともするのがなんだか意外、このむっつりスケベが!うん、いい雰囲気だったけど…「ダメ、夫を愛してるの」と、人妻にはぐらかされてしまう主人公。これが、ラストへの伏線でもあったのか…あんな形で、この人妻歌手へのチューが叶うなんて、なんたる皮肉であろうか?これから「Case 2 毒薬と令嬢」も続けて鑑賞。


監督:コルム・マッカーシー
出演:ショーン・エヴァンス ロジャー・アラム フローラ・モンゴメリー


【Blu-rayソフトの購入】
Blu-ray Masterpiece Mystery: Endeavour







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年08月31日

ライトシップ(1985年)

テーマ:洋画


 勝手に映画紹介!?-The Lightship 


WOWOWのヴェネチア映画祭特集でエアチェックしておいた「ライトシップ 」を鑑賞…WOWOWの解説によると第42回ヴェネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞した作品だとか。見たことがない作品だったので録画してみたんだけれども…「ネバー・セイ・ネバー・アゲイン」の悪役クラウス・マリア・ブランダウアーが灯台船(タイトルの意味)の船長に扮するほか、ロバート・デュバル、ウィリアム・フォーサイスとなかなか渋いキャストが揃っている。日本ではVHSしか出ていないようで、ジャケ写真とリンクは米盤DVDから…10月1日にリピート放送あり。

アメリカのヴァージニア州の沖合に浮かぶ灯台船の船長ミラーは、警察に呼ばれ、トラブルを起こして捕まっていた息子のアレックスを引き取りに来た。ミラーは、そのままアレックスを自分の仕事場である灯台船へと連れ帰ることに。やがて、灯台船の近くで、人が乗って漂流しているボートを発見…そのボートを保護する。キャスパーと名乗る紳士と、ガサツな部下2人を船内に案内するのだが…彼らは救助を要請しないようにとどこか様子がおかしい。そのうちに、彼らが銃を所持している犯罪者であることが判明し、船は制圧されてしまう!

悪党に船が占拠されてしまうなんていうので、もうちょっとアクション系なのかなと思っていたが…何かが起きそうな緊張感はヒシヒシと伝わってくるんだけれども、船長と悪党のボスとの駆け引きがメインで、わりと地味な犯罪ドラマである。苛立つ悪党の部下たちが爆発しそうになったり、船長以外の乗組員たちが、なんとか逆襲しようとしたりと所々に動きはあるんだけれどもね…ロバート・デュバル扮する悪党のボスはのんきに風呂に入ったりして、不思議なユルさも感じられる。セガール映画みたいなものを期待していると、ちょっと拍子抜けかも?

なぜ、船長はおとなしく悪党の言いなりになりなっているのか?自由に船内をうろつかせているくせに…いくら脅されても、身の危険を感じても、灯台船自体の出航だけは頑なに拒否する…その理由とは?間の悪いことに関係がギクシャクしてしまった反抗期の息子が今回のトラブルに居合わせてしまい、父親の不甲斐ない面を目の当たり、さらに関係が悪化していく。親父なんかに頼らなくてもと、密かに拳銃を盗み出して、反撃のチャンスなんかも窺ってみるが…目ざとく察知した親父が、武器を手にしちゃいけないと諭してくるわけで…。

船長と悪党のボスが己の信念を貫き通そうとし、ぶつかり合った結果…最後に何が起きるのか?灯台船のコックが、自分の飼ってた鳥を悪党に殺されたのがきっかけで、殺人マシーンに豹変するのも凄かったな!それまでは平和的な解決を望む船長のいう事を聞いて、おとなしく悪党に従ってたんだけれども、虎視眈々と復讐の機会を窺うように。いや、でも殺されたのは鳥ですから(笑)鳥一匹で、人を殺したという罪悪感を一生背負っていけるものなのだろうか?犯罪に巻き込まれれば、当人でなきゃ理解できない感情も湧いてくるって事なのかな??


監督:イエジー・スコリモフスキ
出演:クラウス・マリア・ブランダウアー ロバート・デュヴァル トム・バウアー ウィリアム・フォーサイス


【DVDソフトの購入(米盤 リージョン1 字幕なし)】
DVD The Lightship







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年08月30日

拳銃残酷物語(1964年)

テーマ:邦画

 勝手に映画紹介!?-拳銃残酷物語 


日活のホームページの8月のプレゼントに当選し、昨日、自宅に送られてきた「拳銃残酷物語 」をさっそく鑑賞…宍戸錠主演、大藪春彦原作のハードボイルドアクション。8月2日にリリースされたばかりで、今回が初ソフトパッケージ化、HDリマスターとのこと。作品はモノクロです。錠ちゃん&大藪の日活映画と言えば、前にレンタルで「探偵事務所23 くたばれ悪党ども」って作品を見たことがあるけど…本作は競馬場の売上金を狙う強盗もの。さしずめ和製「現金に体を張れ」といった感じのクライムアクションになってましたね(封入の解説書にも書いてあった)。

妹を轢き逃げした男を、同じように轢き殺した罪で刑務所に入っていた澄川は、急に仮出所することになりシャバに戻ってくる。実は、澄川に仕事を依頼しようと考えたある組織の計らいだった。事件の絵図を描き、資金を提供している社長・松本の懐刀である伊藤と対面し、事情を知った澄川は、最初は断ろうとするのだが、妹のために大金を得ようと、渋々仕事を引き受ける。その内容は、日本ダービーの売上金を奪うというものだった!過去に面識のある白井ほか、組織が目をつけていた悪党たちとチームを組み、現金輸送車を襲うのだが…。

ストーリー自体は大味ながら、キャラクターの個性で魅せる。妹をひき逃げ(大怪我を負ったけど生きてる)した犯人を、復讐のため轢き殺した宍戸錠…そんな錠ちゃんはヤクザな組織に男気を買われて、強盗事件の実行グループのリーダーにスカウトされる。こいつなら、悪党どもをうまくまとめ、仲間を裏切るようなこともしないだろうと。事故で肩輪(って、今じゃ差別用語か?)になった妹のために、大金を稼ごうと、その話に渋々乗った錠ちゃん…信頼している相棒一人を覗いては、みんな訳ありの悪党ばかりで、そいつらと即席チームを結成する羽目に。

狙うは日本ダービーの売上金、当時の日本犯罪史上最多の被害額1億2千万なり!作戦は、売上金を積んだ輸送車を、ニセ警官とニセの案内表示で脇道に誘導…錠ちゃんが得意の狙撃で護衛のバイク警官をぶっ殺し、驚いたドライバーが出てきたところをひっ捕まえて、輸送車の扉を空けさせる。あとは強力ウインチで、輸送車ごとトラックに積み込んで…現場から逃走…ってことだったんだけれども、実際に犯行を行ったら、予定通りには進まず、輸送車からドライバーと護衛のおまわりが降りてこない、現金の入った扉が開けられないで、プランBへと移行。

悪党たちが、現金輸送車を開けさせようと必死になるなんていうのは…何年か前にあったアメリカの犯罪映画「アーマード 武装地帯」をちょっと思い出したなぁ。まぁ、昔の映画なんで、輸送車はあんなにハイテクじゃないんだけれども…一応、防弾ガラスになってるから、ドライバーたちは中に籠城できる。で、とりあえず輸送車ごと廃墟に隠し、色々と知恵を絞って扉を開けさせ、ようやく現金の奪取に成功するんだけれども、案の定、大金に目が眩んだ仲間が裏切るし、雇い主も最初から裏切る魂胆だったしで、散々な錠ちゃん…1億2千万の争奪戦へ。

雇い主の部下たちに、潜伏先を突き止められた錠ちゃんは、昔の知り合い(弟分)が手配してくれたアメ公のおさがりのカービン銃をぶっ放し敵をバンバンとやっつけるのだが、さすがに多勢に無勢では敵わない。1億2千万は諦め、相棒と一緒に退散するんだけれども…。なんとか生き延びた錠ちゃんの前に、突然、手助けしたいという第三者グループが現れる。聞けば、錠ちゃんを雇った組織に、シマを奪われた別のヤクザ組織だそうで、相手に一泡吹かせてやりたいらしい。利害が一致した錠ちゃんは、リベンジマッチに挑むんだけれども…。

錠ちゃんは妹思いのいいお兄ちゃん、仲間思いのいい兄貴分ではあるが…警官とか平気でぶっ殺しちゃう非情な悪党には変わりない。輸送車のドライバーを生かしておいて、途中で「逃げていいぞ」なんて、ちょっといい人のフリもするけれども…本当は他の悪党に見つかってしまうっていうのを悟っていた節もあり、なんだ、結局は囮に使ったのかと(笑)そんな奴だからこそ、最後は“悪銭身に付かず”なラストになるだろうと予想はしてたんだけれども…あそこまで壮絶(まさに残酷)なラストになるとは。救いようのなさは自業自得だが、残された妹が可哀相。


監督:古川卓巳
出演:宍戸錠 小高雄二 井上昭文 草薙幸二 川地民夫 香月美奈子 松原智恵子 弘松三郎 二本柳寛


【DVDソフトの購入】
DVD 拳銃残酷物語







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年08月29日

テレフォン(1977年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-テレフォン

WOWOWでエアチェックしておいた「テレフォン」を鑑賞…タイトルから勝手に「ダイヤルMを廻せ!」的な、電話を題材としたサスペンスを想像していたのだが、主演がチャールズ・ブロンソン、監督が「ダーティ・ハリー」のドン・シーゲルということで、ハードなアクションものだった。DVD化は一応されているんだけれども、今現在はツタヤ発掘良品のレンタル のみらしい。WOWOWのエアチェックはかなり貴重ですね…9月17日と10月21日にリピートがあるので、録り逃した人は忘れずに!輸入盤DVDだとCharles Bronson Collection として入手可能。

モスクワでKGBが捕まえようとしたダルチムスキーという男が行方をくらます。数日後、アメリカのデンバーにある自動車修理工場に1本の電話が。電話に出た主人が掛けてきた相手の言葉を聴くと豹変し、隠し持っていた爆弾を持ったまま、車で米軍基地へと突っ込んだ!彼は、催眠術をかけられ、密かにアメリカに潜伏していたソ連のスパイだったのだ。同じようなスパイが全部で51人潜伏しており、ダルチムスキーが裏で糸を引いていた。このままでは米ソが戦争に突入してしまう…KGBはボルゾフ少佐をアメリカへ派遣するのだが…。

催眠術で操られたソ連のスパイたちが自爆テロを敢行…それは冷戦時代に、ソ連のKGBの発案で行われた作戦だったが、和平路線の現書記長にはないしょのままだった。もし、バレたら米ソが戦争をおっぱじめて大変な事になっちゃうから、書記長とアメリカさんが気づかないうちに、犯人を捕まえてこいよということになったんだけど…そこで白羽の矢が立ったのが、ブロンソン扮するしぶーいKGBの少佐。この人は記憶力も抜群で、51人分の潜伏スパイの名簿なんかも、一度見れば全て暗記ができちゃうなんて特技も持っているのだ!

催眠術と暗記術…下手な作品だと、オイオイなツッコミどころご都合主義ですが、昔の作品は雰囲気づくりがうまいので、あまり気にならないで、すんなりと見れてしまう。かくして、カナダ経由でアメリカに渡ることになったチャールズ・ブロンソンは、先行している女性工作員と合流し、夫婦のフリして無事に入国。証拠隠滅のため、自爆テロで生き残っちゃった人物を暗殺しようとしたり、次に誰がテロ犯に仕立てられ、どこが狙われるかを推理して、先回りして食い止めようとしたりするんだけれども…なかなか犯人、黒幕を捕まえるでには至らず。

ちなみに、電話と催眠術で自爆テロを行おうなんて事を実践してしまうソ連の悪党に、「007は二度死ぬ」でブロフェルド役を演じていたドナルド・プレゼンス…こういうキテレツな悪党がやっぱり似合うなぁと思った次第。リー・レミックっていう女優が演じていた女工作員も、ちょっとセクシーなんだけど、どこか胡散臭げ、「ルパン三世」でいう峰不二子ちゃんぽい印象。案の定…ソ連本国からはブロンソンに不利な指令を受けていたり、それどころかアメリカ側とも密かに通じてたりで、けっこうな女狐キャラだ。ただ、渋いブロンソンに惚れてるようなところもあり…。

登場人物たちの様々な思惑も錯綜しながら、ブロンソンはテロを阻止して、米ソによる核戦争勃発を食い止めることができるのかと…今で言う「24 -TWENTY FOUR -」的なスリルとサスペンス、そしてテンポの良さも感じられる作品だったよ。「抱く気はないのか?」と、任務中にブロンソンにモーションをかける女工作員、でも仕事優先、必要なし、とさらりとはぐらかすブロンソンがこれまた渋い。ジェームズ・ボンドと違って任務中にHはしません、さすが!でも最後は男の顔を覗かすブロンソンが、とってもチャーミングであった、つーか、単にむっつりスケベなのか?


監督:ドン・シーゲル
出演:チャールズ・ブロンソン リー・レミック ドナルド・プレゼンス タイン・デイリー アラン・バデル 


【気になる方はぜひレンタルで】

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年08月29日

日活.comの2013年8月のプレゼント…DVD「拳銃残酷物語」当選!

テーマ:その他、雑文…


  勝手に映画紹介!?-拳銃残酷物語 当選 


2012年の10月にも懸賞が当たっている、日活.COMのホームページで、再びDVDが当選!前回は“創立百周年謝恩プレゼント”というもので宍戸錠の「拳銃は俺のパスポート HDリマスター版」が当たったんだけれども、なんと今回も宍戸錠主演映画のDVDだったりする…エースのジョー様々だなぁ。当たったソフトは、今月のはじめにリリースされたばかりの「拳銃残酷物語 」。「拳銃は俺のパスポート」は定価1890円の廉価版ソフトだったけれども、今回は税込定価3990円のソフトだぞ!いぇ~いって感じ、超ラッキー、マジ、嬉しい♪

そういえば、秋田書店が懸賞の水増し…実際には読者にプレゼントを発送していなかったなんて事件が、先日発覚してましたけど、映画系のネット懸賞はそんなことないみたいですよ。映画業界も出版業界同様、不況だと思うんだけど、大違いだ。わざわざ書かなかったんだけれども…実は他にも、8月は映画グッズや、映画キャンペーン系の懸賞が複数回当選。中にはヤフオク行で、ソフト代に化けちゃったものもあるので、詳しくはお話しできないんですけどね(笑)7月に当たったスタートレックのBD-BOXは新聞社だったけど、最近、運気上昇中だ!



応募情報を検索して調べたみたら…新作ソフトの当選人数は9名だけれども、各ソフト1本だから、実質当選人数1名の中に入ったってことだよ!うほっ、ネットの世界でたった1名だよ、すごくねぇ??プレスとか招待券の方が当選人数が多いけれども、懸賞応募する人の心理で、こんな少ない人数当たるわけないよなっていうのがあるから、思い切って少ない人数のものを狙った方が、当たりやすかったりもするんだよね。こういうのも懸賞を当てるコツの一つだよ。新作洋画のブルーレイも魅力的だが、クラシック作品(でも定価は高い)を狙って正解だったな。

日活さんのホームページでは、毎月プレゼントを実施しているのでこまめにチェックした方がいいですよ。今回の応募締切日は8月28日(水)14時となっていた…えっ、今日は8月29日(木)、荷物はゆうパックで午前中に配達されてきたので、締切直後に抽選して、発送してくれたんですねぇ、仕事早すぎ、尊敬!!さすがに2か月連続は無理だと思うけど、また来月のプレゼントが始まったら、応募しておこっと、出さなきゃ奇跡も起こらない。ちなみに、プレゼントにはクイズの解答が必要ですが、簡単な問題ばかりですよ。

 勝手に映画紹介!?-日活 ラインナップ チラシ 



プレゼントと一緒に、日活が製作、配給・宣伝に携わっている映画のチラシが数枚封入されていた…わざわざ劇場で見ることはないなって思っている、公開中の「ガッチャマン」のメンバーがオイラの方を見ている…ただでDVD貰って申し訳ないから、見に行ってあげようかななんてちょっぴり思った(たぶん、行かないと思うけど)。最近、オイラの過去の書き込み「アメリカン・パイパイ」(パチモン映画)へのアクセスが多いのだが、どうやらこれが原因か、「アメリカン・パイパイパイ 完結編 俺たちの同窓会」(アメリカンパイ正規続編)のチラシもあった。

チラシの中で、一番見たいなぁって思ったのはロック様こと…最近はこちらの名前も浸透してきたドウェイン・ジョンソ主演の「オーバードライヴ」なるサスペンスアクションもの、共演はスーザン・サランドンにバリー・ベッパー。ロック様のことを“「G.I.ジョー」「ワイルド・スピード」シリーズ再生請負人”って説明してたのに笑ってしまった…確かに、途中参加で我が物顔だったもんなぁ。11月30日全国ロードショーとなっていたが、オイラの家の近所で公開するかはわからない。きっとDVDかブルーレイ待ちになるんだろうなぁ…早く見たい!


【オイラが当たったソフトはこちら】
DVD 拳銃残酷物語







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年08月28日

モテ女キ(2012年)

テーマ:邦画

 勝手に映画紹介!?-モテ女キ 

ようやくWOWOWでも映画版「モテキ」を放送してくれるのかと思っていたら、なんかちょっと違う…なんだ、便乗タイトルをつけた、いつものエロVシネだったかな「モテ女キ 」(“もてじょき”と読むらしい)…録画予約する前にもちろん気づいたのだが、そのままつられてみました。けっこう馬鹿ばかしそうじゃない?そういえば、本家の映画版「モテキ」まだ見てないんだよね…WOWOWかテレ東、BSジャパンあたりでそのうち放送するだろうと思って、レンタルしてないんだけど、なかなか放送する気配がない。諦めて、レンタルで借りてくるかな?

派遣OLの鷹森ミツ江は、BL好きな20歳のオタク女子…彼氏はいないが、今の彼女の目標は、21歳の誕生日を迎えるまでに処女を卒業することだった。しかし、現実は厳しい。ある朝、出勤途中に、若い男がビルから飛び降りようとしているのを発見!ミツ江は自殺を止めようと屋上にあがるのだが、もみ合ってるうちに2人とも落ちそうになる!そこに男性が現れて二人を助けてくれるのだが、その男性は高校時代に憧れていた匠先輩だった!先輩に胸をときめかすミツ江だったが、自殺未遂を起こしたオタク青年・日高真理夫もミツ江に好意をよせてしまい…。

最初から濡れ場あるじゃんと思いきや…案の定、夢オチでしたな幕開け(笑)普通の女の子(BL好きの根暗な腐女子が普通の女の子かどうかは微妙だが)だって、Hな妄想くらいするんだぞという心の叫びをあげるのでした。彼女はいわゆる喪女ってヤツで、早く処女を捨てないと永遠にこのままだととにかく焦っている。そんな時に、本家のあの作品よろしく、彼女にモテ期が到来!自殺未遂を助けた青年に好意をよせられ、その自殺未遂の青年を助けた際に憧れの先輩と偶然再会し、会社の憧れの上司からはランチの誘いまで受ける。

ただチャンスが訪れても、その後もいいところで未遂で終わってしまうミツ江…ガッツキすぎて男に引かれちゃったり、助けたオタク青年がストーカー化し、邪魔をしてくるのだ。自分がオタクなのを棚に上げて、オタクは嫌だと贅沢な事をいいやがるんですよ…まぁ、ブスに限って、白馬の王子様の登場を信じているからなぁ。ああ、だからBLとかそういう方にのめりこむんだよな。まぁ、偉そうに言ってる男のオイラだって、若くて可愛い、グラビアアイドルみたいなねーちゃんGETしたいなんて幻想を抱いてるから、いつまでたっても独り身なわけだが(笑)

主人公が憧れている会社の上司っていうのがさ、いかにも裏がありそうな女好きタイプなんだ…例のストーカーくんの調査で、それがすぐに露見するんだけれども、恋は盲目ってヤツでして、女の子の方はまるっきり信用しない。なんとか上司を落とそうと、イメチェンなんかもしてみるんだけれども、やっぱりこれも逆効果。こういった男たちに振り回されていく過程で、真実の愛を見つけていくというお約束の展開で、結局は身の丈に合ったオタクストーカーくんに落ち着く、背伸びするよりも、自分をさらけ出せる相手の方が恋愛は楽だよねと。

なかなかヤれないのでHシーンは少な目に見えるが、恋の指南役として慕っているエロ雑誌の女編集長と主人公がレズっぽい絡みをみせたり、この女編集長が、男性キャラと関係をもってしまったりと…見せ場をしっかりと用意してはいます。また、オタク野郎はもちろんチェリーボーイなので、処女のヒロインと無事にできるのかよというところが一番の盛り上がりどころだ。最後は男としても若い頃の苦い思い出が蘇えりつつ、包容力のある彼女の存在がちょっとうらやましくなったぞ。うまくできなくても、もう1回頑張ろうなんて優しく言ってくれる女いないよな。


監督:小南敏也
出演:由愛可奈 堀口奈津美 伊藤俊輔 堤隆博 田中靖教


【DVDソフトの購入】
DVD モテ女キ







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年08月27日

キューティ・バニー(2008年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-キューティ・バニー


まだまだ先に購入した分がぜんぜん消化できずに残っているのに…ポイント19倍キャンペーン(現在は10倍に戻ってる)につられて、楽天のDVD-outlet でまたまた衝動買い。で、本日到着した品物の中から500円で購入した「キューティ・バニー 」を鑑賞した。なんか過去にレンタルで見た気がするんだけれども…自分の過去のレビュー遡っても見つからなかったので、他の作品と勘違いしてるのかななんて思ってポチってしまったよ。話の内容は、プレイメイト(PLAYBOYのヌードモデル)のねーちゃんが、イケてない女子大生たちを変身させるというラブコメだ。

27歳の誕生日を迎えたシェリー…プレイボーイ・マンションで盛大な誕生パーティーが開かれ、皆に祝福されるのだが、その翌日…ヒュー・ヘフナーからの伝言で、今すぐマンションを出るようにと言い渡されてしまう。一気に奈落に突き落とされたシェリー…渋々、荷物をまとめて出ていくことに。やがて町をさ迷い歩いていると、可愛らしい家を目にする。そこは人気の学生寮だったのだが、もちろん学生しか住めない。他の学生寮で寮母の仕事があると聞きつけ訪ねてみるのだが…最初の寮とは違い、寮の外見も住んでる学生も地味だった…。

ああ、やっぱりコレ見たことあるよ…冒頭で“プレイボーイマンション”やヒュー・ヘフナー本人が出てきた途端、記憶がはっきりと蘇えった。でも、この作品がリリースされた時って、既にブログを始めてて、初見で見た映画はほぼリアルタイムで感想をアップしてたんはずなんだが…どうして書いてなかったんだろう?まぁ、いいや。今回、BDを注文する前に自分の感想を読み返してたら…きっと買ってはいなかっただろうなぁ~。とりあえず、見始めちゃったので、最後まで通しで鑑賞。下ネタセリフやセクシーな演出はあるものの、全然エロくはない。

ずっとプレイボーイマンションで暮らしていて、外の世界をよく知らない、パープリン娘の主人公が…「お前は27歳のババァだからもう要らないよ!」(本当のセリフとは違いますよ)とヒュー・ヘフナーから言い渡され仕事をクビになる。で、世間知らずで、エロしか得意技がないから…路頭に迷い、オンボロの車で路上生活をしていたんだけれども、職務質問してきた警官にご奉仕しようとして、売春婦と間違えられ捕まったり。で、たまたま目にした可愛らしい学生寮に住みたいなんて寝言みたいな事を言い出す始末なんだけど、もちろん学生以外はお断りだ。

そうすると、今度は寮母という仕事に目をつけ…自分も寮母になりたいと。でも、最初に訪れた場所は…凄く敷居が高くて門前払いをくらってしまい、寮母に空きがあると教えられた他の寮に行ってみると、最初の寮とは全然違う、地味でボロい寮で…さらに住んでる学生たちもイケてない、変人の女子学生ばかりだった。しかも、人気がなくて、定員割れを起こしているので、立ち退きが迫られている。そこで無い頭でひらめくパープリン娘、自分が彼女たちコーディネイトして、人気の寮に仕立て上げてやろうではないかと思いつくわけだ。

ティーンズムービー等の定番、イケてない女子を大変身させるというあの手の作品…そんなイケてない女子の代表格が、今ではすっかりメジャー女優になってしまった「アメイジング・スパイダーマン」のエマ・ストーン。そういえば「小悪魔はなぜモテる?!」なんていう作品で、似たような役を演じてたな。あっちの作品では、イケてない女子という説得力が薄かったが、本作での初登場シーンなどは確かにダサい。彼女が魅力的な女子に変身するという部分では、本作の方がギャップがあって楽しめるかもしれないなぁって思った。

ティーンズ・ムービー、ガールズムービーが好きな人は無難に楽しめると思うけど…アダルト路線を期待してる人には物足りないかな?パープー娘のプレイメイトが恋する、ちょっと堅物な青年を演じているのはトム・ハンクスの息子、コリン・ハンクス…だからなのか、「フォレスト・ガンプ」を彷彿とさせるパロディシーンなんかもちゃっかり盛り込まれてましたね。パープー娘、シェリー役を演じたアンナ・ファリスが無謀にも、マリリン・モンローのあの有名なシーンのパロディに挑戦してもいたけど、無惨で、下品すぎて全然笑えなかったな。


監督:フレッド・ウルフ
出演:アンナ・ファリス コリン・ハンクス エマ・ストーン カット・デニングス ヒュー・ヘフナー


【Blu-rayソフトの購入】
Blu-ray キューティ・バニー
キューティ・バニー【Blu-ray ブルーレイ・洋画/コメディ】 (DVD-outlet)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年08月27日

魁!!極道ヤンキー学園(2011年)

テーマ:邦画

 勝手に映画紹介!?-魁!!極道ヤンキー学園 

アクセス数があがったのに気を良くして、WOWOWのエロVシネのレビューを増やしてみる…ちょうど昨日だか、一昨日だかの深夜にやっていた「魁!!極道ヤンキー学園 」をエアチェックしておいたので鑑賞。親が侠客の女子高生が、身分を隠して学生生活をエンジョイ、彼氏なんかもいるんだけれども…その彼氏の親父さんが警視庁の刑事であることが恋の障害になり…みたいな感じのお話。ソフトはレンタル専用みたいで、Amazonでは検索できなかった。DMMなどのネットレンタルでは取り扱ってるみたいなので、気になる方はそちらで…。

女子高生の相葉涼子にはある秘密が…父親が侠客一家・極連神農会相葉興業の三代目組長で、いずれは涼子が四代目を継ぐことになっていた。しかし、クラスメイトたちは誰もその事実を知らない、涼子がバレないように苦労しているからだ。それは、恋人の影山修司に対しても同じだった。しかも修司の父親は警視庁の刑事で、決して侠客と相容れない職業なのだ…。なるべく、目立たなくしていた涼子だったが、とうとう修司の父親に正体がバレてしまう。さらに、涼子に片思いするヤンキーの眞一郎がヤクザ相手にトラブルを起こし…。

腐れ外道のヤクザなんかとは違って、自分たちはひとさまには迷惑を一切かけない侠客だというポリシーがあるんだけれども、はたから見ればヤクザと区別がつかない…肩身の狭い思いをしている主人公。さらに、家業のせいで自分の恋路にも影響が出てしまい、乙女な悩みも抱えています。秀才肌の彼氏と付き合ってるんだけれども、受験勉強の合間に…ヤることやってます。つーか、けっこうヤリまくり!あんだけヤってるのに、主人公の涼子ちゃんはタマっているようで、部活(書道部)の時間にHな妄想するし、悶々なんていう字を書いちゃうし(笑)

お色気シーンの濡れ場は多めだが、パターンやシュチエーションが同じようなのばかりなので、ちょっと飽きがくるか?ただ、後半は…家業のせいで失恋。彼氏の父親である警視庁刑事に身元がバレちゃって「ウチの息子と付き合うな!」と警告されてしまう。で、最後にヤリおさめした後に…彼氏に告白。あんだけ、甘い声で囁いていた彼氏も、「お前ヤクザの娘なのかよ!」とコロっと態度を変えてしまう。だからヤクザじゃなくて、侠客なんだってっていっても通用しない。スッポンポンで、男を見下ろし、背を向けて立ち去るところが、ちょっと凛々しくてかっこいいぞ!

きっぱりと、別れ話を切り出してやったけれども…内心ではけっこう辛い、だって女の子だもん。そんな時に、仲の良いヤンキーの友達が慰めにやってくるんだけれども、案の定とういか…このヤンキーともやっちゃう。元カレをふったところまではかっこよかったんだが、けっこう尻軽なのね。一発終わった後は、男はすぐに彼氏面とかしちゃうんだけれども…さすがに、カチンときたのか、1人にしてくれと、ヤンキーを追い出す。その直後、ヤンキーは抱えていたトラブルが原因で、ヤクザに拉致られる。それを知った主人公が組の子分と一緒に助けに向かうが…。

四代目になるために、武術を習ってるので、けっこう喧嘩は強い主人公…アクションシーンみたいなものはあるけれども、人形を投げ飛ばしているだけでちょっとショボイ。主人公に投げ飛ばされたヤクザが、「漫画みたいに投げられた」って表現してるのが、おかしかった…確かに、漫画だわ(笑)組に仕えている侠客の子分たち(といっても二人しかいない)がかっこいい。特に、普段は組長と娘のお食事係、着流し姿のあんちゃんが、なかなかクールだ。ただ、このクールなあんちゃんも、武術の訓練で汗ばんだ主人公の胸元とか見て、ちょっぴり興奮してるし。

任侠っぽいネタをギャグにしてるところなんかは、けっこう面白く見れたかな。学校のヤンキー連中の前で啖呵をきった主人公が、咄嗟に「と…健さも言ってるでしょ」と取り繕うのだが、ヤンキーたちは一様に「健さんって誰?」となる。「研ナオコ?ホリケン?」…なわけないだろ!主人公に片思いしてるヤンキーだけ、ちゃんと「高倉健だろ」って理解してたけど、ああいうところは好きだな。あと、主人公を演じた女優さん、アップで見るとけっこう肌が荒れてるのね。本職はAV女優らしいので、けっこう仕事が大変なんだろうなぁって、ちょっと同情的になった。


監督:植田中
出演:羽田あい 鎌田有恒 岩尾祥太朗 丸山厚人 塚本康博 桐生コウジ


【こちらのネットレンタルなら取扱ありそうです】

DMM タイトル数15万タイトル突破!国内最大級の品揃え!
DVD通販、レンタルをDMMで楽しもう







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年08月27日

青春の蹉跌(1974年)

テーマ:邦画

 勝手に映画紹介!?-青春の蹉跌 


近所のブックオフの中古ビデオコーナーで100円でGETしてきた「青春の蹉跌 」を鑑賞…最近、御年62歳で結婚したというニュースが飛び込んできて、話題になった桃井かおりと、萩原健一が共演した…70年代の文字通り青春映画…といっても、爽やで甘酸っぱい内容とは程遠く、けっこうほろ苦い内容ですね。今現在は、DVD化されておらず、Amazonのマケプレでは、な・な・な・なんと~…12400円(より)というかなり高額なプレミア価格がついている!!いや、100円でGETしちゃって、マジでいいんですか?って感じでしたが…。

かつて学生運動にも参加していた江藤賢一郎は…現在はアメフト部で活躍しながら、司法試験の合格を目指す法学部の学生だった。賢一郎は、クリーニング店の娘・大橋登美子の家庭教師をしていたのだが、彼女が志望の学校に合格したのを祝い、2人でスキー旅行へ出かける。その時に、2人は関係を持ってしまい、その後も逢瀬を重ねる。賢一郎には、経済的な援助をしてくれる叔父がいたのだが、その叔父の一人娘・康子と久しぶりに再会し、2人はお互いに意識するように。やがて2人は婚約することになったのだが、登美子の妊娠が発覚し…。

ストーリーなんかは、そんなに凝ったもんじゃないよね。大学生の男ショーケンが…幼馴染で金持ちの女、壇ふみと、簡単にヤれる若い娘、桃井かおりを天秤にかけて…結局は、金持ちの壇ふみを選んでしまうんだけれども、桃井かおりが駄々をこねて、さらに“妊娠”という隠し玉まで突きつけてきて、ショーケンを窮地に追い込む。だんだんと、桃井かおりがウザくなってきたショーケンの方も、奥の手に出てしまうという…今日日、2時間サスペンスでもあまりお目にかからないような、ストレートな男女の愛憎話って感じですよね。

まぁ、そんな感じの単純明快なお話なんだけれども…ショーケンと桃井かおりの濡れ場がなかなかエロい…ややぽっちゃり気味の桃井かおりの健康的な白い裸体がとにかく眩しすぎる。監督はロマンポルノなんかを撮ってた神代辰巳なんでね、そのあたりの雰囲気づくり、見せ方が非常に巧いです。特徴的な桃井かおりのあの喋り(若いころからあんな喋りなんですね)で、 喘いでる姿もけっこうそそられる。そして何度目かの濡れ場で、「私うまくなったでしょ?」なんてショーケンに語るセリフが、後になってみると色々と奥深かったりもするんだなぁ。

もう一人のヒロイン、壇ふみの方は…脱いでません(期待してたんだけど、なかったよ、残念)。お嬢様という事で、蓮っ葉な魅力の桃井かおりと違って、清純な色香とでも言いましょうか…唯一のセクシーショットである、水着シーンがとてもチャーミングであった。でも、あんなに可愛らしい顔して、狙った男をモノにしようとする、女のしたたかさみたいなのは持ち合わせてて、ショーケンもそういうところに引っ張られていってしまったんだろうなぁって感じだ。まぁ、どちらか選べって言われたら、オイラも迷わず壇ふみを選ぶだろうなぁ(笑)

この映画を見て思った事といえば、ちゃんと避妊をしましょうってことか?それと男だったら、女が堕ろす時は責任を持って見届けろよなって感じかな?(そういえば、「いつかギラギラする日」で多岐川裕美を孕ませてたなショーケン)女が何と言おうと、最初の段階で病院についていってれば…おかしなことにはならなかったかもしれないのにね。でも、まぁ…最後にはちょっとしたどんでん返しなんかもあったりして、その部分は驚いたけどな。逃げられないところまで追いつめられたショーケンだったけど、あんな方法で逃げたか…なラスト、印象的でした。


監督:神代辰巳
出演:萩原健一 桃井かおり 檀ふみ 河原崎建三 赤座美代子 荒木道子 高橋昌也 森本レオ 泉晶子


【VHSソフトの購入】
VHS 青春の蹉跌
勝手に映画紹介!?-青春の蹉跌







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。